CEO/Attorney
瀧 恵之 瀧法律事務所 Taki Law Offices, A Professional Corporation TEL: 949-757-0200
310-618-1818
323-724-6320
info@takilawoffice.com

最新コラム

第53回 : update
グリーンカードスポンサーの収入が基準を満たしていない場合はどうなるの?

バックナンバー

第1回 : 
日本企業向け:アメリカ進出時の就労ビザに関して
第2回 : 
E-1ビザ申請のための「貿易」の内容とその条件
第3回 : 
特殊技能者がグリーンカードを早く取得する方法
第4回 : 
【最新情報スペシャルコラム】 グリーンカード申請の待ち時間が大幅に短縮!
第5回 : 
特殊技能者ビザ(O-1)の条件に関して
第6回 : 
多種多様なJ-1ビザとその内容に関して
第7回 : 
グリーンカード取得までに子供が21歳を超えてしまったら
第8回 : 
アメリカに小会社を設立し、L-1ビザを短期で取得する方法
第9回 : 
投資家ビザ申請における知的財産に関して
第10回 : 
アメリカを長期で離れる場合のグリーンカード保持に関して
第11回 : 
アメリカに短期で頻繁に出入りする場合のビザに関して
第12回 : 
アメリカ市民権申請の条件と方法に関して
第13回 : 
学生のステータスで就労する方法に関して
第14回 : 
市民との結婚。グリーンカード申請国について
第15回 : 
日本に住む親をアメリカに呼び寄せる方法とは
第16回 : 
DV夫と別れても、グリーンカードの申請はできますか?
第17回 : 
飲酒運転で捕まってしまっても、ビザは取得できますか?
第18回 : 
アメリカに短期で頻繁に出入りする場合のビザに関して
第19回 : 
アメリカで研修。H-3ビザについて知りたい!
第20回 : 
「第1優先」での永住権申請とは
第21回 : 
グリーンカードスポンサーが亡くなってしまった! ~ケース1 条件付グリーンカードの場合~
第22回 : 
グリーンカードスポンサーが亡くなってしまった! ~ケース2 グリーンカード申請中の場合~
第23回 : 
グリーンカード申請中の出入国
第24回 : 
H-1B雇用主変更の手続き
第25回 : 
家族を通して申請永住権
第26回 : 
離婚してもグリーンカードの切り替えは可能?
第27回 : 
Lビザから配偶者スポンサーで永住権を取得するには?
第28回 : 
非移民ビザ新規則「グレース・ピリオド」について
第29回 : 
雇用ベース永住権申請の面接について
第30回 : 
永住権申請中の日本一時帰国について
第31回 : 
投資家用 最新ビザ・カテゴリーについて
第32回 : 
「H-1Bビザ」今年は4月2日から申請開始!
第33回 : 
アーティストとして、O-1ビザで渡米するには?
第34回 : 
アメリカでグリーンカード申請中。日本に一時帰国は可能?
第35回 : 
トランプ政権下で、学生ビザはどうなる?
第36回 : 
グリーンカード抽選に当選!手続きを教えてください。
第37回 : 
グリーンカード条件解除手続きは、離婚しても申請可能?
第38回 : 
ビザ申請却下=移民法廷に出頭?
第39回 : 
アメリカで起業家としてビザを取得するには?
第40回 : 
市民と結婚して日本在住。アメリカでの永住権申請はリスク大?
第41回 : 
グリーンカード申請時の健康診断って何?
第42回 : 
市民権申請中。日本支社に移動した場合の問題点は?
第43回 : 
LやHビザ保持者の運転免許更新について
第44回 : 
2019年から変わる!? H-1Bビザ申請について
第45回 : 
滞在資格の切り替え申請方法が変更に!
第46回 : 
DUIで逮捕された!E-1ビザはどうなるの?
第47回 : 
専攻科目によってOPT延長が可能?
第48回 : 
永住権申請中に一時帰国したい!アドバンス・パロールの申請最新事情
第49回 : 
E-1ビザ取得の厳しい現状。リスクを回避するためには?
第50回 : 
プラクティカルトレーニング後の労働ビザは?
第51回 : 
大学を出ていなくてもO-1ビザは取得できる?
第52回 : 
Lビザを持っているとグリーンカード取得が早いってホント?
第53回 : 
グリーンカードスポンサーの収入が基準を満たしていない場合はどうなるの?

アメリカ移民法・ビザ申請の基礎

20年近くの経験を活かし、ビザ・グリーンカード申請に関する情報を事例をもとにQ&A形式でお答えします。

2019年 2月 21日更新

第44回 : 2019年から変わる!? H-1Bビザ申請について

Q

2020年5月にアメリカの大学院を卒業する予定です。ある企業から「H-1B申請をサポートする」と連絡をもらったのですが、今年からH-1Bビザ申請が大きく変わると聞いています。何か影響はあるのでしょうか?

A

H-1B(特殊技能職)ビザは、他国籍の人がアメリカで労働を求めて渡米するにあたり、最も一般的なビザの取得方法です。スポンサーであるアメリカの会社が、アメリカ人、もしくはグリーンカード保持者の従業員のみでは充分な労働力を得られないので、短期で特殊技能の資格を持つ他国籍の従業員の手を借りる必要性をアメリカ労働省(DOL)とアメリカ移民局(USCIS)に訴えることで申請が開始されます。H-1Bビザ申請の際に、求められる条件は(1)H-1Bビザ申請者が特定分野の学士号(Bachelor’s)の学位か、それ以上の資格を保持していること、(2)その職務が当該学位を必要とする特殊技能職だということです。

2019年1月31日に、アメリカ国土安全保障省(DHS)は、このH-1Bビザに関して新ルールを発表しました。これによって、今年から学士号のみの学位保持者に対して、H-1Bビザ抽選の当選率が少し下がることが見込まれます。将来的には、スポンサー企業には雇用主登録を行うことが義務化されます。

H-1Bビザは、アメリカ連邦政府1会計年度(10月1日~9月30日)内の発行数が、合計で8万5千件に限られており、アメリカの大学院から修士号(Master’s)とそれ以上(Ph.D.など)を取得した申請者向けに、特別に2万件の「US Master’s」枠が設定されています。H-1Bビザは人気があるプログラムなので、ここ数年の申請希望者はビザ枠の約2.5倍です。昨連邦会計年度では一般用(学士号以上か、それに匹敵する就労経験)枠で9万4213件、US Master’s枠で9万5885件(合計で19万98件)もの申請書類が提出されました。

毎年4月の第1週目に、一般枠用の6万5000件とUS Master’s枠用の2万以上の申請書類が提出されると、コンピュータープログラムによる抽選が行われます。抽選は4月から5月にかけて行われ、抽選に当選しているか否かは、レシートの受け取りの有無によります。レシートが届けば、抽選に受かったことを意味します。レシートが届かず、申請書類一式(申請費用を含む)が弁護士事務所に返送された場合は、その時点で抽選に漏れたことが確定します。

ここまでは例年のH-1Bビザ申請と変わりません。ただし、今年の4月1日からは抽選プログラムに使用される計算方法が大幅に変化します。今までは、まずアメリカの大学院から修士号(Master’s)とそれ以上の学位(Ph.D.など)を取得したUS Master’s枠から2万人が抽選の対象になり、落選者はさらに一般用の6万5千件の枠で2度目のチャンスが与えられていました。

しかし、今年からはこの抽選の順序が逆になります。つまり、まず申請者全員が一般用の6万5千件の枠内で抽選があり、2度目のチャンスとしてUS Master’s枠に該当する落選者が、さらに2万人枠で抽選を行うのです。順番を逆にすることによって、USCISはUS Master’s枠に該当する申請者の当選率は、例年より16%上がると予想していることを発表してます。

さらに、将来的に、抽選の手続き自体が大きくかわります。まず、H-1Bビザ申請者は抽選の結果を考慮した上で、申請書類を用意すべきかを判断することができるようになります。雇用主登録プログラムのテストなどが完了すれば、H-1Bビザ申請者は、3月の半ば頃から、インターネットを通して雇用主登録を行うことが可能となります。そして会社の情報やビザ申請者の基本情報などの入力が完成すれば、4月1日以降にコンピュータープログラムによる抽選が行われ、当選者達は通知から90日以内にH-1Bビザ申請パケットをUSCISに提出することが許可されます。

この雇用主登録システムの導入により、USCISは落選者の書類を郵送で返却する必要や、H-1Bビザ申請者の情報を手作業で打ち込む必要がなくなります。これによって処理時間とコストが大幅に削減される見込みです。H-1Bビザ申請者にとっても、いち早く抽選の結果を知ることができるのでH-1B申請の抽選システムが改善されたとも言えます。

新ルールによって、H-1Bビザ申請が、より便利になる一方で、まだまだ予測不能なところもあるはずです。質問などがある場合は、移民法弁護士に相談することをお勧めします。

注意事項 : コラム内で提供しているビザ・移民法に関する情報は一般的な情報であり、個人の状況や背景により異なる場合がございます。的確な情報詳細につきましては、移民法専門の弁護士にお問い合わせください。
今回のコラムニスト
Attorney大橋 幸生

カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)を卒業後、アメリカ法学博士号(JD)を取得。アメリカ法全般における判例リサーチの経験をもとに、総合的な見地からの移民法のアドバイスを行う。

2019年 2月 21日更新

今回の記事はいかがでしたか?
トピックとして書いてほしいご質問やリクエストを受け付けております。以下に直接ご連絡を頂ければ幸いです。

taki@takilawoffice.com

Columnist's Profile

CEO/Attorney瀧 恵之(瀧法律事務所 Taki Law Offices, A Professional Corporation)

新潟大学法学部卒業。日本の法律事務所に勤務の後、インディアナ大学大学院卒業。20年以上に渡り、移民法の分野で活躍。常にクライアントの立場に立った柔軟なアドバイスが特徴。

瀧法律事務所 Taki Law Offices, A Professional Corporation

Newport Beach Office .. 1300 Quail Street, Suite 107, Newport Beach, CA 92660
Torrance Office .. 21221 S. Western Ave. Suite 215, Torrance, CA 90501
Los Angeles Office .. 3435 Wilshire Blvd. Suite 650, Los Angles, CA 90010
TEL:
949-757-0200
310-618-1818
323-724-6320
FAX:
949-250-3300
310-618-8788
EMAIL:
info@takilawoffice.com

バックナンバー

BACK ISSUES