マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス
第54回 : 
あなたは読めますか?「L/C」読めなきゃ貿易のプロじゃない!
第55回 : 
緊急事態発生!米中貿易戦争激化の様相
第56回 : 
ビジネス戦略特集Vol.1「E-bayを攻略せよ!」
第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2014年 9月 19日更新

第10回 : 輸送会社、実は情報の宝庫

暑かった西海岸の長い夏。最近では空も高くなりすっかり秋めいてきました。 みなさん、お元気ですか?日本では大変な酷暑であったこの夏、今ではその灼熱さ加減も影をひそめ大分涼しくなったと聞いています。 地球温暖化現象でしょうか、ここ数年は日本でも大変に厳しい夏が訪れており、私の友人も「この3~4年は異常に暑い」と嘆いていました。 ちょっと前まではそのうだるような蒸し暑さも夏の風物詩、などと懐かしくさえ感じていたのですが、この夏LAでも蒸し暑さを体験し「やっぱ暑いのはたまらん…」と感じました。 情けないですが、歳を取るごとに夏の暑さに段々弱くなってきている気がします。 そりゃ日本の猛烈な暑さに比べれば、西海岸の暑さなどお話にもなりませんが。 しかしあれだけ暑いのはイヤと思っていたのに、いざこうして夏が過ぎ去るのを目の当たりにするとどこか物悲しい。 何となく夏が行ってしまうのが寂しくてなりません。 これは誰でも、そしていくつになっても感じることなんでしょうね。 さて感傷はここまでにして、本日もお勉強しましょう。

本当に景気は回復しているのか?

第八回のコラムの冒頭でお話ししました「景気動向の把握が大事である」という件ですが、一般的な景気や経済動向は、何となく新聞やテレビ、インターネットを駆使すれば簡単に調べることが出来ます。 ニュースに目を向ければ日本政府、安倍政権が必死の努力を続け日本の景気回復に努めていると謳っています。 これは嘘ではないでしょうし、景気のテコ入れとして安倍内閣が掲げる経済再編「3本の矢」など、今後の計画などが発表されたりしています。 報道では景気動向に好景観が戻り、緩やかなるものの日本経済は回復基調にある。 そして消費増税が行われ、本年4月から消費税額が8%になりました。 これは過去にあった消費税導入後、それと一回目の消費増税後の国民の買い控えから発生する景気の一時的な落ち込みをも視野に入れ決定した数字と言えます。 また国全体のGDPが上昇、それに伴い国民の所得増が期待されるという指針から、来年にも更なる消費増税が行われ、購買に対する売上税水準が欧米並みになるという見方となります。 そして7年後には東京オリンピックが開催されることに伴い、多くの建築業者が東京に駆り出され建設・建築関連の利益が大きく上昇する事がある程度予想されています。 オリンピック特需は建設業だけでなく、東京を中心とした日本各地、また様々な産業に大きな影響をもたらし、これまで以上の好景気となる事が期待されます。 実際にはまだまだ先の事になりますが、政府が思案して、今後の景気対策として様々なプランを企てています。 このように報道では徐々にではあるものの、景気は回復。 オリンピック開催に伴い景気は上昇の一途を辿り、7年後にはピークを迎えるであろうと言われてはいます。 しかし、実生活からはどうでしょう、みなさん、景気が上向きになっている事を感じるでしょうか? 経済は良くなっている、とは聞きますが、果たしてお父さんのお給料は上がりましたか? ボーナスは前年度に比べて多く支給されたのでしょうか? 景気拡大につき、雇用が増えましたか? 少子化が加速して託児所や保育園が不足、待機児童が増える一方、生活のために働きたい女性への雇用の門戸は開かれていますか? いろいろと難しい問題はあるでしょうが、実際に「景気が回復しつつある」という政府の見解は、一般家庭には見えてこないのが現状ではないでしょうか。 今日のテーマは「生きた情報を掴む」という事をお話ししていきます。

情報探し、まずはここ

ちょっとお話が逸れましたが、景気の動向を知るのはもちろんビジネスにおいて大事であり、ベーシックな思考の源である事は疑いようがありません。 ただニュースで謳われている事が本当の真実であり、それが自身のビジネスに直接役立つかと言うとそれはちょっと違うような気がします。 「オッケー、分かった。 日本の経済動向はある程度頭に入ってる」とみなさんおっしゃるでしょう。 まあ、そこは社会的常識という事で無視はできませんが、その次には「じゃぁビジネスの動向はどうなのよ?」って事になるでしょう。 ニュースなどの報道では景気が良くなったという事はある程度判断が出来ても、実際に生きた経済ニュースがそこにあり今すぐにでも役立つ、というものは逆に少ないでしょう。 ではある分野に特化した情報はどうやって入手すべきなのでしょうか? 日経新聞のような専門誌や業界団体の発行する新聞や雑誌などには生きた情報が載っています。 それを活用していくのは良いアイディアです。 例えばあなたが繊維業界に従事する人で、洋服の貿易をしているとしましょう。 そんな人が普通の新聞を広げて業界の情報を探ろうと思っても、なかなか該当する記事が出てくるとは思えません。 しかし日経新聞に目を向けてみれば、もっとその特定な業種についての記事が見つかる事でしょう。 これを更にニッチにしたものが業界団体の発行する新聞や雑誌ですね。 ここには一般的なニュースは記されておらず、その業界の内容のみが記されており、更にそれらは大変新鮮なる情報である事は間違いなし。 繊維業界であればもちろん専門新聞が出ていますし、どんなマテリアルが流行り、どんなものが高いのか、どこの地域で売れているのかなど、深く調べなければなかなか入手できないような情報も豊富に掲載されていると思います。 このような業界専門誌、あるいはインターネットで同様のサイトを見つけてサーチしてみるのも業界の動向を知り得る手段です。 適材適所と言う言葉がありますが、ぼんやりとインターネットでネタを探すよりも、よっぽどピンポイントで欲しい情報に辿り着くかもしれませんよ。

旬を掴め

業界紙を眺めても「大手企業が得意の分野で海外進出を計画」「大手企業の第2四半期の収支は」あるいは「大手企業の他業種への参入」など“大手”のニュース報道が目立ちます。 大手が動くところ、必ずやトレンドがあるので、これらのニュースは「流行」や「旬」を探るためにも頭に入れておかなければならないものでしょうが「実際に大手が何かを仕掛けた」などというニュースは、自身のビジネスには結構縁遠いように感じられ、結局は今欲しい情報ではなかったりします。 では本当に今欲しい情報とは何でしょう?

恐らくそれは

  • 今どのようなモノが売れているのか?
  • どのようなモノが人々に受け入れられているのか?
  • それらはどこで売られているのか?
  • 価格帯はどんなものなのか?

などなどでしょう。もちろんこの要素を掴めば、誰にも負けないビジネスを展開できる可能性がグッと広がる事でしょう。 しかしなかなか自分の都合良く、欲しい情報だけを端的に抽出する事も難しいですよね? 業界紙やネットでは限界がある…ふむ、どうしたものか? では同業者はどうだ? でも同業者は自身の商売を抱えているので、簡単に競争相手に情報を与えないよな~、という事になるでしょう。 その通り、同業者からの良い情報は期待できません。 確かに業界によっては共存共栄、それが友達関係であればある程度助けてあげよう、という気持ちが芽生えるとは思いますが、自身が抱えているビジネスも大事です。 もしもその大切な情報を他人に与えてしまったら、その親切が仇となり会社そのものの存続が危ぶまれるかもしれない…と経営者なら考えて当然。例えば今のブームで言うと「ラーメン屋」などはその最たるものでしょう。 店主は、例えそれが親友であったとしても苦心惨憺してこしらえた、言わば「秘伝のスープ」のレシピを教えることまずはないでしょう。 それと同様にみな「他人の動向は気になるし知りたいが、自分の情報は絶対に教えたくない」というのが心情ですから。

生きた情報を得られる場所は案外身近にある

そこで今回のテーマの本題です。 私の会社、いわゆる国際物流の輸送会社、このような会社は知る人ぞ知る情報の宝庫なのです。 「単なる運送屋が、一体どんな情報の宝庫なんだよ?」と聞こえてきそうですが、これは貿易道における間違いない情報ソースなのです。 我々輸送会社は実際に貿易取引をしていません。なので貿易での商売を一切していない事になります。 ではなぜ情報が溢れていると思いますか?我々はお客様の貨物を輸送しています。 言ってみればお客様方々の輸出入のお手伝いをしているのです。 そこにはいろいろなタイプの貨物があり、それぞれのビジネスが多種多様にあります。 となるとどういうことでしょう? つまり物流に携わると、以下のような事が分かります。

  1. どのようなモノが実際に動いているかを知っている。
  2. それにより世の中の生のトレンドを知る事が出来ている。
  3. 特定の商材がどこに出ているのかを知っている。
  4. それらの商品の出所が分かり、どこの業者が売っているのかも知っている。
  5. 向け先での売り先、輸入者が誰なのかも知っている。
  6. 更にはそれらがいくら($)で流通しているのかも分かる。

という事です。これだけでも十分に、貿易をやって生計を立てている人なら喉から手が出るほど欲しい情報もあるでしょう。 みなさん、これらの情報を探して四苦八苦されていますし、こんなに情報が簡単に入手できるのであれば誰でも欲しいはず。 だって「どこの誰がこれを売って、誰が購入しているのか、更にはその価格がいくらなのかも」分かるのですから。

要は「アンテナ」を張り巡らす事

自分自身で全てを開拓し、道を進んで行く事は簡単ではありません。 そしてそこには大きなリスクも常に付きまといますし、間違いもあるでしょう。 ただその分野である程度の情報を入手できれば、それを活用する事は可能ですし、大きく労力を省く事にも繋がるでしょう。 私が伝えたいのは「あなたが壁にぶち当った時、ビジネスがうまくいかないで悩んでいる時などがあれば、どうぞ我々のような輸送会社の人間と話をしてみて下さい」という事です。 輸送会社がたくさんの情報を持っているとしても、そこは常識的にある程度の「守秘義務」があり、直接的に「この顧客はXXという製品をYYから購入しているのでここに連絡してごらん」などという夢のような情報はまず与えてくれません。 そんなことをしたら顧客を欺くばかりか信用も一挙に無くしますし、人間として許されない行為であると感じます。 なので顧客の内部情報を聞き出すのは無理があります。 そこで私がお勧めているのは、これら輸送業界従事者からトレンドや流通の動向を探って下さい、という事です。 今どんなモノが「熱い」のか、それを知るだけでも大きな前進となるでしょうし、更に自身を燃やし、ビジネスに駆り立てるためのエネルギーを補充できるはず。 直接的な製品や流通ルートなどは教えてもらえずとも、有用な情報を得ることは可能です。 弊社のお客様でも世間話から「あ~、そういう事があるんですね。 参考になりました~」とおっしゃる方が少なくありません。 あなたのビジネスのちょっとしたヒントになるだけでもあなたにとっては大きいはず。 仲良しの物流業者を探して話をしてみて下さい。 そしてそんな貴重なパートナーもいない寂しいあなた。 そんな方は是非私にご連絡下さい。差し上げられる情報にも限度がありますが、何かのキッカケを掴む事になるかもしれません。 お役に立てるかは分かりませんが、私で良ければいつもでご相談下さい。 及ばずながらお話しさせて頂きますので。

今回の内容はどうでしたか? 最後は宣伝のようになりましたが、決して弊社のビジネスをヨロシク~、と言っているのではありませんので、お気になさらないで下さいね。 同胞として、少しでも皆さんのビジネスにお役に立てればと思います。 この業界に従事している者は、これらの情報通でもありながら、貿易を熟知しています。 よって「この業界から独立した者は失敗しない」とまで言われています。 モノの流れが分かり、貿易や物流に関しての知識も豊富、と来れば、これらの人物を知ってさえいれば怖いものナシ(ちょっと言い過ぎ(笑)。 でも知識と経験に裏打ちされたものがありますので、独学で情報を得ようとするよりも遥かに効率も良いですよ。

次回は「日々勉強、商品知識」と、ちょっと耳の痛いトピックについてお話しします。

2014年 9月 19日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES