ディレクター
Sumiyo Sumikawa モンテッソーリ国際学園 TEL: 714-444-2733
info@monteintel.org

最新コラム

第28回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 日本文化教育 ~扉の向こうは日本。アメリカで自分のルーツを学ぶ~

バックナンバー

第1回 : 
モンテッソーリー教育との出会い
第2回 : 
「ダメ」 と言っていることは本当に「ダメ」?「ダメ」と言う前に知っておきたいこと
第3回 : 
家庭でできるモンテッソーリ教育
第4回 : 
教師の心得
第5回 : 
環境
第6回 : 
モンテッソーリと障がい児教育について
第7回 : 
モンテッソーリの日常生活の練習とは?
第8回 : 
モンテッソーリの感覚教育とは?
第9回 : 
モンテッソーリの言語教育とは?
第10回 : 
モンテッソーリの算数教育
第11回 : 
モンテッソーリの文化教育
第12回 : 
モンテッソーリ教師への道
第13回 : 
モンテッソーリ教師への道 ~現役教師インタビュー Vol.1~
第14回 : 
モンテッソーリ教師への道 ~現役教師インタビュー Vol.2~
第15回 : 
モンテッソーリ教師への道 ~現役教師インタビュー Vol.3~
第16回 : 
モンテッソーリ教師への道 ~現役教師インタビュー Vol.4~
第17回 : 
モンテッソーリ教師への道 ~現役教師インタビュー Vol.5~
第18回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 スペシャルインタビュー 前編
第19回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 スペシャルインタビュー 後編
第20回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 日本モンテッソーリ教育綜合研究所 実践研修室レポート
第21回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 スクールエイジ・プログラムスタート!
第22回 : 
スぺシャルリポート 「スクールエイジ・プログラム 日本語学科・芸術学科」 オープンハウス開催
第23回 : 
モンテッソーリ教育「スクールエイジ・プログラム」コース紹介
第24回 : 
モンテッソーリ教育「スクールエイジ・プログラム」コース紹介2
第25回 : 
モンテッソーリ教育「スクールエイジ・プログラム」コース紹介3
第26回 : 
モンテッソーリ教師への道 ~現役教師インタビュー Vol.6~
第27回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 「モンテッソーリ育成教師育成集中トレーニングコース」レポート
第28回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 日本文化教育 ~扉の向こうは日本。アメリカで自分のルーツを学ぶ~

いまなぜモンテッソーリ教育なのか?

モンテッソーリ教育はイタリアのマリア.モンテッソーリがつくった100年以上続いている世界で一番広く取り入れられている幼児教育です。このコラムで皆様の子育てのお役に立てると嬉しいです。

2013年 2月 12日更新

第8回 : モンテッソーリの感覚教育とは?

子ども達は今までたくさんの感覚的な体験をしています。 水を触って冷たいと感じたり、大きな木を見て 「大きいな、高いな」 と感じたり、生活の中で、言葉にはしていなくても常に感覚の体験を積んでいます。 感覚器官は子ども達にとって、周りのものを知るために、そして何であるのかを知る上でとても大切な器官であり、子ども達は常にこの器官を通して世界を学んでいきます。 つまり触って確かめる、見てなんであるかを知るということです。

もし水を触ったとき、温度を感じられなかったり、視覚による認識ができないと、世界を知ることがとても困難になるでしょう。

幼児期は特に感覚器官が敏感になるときで、モンテッソーリはこの時期を 「感覚の敏感期」 と呼び、子ども達に感覚器官を通した活動を行なっています。 感覚器官を使う活動を充分に行う子どもの感覚器官はより敏感になり、もっと鋭く周りのことがわかるようになるのです。

感覚の敏感期にいる子どもだからこそ、感覚が刺激される活動への興味はひとしおですが、その中で更に深まるものがあります。 それは 「抽象的な概念の整理」 と 「考える力」 です。

子ども達の周りには抽象的な概念がたくさん存在します。 例えば、大きい小さい、太い細い、厚い薄い、冷たい熱い、高い低い、短い長い、このような抽象的な概念をわかりやすく紹介する方法として、モンテッソーリの感覚教具があります。 このような道具をモンテッソーリでは 「教具」 といい、おもちゃではなく何かを教えてくれるものなのでこのように呼びます。 一つ教具には、概念が一つだけ含まれるのも特徴です。 子どもが混乱しないようにわかりやすくその概念を伝えるためです。

「考える力」 をつけることも、感覚教具で身につく大切な要素です。

モンテッソーリの感覚教具は、「Pペアリング (同じ物を対にする)」 「Gグレーディング (順番にならべる)」 「Sソーティング (分類する)」 という作業を促します。 写真3の女の子は、穴に同じ大きさの円柱をペアリングしています。 写真4の女の子は、赤い棒を長い順番に並べています。 このように何度もPGSの作業をしていくのです。 実はこの作業は物を考えるときに使う方法と全く同じで、人はこの3つの考え方を使い、物を判断していくのです。 この3つの作業ができるということは、子ども達の知性の現れです。 知性をこの教具を通してじっくりと引き出していくことで、考え方の基本ができてくるのです。 こうして子ども達は、自分で考え判断していくということを自然に習得していくのです。

感覚教具を使いなれた子ども達は、想像力が高まり独自のアイディアで色々なデザインをし始めます。 太い細い、長い短いなどの概念があるからこそ出来上がったデザインが、こちらの写真5です。 このようにして、感覚教具から子ども達の想像力はどんどん深まり、その後も感覚教具以外で現実の世界にあるものをデザインしたり、生み出したりするアイディアを引き出す基礎となります。 モンテッソーリに長年務める教師も、口をそろえてすごい教具だと感心しており、子ども達の実践を通してつくづく感じています。

2013年 2月 12日更新

皆さんのご意見、ご相談等ございましたら以下までご連絡ください。

info@monteintel.org

Columnist's Profile

ディレクターSumiyo Sumikawa(モンテッソーリ国際学園)

日本にてモンテッソーリ教師の資格を取得。幼稚園教諭として幼稚園に5年間勤務。その後、更にモンテッソーリを学ぶために渡米。American Montessori Society (AMS) 認定の幼児及び小学部の資格を取得し、Casa Montessori School にて3-6歳児のクラス担任として7年間勤務。2003年 University of California Los Angeles、で心理学学士号取得。行動療法士として自閉症児の支援をし、その活動の一環として、自閉症やその他の障害をもつ子どもたちにミュージカル“Cats”を指導。障害児とその兄弟姉妹たちで結成した“Miraclecats”のディレクターを務める。2009年College of St. Catherineにて教育学の修士号取得。現在は、コスタメサ市に英語と日本語のバイリンガル教育の幼稚園、モンテッソーリ国際学園主宰。公益財団日本モンテッソーリ総合研究所研究員。

モンテッソーリ国際学園

2717 S. Halladay Street Santa Ana, CA 92705
TEL:
714-444-2733
EMAIL:
info@monteintel.org

モンテッソーリ国際学園 について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES