マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス
第54回 : 
あなたは読めますか?「L/C」読めなきゃ貿易のプロじゃない!
第55回 : 
緊急事態発生!米中貿易戦争激化の様相
第56回 : 
ビジネス戦略特集Vol.1「E-bayを攻略せよ!」
第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2018年 9月 20日更新

第57回 : ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

スタートアップビジネスに持って来いのAmazon。

米国に暮らす我々は、アマゾンという会社のお膝元に暮らしています。オンラインマーケットの草分けである同社は、飛ぶ鳥を落とす勢いの快進撃で、流通界のトップに立ちました。もう買い物をしに外に出かけずとも、ネットで注文し、翌日には商品が手元に届く。まさに夢のようなショッピングの方法を実現させたのです。こんな時代が来るなんて…。これまでの流通を揺るがすシステムを構築したアマゾンは、株価も上昇を続け、今では米国経済の根幹を握っているとも言えるでしょう。このシステムの優れている点は、商店に行かずとも、自分の好きな商品を好きなタイミングで買えるという画期的なもの。さらには、世界のどこからでもインターネットを介して購入することができるということは、遠く離れた日本でも、簡単に海外製品が購入可能であるということです。つまり、こちらもE-Bay同様に、誰でもどこでもアクセス可能な時代の波に乗った売買システムです。最近では、消費者が商品を購入するだけでなく、この便利なシステムを利用する企業も増え、自身の商店をアマゾンのサイト上にオープンしているものも見かけます。こうなると、オークションサイトさながら、アマゾンネット上で同じ商品の競売が盛んになり、消費者にとっては、さらに有利な条件での購入が可能になっています。便利なシステムであることを理解すればするほど、米国にいる我々ならば、このようなシステムを用いて商売ができるんじゃないか?なんて考えても不思議ではありません。しかし、購入の対象となるのは、あくまでも一般消費者向けであり、ビジネスとなると利益が出づらい気もしてしまいますね。とは言え、我々米国に暮らす者が「地の利」を生かし、これらのシステムを便利に、そして賢く活用すれば日本とのビジネスを生んでくれるはず。いや、オレには無理なんて思っていては時代に乗り遅れるってもんです。そう、これは誰でもできるビジネスになり得る新しいビジネスの形態なのです。

Amazonの商品は日本でも買える…でも買えないモノも多い。

この方法の場合、Amazonは単なる供給元/Supplierと考えるのが適当でしょう。もしくは、Amazonに入っている多くの企業との橋渡しとしてAmazonを利用します。E-Bay同様に、米国Amazonで購入したものを、日本のヤフオクや自身の販売用ウェブサイトで販売することはもちろん可能です。ただし…供給元の多くは、個人ではなく企業です。Amazonでは、流通大手のウォルマート(Walmart)やコストコ(Costco Wholesale)同様に、多種多様な分野のさまざまなブランドを販売しています。しかし、店舗型商店であるウォルマートやコストコは、製造元/発売元から一旦商品を購入して在庫販売するのに対して、Amazon社はそれらの供給元から商品を委託販売しており、それらの在庫品を一部抱えているにも関わらず、商品自体は発売元のもの、そしてビジネスに介在した分の手数料を利益の柱としています。確かに、個々がウェブサイトや店舗に納入しても、商品が売れる確約などはなく、それよりも多くの人が目にする可能性のあるAmazonを利用して大きく販路を拡大して行く方が、遥かに効率が良いというもの。事実、店舗を持たずにAmazon内で営業している企業の数はうなぎ昇り。しかし、そこには「販権」も存在し、買う側の好き勝手にならない場合もあります。例えば、日本にある商品を売りたいと考えても、販売元の正規代理店が日本にある場合、「個人消費以外の販売はお断り」となります。例えば、有名化粧品がAmazon市場で米国向けに販売されているなら、日本の標準小売価格よりも安価なこともあり、一見ビジネスチャンスのようにも見えます。しかし1~2個などという小さなロットでない限り、売る側も目を配りますので、これらの商品をどうするのか問われる可能性も高いでしょう。そして、それが日本向けに出荷されるための購入と判断されてしまえば、もう仕入れることはできなくなるのです。

Amazonの力を最大限に引き出してのビジネス展開。

そうなると、米国Amazonを介して商品を日本に販売するのは無理…と考えがちですが、実際にはそうではありません。確かに、Amazonで販売されている有名ブランド品を購入して、Amazon USから日本に送ってもらう手配をしようとしても「日本に販権を持つ代理店企業がある国内のみの販売となります」と購入すら断られます。しかし、名前が知れていない商品、すなわち海外で代理店を持たず、海外展開を一切していない企業も無数にあります。そう、そこがビジネスチャンスなのです。優れた商品でも、埋もれているものがたくさんあるはず。そこで日本人のテイストが分かるあなたなら、星の数ほどある「日本で流行るだろう」と目される商品を嗅ぎ分け、それを購入して日本で売ることができるのです。もちろん、それには長い時間をかけ、入念なるマーケティングをする必要がありますし、売り先も探さなければなりません。途方もない苦難の道ではありますが、Amazonという仮想巨大ショッピングモールをくまなく歩き回り、その優れた商品を探すのです。長いプロセスは必要とは言え、売れ筋の商品さえ見つかれば、大きなビジネスに化ける可能性も高く、ブームが爆発すれば大成功につながります。あなたがその商品の伝道者となりトレンドを作り上げることができれば、これまでのビジネスの形を大きく変えることもできます。しかも、もし大手の輸入元の協力などが得られれば、代理店契約や販路拡大も夢ではありません。地道な作業が続きますが、時代にマッチした商売の方法としてAmazonを利用してみる価値は十分にあるのではないでしょうか?

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.44
「健全な精神は健全なる肉体に宿る―ビジネスダイエット塾」
外食過多は肥満の元

「外食」―なんと心地よい響きなのでしょう。ウチで作るご飯ではなく、外で普段食べないようなものをいただく。お金はかかるものの、家では出てこないようなメニューを楽しめ、準備や後片づけに追われることもない。美味しいし、精神的な余裕も持てて、楽しく食事ができる。しかし、お気づきの通り、外食ばかりしていると、とても太ります。レストランは味を良くするために、多くの身体に悪とされる成分を含む調味料や、過多の炭水化物、脂分、そして塩分が多く含まれている食事を提供します。たまにであれば、何も問題はないでしょうが、体への負担を考えると、できるだけ外食は避けて通るべし。まして、ダイエットしているのであれば、外食をたびたびしながらの痩身には無理が生じ、なかなか思い通りに体重をコントロールできません。ダイエット路線にメニューをそこまで絞り込めないという側面もあり、どうしても脂質が増える傾向が否めません。現に、我が家の台所が故障し、保険が下りるのを待っている間、3週間ほど外食をしなければならない局面に至った時は、もうダイエットどころの話ではありませんでした。もちろん量をセーブし、食事の質に気を付けてきたつもり。それでも、実際には厳しいダイエットの継続は難しく、気持ちも緩みがちになりました。もちろん、外食そのものを否定する訳ではありませんが、過度の外食はダイエット的には大変危険です。外食はほどほどに。その方が外食自体の価値も高まり、楽しい食事をすることにもつながります。

2018年 9月 20日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES