CEO/Attorney
瀧 恵之 瀧法律事務所 Taki Law Offices, A Professional Corporation TEL: 949-757-0200
310-618-1818
323-724-6320
619-237-4529
info@takilawoffice.com

最新コラム

第24回 : update
H-1B雇用主変更の手続き

バックナンバー

第1回 : 
日本企業向け:アメリカ進出時の就労ビザに関して
第2回 : 
E-1ビザ申請のための「貿易」の内容とその条件
第3回 : 
特殊技能者がグリーンカードを早く取得する方法
第4回 : 
【最新情報スペシャルコラム】 グリーンカード申請の待ち時間が大幅に短縮!
第5回 : 
特殊技能者ビザ(O-1)の条件に関して
第6回 : 
多種多様なJ-1ビザとその内容に関して
第7回 : 
グリーンカード取得までに子供が21歳を超えてしまったら
第8回 : 
アメリカに小会社を設立し、L-1ビザを短期で取得する方法
第9回 : 
投資家ビザ申請における知的財産に関して
第10回 : 
アメリカを長期で離れる場合のグリーンカード保持に関して
第11回 : 
アメリカに短期で頻繁に出入りする場合のビザに関して
第12回 : 
アメリカ市民権申請の条件と方法に関して
第13回 : 
学生のステータスで就労する方法に関して
第14回 : 
市民との結婚。グリーンカード申請国について
第15回 : 
日本に住む親をアメリカに呼び寄せる方法とは
第16回 : 
DV夫と別れても、グリーンカードの申請はできますか?
第17回 : 
飲酒運転で捕まってしまっても、ビザは取得できますか?
第18回 : 
アメリカに短期で頻繁に出入りする場合のビザに関して
第19回 : 
アメリカで研修。H-3ビザについて知りたい!
第20回 : 
「第1優先」での永住権申請とは
第21回 : 
グリーンカードスポンサーが亡くなってしまった! ~ケース1 条件付グリーンカードの場合~
第22回 : 
グリーンカードスポンサーが亡くなってしまった! ~ケース2 グリーンカード申請中の場合~
第23回 : 
グリーンカード申請中の出入国
第24回 : 
H-1B雇用主変更の手続き

アメリカ移民法・ビザ申請の基礎

20年近くの経験を活かし、ビザ・グリーンカード申請に関する情報を事例をもとにQ&A形式でお答えします。

2017年 3月 1日更新

第21回 : グリーンカードスポンサーが亡くなってしまった! ~ケース1 条件付グリーンカードの場合~

Q

アメリカ人の夫と結婚して、グリーンカードの申請を行い、条件付の2年のグリーンカードを取得したのですが、先日、夫が他界してしまいました。私のグリーンカードの有効期限は、未だ2年のままです。私は、このまま合法的にアメリカに滞在し、働き続けることはできるのでしょうか。私には前の結婚による子供もいます。

A

あなたの場合は、結婚されてからご主人が亡くなられるまでの期間が2年以上経過しているか否かによって手続き方法が変わります。いずれの場合においても、一定の条件を満たせば、条件解除されたグリーンカード(10年間有効で10年ごとに更新可能)を取得することができます。

一般的に、アメリカ市民との結婚を通してグリーンカードを取得する場合、最初にI-130(婚姻関係があることを認めてもらうための申請)とI-485(永住権自体の申請)という書類を同時に移民局に提出します。この後、約6週間程度で指紋採取(犯罪暦のチェック)が行われ、申請後、3か月で就労許可、および一時渡航許可が発行され、グリーンカードを取得する期間まで、就労、および国外への出入国が可能となります。インタビューまでは、申請後約4か月程度です。この後、この2つの申請が認可されれば、2年の条件付グリーンカードを取得することができます。

ここで、2年の条件が付されているのは、アメリカ市民との結婚を通してグリーンカードを取得するには、最低2年間は、婚姻関係を継続していることが条件とされているからです。この2年の期間の終わる90日前より、条件解除の申請を行うことができます。この条件解除の申請が認可されれば、10年のグリーンカードを取得することができ、この取得の後は、離婚、あるいはアメリカ市民である配偶者が死亡したような場合であっても、これに影響されることなく、10年ごとに更新が可能です。従って、結婚後条件付グリーンカードを取得するまでの期間(約9か月)、および条件解除の手続のために必要とされる期間(約6か月)を考慮すれば、結婚から条件解除されたグリーンカードを取得するまでは、最低でも3年はかかることになります。

2つの救済法(I-751/I-360)
婚姻期間が2年以上の場合(I-751)

結婚されてからご主人が亡くなるまでの期間が2年以上ある場合は、現在保持している条件付グリーンカードの切れる90日前から有効期限満了時までに、I-751という書類を用いて条件解除の申請を行います。ここでは、申請時において当該婚姻がグリーンカードを取得する目的で行なわれたものではなく、婚姻そのものを目的とするものであったこと、結婚後2年以上同居していたことを証明する書類を添えて申請を行います。この同居関係を示す書類としては、Jointの納税申告書、Joint Bank Account、Joint Credit Card、Insurance等が挙げられます。

婚姻期間が2年未満の場合(I-360)

類を移民局に提出する必要があります。移民局は、2009年9月9日に、このI-360による申請が、残されたアメリカ市民配偶者のグリーンカード申請に適用される決定をしています。I-360の書類を提出するには、ご主人が死亡した時点で、あなたがご主人と別居していないこと、また申請時から条件解除されたグリーンカードを取得するまでの間にあなたが再婚していないこと、申請時においてあなたがアメリカに滞在していることが要求されます。I-360が認可された後は、経済的に就労が必要であることを理由として、移民局に就労許可の申請を行うこともできます。この場合も上記と同じように、申請時において当該婚姻がグリーンカードを取得する目的で行なわれたものではなく、婚姻そのものを目的とするものであったこと、また結婚後からアメリカ市民の配偶者の死亡時まで、同居していたことを証明する書類を添えて申請を行うことになります。ただし、この申請ができるのは、死亡後2年以内とされています。

また、この申請方法では、仮に2年の条件付グリーンカードを取得していなくとも、さらに仮にこの2年の条件付グリーンカードの申請自体(上述のI-130とI-485の申請)すら行っていなかったとしても、I-360の申請は可能であるとされています。なお、あなたのお子さんも、既に申請済みのI-130申請時において、あるいは(I-130の申請を行っていない場合は)、I-360申請時において、21歳未満で未婚であれば、同時に申請(あなたのI-360に名前を明記)することができます。

注意事項 : コラム内で提供しているビザ・移民法に関する情報は一般的な情報であり、個人の状況や背景により異なる場合がございます。的確な情報詳細につきましては、移民法専門の弁護士にお問い合わせください。

2017年 3月 1日更新

今回の記事はいかがでしたか?
トピックとして書いてほしいご質問やリクエストを受け付けております。以下に直接ご連絡を頂ければ幸いです。

taki@takilawoffice.com

Columnist's Profile

CEO/Attorney瀧 恵之(瀧法律事務所 Taki Law Offices, A Professional Corporation)

新潟大学法学部卒業。日本の法律事務所に勤務の後、インディアナ大学大学院卒業。20年近くに渡り、移民法の分野で活躍。常にクライアントの立場に立った柔軟なアドバイスが特徴。

瀧法律事務所 Taki Law Offices, A Professional Corporation

Newport Beach Office .. 20250 Acacia Street, Suite 200, Newport Beach, CA 92660
Torrance Office .. 21221 S. Western Ave. Suite 215, Torrance, CA 90501
Los Angeles Office .. 3435 Wilshire Blvd. Suite 650, Los Angles, CA 90010
San Diego Office .. 4660 La Jolla Village Dr., Suite 500, San Diego, CA 92122
TEL:
949-757-0200
310-618-1818
323-724-6320
619-237-4529
FAX:
949-250-3300
310-618-8788
EMAIL:
info@takilawoffice.com

バックナンバー

BACK ISSUES