心療内科医
久賀谷 亮 TransHope Medical TEL: 424-247-9642

最新コラム

第94回 : 
「こうあるべき」

バックナンバー

第1回 : 
被災地の「こころ」
第2回 : 
被災地の「こころ」 2
第3回 : 
被災地の「こころ」 3
第4回 : 
夏目漱石の 『こころ』 と三島由紀夫
第5回 : 
M.I.T. Media Lab
第6回 : 
被災地の 『こころ』 一年
第7回 : 
「こころ」 はユニバーサル
第8回 : 
「新型うつ」 というのが話題らしい
第9回 : 
自分のことが嫌いな人へ ~自尊心について~
第10回 : 
ブレイン・フィットネス
第11回 : 
脳の錯覚とポジティブ思考
第12回 : 
不確実性とつきあう — 不安克服法 —
第13回 : 
フェイスブックの心理学 【1.フェイスブック依存】
第14回 : 
薬をつかわない 「うつ」 の治療最前線
第15回 : 
フェイスブックの心理学 【2.つながるほど孤独】
第16回 : 
「うつ」 今注目の最新治療 『TMS』
第17回 : 
「リンカーン」のメランコリー
第18回 : 
眠れませんか?
第19回 : 
フェイスブックの心理学 【3.コミュニケーションの変容】
第20回 : 
アンチエイジングの心理学 1
第21回 : 
アンチエイジングの心理学 2
第22回 : 
子育ての流儀
第23回 : 
私の 「こころ」 について
第24回 : 
「物忘れ、お困りですか? 外付け『記憶』ハードドライブをお買い上げください」。 —脳科学最前線:脳を補う、創る—
第25回 : 
ゴルフの心理学
第26回 : 
ゴルフの心理学2
第27回 : 
ひとのこころは読めるのか
第28回 : 
ADHDについて深く知る
第29回 : 
「幸せ」 の心理学
第30回 : 
結婚の心理学
第31回 : 
スピリチュアリティとこころ
第32回 : 
Future of the Mind
第33回 : 
The Secret Life of Walter Mitty ~自尊心について 2~
第34回 : 
パニックって? その1
第35回 : 
パニックって? その2
第36回 : 
アートとこころ
第37回 : 
耐久レースとこころ
第38回 : 
スピリチュアリティとこころ2
第39回 : 
スピリチュアリティとこころ3
第40回 : 
自律神経失調症とは
第41回 : 
怒りのコントロール
第42回 : 
あがり症
第43回 : 
「Dr.倫太郎」
第44回 : 
学校では教えない人生の叡智
第45回 : 
マインドフルネス
第46回 : 
旅薬
第47回 : 
ペットロス症候群
第48回 : 
マインドフルネス 2 - 比較文化論
第49回 : 
マインドフルネス 3
第50回 : 
セックスレスの心理学
第51回 : 
あなたの脳を知る
第52回 : 
最新「こころ」の研究
第53回 : 
Deep TMS
第54回 : 
認められるということ
第55回 : 
APPSとメンタルヘルス
第56回 : 
「夜と霧」
第57回 : 
成功の実現
第58回 : 
レジリエンス
第59回 : 
脳の休め方
第60回 : 
脳の休め方2
第61回 : 
世界にひろがるマインドフルネス(マインドフルネス4)
第62回 : 
「過労死」
第63回 : 
人工知能(AI)―人間が引退する日―
第64回 : 
「フェデラーと老いの心理学」
第65回 : 
自己肯定感と承認欲
第66回 : 
「まかない食」
第67回 : 
「脳休」
第68回 : 
小林麻央さんのこと
第69回 : 
醜形恐怖
第70回 : 
黒い犬
第71回 : 
親業とこころ
第72回 : 
弓と禅
第73回 : 
究極の「怖れ」克服法
第74回 : 
自然と脳
第75回 : 
脳から身体を治す
第76回 : 
非日常との境界
第77回 : 
「戦争と平和」
第78回 : 
日本の開国
第79回 : 
自尊心について5
第80回 : 
滝のうら
第81回 : 
「食」と「旅」
第82回 : 
「セリーナ・ウィリアムズと怒りの心理学」(怒りとこころ2)
第83回 : 
「東洋化グローバライゼーション」
第84回 : 
「日日是好日」
第85回 : 
OCD
第86回 : 
プロのホームレス
第87回 : 
偏愛の力
第88回 : 
多様性の教科書
第89回 : 
ゆるすということ
第90回 : 
黒い犬の正体
第91回 : 
自然と脳2
第92回 : 
「ライフ・スペース」という概念
第93回 : 
マインドフルネスと科学
第94回 : 
「こうあるべき」

『こころにまつわるおはなし。』

「こころ」 をキーワードに、様々な話題を提供します。

2013年12月 2日更新

第25回 : ゴルフの心理学

ゴルフはメンタルなスポーツの代表として知られています。 今回はゴルファーに贈るゴルフ上達のための心理学です。

ゴルフスイングについてあまたの書籍があるなかで、そのメンタル面についてバイブルとされる本があります。

「Golf is not a game of perfect」

私は最初、プロゴルファーを目指す方から薦められたのがきっかけで手に取りました (*1)。 著者はスポーツ心理学者で、様々なスポーツでメンタルの指導を経験し、ゴルフのメンタルコーチとして広くその名を知られています。 彼は名だたるトップゴルファーのコーチをしたことでも知られます。 Tom Kite、Nick Price、Pat Bradley、John Dalyなど、彼が指導したプレーヤーがこの本にも登場します。

私自身のゴルフとの関係を申し上げますと、かなり昔にそれなりに取り組みましたが挫折、こんなストレスを背負い込むスポーツは割に合わないとやめました。 長い沈黙の後、最近思い立って再開。 というのも、熟年の方があふれんばかりの笑顔でゴルフについて語っているのをみて 「ああ、本当に楽しんでいらっしゃるのだな」 と思ったのがきっかけでした。

ゴルフはもちろん止まったボールを打つ競技です。 それ故、色々なことがあなた次第です。 ゴルフをされた方なら経験がおありかと思いますが、あなたの心理状態が多分にプレイに影響します。 プレーが思ったようにいかなければ、大変なストレスを感じます。 楽しみでやっているのに何が嬉しくてストレスを背負い込むのか。 フラストレーションがさらなるミスショットを呼ぶ。 その一方で、ゴルフに 「はまる」 方は多い。

上記の本は20年前に出版されていますが、そのシンプルなメッセージには感銘を受けます。 本連載の第14回でもとりあげた 「認知行動療法」 というヒトの 「考え方」 に焦点を当てているのが新しい。

この内容に、スポーツ選手、パフォーマーと接した私の経験からの観点、脳科学的視点を加えて、ゴルフのメンタル強化について解説します。

ミスショットが続いてイライラする

ゴルフは本当に思い通りになりませんね。 目の前の動かないボールが相手なのに結果は様々。 「きれる」 人も少なくありません。 ゴルファーの方で、ラウンド中に怒りがコントロールできないという方がいらっしゃいました。

【教訓1】超ポジティブにプレーする

ミスショットは必ず発生します。 プロでもそうです。 しかし多くのトッププロに共通した性質があります。 彼らは 「超」 がつくポジティブなのです。 50%の確率でバスケットボールのフリースローが入る選手がいます。 その選手が一度ミスすれば、次は確率的に入ると考える。 これはポジティブです。 さらに何度もミスが続いたら、次が入る確率は50%よりもさらに高いと考える。 最後には確率を超えて、何が何でも入ると思う。 トップアスリート達は、統計をねじ曲げるぐらいの自信を維持し、仕事を遂行するのです。

当コラム第11回で 「ポジティブ思考」 について取り上げ、ゴルフのパットと脳科学について触れました。 タイガー・ウッズは最もプレッシャーのかかるここ一番で難しいパットを沈める。 パットを打つ前に脳の活動 (前頭葉近辺の活動のゆらぎ) を測定すると、これがパットの成否を予測したという研究データがあります。 トッププレーヤにみられるポジティブ思考や自信というものは、このゆらぎというものを無意識に制御してプレーの質を高めている可能性があります。

【教訓2】ナイスショットをしっかり喜ぶ

一喜一憂は戒められがちですが、92年のマスターズに勝ったFred Couplesは、最終日前夜こう言ったそうです。 「ショットを打つ前には、そのクラブでこれまでに一番良かったショットを思い出して打つ」。 良いショットが打てたらしっかり楽しんで喜んでください。 強い感情はその良いショットの記憶をより強く、長く持続させてくれます。 強い感情と記憶の関係は脳科学でも証明されています。 良いゴルファーは、過去のいくつかの良いショットをよく覚えています。 ゴルファーが陥りやすい、良くない認知のパターンは、悪いショットをより過大に覚えていることです。

【教訓3】すべてのショットを受け入れる

ミスショットも受け入れてください。 それを引きずって次のショットに影響が出るというのはよくいわれています。 すべてのショットを受け入れることで、より安定したプレイをする。 みっともないショットも含めてのラウンドを終えることを楽しんでください。

野球の投手で、ヒットを打たれると意気消沈してプレーが続行できないという方がいました。 あるいは、無様なプレーをして恥ずかしい思いをし、その後本来のプレーができないという選手もいました。 メジャーリーグでトッププレーヤーに関わる方に 「メジャーリーグのトッププレーヤーは、試合で思い通りにいかなかったときに、どのように気持ちを立て直すのか?」 という話を聞いたことがあります。 答えは、「ピッチャーなら、1点を取られたら次を取られないようにする。 最後に勝つということを念頭におく」 ということでした。 ゴルファーに限らず、彼らは日々失敗と格闘しているのですね。 気持ちの切り替えは必要な技術です。

「Golf is not a game of perfect (ゴルフとは完璧ではありえない) 」 なのです。

練習ではうまくいくけれど、ラウンド本番ではだめ

ラウンド中にスイングに迷うことはありませんか? ミスがでると修正しようとする。 どのような考えでスイングをするのがよいのでしょうか?

【教訓4】ラウンド中はスイングをあれこれ考えない

ドライビングレンジの練習はうまくいくのに、コースに出るとうまくいかないという経験はありませんか? ゴルフスイングは意識をすると、自然なリズムや流れが失われる性質があります。 バスケットボールのフリースローもそうです。 彼らはスローする時には詳細を考えていないでしょう。 そのかわり、スローする前に各自のルーチン (ドリブルを何回して、ボールを手のひらでまわしてなど) をして望む。 ゴルフスイング中に、肩をどうして、コックをどうしてなど技術的な詳細は考えない。 特に緊張したり、ミスを恐れるときに、スイングに意識がいきます。 そしてそれは一定したスイングに乱れをもたらします。 トッププロ (Jack Nicklausなど) も、ラウンド中にスイングをいじることはほとんどないようです。

【教訓5】あなたのスイングを信じなさい

スイングのメカニズムを考えて打つのはドライビングレンジのみとし、ラウンド中は自らのスイングを信じる。

【教訓6】ターゲットに向かって反応するのみ

打ちたい場所をターゲットとし、それに純粋に反応するようにスイングするのみに集中する。 ターゲットはなるべく小さい方がよいです。 人間の脳は、その方がよりよく反応します。

【教訓7】良い打球のイメージをする

スイングの詳細よりも、どういう弾道でターゲットへ向かっていくか、良い打球のイメージのみに集中します。

【教訓8】ラウンド前に今日のショット一つ一つをどのように考え、遂行するかを決めなさい

ラウンド中は考えない。 ラウンド前にその日の方策を決めておくだけ。

ゴルフに 「はまる」 一つの要因は、この不規則な報酬性でしょう。 つまり、一つ一つのスイング、ラウンドの結果の予測が難しい。 ひょんなときにスカッとする良いショットがでる。 ミス続きのホールでチップイン・バーディーがでる。 規則的に良い結果 (報酬) がでるよりも 「はまり」 やすいのです。

これはくせになるはずです。

(第二回につづく)

《参考文献》
  1. Golf is not a game of perfect by Dr. Bob Rotella with Bob Cullen. Simon&Schuster 1995

2013年12月 2日更新

くがやこころとからだのクリニックでは、
「こころ」 にまつわる様々なご相談や、こころの健康チェック、ケアを提供しています。

▼ドクター久賀谷による「マインドフルネスx脳科学」ホームページを開設しました!

https://www.beinamoment.org

ドクター久賀谷によるマインドフルネス 著書・旅企画・コーチングをまとめて紹介。クリニックと合わせてよろしくお願いします!

▼「患者さまの声」ページ 随時更新中!

https://thmedical.org/diagnosis/testimonials/

クリニックホームページ内で診療を受けられた方の動画・音声、そして寄せられたお手紙などをご覧いただけます。
診療セミナーやマインドフルネス・TMS治療に関する患者さまの声。

▼心療内科専門医による各種プログラム
不安/パニック より早い改善をカウンセリングとお薬またはTMS治療を必要に応じて組み合わせることで実現
うつ
そううつ
睡眠改善
ADHD
OCD
慢性痛
マインドフルネス認知療法
認知行動療法カウンセリング
こころとからだ・プログラム → ストレスによる身体の症状の緩和
トラウマ治療 (EMDR)
禁煙プログラム
仕事ストレス
体重マネージメント
こころの健康相談

※ 当クリニックでは、カウンセリングのみも可能です。

Columnist's Profile

心療内科医久賀谷 亮(TransHope Medical)

イェール大学医学部神経精神科卒。日米医師免許。趣味 : トライアスロン。TransHope Medical / くがやこころとからだのクリニック院長。「TransHope」 は、Transglobally (国境を越えて)、Transculturally (文化を超えて) に、Hopeを手渡していくことを意味します。

眠れない、疲れやすい、集中できない、気分が晴れない、ストレスによるこころとからだの反応、ライフスタイル改善(体重、仕事パフォーマンス、喫煙)、うつ、パニック、ADHDなどに医学的診察とケアを提供します。

TransHope Medical

24050 Madison St Ste 113 Torrance CA 90505
TEL:
424-247-9642
FAX:
424-247-9643

TransHope Medical について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES