マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス
第54回 : 
あなたは読めますか?「L/C」読めなきゃ貿易のプロじゃない!
第55回 : 
緊急事態発生!米中貿易戦争激化の様相
第56回 : 
ビジネス戦略特集Vol.1「E-bayを攻略せよ!」
第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2014年 5月 15日更新

第6回 : 航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!

こんにちは、ヒロ・江澤です。 Los Angelesも、初夏を感じられるようになりました。 日本も楽しかったゴールデンウイークが終わり、夏に向けて猛ダッシュ。 東京五輪開催を控えて消費が更に拡大し、経済も上向きになるでしょう。 今年4月1日から消費税率も8%となり、国民消費が冷え込んでいる時期もありましたが、夏に向けて人々も開放的になる事から、どんどん財布の紐が緩む事と思います。

しかし時間が過ぎ去って行くのは残酷な程早いですね。 このコラムだって、昨年末にひっそりと始まったのに、何と今回でもう6回目です。 これを読んで下さる方々もみなさんが貿易のエキスパートとして、着実にその道を歩まれているであろうことを切に望んでおります。

さて、今日も勉強しましょうか~。

この世界に輸送はつきもの

貿易をするからには、輸送は欠かせないものです。 インターネットで情報をやり取りするのとは異なるので、必ず「物品が動く」「モノが右から左に動く」という事になります。 例えば、農家が野菜を一生懸命栽培し、ようやく収穫されます。 しかしその食べごろの野菜でさえ、農場から外に出なければ人々の口には入りませんし、農家の人たちもせっかく作った野菜が流通しなければ商売にはならなず、食い扶ちを失います。 この原理から考えると、モノが生産されれば必ず輸送はついて廻るのです。 これを私たちは「物流」と呼びます。 今後いかにインターネットやモバイルが普及したとしても、この法則がある限り、決して物流はなくなりません。 人間は最低限、食物を口にしなくては生きていけません。 原始的な考えですが、世の中に何もなくなったとしても食品の流通だけは残るはず。 更に人々は、自身の生活向上を図り、その生活を潤わせる為いろんなものが欲しくなります。 日常生活に必要とされないものに対しても物流は発生し、それが贅沢趣向品であったとしても、モノが動く限り物流はなくなりません。 そう考えるとモノの動き、つまり物流さえあれば、我々輸送業界は永遠に存在し続ける事になります。

「船便が最も安い」というのは迷信です

非常に単純ながら、かつ多く寄せられる質問に「オーシャン(海上貨物輸送)の方がエアー(航空貨物輸送)より安いんでしょ?」と言うのがあります。 その通り!一般的には「航空貨物は高い。 海上便は安い」という考え方が定着している様です。 これは確かに間違いではありません。 しかしっ!先入観だけに捉えられてはいけません。 実は場合によっては、航空便の方が安いのです。 これはあまり知られてはいませんが、プロの視点から見ると、海上便ばかりが安価な輸送ができる手段ではないということ。 それはまさに「物量」が左右するものなのです。 そしてこれまた一般的な考え方ですが「コンテナーで海上輸送した方が、航空便で同じ物量を送るよりも安いはず」と言う考え方があります。 これは大正解!間違いではありません。 でも、これから送る商品の数量が僅か段ボール箱3つだったら、さぁどうでしょう?それでもコンテナーでの輸送の方が安いですか?これは単純明快、そんなはずないのは誰にでもお分かりでしょう。 要するに、輸送の決め手となるのは送る貨物の物量であり、その輸送方法の選択によって、どの程度経費が抑えられるのかが決まってきてしまいます。 しかしそれを業界に精通していない方が判断するのは、難しいのが現実。 その様な時には、是非輸送会社に相談してみましょう。 今どきどんな輸送会社にも、いい加減な情報を伝えてもっと儲けてやろう、なんて悪い考えを持っている業者はいないはず。 輸送会社は、あなたの理想的輸送の実現を目指して、最適な輸送方法を教えてくれるでしょう。 プロを味方につけておけば大きな失敗はしないですむでしょう。 よって自己認識による判断は危険です。 輸送の引き合いがあったら、迷わず輸送のプロに尋ねましょう。

小口貨物は何が安い?

小口と言うのは、自分で持てる範囲の貨物を指します。 例えば前述の段ボール箱3つ程度の物でしたら、小口貨物と言えるでしょう。 これらの貨物を日本に送るとしたら、さて、どんな輸送方法が一番安いでしょう?普段荷物を多く送っている人ならすぐに分かります。 そう、それは郵便局の郵便を使う事です。 郵便の優れているところは、とにかく安い。 そして特定の輸送料金の中には、本来の輸送であれば、別途必要な日本での輸入通関や更にはドア配送の費用まで含まれている点です。 郵便なので普通に届いて当たり前と考えがちですが、実は料金にいろいろなものが内包されている優れたサービスなのです。 しかしこの方法があまりビジネスで普及しないのには、それなりに訳があります。 みなさん心当たりがあると思いますが、郵便局から出荷されたら出たっきりで追跡が出来ない。 そして他の輸送サービスに比べると荷物自体が届かない可能性も高い。 保険をかけなければ破損や紛失に対して何の補償もない。 更には郵便局の長蛇の列に並ばなければならない…と不都合も多くあります。 それに取り扱い制限が結構厳しいので、大きいものや重たいものは取り扱ってくれません。 ここが恐らく一番大きなネックとなるところでしょう。 これだけ挙げると、先ほどの「優れたサービス」がウソに聞こえてきそうですが、郵便と言う方法は無視できない程有用なサービスでありながら、ビジネスでの起用としてはちょっと物足りない部分があったりするものなのです。 「OK。 郵便が安いのは分かった。 でも郵便局で取り扱ってくれない場合はどうなの?」という声が聞こえてきそうですね。 郵便局の次に小荷物を送る安価な方法は、日系のクーリエサービス、すなわち宅配便です。 『Yamato Transport U.S.A.』『米国日本通運』『OCS America』など、各社からいろいろなサービスを出していますが、どこもなかなか魅力的な運賃を提供しています。 しかしこれらのサービスも大きさや重量制限がありますよ。 ただ世界的にメジャーなUPSやFedExよりは断然安いですが、ビジネスの形態によっては、自社でアカウント(口座)を持たなければなりません。 その場合、これらのクーリエサービスの会社と契約を締結し、特別なレートを優先的に提供してもらうのが、最も安価な輸送方法だったりします。

小さい、でもクーリエじゃ運んでくれない

小さい箱なら、Airfreightという航空貨物輸送を利用します。 これは一般商業用貨物を航空便で運ぶもので、一般的な考えとしては「Air = それなりに高い」です。 これは間違っていませんが、何とその物量によっては海上便よりも安価だったりもします。 このからくりは日本での取り扱い費用にあります。 海上貨物の場合、日本でかかりうる「固定費」と呼ばれる費用が発生しますが、多くは大量の貨物を運び入れるのに用いるので、それなりに大きく、物量にかかわらず、かかる費用が設定されています。 それに比べて航空貨物の場合は、コンテナーなどを動かさない事もあり、着地での取り扱い費用がやや安くなっているのです。 航空便の場合、確かに運賃はそれなりに高い。 でもその分日本での着地費用が抑えられているので、総合的に考えると、小荷物の場合航空便起用の方が安価になる場合も多々あるのです。 しかしこれには物量の条件があり、重いものや大きなものは適しているとは言えません。 航空便の場合、カサが大きく軽いものでもVolume Weightと言って、そのサイズで料金を取られます。 よって軽いからと言って安く送れると思ったら大間違い。 例えばクーラーボックスのように、サイズが大きい割には折りたためず空気を送っているようなもの、ゴルフバッグのように軽いのに図体がデカい、という貨物には不向きなのです。 よって航空便を起用した方が安いと思われるものは、その重量が100kg程度のものが丁度ボーダーライン。 それ以下なら航空便が安いし、それ以上の重量なら海上便が安いと考えるのが賢明です。

コンテナー輸送は安いはず、でもそんなに送るものがないんですけど…

貿易ビジネスを始めて、すぐにコンテナーが必要になるほどの物量を取り扱い出来るのなら、もうあなたはこの講座を受けなくてもいいでしょう。 もう卒業です。 ただそんなに商売は甘くありません。 初めは2箱、3箱しか売れなかった商品も、知恵と時間をつぎ込んでどんどん増やして行く努力をされる事でしょう。 そして自身の商売がよくなればよくなるほど物量は増えていきます。 今までは郵便、それから発展してクーリエで送っていたものを、ある日顧客からある程度まとまった注文を受けた。 航空便で送るにはちょっと経費がかかり過ぎる…そうなると、次に出てくるのが当然海上便ですね?じゃあフルコンテナーをチャーターして、と考えるのは尚早です。 フルコンテナーでの輸送は、以前にも勉強しましたが、大きく分類すると20‘(20フィート)とその倍の40’があります。 しかし20’と言葉で言ってもピンときませんね。 これ、実は結構貨物が入ります。 「パレット」という貨物を輸送しやすくする下駄がありますが、うまく組み合わせると、なんとあの大きなパレット(サイズは国際規格で40”x48“)が10枚入るのです。 商売が好調で注文が増えた。 そして今回の出荷は何と3パレット分の貨物が出ることになった!さてコンテナーだな、と考えると輸送経費が相当にかかります。 10枚のパレットが積載可能なコンテナーに僅か3枚のパレットだけの輸送。 誰が考えてもコンテナー内のスペースの他、20’をチャーターする費用も無駄なような気がしますよね。 その通り。 それは相当な経費の無駄遣いです。 このケースでは、乗らない残り7枚分のパレットの運賃まで支払っていることになってしまいます。 そこで次なる物流手段は「海上小口混載貨物輸送(通称LCL)」です。 LCLとはLess than Container Loadの略で貿易・物流業界では日常的に用いられる言葉です。 要するにフルコンテナーには満たない物量の貨物を輸送するのに最適な手段なのです。 このサービスの場合、大変公平で優れている点はその運賃体系にあります。 運賃の算出方法は貨物の大きさによる場合が殆どであり、単位である1立方メートル(1メートルの立方体です。 積み木を想像してみて下さい)当たりいくら、という単価が用いられるので、貨物の物量に合わせて、言わば「使ったら使った分だけ」運賃がかかるという優れものです。 なので、非常にリーズナブルで有用な輸送方法であると言えます。 また貨物をパレットに乗せて梱包すれば、輸送する側はフォークリフトでないと取り扱いが出来ないため、破損や紛失を避けられる可能性が高いので、より貨物の安全が保たれます。

ビジネスも成功、今度はコンテナーで

ここまで来ると、れっきとした「ビジネス」であることはもう疑いようもありません。 おめでとうございます。 あなたはもう貿易で食っています。 LCLで送るよりも物量が増えた、という場合、いよいよ最終手段、コンテナーの登場です。 これはかなりの物量をイッパツで運ぶことが出来る輸送の王道とも言える手段です。 LCLに対してフルコンテナー起用の場合を“FCL”といいます。 これは単純にFull Container Loadという意味です。 FCLには、前述のコンテナーサイズを基本として、その他にも背が1インチ高いHigh Cube Container (更に積載効率がよくなります)。 Open Top Container (屋根なし)やFlat Rack Container(壁も天井もない)など多岐に渡ります。 米国では余り用いられていませんが、中国貿易で有用なHanger Container(コンテナー内部に衣服のハンガーかかけられるような仕様になっているコンテナー)なんてのもあります。 これらを適材適所、貨物の特性やサイズ、重量などの諸条件によって使い分けます。 当然これだけの大きなサイズで輸送するわけですから、運賃もLCLなどは比較にならない程高額になります。 しかし大量に物品を輸送する場合、このコンテナーを用いることができれば、商品一つ一つの輸送単価をもの凄く下げられます。 要するにこの輸送方法は、条件さえ合えば、他に例を見ない低コストで商品の輸送単価を下げることの出来る優れた輸送手段と考えられます。 理想を言えば、全ての輸送でこのFCLが用いることが出来れば、輸送経費を格段に抑えられることに繋がります。 継続的に行われている物流や大きな商社にとっては、この方法しか輸送は考えられません。 これこそが輸送コストのカギを握る物流と言えるのです。

今回の解説、お分かり頂けましたか?

ポイントは

  1. 郵送も小口貨物輸送には最適!
  2. 「海上便より航空便の方が高い」という概念は捨てろ!航空の方が安い場合もある。
  3. それよりも大きい貨物の輸送はまず小口混載便/LCLから!
  4. コンテナー/FCLでの輸送が理想的!輸送経費を最大限に抑えられる輸送法である。

難しいことは、躊躇せず輸送のプロである輸送会社に尋ねましょう。 きっとベストな輸送方法を紹介してくれるでしょう。 もちろん私にお尋ねいただいても結構です!輸送に関するご質問に、私がプロの視点からお答えします。

さて次回のコラムは「利益の取れる値付け」についてお話しします。 利益を追求する事はビジネスにおいて至極当然の事ではありますが“魅力ある値付け、無理のない値付け”について解説します。

来月もご期待下さい。

2014年 5月 15日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES