マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス
第54回 : 
あなたは読めますか?「L/C」読めなきゃ貿易のプロじゃない!
第55回 : 
緊急事態発生!米中貿易戦争激化の様相
第56回 : 
ビジネス戦略特集Vol.1「E-bayを攻略せよ!」
第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2015年 6月 26日更新

第19回 : 緊急企画! 加速する円安 その1

のっけからドキッとするようなタイトルで、読む前に嫌な予感がしている人も多い事でしょう。先月のコラムで一部をお話ししましたが、今回は進む円安、不安定な外国為替相場「米ドル vs. 日本円」の話題を2回に分けてお届けします。円安が進むと日本を取り巻く経済はどうなるのか?我々米国に暮らす在米日本人への影響、またビジネスで窮地に立たされている人はどうやって乗り切るのか、などをトピックに挙げてお話ししていきます。

為替基礎知識、為替=両替である

先月のコラム冒頭でちょっとだけお話をした残酷な現実であるこの円安。日本でも大きな話題となっています。ニュースでは毎日のように外国為替の話が出ており、昨今の円安の影響などが取り上げられています。これらの為替の基礎知識としては、俗に言う「為替相場=両替」というのが基本概念です。自国の通貨を外国の通貨の価値にすると一体いくらなのかという指標である事は、国際感覚鋭い米国にお住いのみなさんであれば、もうこの事はご存知でしょう。日本から持って来たお金、すなわち日本円はこちらの銀行で換金でき、今度は米ドルでいくらという「両替」をする事になります。それが貨幣の価値から多くなったり少なくなったりする-これが為替です。しかしなぜこれらの為替相場は変動を繰り返すのでしょう?それは貨幣価値もまた、巷の商品と同じように需要が多ければ値段は上がる、すなわち円高になるのです。しかしその逆で、世界各国で需要が少なければ円安に傾くという事です。基本的に先進国といわれる国の通貨は流通が盛んなので、強い通貨そして需要が高い通貨と考えられます。その逆に南米、中東、アフリカなどの発展途上国の通貨は非常に安いといえます。

どうして為替は変動するのか?

各国で用いる通貨が異なるのは当たり前のことです。国が保有する通過を使って国民が消費します。日本で言えば「円」ですね。全ての商品は日本円で売っているのでこの「円」が必要になります。例えば海外から来る観光客が外国の通貨を持ってきても、例外がある場合以外は公には外国通貨で買い物はできません。よって観光客は円に両替して買い物をする事になります。しかし世界には為替相場と言うモノがあり、ここで通貨の価値が決まります。相場ですので毎日同じ金額ではありません。昨日は100円だった日本円が、翌日には101円になる事もあります。円に対してドルの動きはどうなのか?1ドルに対して一体日本円はいくらなのか?これが一般的に使われる表記であり、対米ドル当たり日本円がいくらか。1万円が一体米ドルにするといくらの価値があるのかという事です。日本と取引を希望する外国企業が多く、円建てで決済される事が多いので日本円という通貨は世界で大変多く用いられています。これは日本が戦後の経済大国になった背景や、巧みな政治手腕で世界でも有数の金融大国になったことも挙げられます。また戦後、先人たちが復興の旗印の下、勤勉に日本経済を支えてきたお蔭で培われた「日本との取引は有益である」というイメージもまた大きいでしょう。しかしここに来て日本経済の成長鈍化、外国企業の参入で競争が激化するなど、なかなかこれまでのビジネス形態維持が難しい状況にある傾向が出てきました。戦後の高度成長期を支えた日本の卓越した技術も、近年競争に晒される形で遅れが目立ち、生産性ばかりではなく技術の面でも苦境に立っています。円安が進むのはこのような背景もあり、外国通貨としての日本円の魅力が薄れていってしまっている状況を表します。

バター値上がり、これも円安の影響

「バター値上がり」―こんな話をニュースで聞いた事ありますよね。現在日本で流通しているバターはその殆どが海外からの輸入に頼っています。ケーキ屋さんで売られているおいしそうな洋菓子には外国産のバターが使われてるのです。「バターなんぞなくても生きていける」という人はいるでしょう。確かにバターを毎日食さずとも、他に栄養価の高い食品はいくらでもあります。しかし世の中バターで作られているものや、バターが欠かせない食品がたくさん存在するのもまた事実。バターなんかいらねぇ、という人。もしもバターがなければケーキは作れず、高くとも購入せざるを得ません。ケーキが安く製造できないという事はケーキ屋さんの利益が減る。つまりケーキ屋さんにとっては、この円安のために、外国産バターの価格、すなわちケーキを作る前の原料が自ずと高い価格になるのです。しかし市場価格はある程度決まっており、ムゲに値上げをすれば顧客離れが必至。そうなると原料の高騰にも目をつむって甘んじて受け入れるしかありません。そうなると利益を削って賄わなければならなくなります。バターの他にも米国やオセアニアからの輸入を主としている穀物系原料が、この円安で高くなっています。1ドルあたり100円だった時代は3,000円で購入できた原料が、今では3,750円もするのです。顧客保護の意味合いからも、これを販売価格に反映させるわけにはいきません。しかし原料費は嵩んでおり、考えた挙句仕方なく利益を削るしかない、と判断するに至るという図式が成り立ちます。このような農業部門の食品や原料は海外の製品に依存している度合いが強い状況から、円が安くなり原料が高くなれば、たちまち食品製造業者は逼迫してしまうのです。一方で雪印や森永乳業はこぞって自社の乳製品を10円程度値上げしたりしています。消費者にとってはたかだか10円かも知れませんが、その10円値上げする商品を何千、何万と製造販売するメーカーとしては大打撃。会社の存続を鑑みた上で値上げという苦渋の選択をします。しかし雪印のバターが10円高くなったので小岩井製の商品にしようなどと、消費者は案外冷たく価格重視の姿勢を貫きます。これが全国の何万人の人に影響を与えている外国為替相場の現実なのです。相場が変わると、多かれ少なかれ国民ひとりひとりの懐に影響を及ぼしてくるのです。

円安って悪いの?

「えぇ?円安?困ったな~」という悲壮な意見を多く耳にすると思います。だったら円安は悪いのか?経済衰退で円が安くなるって事は、今後の経済成長を見据える上でネガティブな要因なのか?確かにそのような側面はあるかもしれません。日本国内の景気が良くなり内需が堅調になれば、円はきっともっと諸外国に買われ、現在とは一転、円高が加速すると考えられます。しかし円安ってのはそんなに悪者なのか?実はそうとばかりは言えません。日本国内の景気は低迷の一途を辿っていると報道されて久しいですが、実際にこの円安で良い思いをしている人や企業も大勢いるのです。それはこの為替のいたずらによって恩恵を受けた人たちです。先ほどの酪農製品や農業製品に関して言えば、外国からの原料が高騰し手が付けられなくなったので、今度は国内生産品に目がいくようになっています。日本も農業国ですから、外国製品に頼らずとも需要さえあれば生産はどんどんできます。輸入原料が高いなら国内の原料でと考えるのは当然の事。あるいは対米では円安であるものの、対豪州ドルに対してはどうか?実際にアメリカからの輸入牛肉がこの円安で価格高騰したため、牛丼チェーン店などは、戦略的に輸入先をシフトし、豪州やニュージーランド産牛肉を輸入するようになりました。対米ドルは円が弱いかもしれない、しかし他の通貨に対してはどうなのだろう?そう考えると「円安=経済が悪い」と悲観的にだけ捉えるのもナンセンスと言えそうです。とは言え、米ドルを中心に世界は周ります。ドルに対して円が安ければ、このような輸入製品が値上がりする他、海外旅行も高くなったり、円安が会社経営に暗い影を落とし、従業員であるお父さんのお給料が業績悪化につき減俸されたりなどの悪影響が多いのです。一般的に、日本経済にとっては円安はよろしくありません。経済を復活させるには為替の安定、ある程度の円高傾向は必要な要素であると言えそうです。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.6
「健全な精神は健全なる肉体に宿る」

1月から始まったダイエット講座は早くも6回目を数えますね。私の言っている事をきちんと理解して実践している人なら、もう既にこの数か月の間で10lbs.は痩せているでしょう。まぁ、そこまでガッツリやる人は、このつたない文章に飽き足らず、貪欲に他の書物にも目を通されている事でしょう。まぁこのコーナーは、忙しい現代人がちょっとした努力やコツでダイエットに臨もう、というものなのでダイエットに対する「意識」を高めていければそれで効果が出ると思いますよ。

ダイエット成功への近道、カロリー計算しなさい

コメは太るのでご飯を茶碗1杯にしています。そう、それはごもっとも。そりゃ2杯食べるよりは1杯で止めておいた方が確実に痩せてきます。ご飯は太る、と言うのはもう少し分析を進めると誤った考えであるという事が分かってきます。これまで脂質を削る食事を心がける事、代謝機能を高める努力をするなど解説してきましたが、どれも大切。そしてどれもこれも関連している事なのです。生き物はエネルギーを蓄え、消費するという行動を続けながら生きています。食べ物は体に栄養を与え、それを体内で活力に変えて使い、それと同時に消費していきます。人間は食べなければ生きていけませんが、食べたもの全てを溜め込まないように消費もしているのです。この機能を代謝と言います。人は一日何もしていなくてもエネルギーを放出しています。このエネルギー放出の単位が俗に言う「カロリー」という熱量で表されています。40歳成人男性であれば、一日体を動かさなくても1,500キロカロリー程消費します。そして運動をすれば、さらにその消費量は増し、エネルギー放出が行われます。これは基礎代謝といって、生きていくために必要なエネルギー消費です。心臓が動いている限りこの消費活動は繰り返されます。要するに寝ている時でも徐々にカロリーは消費されるのです。一日平均1,500キロカロリー消費するという事が分かっているなら、一日に1,500カロリー分を食べても太らないのでしょうか?極端に言うとそうですね。

しかし毎日お昼にカツ丼1,200カロリーを食べて、他にも2食きっちり摂ると考えれば、この他に何も食べずとも確実に太ります。でもどうしてもカツ丼が捨てられないという人はどうするか?運動をしましょう。一日50分ジョギングすると、恐らく800カロリー程度消費するので、この運動で減らす800カロリー+基礎代謝1,500カロリー=2,300カロリーまで摂取しても大丈夫という事になります。このようにダイエットを科学して考えると上手に痩せられるのです。基礎代謝である1,500カロリーを一つの指標として、一日の食事や運動を考えてみて下さい。そして一日の摂取カロリーを一日の消費カロリーが上回れば、確実に、絶対確実に痩せていきます。実際に毎食食べるメニューが全部で何カロリーあるかを見極めるのは難しいですが、大体どれくらいかを想像し、意識を集中させるだけでも大分意味があります。お昼にカツ丼を食べたなら夕飯は少し軽めにする、昨晩取引先との接待でたくさん食べてしまった翌朝は散歩する、などの努力が少しづつではありますが、体に変化をもたらしますよ。

2015年 6月 26日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES