マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第50回 : update
「さぁ、貿易 始めてみよう!」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2016年 1月 5日更新

第25回 : 2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」

新しい年になりました。2015年はみなさんにとってどんな一年だったでしょうか?ビジネスとして捉えたならば、消費税率が上昇してからある一定の期間を経て、8%という数字が大分国民に定着した年でした。そして急激な円安に見舞われ米国からの輸出は下降気味になったものの、日本経済は震災後これまでにない活況を呈し、GDPは右肩上がり、自動車工業関連を中心とする輸出が堅調に推移しました。しかしその陰で雇用問題に大きな影をもたらし、被雇用者が軒並み増加するなど問題も多い1年でした。また世界的には戦争やテロの脅威に多くの国が晒され、安全な市民生活すら脅かされるという事実を認識せざるを得ない状況にありました。さらに地球温暖化の影響から自然災害が多く発生し、数多くの尊い命が犠牲になりました。暗いニュースが目立った年でしたが、誰もが世界平和を、安全で調和のある世界を祈っています。そしてあなた自身はどうだったでしょうか?

今回は「2016新年特別企画」と題して、成功するダイエットの方法を解説してみました。

新年会やパーティーはまだまだある。食べてもいいの?

飽食の時代、「太るな」という方が無理なのかもしれませんが、実際に鏡に写る己の姿を見てみなさんは満足できますか?自分は健康的な生活ができている、と言い切れますか?年末はもちろん、年が明けてからもパーティーや家族団らんでご馳走を囲む機会が多い時なのでついつい食べてしまいがち。気がつけば「あら~、こんなになっちゃった。どうする?よし!新年からやるぞ」とダイエットを志す人が年間で一番多い時期でもあります。だったらそのままダイエットを続行すれば話は早いのですが、なかなか人間そう強くもありません。やはり目の前にご馳走があったら我慢できないですよね?そんな時、私は我慢せずに食べてもいいと思います。ただそれには太らないようにする高い意識とちょっとした注意が必要です。まずはそこから始めてみましょう。

ダイエットを意識し、食品を選ぶ

食べてもいいでしょう。でも節度を持ちましょう。まずは量を制限すること。あくまであなたはダイエット中なのです。ダイエットを志していることをまず大前提にしましょう。食べ続けない、惰性で食べない、このようなことは言うまでもありません。ダイエットは質より量、量を食べればそれだけ体重は増えていきます。そして次に食べるものを選びましょう。確かに美味しいものだらけで目移りしてしまうでしょうが、パーティーなどに出てくる食品には脂分が多く、塩っぽく味付けされているモノが多いです。これは常々私も言っておりますが、まず「揚げ物」には手を出さないこと。脂ものとは少なくとも一度は油の中をくぐっていますので当然油に覆われています。大事なのは脂分を体に溜めないようにすることです。揚げ物は美味しいですがダイエットには大敵です。またとにかく脂質を減らしましょう。特に動物性脂肪の摂取には要注意。同じ牛肉でも、ひれステーキ用の赤身肉と牛丼の肉に代表されるバラ肉では脂質が大きく異なります。イメージとしては体内に入った脂分が分解されない画を想像して下さい。例えばシチューを食べた器に水を入れてしばらくすると、白い牛脂が凝固してギトギトになっていますね。あれと同じことが体内で起こることを考えて下さい。あの白い牛脂が体内に入り、ちょっとやそっとでは溶け出さないであろうことを想像してみます。その体内に入った脂肪を削ぎ落すのに、どれだけ時間がかかるかまでを連想し「太るのは簡単だが痩せるのは難しい」ということを常に認識しましょう。

基礎代謝の安定を目指す

生き物には代謝=メタボリズムというものが存在し、この代謝そのものが体をコントロールしています。人それぞれその数値は異なりますが、俗に代謝が良ければ太りにくい、その逆に代謝が悪ければ食べたものが体に蓄積しやすいということになります。体は消費カロリーが大きければ体を大きくすること、すなわち太ることができません。例えば冬場は汗をかきづらいのでカロリー消費がそれほど促されず、寒いので体が本能的に脂肪を溜め込もうと努力してしまいます。これは代謝にも影響し、食べる → 蓄積される → 運動しない → 消費できない → 太る、という図式が成り立ちます。これは体の代謝率を大きく下げてしまう行為です。代謝を良くするには生活のリズムを整えることが大事です。生き物は何もしていなくても、生きていくためにカロリーを消費していきます。普通に食べて特別な運動をしなくても日常的に一定のカロリーを消費します。だったらさらに運動すればエクストラにカロリーを消費できるのです。そうなると体が溜め込もうと企んでいた脂肪を消費されてしまうので太る要素が無い、という訳ですね。人間は空腹の時に代謝率が大きく低下します。そしてその勢いで、すきっ腹に大量の食物を入れれば、摂取過多となり代謝が悪くなります。これもまた太る一つの原因と言われています。「空きっ腹は毒」と言うことを認識しましょう。これを解消するには、食間にちょっとしたおやつを食べて、極端な代謝低下を防ぎます。例えば間食にはバナナやカロリーバーを食べるといいでしょう。そうすれば代謝は安定し、さらには空腹時に見られるドカ喰いを止める要素に繋がります。おやつのおかげで、空腹でなければ許容量以上の食事をしなくてすみますから。食べてはダイエットにならない、と言うのはひと昔前の考え方であり、ダイエットは科学してこそ「苦しくなく、比較的楽しいダイエット」を可能にします。食べるモノさえちょっと気をつけていれば、ダイエットとはそんなに難しいことではないのです。

具体的にはどうすればいいの?

要点をまとめてみましょう。あなたがやるべきこと、あるいはあなたが常に考えなければならない要素は下記の点です。

  • 食品を選んで食べること
    脂質カットが一番大事。例えば焼肉なら脂身を食べない、ハムなどは脂肪の個所は切り取る、鶏の皮は食べない、油を通したもの、すなわち揚げ物を食べない、など積極的な脂質カットの努力です。
  • 食事量を考える
    夕飯以降におやつを食べないなど、余計なカロリーを摂取しない。
  • ドカ喰いしない
    代謝が極端に悪くなります。
  • 基本的に野菜、魚類は食べても構いません。
  • 糖質、炭水化物を制限する。
  • タンパク質を多めに摂取する。
    例 : 鶏胸肉、ささみ、大豆加工食品、納豆、豆腐、赤身肉、刺身など積極的に摂取する。

以上です。この程度気を遣っていれば上出来です。この他にも本能的に「これは脂が乗っている」と思われるものは食べないに越したことはありません。例えば同じヘルシーな食材であるマグロ刺身でも、赤身とトロでは脂の乗ったトロを食べた方が太る要素があります。ステーキでもサーロインの方が脂ノリが良く、赤身であるフィレ肉よりも脂肪分が多いです。気をつけることで脂分を体内に入れない。それだけでも「痩せる」というプロジェクトにおいては大きな前進であると言えるのです。

避けたい食品

では次に、ぜひとも避けた方がいい食品を列挙してみましょう。

  • 焼き肉
    脂多過ぎ。肉を食べるならフィレ肉のステーキにしましょう。
  • ラーメン
    炭水化物を脂たっぷりのスープで流し込む。たまにならいいでしょうが。
  • ソーセージ、ハムなどの加工肉製品
    意外に内部に多くの脂分が入っています。
  • とんかつ、から揚げ
    油を通しているということをよく考えましょう。
  • うに、いくら
    海産物ではありますが、意外にカロリーが高いです。要注意。
  • ケーキ、アイスクリーム
    糖質は脂肪にすぐ変わります。
  • おしるこ、ぜんざい
    アンコ系甘味デザートは結構ヤバい。
  • ビール
    お腹が出ます。焼酎やハードリカーを適度に飲んだ方が体にはいいです。

こう並べてみると美味しいものばかりですね。そうなんです、巷で「美味しい」とされているものは、得てして健康によくないモノが多いです。また白米や食パン、パスタのようなものでも「白物」と言われる食品は、色がついているものよりも精製されている分、脂肪に結びつきやすくなっています。例えば白米よりも精製前の玄米、食パンより穀付きパン、白糖よりも黒砂糖、といった具合です。これらのいわゆる「体に好ましくない食品」を精力的に避けることで、体内に脂肪分を溜めず、運動で脂肪を燃焼する必要がなくなるとのです。全体的に考えると脂肪分を体に吸収させてしまうと、それだけ辛い運動などで消費させなければならず、さらにダイエットが過酷なモノになります。だったら初めからそれらの脂肪を摂取しなければ、そんな苦労も軽減されるという考え方が成り立ちます。

考察 : 食べてもいいが、限度アリ

つまるところ、この時期は新年会やパーティーなど、ダイエットを敢行するには極めて過酷な環境が続きます。美味しそうなご馳走を前に生き物の本能が出てかぶりついてしまいそう…確かにそうですねぇ。他の人たちがおいしそうに食事をしているのを尻目に、自分だけがダイエットなので食べない、とは言えない状況でしょうし、それを我慢するのも至難の業です。ならばここはこの季節だけと割り切って美味しく食事をいただいちゃいましょう。食べてダメ、と言うことは絶対にありません。人間は生命維持活動をするために食べなくてはいられません。よって食べることをそこまで制限する必要はないのです。要は食べ物を選んで効率よく満腹に持っていくことです。ついつい空腹を満たすのに炭水化物で満腹にしよう、という考えになってしましますが、炭水化物は人間の体のエネルギー源となるものなので多少は必要とされるものの、お腹いっぱいになるまで詰め込むことが良いとは到底言えません。空腹を満たすに丁度いい食材は、タンパク質群、ビタミン、食物繊維などが最適です。ダイエットが最高に辛いのは、とにかく食事を我慢し、空腹に耐えなければならないこと。しかし私が提唱するダイエット方法は「食べてもいい」のです。ただ食べるタイミング、量、そして食材を選ぶのです。そうすればとりあえず「耐える」という一番過酷な部分は取り除けます。そうです、太らない食材を選んでお腹を満たせばいいのです。太らなければそれでいいのです。現状維持できればひとまずOKと考えましょう。

最後に : 運動も忘れずに

ひとしきり食べた後には運動が待っています。食材を選んで食べればOKとは言いましたが、それは現状を維持する方法であり、それだけで痩せられる程人間の体は甘くできていません。さんざん食べた後は運動する習慣も身につけましょう。前述の一日に消費カロリーと同じ分だけ毎日食べていれば太ることはない計算になります。しかしそれは現状維持であり、痩せるわけではありません。そう、もうお分かりですね。痩せるには運動など、さらなるカロリー消費活動が必要なのです。成人男性の一日の基礎カロリー消費量が2,000カロリーとした場合、言ってみれば一日2,000カロリーしか摂取しなければそれ以上太りません。今度はそこに運動でカロリーをさらに消費すれば、一日の消費カロリーが摂取カロリーを上回るのでその分脂肪が燃焼することになります。これがダイエットの正しい考え方です。どうかこれらの知識を頭に入れて、毎日少しでも運動するように心がけて下さい。細く長く続けることがダイエットの勝利への道なのです。私も頑張りますので、みなさんも2016年こそは理想の体型を手に入れましょう。

2016年 1月 5日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES