心療内科医
久賀谷 亮 TransHope Medical TEL: 424-247-9642

最新コラム

第83回 : update
「東洋化グローバライゼーション」

バックナンバー

第1回 : 
被災地の「こころ」
第2回 : 
被災地の「こころ」 2
第3回 : 
被災地の「こころ」 3
第4回 : 
夏目漱石の 『こころ』 と三島由紀夫
第5回 : 
M.I.T. Media Lab
第6回 : 
被災地の 『こころ』 一年
第7回 : 
「こころ」 はユニバーサル
第8回 : 
「新型うつ」 というのが話題らしい
第9回 : 
自分のことが嫌いな人へ ~自尊心について~
第10回 : 
ブレイン・フィットネス
第11回 : 
脳の錯覚とポジティブ思考
第12回 : 
不確実性とつきあう — 不安克服法 —
第13回 : 
フェイスブックの心理学 【1.フェイスブック依存】
第14回 : 
薬をつかわない 「うつ」 の治療最前線
第15回 : 
フェイスブックの心理学 【2.つながるほど孤独】
第16回 : 
「うつ」 今注目の最新治療 『TMS』
第17回 : 
「リンカーン」のメランコリー
第18回 : 
眠れませんか?
第19回 : 
フェイスブックの心理学 【3.コミュニケーションの変容】
第20回 : 
アンチエイジングの心理学 1
第21回 : 
アンチエイジングの心理学 2
第22回 : 
子育ての流儀
第23回 : 
私の 「こころ」 について
第24回 : 
「物忘れ、お困りですか? 外付け『記憶』ハードドライブをお買い上げください」。 —脳科学最前線:脳を補う、創る—
第25回 : 
ゴルフの心理学
第26回 : 
ゴルフの心理学2
第27回 : 
ひとのこころは読めるのか
第28回 : 
ADHDについて深く知る
第29回 : 
「幸せ」 の心理学
第30回 : 
結婚の心理学
第31回 : 
スピリチュアリティとこころ
第32回 : 
Future of the Mind
第33回 : 
The Secret Life of Walter Mitty ~自尊心について 2~
第34回 : 
パニックって? その1
第35回 : 
パニックって? その2
第36回 : 
アートとこころ
第37回 : 
耐久レースとこころ
第38回 : 
スピリチュアリティとこころ2
第39回 : 
スピリチュアリティとこころ3
第40回 : 
自律神経失調症とは
第41回 : 
怒りのコントロール
第42回 : 
あがり症
第43回 : 
「Dr.倫太郎」
第44回 : 
学校では教えない人生の叡智
第45回 : 
マインドフルネス
第46回 : 
旅薬
第47回 : 
ペットロス症候群
第48回 : 
マインドフルネス 2 - 比較文化論
第49回 : 
マインドフルネス 3
第50回 : 
セックスレスの心理学
第51回 : 
あなたの脳を知る
第52回 : 
最新「こころ」の研究
第53回 : 
Deep TMS
第54回 : 
認められるということ
第55回 : 
APPSとメンタルヘルス
第56回 : 
「夜と霧」
第57回 : 
成功の実現
第58回 : 
レジリエンス
第59回 : 
脳の休め方
第60回 : 
脳の休め方2
第61回 : 
世界にひろがるマインドフルネス(マインドフルネス4)
第62回 : 
「過労死」
第63回 : 
人工知能(AI)―人間が引退する日―
第64回 : 
「フェデラーと老いの心理学」
第65回 : 
自己肯定感と承認欲
第66回 : 
「まかない食」
第67回 : 
「脳休」
第68回 : 
小林麻央さんのこと
第69回 : 
醜形恐怖
第70回 : 
黒い犬
第71回 : 
親業とこころ
第72回 : 
弓と禅
第73回 : 
究極の「怖れ」克服法
第74回 : 
自然と脳
第75回 : 
脳から身体を治す
第76回 : 
非日常との境界
第77回 : 
「戦争と平和」
第78回 : 
日本の開国
第79回 : 
自尊心について5
第80回 : 
滝のうら
第81回 : 
「食」と「旅」
第82回 : 
「セリーナ・ウィリアムズと怒りの心理学」(怒りとこころ2)
第83回 : 
「東洋化グローバライゼーション」

『こころにまつわるおはなし。』

「こころ」 をキーワードに、様々な話題を提供します。

2018年 9月 14日更新

第82回 : 「セリーナ・ウィリアムズと怒りの心理学」(怒りとこころ2)

日本人の大坂選手が優勝したテニスのグランドスラム大会US Open。もう一つの話題は、対戦相手、セリーナ・ウィリアムズ選手の怒りの暴走でした。ルール違反に対して警告があり、それを不服としたウィリアムズ選手は激しく反論、結果さらなる警告を呼び、試合を失う一端となりました。アンパイアの警告前の手順に不備があったとか、ウィリアムズ選手が主張した「セクシズム(性差別)」があったとか、いろいろ議論はありますが、この際それは話題としません。今回のテーマは、ウィリアムズ選手に見られた典型的な怒りのパターンです。

