ディレクター
Sumiyo Sumikawa モンテッソーリ国際学園 TEL: 714-444-2733
info@monteintel.org

最新コラム

第28回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 日本文化教育 ~扉の向こうは日本。アメリカで自分のルーツを学ぶ~

バックナンバー

第1回 : 
モンテッソーリー教育との出会い
第2回 : 
「ダメ」 と言っていることは本当に「ダメ」?「ダメ」と言う前に知っておきたいこと
第3回 : 
家庭でできるモンテッソーリ教育
第4回 : 
教師の心得
第5回 : 
環境
第6回 : 
モンテッソーリと障がい児教育について
第7回 : 
モンテッソーリの日常生活の練習とは?
第8回 : 
モンテッソーリの感覚教育とは?
第9回 : 
モンテッソーリの言語教育とは?
第10回 : 
モンテッソーリの算数教育
第11回 : 
モンテッソーリの文化教育
第12回 : 
モンテッソーリ教師への道
第13回 : 
モンテッソーリ教師への道 ~現役教師インタビュー Vol.1~
第14回 : 
モンテッソーリ教師への道 ~現役教師インタビュー Vol.2~
第15回 : 
モンテッソーリ教師への道 ~現役教師インタビュー Vol.3~
第16回 : 
モンテッソーリ教師への道 ~現役教師インタビュー Vol.4~
第17回 : 
モンテッソーリ教師への道 ~現役教師インタビュー Vol.5~
第18回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 スペシャルインタビュー 前編
第19回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 スペシャルインタビュー 後編
第20回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 日本モンテッソーリ教育綜合研究所 実践研修室レポート
第21回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 スクールエイジ・プログラムスタート!
第22回 : 
スぺシャルリポート 「スクールエイジ・プログラム 日本語学科・芸術学科」 オープンハウス開催
第23回 : 
モンテッソーリ教育「スクールエイジ・プログラム」コース紹介
第24回 : 
モンテッソーリ教育「スクールエイジ・プログラム」コース紹介2
第25回 : 
モンテッソーリ教育「スクールエイジ・プログラム」コース紹介3
第26回 : 
モンテッソーリ教師への道 ~現役教師インタビュー Vol.6~
第27回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 「モンテッソーリ育成教師育成集中トレーニングコース」レポート
第28回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 日本文化教育 ~扉の向こうは日本。アメリカで自分のルーツを学ぶ~

いまなぜモンテッソーリ教育なのか?

モンテッソーリ教育はイタリアのマリア.モンテッソーリがつくった100年以上続いている世界で一番広く取り入れられている幼児教育です。このコラムで皆様の子育てのお役に立てると嬉しいです。

2016年 6月 29日更新

第18回 : もっと知りたい!モンテッソーリ教育 スペシャルインタビュー 前編

モンテッソーリ国際学園ディレクター 炭川純代さん

2010年に、モンテッソーリ教育を取り入れた幼稚園を設立し、広く日系コミュニティーに紹介した教育者としても知られる炭川純代さん。第6回卒業式を間近に控えた校舎で、炭川さんに話を伺いました。

設立6年で園児数は92名に

コスタメサにモンテッソーリ学園を設立してから早6年。当時園児は35人でした。その後、リース更新を機に、園児数の増加や設備の見直しを考慮し、2012年にサンタアナへの移転を決意したんです。約1万2千スクエアフィートを誇る敷地内には、5つの教室を有する施設と広い園庭があり、現在2歳から6歳までの92名の園児たちが学んでいます。事務所を中心に、四方に設置された部屋は、ドアなどで仕切られていないので、風通しもよく、また姿は見えなくても、子どもたちの元気な声や動きを感じることができます。10人の教師はそれぞれクラスを受け持っていますが、全員がすべての子どもたちを見守る体制と環境が整っており、当学園の特徴の一つと言えます。

自主性や自立心、集中力を育てるモンテッソーリ教育を通して、子どもたちは日々成長しています。2歳から6歳が混在する縦割り教育のなかで、協力し合うこと、年上の子どもたちをお手本にしながら、自身が主体となることを学んでいくのです。子どもたちの可能性や成長には限界がありません。2歳の子どもも日頃の積み重ねで成功体験を得て、創造性を養うことができるのです。教師からの押し付けではなく、入園時から一貫して自分がやりたいと考えて行動しているので、わずか数年での成長ぶりには、実に目を見張るものがあります。

卒業生によるミュージカル『Cats』公演

数年にわたるモンテッソーリ教育の集大成として、当学園が卒業生を対象に開催しているのがミュージカルです。昨年は『Annie』、そして今年は『Cats』に挑戦しました。上演に先駆け、まず子どもたちにDVDなどでプロの俳優による『Cats』の舞台を観てもらい、ミュージカルの概念を掴んでもらったところで、衣装や配役を考えていきます。当学園では、どんな場合でも、教師は子どもたちの自主性を大切にしています。衣装決めにおいても「キャットスーツはこんな風にしたい」「しっぽは何色にしようかな」など、子どもたちはどんどん自分の意見を出すのです。配役も、教師が子どもの能力や性格を基に決めていくことはありまえせん。子どもたちにやりたい役を選んでもらうのです。人気のある役には候補が集中してもいいんです。その都度話し合ったり、子どもたちと解決策を見出していくのも学びのひとつですから。ときには、自分なりの演出アイデアを出してくる積極的な子どももいるんですよ(笑)。

就学前の子どもたちにとって、ミュージカルは、歌とダンスの複雑なパフォーマンスを要求される高度なプロジェクトですが、今年も子どもたちの集中力や創造性には驚かされました。とにかくどの子も音程がきちんと取れて歌えるんです。これは正しい音楽教育を受けたというわけではなく、個々の意識の問題なんですね。日頃から自分のやりたいこと、好きなことを率先して行っているけれど、たとえ好きなことといっても、当然失敗したり嫌な思いをすることもありますよね。けれど“好き”がベースにあると、意欲は失われず、何か解決策を考えたりできるんです。そしてそれを乗り越えると、すべて成功体験に変わる。そういった過去の記憶や経験をたくさん持っているので、たとえ得意分野でなくても、新しいことを学ぶときも、恐れや不安、先入観を持たずに、学ぶための心の準備ができている。自分が何をすればよいのか、そして楽しめるのかを、みな分かっているんです。

おかげさまで、今年の『Cats』も無事にそして大成功に終わりました。一大プロジェクトを終えた子どもたちの笑顔は素晴らしかったですね。まもなく揃って卒業式を迎えますが、モンテッソーリ教育で学んだ自主性や自立心を、新たなステージで発揮できることを心から祈ってやみません。

「スペシャルインタビュー後編」に続く。

* このインタビューは6月3日に行なわれました。

2016年 6月 29日更新

皆さんのご意見、ご相談等ございましたら以下までご連絡ください。

info@monteintel.org

Columnist's Profile

ディレクターSumiyo Sumikawa(モンテッソーリ国際学園)

日本にてモンテッソーリ教師の資格を取得。幼稚園教諭として幼稚園に5年間勤務。その後、更にモンテッソーリを学ぶために渡米。American Montessori Society (AMS) 認定の幼児及び小学部の資格を取得し、Casa Montessori School にて3-6歳児のクラス担任として7年間勤務。2003年 University of California Los Angeles、で心理学学士号取得。行動療法士として自閉症児の支援をし、その活動の一環として、自閉症やその他の障害をもつ子どもたちにミュージカル“Cats”を指導。障害児とその兄弟姉妹たちで結成した“Miraclecats”のディレクターを務める。2009年College of St. Catherineにて教育学の修士号取得。現在は、コスタメサ市に英語と日本語のバイリンガル教育の幼稚園、モンテッソーリ国際学園主宰。公益財団日本モンテッソーリ総合研究所研究員。

モンテッソーリ国際学園

2717 S. Halladay Street Santa Ana, CA 92705
TEL:
714-444-2733
EMAIL:
info@monteintel.org

モンテッソーリ国際学園 について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES