マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス
第54回 : 
あなたは読めますか?「L/C」読めなきゃ貿易のプロじゃない!
第55回 : 
緊急事態発生!米中貿易戦争激化の様相
第56回 : 
ビジネス戦略特集Vol.1「E-bayを攻略せよ!」
第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2015年 4月 28日更新

第17回 : 『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か

4か月も続いた西海岸一帯の港湾労使交渉ですが、あっけなく終了し、それぞれの港は平穏を取り戻しています。通常の状態に戻るのは数か月を要すと、当初は悲観的な観測であったものの、戻ってみれば結構な速度で作業は進み、今となってはほぼ全開であると言えます。一体あの嵐のように過ぎ去った日々は何だったのでしょう?いろいろとあってビジネス的には本当にネガティブな事ばかりの毎日でしたが、こうして終わってみれば余りの何事もなさげな状態が平和で、またあの騒動がバカバカしく感じたりもします。では気を取り直して今日もお勉強しましょう。

とってもよく聞く言葉『FOB』

『FOB』―これはとてもとてもベーシックな貿易用語であり、貿易や輸送の仕事に携わっていない人でも意味は知っているほど有名な言葉であります。以前のコラムで「F=船から O=降りた B=ばっかり」などと表現し、一部の方に評判が良かったのですが、本当の意味はもちろん異なります。ちなみに日系人が用いる『FOB』 は“Fresh-Off- the Boat”。まさに船から降りたばっかりの海外から来た我々外国人がおのぼりさんのようで、米国の習慣やたしなみを知らないさまを捉えた表現にされがち。しかし正しくは、これは責任の範疇を差す言葉で“Free On Board” が正解。そしてその意味は案外奥が深いのです。今回はそのよく耳にするこの言葉『FOB』について解説していきます。

まずは『FOB』を理解しよう

『FOB』とは「この商売において、ここまでが売主の責任です」と短い単語に場所を付け加えて表現する基礎的貿易用語です。貿易に造詣が深い方であれば“FOB XXXX”と聞けばどのような意味なのかは手に取るように理解できるはず。商売上の取引では、いろんな条件が契約前に交わされます。通常商品の価格から送料、手数料などの負担、納期、輸送方法など、取引を開始する前に売り主と買主の間で話し合われますよね?国際貿易の場合も、離れている遠方の取引先との間で約束事を交わさなければなりません。もちろん双方とも普通のビジネスマンであれば、自分に少しでも有利な条件で交渉をすすめたいもの。しかし相手がいてお互いの利益のために話し合いをするのですから、ある程度先方からの条件も視野にいれなければなりません。そんな中で、経費の大きな部分を占めることもある商品物流にかかる「運賃」があります。もしもあなたがAMAZONやE-bayで買い物をするのであればきっと分かるでしょう。その購入を考えている商品に運賃は含まれているのか、それともいないのか?これは大きな問題なはず。たまに「これは安い!」と思える商品を見つけて喜んでも、よくよく読み進めてみると実は運賃がバカ高かったりしますよね。出来れば運賃なんかかからない方がモノは遥かに安く手に入るのですから。この『FOB』というターム(条件)は、主にこのように運賃を指している場合が多いのです。先ほど『FOB』の後に場所が来る、という話をしましたが、例えば“FOB Los Angeles”と表現されている場合、これは「Los Angelesまでの料金が価格に含まれていますよ」という意味になります。簡単に言うと運賃負担がどこ(場所)まであるよ、という事なのです。

運賃の負担責任だけではない

国内でかかり得る運賃は、この場合売る側つまりSeller負担である事が分かりました。 しかしその国内で輸送している間に仮に事故が発生して商品がメチャメチャになった。 また輸送途中に商品が紛失、盗難に遭うなどという事はありがちです。さぁ、そんな時、その責任範疇はどこにありますか?Seller側は「そんなん知らん!」と逃げたいところです。そこで考えてみましょう。『FOB』契約の場合、国内での物流に関しての費用負担はSeller側にありますよね?要するに費用負担がSeller側であるとは、その商品に対する責任もまたSeller側にあるという事です。例えば盗難に遭ったとか、紛失したとかその程度の事ではなく、Sellerが輸送するのに起用したトラック会社が倒産して貨物が無くなった。または商品輸送に起用していた列車が火事にあって大爆発。その原因が判明してみたらSellerが取り扱う貨物が危険物であり、何かの状態で引火し、その後爆発した責任を負わされる=Sellerが訴えられる、など大袈裟とも思える事件が発生したとしても、それは『FOB』契約である以上、全てSeller側の責任となります。この場合厳密に言うと、『FOB』とはその輸送責任全般まで含めてSeller側が全てのリスクを負わなければならないという事なのです。中にはそのリスクを出来るだけ軽減すべく自社のトラックで搬送をする、国内輸送とは言え輸送保険をかけるなどSellerさんたちも策を講じています。例えば生産工場がオハイオ州トレドにあり、契約内容が“FOB Los Angeles”だった場合は、全ての責任がSeller側にあり、Seller側はいかなるリスクにも対処する必要があります。またどんな輸送手段を使ってきたとしてもBuyer側に口を挟む権利もありません。

信用状取引による『FOB』の定義

貿易には、輸出信用状という貿易の公正化を図り、銀行や船会社などの機関が介入し取引を円滑に進める方法があります。これには銀行の手数料などがかかりますが、公正を図る事が出来る点から初めての取引などに多く用いられます。このL/C=Letter of Creditと呼ばれる信用状には、たくさんの制限が設けられ、Seller側はちゃんとした出荷の証明が無ければ商品代金を受け取れないシステムになっています。ここでは公正を期すため取引の条件である『FOB』なのか、それともC&F(『FOB』の逆で運賃元払いが原則)という条件なのかが記されています。仮にそれが“FOB Los Angeles”となっていた場合、前述の通りSellerは商品をロサンゼルスまで持ってこなければなりません。要するにそうしなければ条項に沿わないために決済されない、商品代金をもらえないって事になります。でもそこには“FOB Los Angeles”とは記されていても、実際には「Los Angelesのどこまで」って事は具体的に記されていません。Los Angelesと言っても広ぉござんす。Greater LAなのか、LA Countyなのか、それともCity of Los Angelesなのか…その解釈の違いで相手から「自己中心的な取引先だ」と思われ、今後の取引に発展しない可能性も十分にあるでしょう。

だったら本来の『FOB』 って何さ?

当然そういう質問になるでしょう。例えば航空便で出荷する場合、商品を必ず空港まで運ばなければなりません。しかしあなたのオフィスはロサンゼルスのダウンタウンにあり、距離がちょっとありますから、そこに商品があるという事は、空港までの輸送料金が発生するという事になります。しかしあなたの解釈では“FOB Los Angeles”とはあなたの会社すなわちロサンゼルス市内に立地する会社留めであった。よって空港までの陸送費は支払えないよ、と主張する事も出来ます。これは言葉上の表現やタームでは表しきれませんが、基本的な常識からすると「出荷できる状態にする」という暗黙の了解があるので、国内の輸送費はSeller側が負担しないといけません。実際にはどこにもその事実が記されてはいないのでどちらにも取れる表現ではありますが“FOB XXXX”と言ったら「国内の費用は全てSeller負担、出荷してからの責任は全てBuyer負担」と考えるのが妥当です。余りケチをしてこの件で揉めて、取引先を怒らせてしまう事がないように注意が必要です。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.4
「健全な精神は健全なる肉体に宿る」

こうして偉そうに講釈させて頂いていますが、当の本人、只今ダイエットに苦しんでおります。やはりダイエットは苦しい、楽なダイエットなどはあり得ません。しかし効果的に痩せることはできるはず、って事で今日もそのTipをご紹介します。

代謝機能を高める-その2

代謝はダイエットに欠かせない重要事項です。代謝を意のままに操れたらもうダイエットは成功していると言っても過言ではないでしょう。人間には基礎代謝ってものがあり、これは一日何もせずにずっと寝ているだけでも自然と消費されるものです。年齢や性別によっても大きく変わりますが、成人男子の場合平均して2,200~2,500キロカロリーを消費します。ではあなたの消費カロリーがその2,500Kcalだったとしましょう。何もしなくてもその数値です。その消費に対して毎日の食事で栄養を補給して生きていきます。って、事はどうなんでしょう?平均で毎日2,500kcal必要な体に対して、食事を2,200kcalしか摂らなかったら?300kcal足りない=その分痩せていくって図式が成り立ちます。俗に言うカロリー計算しましょう、というのはそういう意味です。この方法で食事を細くしていけば、辛い運動など一切せずとも自然と痩せていくでしょう。しかし世の中には誘惑がいっぱい。 そう簡単には痩せさせてくれません。そんな時にこの代謝機能をちょっと考えてみましょう。人間は空腹の時に代謝機能がもの凄く低下します。そしてお腹が満たされた食後に代謝は大幅にアップします。体は食べ物を欲し、入ってきた栄養をそのまま取り込もうとします。前回もご説明した空腹を“悪”とするのならば、空腹にならなければよいのです。間食をお勧めした理由はそこです。間食と言っても甘いモノ、お菓子、炭水化物類など何でも放り込めば良いというものではなく、そこはダイエットしている身と自覚し、そのようなジャンクな食べ物ではなく、果物や体に負担が少ないと思われる食品をちょっと摂り入れます。午前7時に朝食を摂り、正午まで何も食べないのでは、お昼ご飯を食べる直前に代謝は低下しているので体は食べたもの全てを吸収しようとします。しかしお腹の中に何か入っていれば代謝機能は安定し、極度の空腹を避けられます。そうなれば体は全てを吸収しようとはしませんし、更に間食である程お腹は度満たされているので、その一食で食べる量もまた軽くなっていくという原理です。一度に食事回数を増やすのは肥満を助長すると思いがちですが、その方法ひとつで代謝を安定させ逆にダイエットに繋がるのです。是非実行してみて下さいね。

2015年 4月 28日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES