ディレクター
Sumiyo Sumikawa モンテッソーリ国際学園 TEL: 714-444-2733
info@monteintel.org

最新コラム

第28回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 日本文化教育 ~扉の向こうは日本。アメリカで自分のルーツを学ぶ~

バックナンバー

第1回 : 
モンテッソーリー教育との出会い
第2回 : 
「ダメ」 と言っていることは本当に「ダメ」?「ダメ」と言う前に知っておきたいこと
第3回 : 
家庭でできるモンテッソーリ教育
第4回 : 
教師の心得
第5回 : 
環境
第6回 : 
モンテッソーリと障がい児教育について
第7回 : 
モンテッソーリの日常生活の練習とは?
第8回 : 
モンテッソーリの感覚教育とは?
第9回 : 
モンテッソーリの言語教育とは?
第10回 : 
モンテッソーリの算数教育
第11回 : 
モンテッソーリの文化教育
第12回 : 
モンテッソーリ教師への道
第13回 : 
モンテッソーリ教師への道 ~現役教師インタビュー Vol.1~
第14回 : 
モンテッソーリ教師への道 ~現役教師インタビュー Vol.2~
第15回 : 
モンテッソーリ教師への道 ~現役教師インタビュー Vol.3~
第16回 : 
モンテッソーリ教師への道 ~現役教師インタビュー Vol.4~
第17回 : 
モンテッソーリ教師への道 ~現役教師インタビュー Vol.5~
第18回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 スペシャルインタビュー 前編
第19回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 スペシャルインタビュー 後編
第20回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 日本モンテッソーリ教育綜合研究所 実践研修室レポート
第21回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 スクールエイジ・プログラムスタート!
第22回 : 
スぺシャルリポート 「スクールエイジ・プログラム 日本語学科・芸術学科」 オープンハウス開催
第23回 : 
モンテッソーリ教育「スクールエイジ・プログラム」コース紹介
第24回 : 
モンテッソーリ教育「スクールエイジ・プログラム」コース紹介2
第25回 : 
モンテッソーリ教育「スクールエイジ・プログラム」コース紹介3
第26回 : 
モンテッソーリ教師への道 ~現役教師インタビュー Vol.6~
第27回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 「モンテッソーリ育成教師育成集中トレーニングコース」レポート
第28回 : 
もっと知りたい!モンテッソーリ教育 日本文化教育 ~扉の向こうは日本。アメリカで自分のルーツを学ぶ~

いまなぜモンテッソーリ教育なのか?

モンテッソーリ教育はイタリアのマリア.モンテッソーリがつくった100年以上続いている世界で一番広く取り入れられている幼児教育です。このコラムで皆様の子育てのお役に立てると嬉しいです。

2016年 9月 28日更新

第20回 : もっと知りたい!モンテッソーリ教育 日本モンテッソーリ教育綜合研究所 実践研修室レポート

Special report日本モンテッソーリ教育綜合研究所 実践研修室レポート

モンテッソーリ国際学園ディレクター

炭川純代さん

去る8月2日~9日に、東京・五反田で、日本モンテッソーリ教育綜合研究所開催の実践研修室が開催されました。今回は、実践教室に講師として参加された炭川純代さんのスペシャルレポートをお届けします。

普段は、ロサンゼルスのモンテッソーリ国際学園で幼児教育に携わっていますが、年に一度だけ、日本で大人を対象に教鞭を執る機会があります。それは、日本モンテッソーリ教育綜合研究所開催の実践研修室と呼ばれるクラスで、30年以上も前に設立された「モンテッソーリ教育教師養成通信教育講座」で学ぶ方のために行なわれているスクーリングです。通信教育のカリキュラムは2年間(最長4年間まで在籍可)で、レポート科目履修と、毎年8月の初旬に8日間におよぶスクーリング科目履修があります。
私は、2011年から、実践講師/公益財団認定研究員を務めており、今年は通信教育講座2年生対象の「算数」「言語」クラスを担当しました。参加者は、現役のモンテッソーリ教師だけではありません。全国から集まってくる約200名のなかには、進学塾などを経営する企業の研修の一環として参加される方や、資格取得を目指す保護者や一般の方も多くいらっしゃいます。資格取得の目的も、引退後に幼児教室を開きたい、デイケアや幼稚園関係者でモンテッソーリ教育を取り入れたいなど、実にさまざま。特に近年は、保護者の教育に対する意識がとても高くなっているのを感じており、モンテッソーリ教育を通して、子どもの行動を理解し、個性を伸ばしながら、自立を促していく。つまり子どもの導き方、そして子育てのヒントを得るために、積極的に勉強されているお母さまが多いという印象を受けました。
現役の教師で、たとえモンテッソーリ教育について興味があっても、本質を体得するのは簡単なことではありません。ときには理論や体系、方式、制度ばかりが先行してしまうこともあるんです。事実、私もこの研修を通して、日本でのモンテッソーリ教育に対する偏見や思い込みを、多く感じることがあります。例えば、モンテッソーリの教具の使い方一つ取っても、堅苦しく作法ばかりを気にしてしまう。本来、学びとはとても楽しいものであるはずなのに、大切なポイントを取り違えてしまうんですね。教具の使い方にはちゃんと意味があり、それを教える側が分かっていなければ、何の意味もありません。教育には、物事をただ受け入れるだけでなく、多方面から検討して理解する「クリティカルシンキング」の力が必要なのです。子どもたちを正しく導く教師を育てるために、わずか8日間の研修で、どれだけモンテッソーリ教育の“核”を伝えられるかが、この研修の要とも言えます。
今年参加されたある男性は、すでにリタイアされていましたが、これから第2の人生として幼児教育の道に進みたいとおっしゃっていました。モンテッソーリ教育では、すべての教科において「対にする(ペアリング)」「順序づける(グレーディング)」「分類する(ソーティング)」という“操作”を学びます。これは子どもの知性を高めるものなのですが、その男性いわく、これらの概念は社会人が最も身に付けていなければならないことだそうです。小さい頃から、論理的な思考をきちんと養うために、この3つの概念を取り入れたモンテッソーリ教育に、改めて感嘆されていました。
毎年日本で教壇に立つたびに、私自身も新たな学びを得て、日本でモンテッソーリ教育が浸透しているのを肌で感じることができて嬉しく思っています。日本には、この実践研修室参加を含め、年に4回ほど帰国し、会議に出席したり資格試験官を務めています。その根底には、モンテッソーリ教育の普及と教師育成という大きなビジョンがあります。実は私も、この通信教育講座で資格を取得した経験があり、縁あって今はロサンゼルスを拠点にモンテッソーリ教育を行っていますが、今後もアメリカの最新教育情報の提供など、一人でも多く教育の現場で子どもたちを導く教師の育成に力を注いでいきたいと考えています。

日本モンテッソーリ教育綜合研究所

公益財団法人「才能開発教育研究財団」所属
本部:東京都大田区
設立:1977年

http://sainou.or.jp/montessori

世界130か国以上で実施されているモンテッソーリ教育の普及活動をするとともに、子ども達の健全な育成を目的に「モンテッソーリ教師養成のための通信教育講座の開講」「実践研究の場としての附属『子どもの家』の運営」「初心者・一般の方向けのモンテッソーリ教育入門講座『実践研修室』の開催」「モンテッソーリ教育の海外視察旅行の企画」「マリア・モンテッソーリの著書(翻訳本)の発行・関連図書の販売」事業を行っている。


実践研修室について

1976年の「モンテッソーリ教育
教師養成通信教育講座」設立とほぼ同時期より、モンテッソーリ教育の基になっている考え方と教具の使い方を伝えるために「実践研修室」を開催。「入門講座3歳~6歳コース」「入門講座0歳~3歳コース」「専門講座」などがある。

2016年 9月 28日更新

皆さんのご意見、ご相談等ございましたら以下までご連絡ください。

info@monteintel.org

Columnist's Profile

ディレクターSumiyo Sumikawa(モンテッソーリ国際学園)

日本にてモンテッソーリ教師の資格を取得。幼稚園教諭として幼稚園に5年間勤務。その後、更にモンテッソーリを学ぶために渡米。American Montessori Society (AMS) 認定の幼児及び小学部の資格を取得し、Casa Montessori School にて3-6歳児のクラス担任として7年間勤務。2003年 University of California Los Angeles、で心理学学士号取得。行動療法士として自閉症児の支援をし、その活動の一環として、自閉症やその他の障害をもつ子どもたちにミュージカル“Cats”を指導。障害児とその兄弟姉妹たちで結成した“Miraclecats”のディレクターを務める。2009年College of St. Catherineにて教育学の修士号取得。現在は、コスタメサ市に英語と日本語のバイリンガル教育の幼稚園、モンテッソーリ国際学園主宰。公益財団日本モンテッソーリ総合研究所研究員。

モンテッソーリ国際学園

2717 S. Halladay Street Santa Ana, CA 92705
TEL:
714-444-2733
EMAIL:
info@monteintel.org

モンテッソーリ国際学園 について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES