マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第50回 : update
「さぁ、貿易 始めてみよう!」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2017年 6月 19日更新

第42回 : インターネット大活用で情報戦を制す

夏が来ましたね。今年の貿易動向を見ていると、どうも米国から日本向けの輸出は減少傾向にあるみたいです。しかし社会全体を見ると、米国は好景気に支えられ経済は活性化。先日もAmazon.comの株価が、とうとう千ドルを突破。特に、2015年からの上昇は目を見張るものがあり、市場に出ている株式では、ここ15年では最速の伸びを記録したとか。時代の波を完全に掌握し、消費者の心をぐっと手繰り寄せたAmazon.com。まさに勝ち組であると言えるでしょう。この企業の出現で、社会全体の流通は大きな変貌を遂げて、新時代に突入したと言っても過言ではありません。この好景気の中においても、日本向け輸出は確かに元気がありませんが、その一方では、ロサンゼルス/ロングビーチ港から出荷された輸出貨物は過去最大になり、米国の景気の良さが浮き彫りになっています。そう考えると、やはり日本の景気はそこまで回復していないのかと先行きも心配になりますね。とは言え、こちらもダメだ、ダメだとばかりも言っていられません。将来に備えて、きっちり準備をしていきましょう。

新規顧客獲得は企業の至上命題

自分でビジネスを志すも、売り先の確保は重要です。最初は細々でも、そのうち動かざる取引先、いわゆる「太い客」が存在するに越したことはありません。1本の大きな幹があれば、それを大切に育てながら、他方にも触手を伸ばしていくことが可能でしょう。とにかく、ナンバーワンの収入源を確保することは、ビジネスの成功においてとても重要なことですが、その一方で、新規顧客開拓をするのは至難の作業でもあります。こちらが有名にでもなれば、きっと先方から取引を持ちかけられたりすることでしょう。しかし、実際には、そんなにおいしい話はまずどこにも落ちていません。となると、何としてでも、自力で新規顧客を見つけ出すしかありません。例えば、電話帳を広げて片っ端から電話するとか、商工会から閲覧可能な名簿を入手しダイレクトメールを送るなどと、ひと昔前であれば、めまいがするようなタフな営業活動もありますが、今はあまりやらなくなりました。もちろんそのような「飛び込み営業=Cold Calls」も顧客獲得に結び付くかもしれません。ただ余りに効率が悪く、「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」的な発想から仕事も雑になりがち。何より結果が出るまでに果てしない努力と時間が必要となり、顧客獲得に辿り着く前に挫折し、やる気消耗につながりかねません。しかし時代は大きく変わっています。今では誰もが広告、宣伝が無料でできるインターネットが大きな武器になります。この便利なツールを使わない手はないでしょう。でも、ここまでは誰もが考えることでもあります。ならば一体どうやって効率良く、弊社の商品に興味を持ってくれそうな人を探すのか?確かに簡単ではありませんが、やり方次第では道は開けてくるでしょう。

簡単!安価!で作成できる自社ホームページ

まずは、こちら側から発信する方法としてホームページ“Website”があります。今どきの便利な世の中では無料のホームページ作成ツールも出回っています。しかしその多くがWebの保管とパックになっている場合が多いので、専門業者にいくらか支払って作成してみる方がいいかもしれません。最近は、Web作成会社も消費者のニーズに合わせて多くのテンプレートを持っており、昔よりも遥かに簡単にそして安価で、誰でもがWeb ページを作れるようになっています。まあ、個人の趣味のページではなく、初めて訪れる将来の取引先候補に見せるために作成する、いわば「会社の顔」となるサイトなのでチャチなページではなく、「しっかりとしたWeb=頼もしい会社である」という印象を植え付けるためにも、プロの仕上げができるものを作成しましょう。それには、やはりテンプレートは有用となるでしょう。次に内容ですが、気を付けなればならないのは、見る側すなわち将来の顧客候補に不安を抱かせない内容に仕上げること。「何となく頼りがなさそう」とか「適当な表現」をすると、それだけで見る側が離れていってしまう可能性もあります。みなさんが何か商品を購入しようとネットサーフィンをしている状況を想像してみましょう。たまたま辿り着いたサイトに対して「こりゃダメそうだな~」と思ってしまったら、即座にワンクリックで他所に飛び、ブックマークもしなければもう戻ろうとも思いませんよね?それと同じ立場であることを意識しましょう。「私はこの道のプロです。どうぞ任せて下さい」というこの自信溢れる言葉こそ、人を引きつけます。仮に、あまり自信がなかったとしても、どうぞそう表現して下さい。大袈裟であったとしても、悪い印象を持たれる可能性はグッと低くなるでしょう。まずはアプローチが大事なので、他所に飛ばれないように、見る側の目を引きつける力強い内容が要求されます。また具体性もでしょう。 「何を、どこで、誰が/誰に、いつ、どれだけ」など、俗に言われる“5W + 1H”的表現で詳細を伝えるといいでしょう。特に具体的に数字を出すのも、見る側に大きなインパクトを与えます。数字というのは、長い話よりもずっと説得力があり、人間の脳に残りやすいものだと言われています。

FacebookやTwitter、SNSの活用も吉

次なる武器はSNSです。これについては多くの現代人がお世話になり、過去に比べて無数の情報を得ることのできるツールとなっています。当然、ビジネスの場でも取り入れられ、このSNSの効果だけで、企業が利益を得たり生計を立てている若者もいます。世の中も多様化が進み、近年ではSNSの利用がマーケティングの最前線だったり、多くの情報の収集や配信を通じてひょんなことからビジネスが舞い込む、あるいは意外な出会いがあったりと、活用法によってはこれに勝るビジネスツールはないと言えるほど、現代ビジネスに入り込んでいます。これらのSNSを用いて、最大限にこのツールを利用できるのは何と言ってもマーケティングの力でしょう。通信履歴や訪問サイト先などの追跡を通じて、市場動向を読んだり、サイトを閲覧している人々の趣味趣向、興味がどこに向いているのかを知ることもできます。実際に、前述のAmazon.comやE-bay、その他のオンラインショップなども、全てこの動向分析機能がついており、適時に広告を目の届く所に出すなどして、購買意欲をそそったり、一旦興味を持たれた商品を忘れさせないように追いかけたりします。多人に自社製品を知ってもらい、それを普及させるという、いわゆる販促活動の一環とも言えますのでおろそかにはできません。消費者の購買動向を見極め、どの分野で、どのような世代が興味を持ち、どのような価格帯なのかを知ることもターゲットを設定する意味で非常に重要であると考えます。と言っても「そんなの難し過ぎる」「SNSを使ってのマーケティング方法そのものが分からない」とおっしゃる方も実際には多いでしょう。そのような時は、売上請負人であるネットサービスや、Webマーケティングに特化したコンサルティングの方に身を委ねるのもいいでしょう。当然サービスを受けるので有料となりますが、やはり彼らはプロなので、ここは奮発してそのようなサービスを受けるのも得策でしょう。なぜなら料金は発生するものの、その分の時間短縮、自身の思考の限界を超えた考え方、実践的な指導などを受けられることから、よりダイレクトに有効なマーケティングが可能となり、最終的には時間、経費、労力の浪費を防いでくれるかもしれません。悶々と考えているよりも、まず「行動する」ことが最も肝心です。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.28
「健全な精神は健全なる肉体に宿る―ビジネスダイエット塾」
夏こそ痩身。今こそが痩せる大チャンス

暑くなってきて、肌を露出する時間も多くなってきました。中には「たるんだ肌はさらせない。だから夏でも薄着はしない」などと悲観的になっている人もいるでしょう。でも夏こそが痩せる時期なのです。夏は暑い。よって体温も自ずと上昇。体も何とか体温を下げようと機能し始め、汗をかき代謝も活発になってきます。そう、その効果を最大限に引き出せる季節こそ夏なのです。秋から冬にかけては寒いので、体もその寒さに備えます。体温の低下を防ごうと、意識しないうちに脂肪を溜め込もうとするからです。そうなると、ちょっと食べただけ、ちょっと運動不足になっただけで脂肪が蓄積され太ってきます。体力を消耗しやすい夏は、その逆と考えられるのです。汗と運動量は比例しませんが、夏の方が圧倒的に代謝が向上し、痩せやすい身体にいつの間にかなっているのです。ならばこの時期を逃す手はありません。積極的にダイエットに取り組みましょう。「今しかない、痩せよう」「最近ちょっと痩せてきたかも」という意識は成功に近づきます。ウエイトトレーニングも同様ですが、全ては神経伝達であり脳が命令を与えているのです。痩せよう、という気持ちを抱けば、その信号を脳が受け身体に働きかけます。さらには「痩せてきた」と自覚できるようになると、相乗効果でさらに脂肪燃焼が加速されます。よって、夏であることや、今こそ痩せる時期といった、精神的要素も味方にすることができるのです。

もちろん意識せずとも、ダイエットが成功していけば体は痩せてきます。しかし、それを加速させるのは全て神経伝達。思い込みも重要な要素なのです。

2017年 6月 19日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES