CEO/Attorney
瀧 恵之 瀧法律事務所 Taki Law Offices, A Professional Corporation TEL: 949-757-0200
310-618-1818
323-724-6320
info@takilawoffice.com

最新コラム

第52回 : update
Lビザを持っているとグリーンカード取得が早いってホント?

バックナンバー

第1回 : 
日本企業向け:アメリカ進出時の就労ビザに関して
第2回 : 
E-1ビザ申請のための「貿易」の内容とその条件
第3回 : 
特殊技能者がグリーンカードを早く取得する方法
第4回 : 
【最新情報スペシャルコラム】 グリーンカード申請の待ち時間が大幅に短縮!
第5回 : 
特殊技能者ビザ(O-1)の条件に関して
第6回 : 
多種多様なJ-1ビザとその内容に関して
第7回 : 
グリーンカード取得までに子供が21歳を超えてしまったら
第8回 : 
アメリカに小会社を設立し、L-1ビザを短期で取得する方法
第9回 : 
投資家ビザ申請における知的財産に関して
第10回 : 
アメリカを長期で離れる場合のグリーンカード保持に関して
第11回 : 
アメリカに短期で頻繁に出入りする場合のビザに関して
第12回 : 
アメリカ市民権申請の条件と方法に関して
第13回 : 
学生のステータスで就労する方法に関して
第14回 : 
市民との結婚。グリーンカード申請国について
第15回 : 
日本に住む親をアメリカに呼び寄せる方法とは
第16回 : 
DV夫と別れても、グリーンカードの申請はできますか?
第17回 : 
飲酒運転で捕まってしまっても、ビザは取得できますか?
第18回 : 
アメリカに短期で頻繁に出入りする場合のビザに関して
第19回 : 
アメリカで研修。H-3ビザについて知りたい!
第20回 : 
「第1優先」での永住権申請とは
第21回 : 
グリーンカードスポンサーが亡くなってしまった! ~ケース1 条件付グリーンカードの場合~
第22回 : 
グリーンカードスポンサーが亡くなってしまった! ~ケース2 グリーンカード申請中の場合~
第23回 : 
グリーンカード申請中の出入国
第24回 : 
H-1B雇用主変更の手続き
第25回 : 
家族を通して申請永住権
第26回 : 
離婚してもグリーンカードの切り替えは可能?
第27回 : 
Lビザから配偶者スポンサーで永住権を取得するには?
第28回 : 
非移民ビザ新規則「グレース・ピリオド」について
第29回 : 
雇用ベース永住権申請の面接について
第30回 : 
永住権申請中の日本一時帰国について
第31回 : 
投資家用 最新ビザ・カテゴリーについて
第32回 : 
「H-1Bビザ」今年は4月2日から申請開始!
第33回 : 
アーティストとして、O-1ビザで渡米するには?
第34回 : 
アメリカでグリーンカード申請中。日本に一時帰国は可能?
第35回 : 
トランプ政権下で、学生ビザはどうなる?
第36回 : 
グリーンカード抽選に当選!手続きを教えてください。
第37回 : 
グリーンカード条件解除手続きは、離婚しても申請可能?
第38回 : 
ビザ申請却下=移民法廷に出頭?
第39回 : 
アメリカで起業家としてビザを取得するには?
第40回 : 
市民と結婚して日本在住。アメリカでの永住権申請はリスク大?
第41回 : 
グリーンカード申請時の健康診断って何?
第42回 : 
市民権申請中。日本支社に移動した場合の問題点は?
第43回 : 
LやHビザ保持者の運転免許更新について
第44回 : 
2019年から変わる!? H-1Bビザ申請について
第45回 : 
滞在資格の切り替え申請方法が変更に!
第46回 : 
DUIで逮捕された!E-1ビザはどうなるの?
第47回 : 
専攻科目によってOPT延長が可能?
第48回 : 
永住権申請中に一時帰国したい!アドバンス・パロールの申請最新事情
第49回 : 
E-1ビザ取得の厳しい現状。リスクを回避するためには?
第50回 : 
プラクティカルトレーニング後の労働ビザは?
第51回 : 
大学を出ていなくてもO-1ビザは取得できる?
第52回 : 
Lビザを持っているとグリーンカード取得が早いってホント?

アメリカ移民法・ビザ申請の基礎

20年近くの経験を活かし、ビザ・グリーンカード申請に関する情報を事例をもとにQ&A形式でお答えします。

2017年 6月 14日更新

第24回 : H-1B雇用主変更の手続き

Q

私は現在、H-1Bビザで、ある日系のIT関連会社に勤務しています。最近、他の同業種の会社から、誘いの声がかかりました。私としては、この声をかけてくれた会社の方が学べることも多いので、転職したいのですが、どのようにすれば良いでしょうか?新しい会社からは、できるだけ早く来て欲しいと言われています。

A

あなたの場合は、新しい雇用主に早く動くことを優先するか、あるいはステータス(米国での滞在資格)を保持することを優先するかで、手続きの進め方が変わります。それを以下で説明します。

まず、H-1Bビザは専門職ビザと言われるもので、その申請を行うには、申請者が4年制大学を卒業しているか、それに相当する職務経験があること、また当該行われる職務内容が4年制大学を卒業しているか、それに相当する職務経験がないとできないほど複雑かつ専門的であること、および4年制大学あるいはそれに相当する職務経験で学んだことを生かすことができる職務である必要があります。移民法上の解釈における「専門職」とは、高度で特別な知識の理論的、そして実質的な適用、応用が要求される職種で、例えば、建築、エンジニアリング、数学、物理学、社会学、医療関係、ビジネス関係、会計、法律、技術などの分野であり、またその職種に就くにはアメリカにおいて通常、学士号、あるいはそれ以上の学歴、またはそれに値する経験が必要とされる職種を指すとされています。具体的な職業としては、会計士、経営コンサルタント、コンピューター・エンジニア、建築家、翻訳家などがあります。これらの職種を遂行するにあたって、必要とされる学歴あるいは職歴(コンピューター・エンジニアであればコンピューター・サイエンス)を保持し、スポンサーとなる会社でその職種を必要とされているのであれば、H-1Bビザ申請の条件を満たすことになります。

あなたの場合、新しい会社での合法的な就労資格を得るには、H-1Bのトランスファーの手続きを行う必要があります。これは、新しい会社が申請者となって移民局に申請書を提出することによって行います。この場合、毎年4月に行われているH-1Bの抽選の対象にはなりません。この申請書を提出した後、約3カ月程で認可、あるいは追加資料の請求が来ます。追加資料の請求が来た場合には、その請求された資料を提出した後、約1~2カ月で認可、あるいは却下の通知が来ることになります。そしてここで、いつから新しい会社に動けるか、あるいは動くかということが問題になります。まず、法的には、この申請書を移民局が受け取った時点で、新しい会社で働き始めることができるとされています。ただし、この場合、万一、申請書が却下された場合は、新しい会社で働くことができなくなるだけでなく、もとの(現在の)雇用主のもとに戻ることもできなくなり、却下通知に記載されている日より1カ月以内にアメリカを出国しなければならなくなります。

従って、現在のステータスを維持するという安全性を優先するのならば、結果が分かるまで、現在の雇用主のもとで働き続けるのが得策と言えます。そうすることにより、万一、申請が却下された場合でも、現在の雇用主のもとで働き続けることに問題はなく、また事情が許す限り、再度、申請書を提出するという選択肢も残されます。(結果を待たずして新しい会社で働き始め、却下された場合は、この再申請の間、日本などの米国外で待つことになります。)この場合、Premium Processing (通常の申請料に加えて1,225ドルを余分に支払うことになります)を使って申請すれば、上記の審査期間をそれぞれ15日以下ほどに縮めることができます。

このトランスファー(雇用主の変更)の手続きは、必ずしも同じ業種の会社間で行う必要はなく、申請者が大学で学んだ内容(専攻)が、その会社で生かすことができる役職が存在する限り、異業種の会社間で行うこともできます。また、トランスファーが完了した後は、前の会社でのビザ(パスポートに貼られているH-1Bビザのこと)が有効な限り、新しい会社のもとでの移民局からの認可証と前の雇用主からのH-1Bビザにより、アメリカへの出入国も可能で、日本のアメリカ大使館・領事館で面接を受けて新たにH-1Bビザを取得する必要もありません。

H-1Bの最大延長可能年数は6年で、この間、何度雇用主の変更を行っても構いません(厳密には、変更後の会社で1カ月以上働いた時点で、次の雇用主の変更が可能です)が、この最大延長期間の6年は、変わりません。雇用主変更の申請は、新しい雇用主がどれだけ早くあなたが働けるようになることを期待しているかということと、あなたのステータスを維持するということの双方をバランスよく考慮し、申請されることをお勧めします。

注意事項 : コラム内で提供しているビザ・移民法に関する情報は一般的な情報であり、個人の状況や背景により異なる場合がございます。的確な情報詳細につきましては、移民法専門の弁護士にお問い合わせください。

2017年 6月 14日更新

今回の記事はいかがでしたか?
トピックとして書いてほしいご質問やリクエストを受け付けております。以下に直接ご連絡を頂ければ幸いです。

taki@takilawoffice.com

Columnist's Profile

CEO/Attorney瀧 恵之(瀧法律事務所 Taki Law Offices, A Professional Corporation)

新潟大学法学部卒業。日本の法律事務所に勤務の後、インディアナ大学大学院卒業。20年以上に渡り、移民法の分野で活躍。常にクライアントの立場に立った柔軟なアドバイスが特徴。

瀧法律事務所 Taki Law Offices, A Professional Corporation

Newport Beach Office .. 1300 Quail Street, Suite 107, Newport Beach, CA 92660
Torrance Office .. 21221 S. Western Ave. Suite 215, Torrance, CA 90501
Los Angeles Office .. 3435 Wilshire Blvd. Suite 650, Los Angles, CA 90010
TEL:
949-757-0200
310-618-1818
323-724-6320
FAX:
949-250-3300
310-618-8788
EMAIL:
info@takilawoffice.com

バックナンバー

BACK ISSUES