かつて「不安」を擬人化したのに習って、「怒り」君の性質を列記しましょう。

1.直情的である

着火した途端、凄まじい瞬発力で火の手を上げ、誰にも止められません。「扁桃体ハイジャック」と言われる、理性脳の前頭葉を感情脳の扁桃体が上回る状態で、もう抑えが効きません。この状態になると、今回のウィリアムズ選手のよう に、言葉の繰り返しが増える、人へ向けて指を立てる、大きな声になる、泣く、フィジカルに人を圧倒する、などの行動変化が見られます。

2.二つの顔を持つ(諸刃の剣)

自律神経を介した「アドレナリン」の増加を伴います。このアドレナリン、最初は人のパフォーマンスを上げますが、さらに上昇すると、パフォーマンスのピークを迎え、そこからさらに増加すると、パフォーマンスは逆に下がります。つまり、逆Uシェイプです(不安君もそうですね)。ウィリアムズ選手とて、アドレナリン・サージ(上昇)がパフォーマンスをいつまでも比例的に上げるわけではないのです。

3.我田引水である(言い訳上手)

怒りの問題のある人は、自分の正当化に執心するという傾向があります。かつて、スティーブ・ジョブズさんが、「現実婉曲」能力があると言われました。つまり、現実を曲げてでも自分の意見を正当化することに優れていたのです。彼の怒りの問題は、ご存知の方も多いと思います。ウィリアムズ選手は、「女性の地位のために戦い続ける」とセクシズムが今回の問題と位置づけました。そういった意味もあったのかは置いておいて、ある一面だけを取り上げている傾向はうかがえます。よく言えば、ディベート(討論)に強い人たちです。しかし、ディベートとの大きな違いは、冷静な理論だったやりとりでなく、(前頭葉がオフ状態で)感情が主導権を握っている点です。

4.謝らせるのが好き

3の「我田引水である」とも関係しますが、怒りのある人は、自分が優位であるべきと信じている節があります。自分が一番強いと思っているかもしれません。人より上にいると思っているかもしれません。ウィリアムズ選手は、「あなたは私に謝るべき」との発言をアンパイアへ向かって繰り返しています。あなたが間違っている(私が正しい=上記3)と同時に、自分があなたより上位であることを確認しようとする行為です。相手に謝らせるという行為は、怒りを持った人に比較的見られやすいのです。また、ウィリアムズ選手は試合後の会見で、「自分はズル(チーティング)をしなくても勝てる」と言っています。自信はスポーツにとって欠かせないのですが、自己優位性の片鱗がうかがえます。「負けるが勝ち」という格言がありますが、むしろ人に手柄を譲った方が得をするという先人の知恵です。彼女は、最終的に自分を負けに近づけたようです。

5.一本気です。期待はずれが嫌いです

アメリカの文化では、自分を主張することは推奨されます。でも、自分を主張すれば何でもよい、というのとは違うでしょう。柔軟性のない認識は要注意です。例えば、資格を持った専門家が、自分の期待通りの素行をしないと切れてしまう人がいます。「こうあるべきだ」というのが強いのでしょう。第41回「怒りのコントロール」(参照)にあるように、怒りは期待と現実のズレから起こりやすいです(だから、「期待値を下げましょう」なのですが)。そして、柔軟で多彩な価値観を受け入れることが、怒りへの対策になります。

誰が正しい、ルールはこうだ、というのが問題ではなく、仮に相手が間違っていたとしても、それに対してどう反応したかが問題です。「怒り」によってか、それとも違った形でか。アンガー・マネージメント的には、そこに焦点を当てたい出来事でした。

2018年 9月 14日更新

くがやこころとからだのクリニックでは、
「こころ」 にまつわる様々なご相談や、こころの健康チェック、ケアを提供しています。

▼くがやこころのクリニックFacebookページを設立いたしました。

https://www.facebook.com/THMedicalClinic/

▼「こころ」の健康ビデオ 随時更新中!

https://thmedical.org/about-clinic/videos/

クリニックホームページ内で「こころ」をテーマとした動画をご視聴いただけます。
ドクター久賀谷によるセミナーやマインドフルネス・TMS治療に関するお話、患者様の声など。

▼心療内科専門医による各種プログラム
不安/パニック より早い改善をカウンセリングとお薬またはTMS治療を必要に応じて組み合わせることで実現
うつ
こころとからだ ・ プログラム → ストレスによる身体の症状の緩和
こころのトラウマ治療 (EMDR)
禁煙プログラム
仕事ストレス
体重マネージメント
ADHD
そううつ
睡眠改善
こころの健康相談

※ 当クリニックでは、カウンセリングのみも可能です。

Columnist's Profile

心療内科医久賀谷 亮(TransHope Medical)

イェール大学医学部神経精神科卒。日米医師免許。趣味 : トライアスロン。TransHope Medical / くがやこころとからだのクリニック院長。「TransHope」 は、Transglobally (国境を越えて)、Transculturally (文化を超えて) に、Hopeを手渡していくことを意味します。

眠れない、疲れやすい、集中できない、気分が晴れない、ストレスによるこころとからだの反応、ライフスタイル改善(体重、仕事パフォーマンス、喫煙)、うつ、パニック、ADHDなどに医学的診察とケアを提供します。

TransHope Medical

24050 Madison St Ste 113 Torrance CA 90505
TEL:
424-247-9642
FAX:
424-247-9643

TransHope Medical について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES