心療内科医
久賀谷 亮 TransHope Medical TEL: 424-247-9642

最新コラム

第94回 : 
「こうあるべき」

バックナンバー

第1回 : 
被災地の「こころ」
第2回 : 
被災地の「こころ」 2
第3回 : 
被災地の「こころ」 3
第4回 : 
夏目漱石の 『こころ』 と三島由紀夫
第5回 : 
M.I.T. Media Lab
第6回 : 
被災地の 『こころ』 一年
第7回 : 
「こころ」 はユニバーサル
第8回 : 
「新型うつ」 というのが話題らしい
第9回 : 
自分のことが嫌いな人へ ~自尊心について~
第10回 : 
ブレイン・フィットネス
第11回 : 
脳の錯覚とポジティブ思考
第12回 : 
不確実性とつきあう — 不安克服法 —
第13回 : 
フェイスブックの心理学 【1.フェイスブック依存】
第14回 : 
薬をつかわない 「うつ」 の治療最前線
第15回 : 
フェイスブックの心理学 【2.つながるほど孤独】
第16回 : 
「うつ」 今注目の最新治療 『TMS』
第17回 : 
「リンカーン」のメランコリー
第18回 : 
眠れませんか?
第19回 : 
フェイスブックの心理学 【3.コミュニケーションの変容】
第20回 : 
アンチエイジングの心理学 1
第21回 : 
アンチエイジングの心理学 2
第22回 : 
子育ての流儀
第23回 : 
私の 「こころ」 について
第24回 : 
「物忘れ、お困りですか? 外付け『記憶』ハードドライブをお買い上げください」。 —脳科学最前線:脳を補う、創る—
第25回 : 
ゴルフの心理学
第26回 : 
ゴルフの心理学2
第27回 : 
ひとのこころは読めるのか
第28回 : 
ADHDについて深く知る
第29回 : 
「幸せ」 の心理学
第30回 : 
結婚の心理学
第31回 : 
スピリチュアリティとこころ
第32回 : 
Future of the Mind
第33回 : 
The Secret Life of Walter Mitty ~自尊心について 2~
第34回 : 
パニックって? その1
第35回 : 
パニックって? その2
第36回 : 
アートとこころ
第37回 : 
耐久レースとこころ
第38回 : 
スピリチュアリティとこころ2
第39回 : 
スピリチュアリティとこころ3
第40回 : 
自律神経失調症とは
第41回 : 
怒りのコントロール
第42回 : 
あがり症
第43回 : 
「Dr.倫太郎」
第44回 : 
学校では教えない人生の叡智
第45回 : 
マインドフルネス
第46回 : 
旅薬
第47回 : 
ペットロス症候群
第48回 : 
マインドフルネス 2 - 比較文化論
第49回 : 
マインドフルネス 3
第50回 : 
セックスレスの心理学
第51回 : 
あなたの脳を知る
第52回 : 
最新「こころ」の研究
第53回 : 
Deep TMS
第54回 : 
認められるということ
第55回 : 
APPSとメンタルヘルス
第56回 : 
「夜と霧」
第57回 : 
成功の実現
第58回 : 
レジリエンス
第59回 : 
脳の休め方
第60回 : 
脳の休め方2
第61回 : 
世界にひろがるマインドフルネス(マインドフルネス4)
第62回 : 
「過労死」
第63回 : 
人工知能(AI)―人間が引退する日―
第64回 : 
「フェデラーと老いの心理学」
第65回 : 
自己肯定感と承認欲
第66回 : 
「まかない食」
第67回 : 
「脳休」
第68回 : 
小林麻央さんのこと
第69回 : 
醜形恐怖
第70回 : 
黒い犬
第71回 : 
親業とこころ
第72回 : 
弓と禅
第73回 : 
究極の「怖れ」克服法
第74回 : 
自然と脳
第75回 : 
脳から身体を治す
第76回 : 
非日常との境界
第77回 : 
「戦争と平和」
第78回 : 
日本の開国
第79回 : 
自尊心について5
第80回 : 
滝のうら
第81回 : 
「食」と「旅」
第82回 : 
「セリーナ・ウィリアムズと怒りの心理学」(怒りとこころ2)
第83回 : 
「東洋化グローバライゼーション」
第84回 : 
「日日是好日」
第85回 : 
OCD
第86回 : 
プロのホームレス
第87回 : 
偏愛の力
第88回 : 
多様性の教科書
第89回 : 
ゆるすということ
第90回 : 
黒い犬の正体
第91回 : 
自然と脳2
第92回 : 
「ライフ・スペース」という概念
第93回 : 
マインドフルネスと科学
第94回 : 
「こうあるべき」

『こころにまつわるおはなし。』

「こころ」 をキーワードに、様々な話題を提供します。

2013年10月 30日更新

第24回 : 「物忘れ、お困りですか? 外付け『記憶』ハードドライブをお買い上げください」。 —脳科学最前線:脳を補う、創る—

今年の春にオバマ大統領が、BRAIN (The Brain Research through Advancing Innovative Neurotechnologies) という国家プロジェクトを発表しました。 「人間の耳と耳の間にあるわずか3 pound (1キロ強) の臓器 (脳です) についてもっと知っていこう」 と宣言したのです。 認知症や自閉症など様々な脳の疾患の解明に役立てたいということです。

プロジェクト•スタッフである分子遺伝学者のMiyoung Chunによると、数千から数百万個単位のニューロン (神経細胞) 活動を計測することにより、脳の一般的な理論を構築することが可能になるそうです。 現在もfMRIという画像手法を用いて、3万個以上の単位でのニューロン活動を計測できますが、さらに少数単位の計測を可能にする革新的な技術を創造するのです。 例えば、脳梗塞患者さんで100個以下のニューロンを刺激することにより、ロボットの腕を動かし朝のコーヒーが飲めるようになったそうです。 このように、より特異的なニューロン群を認識することにより、ひょっとしたら患者は再び歩くことも可能になるかもしれません。

脳は、ナノスケール (1mm の1,000,000分の1) で機能しています。 その活動を計測していくには、同じレベルの技術が必要です。 現在のテクノロジーの進歩によりそれが可能になってきたという背景があります。 ヒトゲノム•プロジェクトによりヒトの遺伝子配列が解明されたことは記憶に新しいですが、同じような規模のプロジェクトで脳を解明していこうということなのです。

さて、以前もご紹介した Massachusetts Institute of Technology (MIT) は脳科学を含むテクノロジーの世界的メッカとして知られます (第五回)。 MITが発行する 「MIT Technology Review」 という雑誌があります。 その中から、脳科学の最前線について。

記憶を外付け

「物忘れ、お困りですか?」

あなたの脳にハードドライブを外付けすることで、記憶を増やすことはできるでしょうか?あたかもコンピューターのように。

以前にも触れましたが、「… 人間の脳の記憶容量は140テラビットと言われています。 320ギガバイトのハードドライブの約55個分です。 あるいは、両面二層DVD1,000枚程度、全世界のインターネット上の情報の約2000万分の一、米国議会図書館の情報総量とほぼ同じだそうです。」 (第五回

高齢化とともに認知症は増加しています。

失われた記憶を、あるいは、記憶機能を補うことができるでしょうか。 脳に記憶デバイスを移植するという夢のようなことが実は起きつつあります。

脳の中で記憶機能を司る 「海馬」 というところがあります。 ここで短期の記憶を長期的なものに変換することが行われています。 記憶としてストックするのです。 University of Southern CaliforniaのTheodore Bergerらのグループは、脳に人工デバイスをつなぐことでこの機能を代替できうることを、動物実験で示しました。

方法を簡単に説明すると、あるニューロンからの情報を脳に埋め込んだ電極により取り出す。 それを外部のデバイスで数学的処理をし、また脳内の他のニューロンへもどす。 このニューロン間のやりとりは記憶のストックに必要なことがわかっています。

脳からの情報をコードとして読み取り、それを変換する (通常これを脳がしているのですが) 数式 (MIMO model : multi-input/multi-output) をコンピュータが代行したわけです。

猿を用いた研究では、前頭葉の機能を外付けのデバイス (義足ならぬ義知能) が代行することで画像認識という作業を可能にしました。 猿にコカインを投与するとこの作業ができなくなるそうですが、このデバイスがあれば問題なかったようです。

脳の活動をつきつめると、数式のようなコードになるようです。 このコードが他のほ乳類とヒトとで同じかはわかりません。 現在はほ乳類レベルで、しかも限られた機能という途上段階ですが、彼らはヒトへの応用を視野に入れてきています (参照)。 そこまで遠い将来でなく、実現する可能性があるのです。 「脳メモリー xxx GB $xxx On Sale」 という時代がくるのです。

脳を創る: Deep Learning

人工知能 (AI : Artificial Intelligence) 開発の歴史は長いです。 現在のキーワードの一つは 「Deep Learning」 であり、キープレーヤーはあの 「Google」 のようです。 Deep Learningというシステムは、脳の大脳皮質と呼ばれる思考を司る部位と同じ働きをするのを目標にしています。 グーグルのこのシステムは、1000万ものYouTubeビデオの中からある物体 (例えば猫) を認識する能力がこれまでのどのような方法より2倍よかったようです。 この技術は、Androidの最新ソフトウェアで使われる音声認識ソフトウェアの誤認率を減らすのにも用いられているそうです (AppleのSiriを凌ぐようです)。

様々な大脳皮質の機能を行うべく進歩を続けているのですが、その行程はまだ発展途上のようです。 音声認識機能やGoogle Translate での結果に笑ってしまったことはありませんか? 単純なようで脳という臓器は大変な作業をしているのです。 笑える結果は、何を隠そう、我々の脳に対する理解の未熟さを語っているのです。 そして人工知能の進歩はまだまだ脳機能の細切れのようです (ところで、言語のアクセントで困っている方、近い将来、翻訳をしてくれるだけでなく、あなたの声質もまねて代わりに流暢に話してくれるソフトウェアがGoogleのsmart glassesのような携帯レベルの便利さで可能になるかもしれません)。

脳というものを理解するのに、脳を思考の首座とする人間自体にそれが可能かという禅問答にも似た疑問があります。 ここでみられているのは、脳からのアウトプット (記憶の数式など) をもとにそれをコンピューターでコード化や処理をして、脳を創っていくという手法です。 一方、Googleなどのメガデータの集積がA.I.を作っていくことに一役買っているようです(情報を集めればよいと思っているという批判もあるようです)。 現在のグローバルで巨大な人類の知能の集積と所産が (インターネット、ソーシャルネットワークなどが可能にした)、脳という我々自身の理解を可能にしていっているのは興味深いですね。 コンピューターのスピードなどの進歩とあわせて脳機能解明はさらに加速していきそうです。

脳の解明を考えるとき、いつも頭にイメージするのは宇宙科学者たちのアプローチです。 超複雑で未知の世界である脳と宇宙がだぶるからです。 宇宙科学者の有利な点は、宇宙が 「見える」 ことでしょうか。 巨大な宇宙というものから、彼らが導きだすものは本当に小さなレベルのものであり (素粒子など)、複雑な物理学と数式です。 それを見事にそして着実に理論的に解明していっている。 脳はあくまで宇宙の成長とともにできた生物の一臓器ですから、ひょっとしたら宇宙物理学の中では末端の小さなものかもしれません。 意外とその機能は数式と幾つかの科学理論で書けてしまうものなのかもしれません。 いやいやしかし、やはり宇宙物理学者のような天才が脳の理解には必要かもしれません。

Ray Kurzweilは、著書 「How to create a mind」 (参照) の中で言っています。 「脳は多数のニューロンが存在し、無数のつながりをつくっている複雑なものと言われているが、そのパターンさえ理解すればそんなに複雑なものではない」と。

2013年10月 30日更新

くがやこころとからだのクリニックでは、
「こころ」 にまつわる様々なご相談や、こころの健康チェック、ケアを提供しています。

▼ドクター久賀谷による「マインドフルネスx脳科学」ホームページを開設しました!

https://www.beinamoment.org

ドクター久賀谷によるマインドフルネス 著書・旅企画・コーチングをまとめて紹介。クリニックと合わせてよろしくお願いします!

▼「患者さまの声」ページ 随時更新中!

https://thmedical.org/diagnosis/testimonials/

クリニックホームページ内で診療を受けられた方の動画・音声、そして寄せられたお手紙などをご覧いただけます。
診療セミナーやマインドフルネス・TMS治療に関する患者さまの声。

▼心療内科専門医による各種プログラム
不安/パニック より早い改善をカウンセリングとお薬またはTMS治療を必要に応じて組み合わせることで実現
うつ
そううつ
睡眠改善
ADHD
OCD
慢性痛
マインドフルネス認知療法
認知行動療法カウンセリング
こころとからだ・プログラム → ストレスによる身体の症状の緩和
トラウマ治療 (EMDR)
禁煙プログラム
仕事ストレス
体重マネージメント
こころの健康相談

※ 当クリニックでは、カウンセリングのみも可能です。

Columnist's Profile

心療内科医久賀谷 亮(TransHope Medical)

イェール大学医学部神経精神科卒。日米医師免許。趣味 : トライアスロン。TransHope Medical / くがやこころとからだのクリニック院長。「TransHope」 は、Transglobally (国境を越えて)、Transculturally (文化を超えて) に、Hopeを手渡していくことを意味します。

眠れない、疲れやすい、集中できない、気分が晴れない、ストレスによるこころとからだの反応、ライフスタイル改善(体重、仕事パフォーマンス、喫煙)、うつ、パニック、ADHDなどに医学的診察とケアを提供します。

TransHope Medical

24050 Madison St Ste 113 Torrance CA 90505
TEL:
424-247-9642
FAX:
424-247-9643

TransHope Medical について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES