ディレクター
Sumiyo Sumikawa モンテッソーリ国際学園 TEL: 714-444-2733
info@monteintel.org

最新コラム

第28回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 日本文化教育 ~扉の向こうは日本。アメリカで自分のルーツを学ぶ~

バックナンバー

第1回 : 
モンテッソーリー教育との出会い
第2回 : 
「ダメ」 と言っていることは本当に「ダメ」?「ダメ」と言う前に知っておきたいこと
第3回 : 
家庭でできるモンテッソーリ教育
第4回 : 
教師の心得
第5回 : 
環境
第6回 : 
モンテッソーリと障がい児教育について
第7回 : 
モンテッソーリの日常生活の練習とは?
第8回 : 
モンテッソーリの感覚教育とは?
第9回 : 
モンテッソーリの言語教育とは?
第10回 : 
モンテッソーリの算数教育
第11回 : 
モンテッソーリの文化教育
第12回 : 
モンテッソーリ教師への道
第13回 : 
モンテッソーリ教師への道 ~現役教師インタビュー Vol.1~
第14回 : 
モンテッソーリ教師への道 ~現役教師インタビュー Vol.2~
第15回 : 
モンテッソーリ教師への道 ~現役教師インタビュー Vol.3~
第16回 : 
モンテッソーリ教師への道 ~現役教師インタビュー Vol.4~
第17回 : 
モンテッソーリ教師への道 ~現役教師インタビュー Vol.5~
第18回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 スペシャルインタビュー 前編
第19回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 スペシャルインタビュー 後編
第20回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 日本モンテッソーリ教育綜合研究所 実践研修室レポート
第21回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 スクールエイジ・プログラムスタート!
第22回 : 
スぺシャルリポート 「スクールエイジ・プログラム 日本語学科・芸術学科」 オープンハウス開催
第23回 : 
モンテッソーリ教育「スクールエイジ・プログラム」コース紹介
第24回 : 
モンテッソーリ教育「スクールエイジ・プログラム」コース紹介2
第25回 : 
モンテッソーリ教育「スクールエイジ・プログラム」コース紹介3
第26回 : 
モンテッソーリ教師への道 ~現役教師インタビュー Vol.6~
第27回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 「モンテッソーリ育成教師育成集中トレーニングコース」レポート
第28回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 日本文化教育 ~扉の向こうは日本。アメリカで自分のルーツを学ぶ~

いまなぜモンテッソーリ教育なのか?

モンテッソーリ教育はイタリアのマリア.モンテッソーリがつくった100年以上続いている世界で一番広く取り入れられている幼児教育です。このコラムで皆様の子育てのお役に立てると嬉しいです。

2013年12月 5日更新

第11回 : モンテッソーリの文化教育

モンテッソーリの文化教育は、地理、歴史、動物、植物、科学、音楽、アートなどの色々な分野の学びを含んでいます。

それらを大きく活動にわけると、以下のようになります。

  1. 地学、地理に関する分野
  2. 生物に関する分野
  3. 時の流れ、歴史に関わる分野
  4. 各分野が複合した活動

子ども達は自分の周りの物について強い関心があり、いろいろなことを知りたいと望んでいます。 モンテッソーリの文化教育の教具は、子ども達のその興味の展開をお手伝いします。 例えば、蝶々は子ども達にとっても、とてもなじみのある生物です。 蝶々に関する教具が棚に置かれていると、子ども達は実際に見たことのある蝶々が、どのように育ち成長しているのかを知りたいと興味を示し、それを取り出し目を輝かせて取り組む姿が見られます。 蝶々が卵から孵化 (ふか) して幼虫 (イモシム) になり、そして羽化 (うか) して蛹 (さなぎ) から成虫に育つ… というその一連の様子を観察していきます。 下記の写真は育った成虫をまた外の世界に戻しています。

また実体験から強い興味を持つものに、科学的なことがあります。 下の写真は、子ども達の大好きなアイスクリーム作りから、氷の特性について学んでいるところです。 塩は氷の温度を急速に下げるという科学的なことを学び、その為アイスクリームを作るときに最適だということを体験できます。

子ども達は実際の体験から興味を抱くことはもちろんですが、一度も体験していないことでも、興味を持ち始めることがたくさんあります。 宇宙飛行士に憧れ、天体に興味を持っている子どもが、太陽系の惑星についての教具を触りながらイマジネーションを膨らませたり、一度も行ったことのない国やそこに住む人々の写真を見ることで、ますますその国についての興味を抱いたりもします。

モンテッソーリの教育の特徴として、子ども達に全体像を与え、それから細かいところを紹介するという流れがあります。 文化教育も同様で、その出発点として子ども達と一緒に宇宙について考えます。 宇宙とはどういうものだろう、どのように出来たのだろうなどと、イマジネーションを膨らませながら、またそれをわかりやすく理解するために、ここでいう具体的な活動を通して体験できるように工夫します。 例えば広くて真っ暗な宇宙の中に星が出来た様子を表すために、桶に水をはって墨汁をたらし、真っ暗な宇宙を作り視覚で表現していきます。 太陽系の惑星を紹介する際は、実際に太陽や水星や金星などの位置に子どもが立ち、太陽の周りを回る動作をしたり、地球のときは、まず陸と海の違いを触覚で確かめることの出来る “すべすべ (海)” と “ざらざら (陸)” のものを用いて紹介したりします。

イマジネーションを働かせていろいろなことを考えられるようになる時期を、モンテッソーリでは6歳ころと言っており、この時期の子どもたちは文化の教具に夢中になります。 この時期はグループでの活動を好む時期でもあり、皆でプロジェクトを完成させるなどの幅広い活動の展開が見られます。 もちろん6歳以下の子ども達にも文化の活動はとても人気で、いつもクラスで行われています。 このようにモンテッソーリの部屋は、子ども達の興味や関心にいつも合致していて、その欲求がしっかりと満たされていく環境なのです。

宇宙、太陽系、地球、平面地図と進んでいき、全体から部分に展開される文化の活動は、概念を導き、また今習っているのは全体のどこの部分かを理解できることからも、子ども達にとっても私たち大人にもわかりやすいと言えます。 モンテッソーリの文化教育の活動のなかで、子ども達は次第にすべての物がかかわりあってこの世に存在するという大きな概念を形成していきます。 これをモンテッソーリでは 「コズミックエデュケーション (Cosmic Education ) 宇宙的教育」 という言葉で表現しています。 いろいろなことを知ることにより子どもの興味の範囲が広がり、物の見方も広がっていきます。 最終的にはそれぞれの違いを受け入れるところにつながるなど、世界平和の原点に導くことが大きな目標の方向です。 そういった意味でも、モンテッソーリの文化教育は 「沢山の世界を知る1つのカギ」 または 「世界を解く1つのカギ」 として、今日も子ども達の興味に合わせて教室で展開されているのです。

2013年12月 5日更新

皆さんのご意見、ご相談等ございましたら以下までご連絡ください。

info@monteintel.org

Columnist's Profile

ディレクターSumiyo Sumikawa(モンテッソーリ国際学園)

日本にてモンテッソーリ教師の資格を取得。幼稚園教諭として幼稚園に5年間勤務。その後、更にモンテッソーリを学ぶために渡米。American Montessori Society (AMS) 認定の幼児及び小学部の資格を取得し、Casa Montessori School にて3-6歳児のクラス担任として7年間勤務。2003年 University of California Los Angeles、で心理学学士号取得。行動療法士として自閉症児の支援をし、その活動の一環として、自閉症やその他の障害をもつ子どもたちにミュージカル“Cats”を指導。障害児とその兄弟姉妹たちで結成した“Miraclecats”のディレクターを務める。2009年College of St. Catherineにて教育学の修士号取得。現在は、コスタメサ市に英語と日本語のバイリンガル教育の幼稚園、モンテッソーリ国際学園主宰。公益財団日本モンテッソーリ総合研究所研究員。

モンテッソーリ国際学園

2717 S. Halladay Street Santa Ana, CA 92705
TEL:
714-444-2733
EMAIL:
info@monteintel.org

モンテッソーリ国際学園 について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES