ディレクター
Sumiyo Sumikawa モンテッソーリ国際学園 TEL: 714-444-2733
info@monteintel.org

最新コラム

第28回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 日本文化教育 ~扉の向こうは日本。アメリカで自分のルーツを学ぶ~

バックナンバー

第1回 : 
モンテッソーリー教育との出会い
第2回 : 
「ダメ」 と言っていることは本当に「ダメ」?「ダメ」と言う前に知っておきたいこと
第3回 : 
家庭でできるモンテッソーリ教育
第4回 : 
教師の心得
第5回 : 
環境
第6回 : 
モンテッソーリと障がい児教育について
第7回 : 
モンテッソーリの日常生活の練習とは?
第8回 : 
モンテッソーリの感覚教育とは?
第9回 : 
モンテッソーリの言語教育とは?
第10回 : 
モンテッソーリの算数教育
第11回 : 
モンテッソーリの文化教育
第12回 : 
モンテッソーリ教師への道
第13回 : 
モンテッソーリ教師への道 ~現役教師インタビュー Vol.1~
第14回 : 
モンテッソーリ教師への道 ~現役教師インタビュー Vol.2~
第15回 : 
モンテッソーリ教師への道 ~現役教師インタビュー Vol.3~
第16回 : 
モンテッソーリ教師への道 ~現役教師インタビュー Vol.4~
第17回 : 
モンテッソーリ教師への道 ~現役教師インタビュー Vol.5~
第18回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 スペシャルインタビュー 前編
第19回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 スペシャルインタビュー 後編
第20回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 日本モンテッソーリ教育綜合研究所 実践研修室レポート
第21回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 スクールエイジ・プログラムスタート!
第22回 : 
スぺシャルリポート 「スクールエイジ・プログラム 日本語学科・芸術学科」 オープンハウス開催
第23回 : 
モンテッソーリ教育「スクールエイジ・プログラム」コース紹介
第24回 : 
モンテッソーリ教育「スクールエイジ・プログラム」コース紹介2
第25回 : 
モンテッソーリ教育「スクールエイジ・プログラム」コース紹介3
第26回 : 
モンテッソーリ教師への道 ~現役教師インタビュー Vol.6~
第27回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 「モンテッソーリ育成教師育成集中トレーニングコース」レポート
第28回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 日本文化教育 ~扉の向こうは日本。アメリカで自分のルーツを学ぶ~

いまなぜモンテッソーリ教育なのか?

モンテッソーリ教育はイタリアのマリア.モンテッソーリがつくった100年以上続いている世界で一番広く取り入れられている幼児教育です。このコラムで皆様の子育てのお役に立てると嬉しいです。

2013年 8月 29日更新

第10回 : モンテッソーリの算数教育

今回は、モンテッソーリ教育が「算数」を子ども達にどのように伝えているかについてお話したいと思います。

マリア・モンテッソーリが子ども達を観察しながら気づいたこと、それは 「子ども達は幼児期に算数に関する強い興味や関心を持つ」 ということでした。 子ども達は、自然に生活の中で数に関する活動をしています。 例えばお風呂で数を唱えたり、物の数を数えたり、おやつを友達と分けたりなどです。 このように、数の活動は幼い頃から身近にあり、算数の教育は幼児期から展開されています。

モンテッソーリの算数教育の重要な目的は 「数に対する概念の構築」 はもちろんのこと、「基本的な考え方、理論的な考え方を知る」 ことです。 幼児期において算数教育はとても意味があり、それを無理なく伝える為にも、子どもの発達のありかたを良く知り、楽しく導くことが大切です。 幼児期の発達は、感覚器官と運動器官に関してとても特別な特徴があります。 子どもは大人と異なり、“動き” を通して体験しながら概念を構築していくのです。 数の概念も同様で、視覚や触覚を使い、実際に数の活動を通しながら概念を理解していきます。

モンテッソーリの算数教育では、子どもたちはたくさんの教具を使って量を体感していきます。 量というのは数値化されている物体です。 例えば下記の写真にある青と赤の色分けされた棒は 「算数棒」 と呼ばれる教具で、子ども達はその値の違いを視覚によっても触覚によっても体験することができます。

まず数についてご説明します。 数は3つの方法で表現されます。

  1. 量 (ビーズなど)
  2. 数詞 ( 「せん」 や 「いち」 などのことば)
  3. 数字 ( 「1000」 「1」 などの表記

この3つを理解して初めて、数の概念を理解したと言えます。 例えば1000であれば、1000の量をイメージでき、1000という言葉を話し、1000と書くことができたときに1000を知ったことになります。 このことから、紙の上で数字の計算ができるようになるだけでは 「数の概念を学んだということにならない」 ことが理解していただけると思います。

またモンテッソーリの算数教育は、概念を深く理解をしていくために教具とプロセスに工夫が凝らされています。 その様子については次の写真をご覧ください。

量の体験
○算数棒1から10の連続する量の体験です。

○分離されている量の体験です。

  • (写真1)合わせるとこのような量になります。
  • (写真2)数が大きくなればなるほど量も増えていくことを、身体で感じることができます。
○1と1000の量にはこのような違いがあることも、視覚と触覚ではっきりと体験することができます。

具体から抽象へのプロセス

量の体験は、最初は子ども達に理解しやすいものから始まり、次第に抽象化されていきます。 具体的な量が少しずつ抽象的に変化していくのです。

○1111 (千百十一) の量は、活動のなかでどのように変化していくのかを詳しくお話します。

  • (写真3)まずそれぞれの位で形が異なる金のビーズを使います。
  • (写真4)その後、それぞれの位で形は同じですが、色と数字が異なるチップを使います (この時、数量は視覚的にどの位でも同じですが、色と数字の違いで見分けることができます。 量が抽象化された瞬間です)。
○数字に関しても具体から抽象へと伝えていきます。

  • (写真5)色と大きさが異なる数字の板で、わかりやすく伝えます。
  • (写真6)その後に「1111」という数字となります。
1つの教具に1つだけの概念

教具の特徴としては、1つの教具に概念を1つだけ含むことにより、子ども達がよりわかりやすく活動できます。

  • (写真7)平方のビーズは 「スキップ数え」 の導入の教具です。感覚的に数が5つずつ増えていく様子がよくわかります。
  • (写真8)セガン板11から20までの数字の概念の紹介です。 『 「11」 は 「1」 と 「1」 ではなく、「10」 と 「1」 だ! 』 と気が付いた瞬間です。
算数教育に入る前に大切なこと

実際の算数教育を始めるにあたり、その時点で子ども達にある程度の基盤や基礎知識がついていなければ、数概念は理解できません。

○コントロール (写真9)

算数の教具を自由自在に扱うためには、しっかりと自分の体を思い通りに動かすことができなければなりません。 大好きな日常生活の練習で行った洗濯も、自分で体をコントロールし、興味のある事に向かって集中力を注ぐことで、しっかりと算数教育にも役立っていきます。

○順序性と同一性の理解 (写真10)

大きいものから小さいもの順序性がわかることも大切です。 モンテッソーリは、知性の原点とは 「同一性」 と 「区別」 を見つけることだと言っています。 理論的な考え方を構築するためにも、同一性、順序性などの知的な考えを引き出し、操作することでより知性が引き出されるのです。

好奇心からくる活動を展開させたいと望む意欲が大切です

興味や探究心が学習の基本です。 このような活動を子ども達が始めたとき、知性によって動かされていると言います。

相良敦子先生は、著書 「お母さんの敏感期」 の中で 『知性の働きは子どもの自発的な好奇心を高めます。 子どもは知性を働かせるときにとても自発的になり、深い充実感で生き生きと活動を展開させます。 2歳のお誕生日をむかえた子どもが同じカップを砂場の中から見つけ出し嬉しそうに 「同じ!」 と言いもってきます。 それは知性の芽生えの瞬間です』 と述べています。

モンテッソーリの算数は、子どもたちの発達に適した無理のない状態で進んでいくもので、子どもたちの大好きな活動でもあります。 このように、算数の概念の構築はすぐに起こるものではなく、幼児期の生活に基づいて発達し展開していくのです。

2013年 8月 29日更新

皆さんのご意見、ご相談等ございましたら以下までご連絡ください。

info@monteintel.org

Columnist's Profile

ディレクターSumiyo Sumikawa(モンテッソーリ国際学園)

日本にてモンテッソーリ教師の資格を取得。幼稚園教諭として幼稚園に5年間勤務。その後、更にモンテッソーリを学ぶために渡米。American Montessori Society (AMS) 認定の幼児及び小学部の資格を取得し、Casa Montessori School にて3-6歳児のクラス担任として7年間勤務。2003年 University of California Los Angeles、で心理学学士号取得。行動療法士として自閉症児の支援をし、その活動の一環として、自閉症やその他の障害をもつ子どもたちにミュージカル“Cats”を指導。障害児とその兄弟姉妹たちで結成した“Miraclecats”のディレクターを務める。2009年College of St. Catherineにて教育学の修士号取得。現在は、コスタメサ市に英語と日本語のバイリンガル教育の幼稚園、モンテッソーリ国際学園主宰。公益財団日本モンテッソーリ総合研究所研究員。

モンテッソーリ国際学園

2717 S. Halladay Street Santa Ana, CA 92705
TEL:
714-444-2733
EMAIL:
info@monteintel.org

モンテッソーリ国際学園 について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES