心療内科医
久賀谷 亮 TransHope Medical TEL: 424-247-9642

最新コラム

第94回 : 
「こうあるべき」

バックナンバー

第1回 : 
被災地の「こころ」
第2回 : 
被災地の「こころ」 2
第3回 : 
被災地の「こころ」 3
第4回 : 
夏目漱石の 『こころ』 と三島由紀夫
第5回 : 
M.I.T. Media Lab
第6回 : 
被災地の 『こころ』 一年
第7回 : 
「こころ」 はユニバーサル
第8回 : 
「新型うつ」 というのが話題らしい
第9回 : 
自分のことが嫌いな人へ ~自尊心について~
第10回 : 
ブレイン・フィットネス
第11回 : 
脳の錯覚とポジティブ思考
第12回 : 
不確実性とつきあう — 不安克服法 —
第13回 : 
フェイスブックの心理学 【1.フェイスブック依存】
第14回 : 
薬をつかわない 「うつ」 の治療最前線
第15回 : 
フェイスブックの心理学 【2.つながるほど孤独】
第16回 : 
「うつ」 今注目の最新治療 『TMS』
第17回 : 
「リンカーン」のメランコリー
第18回 : 
眠れませんか?
第19回 : 
フェイスブックの心理学 【3.コミュニケーションの変容】
第20回 : 
アンチエイジングの心理学 1
第21回 : 
アンチエイジングの心理学 2
第22回 : 
子育ての流儀
第23回 : 
私の 「こころ」 について
第24回 : 
「物忘れ、お困りですか? 外付け『記憶』ハードドライブをお買い上げください」。 —脳科学最前線:脳を補う、創る—
第25回 : 
ゴルフの心理学
第26回 : 
ゴルフの心理学2
第27回 : 
ひとのこころは読めるのか
第28回 : 
ADHDについて深く知る
第29回 : 
「幸せ」 の心理学
第30回 : 
結婚の心理学
第31回 : 
スピリチュアリティとこころ
第32回 : 
Future of the Mind
第33回 : 
The Secret Life of Walter Mitty ~自尊心について 2~
第34回 : 
パニックって? その1
第35回 : 
パニックって? その2
第36回 : 
アートとこころ
第37回 : 
耐久レースとこころ
第38回 : 
スピリチュアリティとこころ2
第39回 : 
スピリチュアリティとこころ3
第40回 : 
自律神経失調症とは
第41回 : 
怒りのコントロール
第42回 : 
あがり症
第43回 : 
「Dr.倫太郎」
第44回 : 
学校では教えない人生の叡智
第45回 : 
マインドフルネス
第46回 : 
旅薬
第47回 : 
ペットロス症候群
第48回 : 
マインドフルネス 2 - 比較文化論
第49回 : 
マインドフルネス 3
第50回 : 
セックスレスの心理学
第51回 : 
あなたの脳を知る
第52回 : 
最新「こころ」の研究
第53回 : 
Deep TMS
第54回 : 
認められるということ
第55回 : 
APPSとメンタルヘルス
第56回 : 
「夜と霧」
第57回 : 
成功の実現
第58回 : 
レジリエンス
第59回 : 
脳の休め方
第60回 : 
脳の休め方2
第61回 : 
世界にひろがるマインドフルネス(マインドフルネス4)
第62回 : 
「過労死」
第63回 : 
人工知能(AI)―人間が引退する日―
第64回 : 
「フェデラーと老いの心理学」
第65回 : 
自己肯定感と承認欲
第66回 : 
「まかない食」
第67回 : 
「脳休」
第68回 : 
小林麻央さんのこと
第69回 : 
醜形恐怖
第70回 : 
黒い犬
第71回 : 
親業とこころ
第72回 : 
弓と禅
第73回 : 
究極の「怖れ」克服法
第74回 : 
自然と脳
第75回 : 
脳から身体を治す
第76回 : 
非日常との境界
第77回 : 
「戦争と平和」
第78回 : 
日本の開国
第79回 : 
自尊心について5
第80回 : 
滝のうら
第81回 : 
「食」と「旅」
第82回 : 
「セリーナ・ウィリアムズと怒りの心理学」(怒りとこころ2)
第83回 : 
「東洋化グローバライゼーション」
第84回 : 
「日日是好日」
第85回 : 
OCD
第86回 : 
プロのホームレス
第87回 : 
偏愛の力
第88回 : 
多様性の教科書
第89回 : 
ゆるすということ
第90回 : 
黒い犬の正体
第91回 : 
自然と脳2
第92回 : 
「ライフ・スペース」という概念
第93回 : 
マインドフルネスと科学
第94回 : 
「こうあるべき」

