最新から全表示

トピック

離婚弁護士、ハーグ条約

お悩み・相談
#1
  • Mayuko
  • mail
  • 2019/04/18 12:50

1歳と1ヶ月になる子供を抱える母親ですが、経済的サポートなしの主人からは、言葉の暴力がひどく、離婚をして日本への帰国を考えています。アメリカでも、日本でも、頼れる家族は誰もいません。
どなたか、このような体験をされた方、また、このような状況下で離婚をサポートしてくれる弁護士をご存知でしたら、是非ご紹介下さい。

#2

一度こちらに相談されてみてはいかがでしょうか。

https://www.la.us.emb-japan.go.jp/itpr_ja/news_anzen_shien.htm

#3

日本にも頼れる人いないならこっちで育てたほうがいいと思う。

#4
  • 後悔先に立たず
  • mail
  • 2019/04/18 (Thu) 16:14
  • 報告

どうしてそんな甲斐性無しと子供を作ったんですか?

トピ主さんが日本で生まれ育ち、日本語のほうが得意なら日本の方が子育てしやすいと思います。

#5

離婚は出来ます。
だんなにも親権はあります。
ですのでだんなの同意無しに子供を日本に連れて行くとあなたは捕まります。どんな優秀な弁護士でも法律を曲げることは出来ません。例外はありません。
ピリオド。
まぁ、GC目的で相手のこと大して知らないのに簡単にやっちゃったんだから自分にも問題はあったということであきらめましょう。

#6

#5
例外なんていくらでもあるのに何言ってるんだろ…。

まずは言葉の暴力を証明できる物を用意する事です。あなたが夫に無断で勝手に録音したのもは証拠になりません。でも言われた事を日々書き留めた日記やメモは証拠になります。

トピ主さんの場合ご主人からお金を取れるわけでもなさそうですし、きっとご本人も十分なお金は無さそうなので、成功報酬でも普通に弁護士を雇うのは難しいと思います。なので出来るだけ精神的な暴力を立証してDVをサポートしてくれるNPOに助けを求めるのが一番良いんじゃ無いですかね。その辺はご自身で調べる努力をして下さい。

もし日本でサポートしてくれる家族がいないのなら、アメリカの方が断然シングルマザーのサポートが整っています。英語がもし出来ないのなら最初は苦労するかもしれませんが、日本よりかは住み易いと思います。頑張ってください。

#7

もしトピ主さん一家が低収入でしたら普通の離婚弁護士を雇うのは困難です。
こちら無料の相談ができるところに問い合わせてみてください。

https://lawyers.justia.com/legalservice/asian-pacific-american-legal-center-of-southern-california-9051

言葉の暴力も立派な暴力です。
まずはあなたに何ができるのかを相談してみてください。

子どもを連れての帰国にはご主人の同意が必要です。
その同意を法的に効力のあるものにする、そのやり方などは上記の担当者に聞いて指示に従うのがよいでしょう。
福祉的な要素のある機関は何事も時間がかかりますので、我慢が必要です。
がんばってください。

#8
  • 今日のワンコ
  • mail
  • 2019/04/19 (Fri) 12:52
  • 報告

大丈夫!粘り強く頑張りましょう!

#9

何もできませんが、応援しています。
今日までの出来事は変えられませんし、心ない言葉も聞こえてくるかとは思いますが、お子さんのためにも幸せになってください。
子供は地球の宝物です。

他の方が提案されている相談先に助言を請うてはいかがでしょうか。
一日でも早い方がよいと思います。

#10

お金さえ払えば弁護士は雇えますが、大した理由もなく子供と外国に移住したいというのが目的なら、お金を払っても目的とする裁判所の決裁をうけるのはむりでしょう。  父親が子供に与えている状況が悪く、母子が生活していくには日本に帰るしか生活の糧がないなら裁判所にそういう離婚決裁を仰ぐことは可能です。 暴言というのがカウンセリングにいったり色々改善を試みても解決せず(あるいは、父親に改善の意欲がない)、子供は父親から離すのが一番という状況を証明できれば、あなたが親権を取って好きなところに子供と住むことは可能です。 これを証明するにはかなりの期間がいります。

経済的サポートがないというのは、母親が生活費を支えているという事でしょうか? それなら、当面別居すればよいのでは? とにかく、子供さんにとって何が良いかを先に考えていただきたいと思います。家庭裁判所は当然のことながら子供のウェルフェアを優先します。 もう一度、どうすればよいかを考え直してはどうでしょう。

#11

#2 Masakoさん #7Kurumiさん #8今日のワンコさんありがとうございます。

#12
  • mistysunshine
  • mail
  • 2019/04/20 (Sat) 00:12
  • 報告

日系ヘルプラインにお電話をなさってみてはいかがでしょうか?

受付:月曜日〜金曜日 朝10時から午後5時まで(PST)
電話:(213)473-1633 / (800)645-5341

https://www.ltsc.org/home-japanese/

#13

日経ヘルプラインもアジアンパシフィックも相談のみで弁護士はいません。

#15

お気持ちお察しします。私も似たような状況にいます。
誰か話せる人は周りにいますか?
話すことでも自分の気持ちや行動が明確になるかもしれないです。応援しています。

#17

シングルマザーなら日本が断然手当てはいいです!児童扶養手当に児童手当はもらえますし、子供の病院代はただです。
役所通せば託児所等も非課税世帯だとほとんどお金もかかりませんし、安くアパートも借りることも出来ますし。
普通のアパート借りてもCAみたいに家賃もバカ高くないし。
アメリカでフードスタンプにキャッシュエイドもらえたところで、食費の足しにはなるだけで間違いなく暮らしてはいけないです。
もし裁判で100パーセントの親権をとれたとしたら(中々厳しいのが現実ですが)
日本に子供連れて帰れるなら日本が断然おススメですよ!

旦那さんからチャイルドサポートと生活費をガッツリもらえるのであれば、アメリカでも暮らしていけるのでは?

色々助言してくれる人は居ても誰も家族みたいには面倒はみてくれません、
離婚となるとこれから色々大変かとは思いますが応援してます!
お子様の為にも頑張って下さいね。
守るものがあれば母は強しです!

“ 離婚弁護士、ハーグ条約 ” に書き込む

コメントフォーム
ユーザ名
[確認]
メールアドレス
利用規約 (必ずお読み下さい)
  • 書き込む