Education Advisor
Noriko Hoshi America Kango TEL: 213-595-7139
info@americakango.com

最新コラム

第100回 : 
2020:日本「Zoom」レポート第2弾

バックナンバー

第1回 : 
天使のお仕事 -バスケ生活の最後となったあの日。-
第2回 : 
資格取得から就職までの流れ(Q&A)
第3回 : 
生徒さんの例1
第4回 : 
生徒さんの例2
第5回 : 
生徒さんの例3
第6回 : 
アメリカの看護師資格と日本の看護師資格
第7回 : 
NCLEXとは?
第8回 : 
看護留学 これだけは知っておきたい
第9回 : 
いざ、渡米! ロサンゼルスでの通学環境
第10回 : 
病院での実習について
第11回 : 
アドバイザーから皆様へ
第12回 : 
アメリカにおける看護師の就職活動
第13回 : 
アメリカ看護留学の正しい情報を伝えたい ~HOSHI World Inc.起業のきっかけ~
第14回 : 
夢の実現に向けたサポート開始。 日本で初の個人カウンセリングを実施します!
第15回 : 
日本滞在レポート第1弾 - 東京で初の個人カウンセリングを実施! -
第16回 : 
日本滞在レポート第2弾 - 留学斡旋会社とのミーティング -
第17回 : 
看護留学に関するQ&A - 日本在住者からのご質問 -
第18回 : 
看護留学に関するQ&A - アメリカ在住者からのご質問 -
第19回 : 
アメリカにおける看護学校選びのポイント
第20回 : 
~体験談Vol.1~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第21回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2弾開催~
第22回 : 
日本滞在レポート ~日本の看護留学関連会社や学校との提携を実現!~
第23回 : 
~体験談Vol.2~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第24回 : 
出会いと別れ。人が死に直面するとき。
第25回 : 
~体験談Vol.3~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第26回 : 
米国看護師試験 『NCLEX (エヌクレックス) 』 とは?
第27回 : 
アメリカ看護留学までの流れ
第28回 : 
~体験談Vol.4~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第29回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第3弾開催~
第30回 : 
~体験談Vol.5~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第31回 : 
現地での看護実習について
第32回 : 
教えてQ&A ~アメリカ医療現場から~
第33回 : 
~体験談Vol.6~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第34回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと①
第35回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと②
第36回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ①
第37回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ②
第38回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ③
第39回 : 
体験談 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい! 【番外編】スペシャルインタビュー
第40回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第4 弾開催~
第41回 : 
依頼?依存?看護留学サービスに何を求めるか
第42回 : 
America Kangoに寄せられるご相談
第43回 : 
~体験談Vol.7~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第44回 : 
~体験談Vol.8~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第45回 : 
アメリカの看護教育
第46回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで専門職に就くための心得」
第47回 : 
スペシャルコラム: クライアント便り① ~看護留学を終えて~
第48回 : 
~私のつぶやき~ 「看護留学の財産」
第49回 : 
【スペシャルコラム】クライアント便り② ~看護留学を終えて~
第50回 : 
~体験談Vol.9~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第51回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第5弾開催~
第52回 : 
~体験談Vol.10~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第53回 : 
NCLEX書類審査とRN取得後の現状
第54回 : 
LAで働く看護師 Vol.1 ~念願のRNに!現地で就職しました!~
第55回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!前編~
第56回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!後編~
第57回 : 
アメリカにおける看護師の地位 ~気になる業務内容や年収は?~
第58回 : 
現場で“使える看護師”になりたい!~医療英語受講に関して~
第59回 : 
日本セミナー開催迫る!「アメリカ看護師になって現地で就職するには!!」
第60回 : 
アメリカで看護師になって現地で就職するには!
第61回 : 
~体験談Vol.11~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第62回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第1弾
第63回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第2弾「セミナー参加者の感想①」
第64回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第3弾「セミナー参加者の感想②」
第65回 : 
~体験談Vol.12~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第66回 : 
今年を振り返って。 2018年の看護師事情
第67回 : 
LAで働く看護師 Vol.3 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第68回 : 
LAで働く看護師 Vol.4 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第69回 : 
LAで働く看護師 Vol.5 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第70回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで成功する看護師とは」
第71回 : 
アメリカで拡大するRN需要
第72回 : 
「私たち看護留学します! ~日本からの挑戦~」Vol.1
第73回 : 
2018夏:日本セミナーレポート第1弾
第74回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2 弾開催~
第75回 : 
アメリカ看護師事情Q&A ~気になる年収や就職先は?~
第76回 : 
~体験談Vol.13~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第77回 : 
アメリカ看護師Q&A「マグネットホスピタルって何?」
第78回 : 
夢を追う"アメリカ看護仲間"第1回お食事会開催!
第79回 : 
"アメリカ看護仲間" 第1回お話し会 in Japan 開催!
第80回 : 
~体験談Vol.14~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第81回 : 
NCLEX勉強法
第82回 : 
~体験談Vol.15~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第83回 : 
アメリカ看護師は生涯勉強!RN免許更新について
第84回 : 
~体験談Vol.16~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第85回 : 
2019夏 日本滞在レポート
第86回 : 
日本滞在レポート 第2弾
第87回 : 
アメリカ看護留学最新事情
第88回 : 
~体験談Vol.17~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第89回 : 
医療従事者の気になる年収!「2019年度ベスト・ヘルスケア・ジョブ」
第90回 : 
~体験談Vol.18~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第91回 : 
“アメリカで看護師として働く夢”を確実に実現するためには
第92回 : 
アメリカで看護師として働きたいなら、英語力+コミュニケーション力!
第93回 : 
~体験談Vol.19~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第94回 : 
~私のつぶやき~ 「看護師資格を取っても、永住権が取れず帰国する人が増えています!」
第95回 : 
チャンス到来!どうなる?2020年アメリカ看護留学事情
第96回 : 
新型コロナウイルス禍における情報トラブル
第97回 : 
コロナ感染者爆増!アメリカの医療業界最新事情
第98回 : 
~体験談Vol.20~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第99回 : 
2020:日本「Zoom」セミナー レポート第1弾
第100回 : 
2020:日本「Zoom」レポート第2弾

チャレンジ!看護留学&就職 ~アメリカで看護師になるには~

天使の街、ここLos Angelesより看護師資格取得に関する情報提供をします。夢を持ってやりがいのあるお仕事に就きたいと願うあなたにとって役立つ情報となるよう私も負けない情熱を持ってコラムの執筆に挑戦します。

2020年10月 1日更新

第100回 : 2020:日本「Zoom」レポート第2弾

初「Zoom」セミナーを終えて

2013年に、初めて日本で開催したアメリカ看護留学セミナーも、今年で7年目を迎えます。今年は、新型コロナウイルスの影響で帰国を取り止め、急遽「Zoom」で「看護留学セミナーとアメリカ現役看護師との質疑応答」を行いました。

複数人がオンライン上でコミュニケーションを取れる「Zoom」を開催したおかげで、東京や大阪にとどまらず地方からの参加者、そしてカナダ、オーストラリアからもご参加いただきました。また、移動時間や交通費がかからないといったことからも、大変好評をいただきました。今回は、初の「Zoom」セミナーということもあり、いたらない点も多くあったかもしれませんが、参加していただいた皆さまに心から感謝を申し上げます。また、看護師のAzusaさんやYoshimiさんとの質疑応答も多いに盛り上がり、現役看護師ならではの貴重な話は、改めてアメリカで看護師になることの大変さや厳しさ、そしてやりがいなどを伺い知る良い機会となったのではないでしょうか。AzusaさんとYoshimiさんからも、セミナーの感想をいただいています。

Azusaさん

Azusaさん

《プロフィール》

東京都出身。大学卒業後、保育園で働きながら英語を学ぶ。2011年にロサンゼルスに留学するも、2か月で帰国。その後、再び保育園での仕事に従事。2015年2月に再渡米。LVN取得後、チャージナースとして働きながら、現在、看護大学看護学部に通学中。 (アメリカ看護掲載記事はこちら

先日は、「Zoom」セミナーに参加させて頂きありがとうございました。まさか、この私が留学しようか否かで悩んでいらっしゃる皆さまの質問に答えることになるとは、留学当初は思ってもみませんでした。渡米前は私も同じ気持ちでしたので、皆さまの不安や疑問を痛切に感じました。まずはお金の問題。そして私も両親を説得するのに、長い時間を費やしました。両親の不安な気持ちを当時は理解できませんでしたが、今ならよく理解できます。やっとの思いで説得し、その後はアメリカ行きを認め、なおかつ背中を押してくれた2人を、決して裏切ることのないようにという思いでここまでやってきました。

留学を控えた皆さまに共通していると思ったのは、留学に過大な期待と憧れを持っていることでした。しかし、留学、特に看護留学はそう甘くはありません。周りのみんなが遊んでいる間に、自分は勉強しなくてはなりません。当然、贅沢するお金も時間もないということを皆さまにご理解をいただいて、それでもと覚悟を決めて来るようにして欲しいと思います。

最後に、セミナー中は、星さんが私を含め、参加者1人1人に分かりやすく丁寧に説明しているのを拝見して、改めて、私も学校のことでは辛い思いをたくさんしてきましたが、いつもこうして星さんが側で元気づけてくれたことを思い出しました。私にとって欠かせない、とても心強い存在です。星さんとの出会いから10年くらい立ちますが、星さんを始め、アメリカ看護のスタッフの方々に支えていただきながらここまで来ることができました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。まだまだ、看護師として一歩踏み出したばかりですが、今後ともよろしくお付き合いいただけますと幸いです。

Yoshimiさん

Yoshimiさん

《プロフィール》

愛知県出身。日本で看護師として勤務しアメリカでの病院見学を機に、留学を決意。アメリカで臨床経験を積みたいということもあり、LVNを取得し、その後、看護大学を卒業。現在、アメリカでRN/看護師スーパーバイザーとして活躍中。(アメリカ看護掲載記事はこちら

今回、質疑応答という形で、お話しできたことは私にとっても有意義な時間となりました。こういった機会を作ってくれた星さんに感謝しています。本当にありがとうございました。質問を受ける中で、日米看護の働き方の違いや実際どんな環境で、どんな気持ちで看護を提供しているのかなど、改めて自分の看護観を考えることができました。

参加された方はみな多くの不安を抱えているように感じました。私が渡米してきた頃と比べて、状況が大きく変わっていることもありますが、不安になったり心配したりすることは、アメリカで生活をしていても種類が変わるだけで無くならないものだと私は思います。

今渡米を考えている方は、看護師になるにあたって恵まれているように思いました。それはアメリカ看護さんが提供している留学プログラムがあることです。私が時間をかけてきた道を、最短で通ってこられて進路を迷う時間さえも短縮できるプログラムになっていて、とても魅力を感じました。アメリカで看護師は人気の職なので、現地の生徒やキャリアチェンジをしたい人ですら、2~3年待ちで看護学校に入る状況の中、インターナショナルの生徒が待ち時間なく入学できるのは、とても大きなチャンスを得ていること、決して当たり前に入れる場所ではないことを知ってもらいたいです。

インターネットからいろいろな情報が手に入る中、私の情報も含めて、アメリカ留学は1人1人、必要な情報の内容やタイミングが異なります、きちんと正しい現地のサイト情報を探したり、信頼できる方に相談やアドバイスをしてもらったりするなど、自分で正しい情報の判断をしていっていただければと思います。

星宣子から

通常、私は、カウンセリングやセミナーに先駆け、相談者や参加者の年齢や学歴、職歴、そして興味があることを全て把握し、そこから個々(または複数人)に合わせたトピックなどを考えていきます。当日は、アメリカでの看護留学において、絶対に外せない重要なことはもちろんのこと、がっかりしてしまうような厳しい現実もお伝えしています。それは、もしかすると、やる気をダウンさせてしまうかもしれません。でも、もし私が留学を志す立場だったら、華やかな一面だけでなく、先入観や誤解を解いてもらって、ちゃんと現地の様子や医療現場について、本当のことを知りたいと思うからです。

今回の「Zoom」セミナーでも、看護留学や永住権取得について、間違った情報に翻弄されている人が少なくありませんでした。以下は、参加者からの質問の一部です。

「ニューヨーク州では、ほかの州に比べて、簡単に看護師になれるって本当ですか?」

「アメリカで看護師をしている日本人に『留学生だと働ける期間は1年だけだから、市民と結婚するほうがいいよ』とアドバイスされたのですが、本当ですか?」

「アメリカで働くほとんどの日本人看護師は、結局、市民との結婚で就労資格をもらって働いているって本当ですか?」

これを聞いて、私は、インターネットやSNSでは、いまだ個人的なアドバイスがまかり通っていること、そしてそれを信じる人がいることに驚いてしまいました。確かに、アメリカで看護師として働く日本人の中には、永住権(合法的に働く資格)を結婚によって取得している方がたくさんいます。ただ、それが全てではありませんし、留学を経て、永住権スポンサーを探し、病院などに就職している人も多いのです。

そもそも、結婚して永住権を取得したからといって、必ずしも看護師として働けるというわけではありません。今は、NCLEXに合格しただけでは、アメリカの病院で雇用される時代ではなく、BSN取得者でなければ雇用しないという流れになってきています。そのため、日本人だけでなく、アメリカ人ですらBSNを取得するように勤め先の病院から言われ、それができないと解雇されてしまったり、または最初から雇用条件に見合わず採用されなかったりといった状況になってきています。

ところで、このNCLEXに関して、8月以降、大幅に書類申請の方法が変わっています。現在、アメリカ在住の日本人看護師から、たくさんお問い合わせをいただいております。ケースによっては、弊社がお手伝いできる可能性もありますので、詳細はお問い合わせください。また、永住権に関しては、「Zoom」セミナーでも、とてもお問い合わせが多かったので、改めてこのコラムでご紹介したいと思います。

今後も、しばらくは日本での対面セミナー開催の目処が立たない状況ですので、「Zoom」などで定期的に行う予定です。嬉しいことに、すでに、第2回目セミナーのリクエストもたくさんいただいていますので、できるだけ早めに開催できるように頑張ります!

2020年10月 1日更新

アメリカで看護師として働きたいなら、英語力+コミュニケーション力!
「医療英会話オンラインクラス」開催
詳細・お問い合わせはこちらをご覧ください。
看護留学ならアメリカ看護!
アメリカ看護では、こんな方々からのご連絡をお待ちしております。
  • アメリカで看護師として働きたい!
  • アメリカ留学したいけれど、いったい何から始めればよいか分からない!
  • アメリカ看護師試験のNCLEX書類を申請したい!
  • アメリカの看護科は入学に待ち時間があるというけど、どのくらいかかるの?
  • アメリカで看護師として永住したい!

などなど

弊社では、ロサンゼルス現地留学会社の強みを活かし、アメリカ看護大学との提携や医療機関との提携により、看護留学生の就職斡旋までのトータルサポートを展開しております。

アメリカで看護師になるために避けては通れないNCLEX書類代行作成、看護学校選びなど、渡航前の準備から現地サポートにいたるまで、しっかりサポートいたします。

体験談
アメリカ看護師情報交換サイト

Columnist's Profile

Education AdvisorNoriko Hoshi(America Kango)

栃木県、宇都宮市出身。バスケットボールで名門校主将として全国高等学校総合大会(インターハイ)出場。特別待遇生として体育学部体育学科を卒業。全日本大学バスケ(インカレ)バスケットボール選手として引退後、栃木県公立教職員として約10年小学校勤務。その後、ニューヨーク育英学園 (ニュージャージー州) では、日本人学校に通う子ども達、アメリカ現地校に通う子ども達の担任として8年間勤務。その際、アフタープログラムやスキー、サマーキャンプ等の数々のプログラムに参加する子ども達の普段の学校生活では見ることの出来ない成長ぶりを実感する。40歳にして、子どもを授かりたいと願い韓国へ不妊治療へ。1ヶ月後、妊娠が判明し2009年にロサンゼルスへ引越し。

出産後、日本語学園協同システムに勤務、アメリカの特別老後施設で働く看護師に出会い、看護師専門学校で Designated School Officer(留学生の入学許可証I-20に正式署名できる職員)、カウンセラーとして2年間従事した後、Education Adviserとして現職に就いている。現在も「教育の現場」を忘れぬよう日本語教員としても活躍しながら、現場で経験した喜怒哀楽と持ち前の体育会系のポジティブさを活かし、各国から渡米してくる留学生達へ的確なアドバイスと正確な情報提供を心掛けている。

America Kango

3700 Wilshire Blvd. #205, Los Angeles, CA 90010
TEL:
213-595-7139
FAX:
213-383-5110
EMAIL:
info@americakango.com

バックナンバー

BACK ISSUES