『こころにまつわるおはなし。』

「こころ」 をキーワードに、様々な話題を提供します。

2014年 2月 21日更新

第28回 : ADHDについて深く知る

ADHD (Attention Deficit Hyperactive Disorder: 注意欠陥多動性障害) は比較的高い頻度でみられます。 統計にもよりますが、Centers for Disease Control and Prevention (CDC) の2013年のデータによりますと、2011年には子供の11%がアメリカでは診断をうけています。 また2003年の9.5%から比較すると増加傾向とのことです。 この頻度の増加については諸説がありますが、この状態に対する意識が高まっていることが一つの要因と思われます。

さらには、大人のADHDも認識されるようになり、大人になっても約1/3は子供時代の状態が継続するとのことです。 総合して、一般人口の5~10%ぐらいの頻度などといわれています。

どのような状態かを説明するのに、ここでは診断基準を示します。

ADHD診断基準
  1. 以下の不注意の症状のうち6つ (またはそれ以上) が、少なくとも6ヶ月以上続いたことがあり、その程度は不適応的で、発達の水準に相応しないもの:

    不注意
    1. 学業、仕事、またはその他の活動において、しばしば綿密に注意することができない、または不注意な過ちをおかす。
    2. 課題または遊びの活動で注意を持続することがしばしば困難である。
    3. 直接話しかけられた時にしばしば聞いていないように見える。
    4. しばしば指示に従えず、学業、用事、または職場での義務をやり遂げることができない (反抗的な行動または指示を理解できないためではなく)。
    5. 課題や活動を順序立てることがしばしば困難である。
    6. (学業や宿題のような) 精神的努力の持続を要する課題に従事することをしばしば避ける、嫌う、またはいやいや行う。
    7. (例えばおもちゃ、学校の宿題、鉛筆、本、道具など) 課題や活動に必要なものをしばしばなくす。
    8. しばしば外からの刺激によって容易に注意をそらされる。
    9. しばしば毎日の活動を忘れてしまう。
  2. 以下の多動性-衝動性の症状のうち6つ (またはそれ以上) が少なくとも6カ月以上持続したことがあり、その程度は不適応的で、発達水準に相応しない:

    多動性
    1. 学業、仕事、またはその他の活動において、しばしば綿密に注意することができない、または不注意な過ちをおかす。
    2. しばしば教室や、その他座っていることを要求される状況で席を離れる。
    3. しばしば、不適応な状況で、余計に走り回ったり高い所へ上がったりする (青年または成人では、落ち着かない感じの自覚のみに限られるかも知れない)。
    4. しばしば静かに遊んだり余暇活動につくことができない。
    5. しばしば “じっとしていない” またはまるで “エンジンで動かされるように” 行動する。
    6. しばしばしゃべりすぎる。
    衝動性
    1. しばしば質問が終わる前にだし抜けに答えてしまう。
    2. しばしば順番を待つことが困難である。
    3. しばしば他人を妨害し、邪魔する (例えば、会話やゲームに干渉する)。

不注意型の場合、9つの項目のうち、6つ以上があてはまります。 多動性—衝動性型の場合も同様です。 双方を同時に満たす場合を、混合型と呼ぶ訳です。

落ち着きがない子供、白昼夢をみる子供、話を聞いているようで聞いていない子供、忘れ物が多い子供など、基準の幾つかが、6ヶ月以上にわたり、しかも7歳以前より、複数の場所で (家、学校など) みられる場合、診断が疑われます。 さらにその症状が、学業や社会機能に影響を及ぼしていること、自閉症などのほかの診断によるものではないことなどが条件として付きます。

ですから、診断が軽々しく用いられるべきではなく、きちんとした問診、病歴、診察などを受けることが大事です。 面接によるそういった評価が、診断のための最も重要なものとされています。 さらには、家族、教師などからの情報、知能検査を含む様々な評価尺度などが用いられ、総合的に診断が行われます。

ADHDは脳が原因でおきる状態だとわかっています。 では、どのようなことが脳でおきているのでしょうか?これには様々な検討がなされ、多くのデータの蓄積があります。 ドーパミンとよばれる脳内物質の変化、脳波上の変化など、様々ですが、NIMH (国のメンタルヘルスの機関ですね) が2007年に報告した結果を示します。 ADHDの子供の脳の発達を視覚的に示したものです。 ADHDがみられない子供と比較しています。 こちらをご覧ください。

結果、ADHDをもつ子供の脳の成長は、多くの大脳皮質で、2~3年遅れがみられました。 通常7歳半までに脳の成熟がみられるのが、ADHD がある場合、10歳半ぐらいになるようです。 注意や行動の制御に関わっている部位での遅れが、ADHDの症状と関連しているのではという考察です。

詳細はこちらをご覧下さい。

一方、遅れはあるものの、脳の発達が追いついてくるという事実は、ADHDの子供たちの多くがこの状態を年齢とともに克服していくことと一致する訳です。

診断について先に触れましたが、脳の画像検査を含めて、この検査をすれば診断ができるというものは未だにありません。 しかし2013年7月に、FDAが初めての診断テストを認可したということで話題になりました。 これは、NEBA System (Neuropsychiatric EEG-Based Assessment Aid) と呼ばれるもので、脳波をもとにした検査システムのようです。 このテストにより、診断の正確さが20%ぐらい上がったとのことです。 しかし、そうはいっても、これのみで診断ができるというものではありません。 あくまで診断の支えというのが実状のようです。

治療法で最も効果があるのは、薬物療法といわれています。 お子さんにお薬をというのは、抵抗がある方も多いのですが、必要な場合によく医師と相談して考慮していくというのが現状です。 しかしそれと並行して、あるいはそれ以前にやっておきたいことはたくさんあります。 いわゆる行動療法などです。 認知行動療法と呼ばれるものもありますし、親のスキルアップの教育、ソーシャル・スキル・トレーニングというのもあります。 司馬理英子医師による『ADHDのび太・ジャイアン症候群』というシリーズは、日本では参考にされる方が多いようです。 親の接し方、教師の接し方、先の行動療法などについて書かれています。 そういった情報を参考にした上で、医師などと一緒に取り組むことが望まれます。

ADHDについてのセミナーを以下の日程で行います。 この状態についてさらに知識を深めていただくために、上記に示したような内容を具体的にお話しします。

2014年 2月 21日更新

くがやこころとからだのクリニックでは、
「こころ」 にまつわる様々なご相談や、こころの健康チェック、ケアを提供しています。

▼ドクター久賀谷による「マインドフルネスx脳科学」ホームページを開設しました!

https://www.beinamoment.org

ドクター久賀谷によるマインドフルネス 著書・旅企画・コーチングをまとめて紹介。クリニックと合わせてよろしくお願いします!

▼「患者さまの声」ページ 随時更新中!

https://thmedical.org/diagnosis/testimonials/

クリニックホームページ内で診療を受けられた方の動画・音声、そして寄せられたお手紙などをご覧いただけます。
診療セミナーやマインドフルネス・TMS治療に関する患者さまの声。

▼心療内科専門医による各種プログラム
不安/パニック より早い改善をカウンセリングとお薬またはTMS治療を必要に応じて組み合わせることで実現
うつ
そううつ
睡眠改善
ADHD
OCD
慢性痛
マインドフルネス認知療法
認知行動療法カウンセリング
こころとからだ・プログラム → ストレスによる身体の症状の緩和
トラウマ治療 (EMDR)
禁煙プログラム
仕事ストレス
体重マネージメント
こころの健康相談

※ 当クリニックでは、カウンセリングのみも可能です。

Columnist's Profile

心療内科医久賀谷 亮(TransHope Medical)

イェール大学医学部神経精神科卒。日米医師免許。趣味 : トライアスロン。TransHope Medical / くがやこころとからだのクリニック院長。「TransHope」 は、Transglobally (国境を越えて)、Transculturally (文化を超えて) に、Hopeを手渡していくことを意味します。

眠れない、疲れやすい、集中できない、気分が晴れない、ストレスによるこころとからだの反応、ライフスタイル改善(体重、仕事パフォーマンス、喫煙)、うつ、パニック、ADHDなどに医学的診察とケアを提供します。

TransHope Medical

24050 Madison St Ste 113 Torrance CA 90505
TEL:
424-247-9642
FAX:
424-247-9643

TransHope Medical について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES