ジェネラル・マネージャー
相原 拓(あいはら たく) 日本映像翻訳アカデミー ロサンゼルス校 TEL: 310-316-3121
contact@jvta-la.com

最新コラム

第28回 : 
「アニメエキスポ」で JVTA英語字幕セミナーを開催!

バックナンバー

第1回 : 
評価される語学力とは?仕事に活かせるレベルに高めよう
第2回 : 
「英語が話せる」と「通訳・翻訳ができる」とは何が違う?
第3回 : 
他ビザからのステータス変更申請も可能。職業訓練校ビザ(M-1)って何?
第4回 : 
最近話題のMOOCって何?
第5回 : 
テレビや映画だけじゃない!広がる映像翻訳者の活躍の場
第6回 : 
「アメリカでキャリアを積みたい!」 修了生に聞く留学サクセスストーリー
第7回 : 
日本の文化を世界へ!クールジャパン政策で英語字幕の需要が急増
第8回 : 
国際ビジネスの現場で求められる英語スキルとは?
第9回 : 
『アメリカン・アイドル』日本語版を陰で支える“チーム翻訳”とは?
第10回 : 
映画やテレビの日本語字幕は、どうやって制作されるの?
第11回 : 
映像翻訳者を目指すために必要な英語力とは?
第12回 : 
翻訳者にお勧め!日本語をチェックする便利なサイトを紹介
第13回 : 
日本語特有の擬態語・擬音語をどう英語に訳す?
第14回 : 
言葉遊びやユーモアに敏感になろう
第15回 : 
品詞にこだわらず自然に訳してみよう
第16回 : 
通訳トレーニングで英語を聴く・話す・読む・書くスキルを総合的にアップ
第17回 : 
映像翻訳のスキルを活かして社会貢献 バリアフリー字幕って何?
第18回 : 
JVTAロサンゼルス校 新マネージャーの紹介
第19回 : 
英語にも敬語がある!?
第20回 : 
ビザ変更で新たなキャリアに挑戦!
第21回 : 
「意外と知らない名作の原題」Facebookコーナーの紹介
第22回 : 
ハリウッド・スターに突撃取材! LA校受講生のイベント参加レポート
第23回 : 
JVTA修了生がホラー映画『GEHENNA』の字幕を担当!
第24回 : 
2016年10月期の新留学生にインタビュー!
第25回 : 
オバマ大統領に学ぶ!英語のイディオム表現
第26回 : 
字幕翻訳にチャレンジ! 予告編と本編の字幕はどう違う?
第27回 : 
字幕翻訳にチャレンジ!人気ドラマ『相棒』のセリフをどう訳す?
第28回 : 
「アニメエキスポ」で JVTA英語字幕セミナーを開催!

英語で輝け!あなたの英語は仕事になる!

語学留学やアメリカ生活で身につけた英語を、仕事で使えるスキルに変えたい!これまでたくさんの翻訳者や通訳者を育ててきたプロが、そんなお悩みにズバッと答えます。業界の最新情報も満載!

2016年 2月 11日更新

第17回 : 映像翻訳のスキルを活かして社会貢献 バリアフリー字幕って何?

質問 1

最近テレビで見かける聴覚障がい者用の字幕は、字幕翻訳とどう違うのですか?

Answer

日本で放送、上映、販売される海外ドラマや映画には、日本語字幕や日本語の吹替え版が用意されており、言語の障壁(バリア)を取り払う工夫がされています。字幕版では、登場人物のセリフが日本語で画面に表示されるので、原語が分からない視聴者でも作品を楽しむことができます。

では、その作品から一切の「音」が消え、字幕だけになったら皆さんはちゃんと作品を理解できるでしょうか?想像してみてください。たとえば、暗くて顔の見分けがつかないシーンで表示されている字幕が誰のセリフなのか分かるでしょうか?セリフのほかにどんな音がしているのでしょうか?字幕の表示されていない場面では何の音もしていないのでしょうか?

これらの疑問は、音が聴こえている“健聴者”には、あまり縁がないものです。しかし音から情報を得ることができない聴覚障がい者にとっては、とても重大な問題なのです。

残念ながら、音のない状態では通常の日本語字幕だけですべての情報を得ることはできません。セリフに加えて、誰が(話者表記)、どういう状況で(音情報など)といった情報もわかりやすく明記し、映像をバリアフリー化する必要があります。こうした聴覚情報を補足した字幕がバリアフリー字幕です。字幕翻訳と違って、日本語の作品に日本語の字幕をつけるとはいえ、映像に込められたメッセージを正しく理解し、的確な言葉でアウトプットする必要があります。その訓練を受けた「映像翻訳者」は、こうしたバリアフリー字幕を作る上で最適な人材であり、実際に多くの映像翻訳者がその制作に携わっています。

質問 2

生中継など即時性のあるものは、どのようにして字幕が作られているのですか?

Answer

歴史的勝利に沸いたラグビーワールドカップ2015など、いろいろなスポーツの試合がテレビ中継されていますが、聴覚から情報を得ることが困難な視聴者のためにこれらの試合がリアルタイムで字幕化されています。

こうしたリアルタイム字幕は「リスピーク方式」を使って制作されています。「リスピーク方式」とは、音声認識ソフトを使って、“声を文字に変換する”システムのこと。というと、実況解説者の声をダイレクトにソフトに取り込んで文字化すると思うかもしれませんが、残念ながら今の技術では、ソフトが未知の話者の声を認識して正確に文字化することはできません。

そのため、スタジオにはソフトの認識率を高めるために、あらかじめ声を登録した「リスピーカー」が待機しており、実況解説者の言葉を繰り返し(Re-speak)ます。ただし、ソフトも万能ではありませんし、より見やすい字幕を目指すには改行なども工夫する必要があります。

そこで活躍するのが「エディター」です。エディターは音声認識ソフトによって文字化された文字列を、誤変換の修正をはじめ、より“字幕らしい”体裁に仕上げる役割を担います。そして、できあがった字幕データを各家庭に届けるのが「送出者」。整った字幕を確認し、オンエアに乗せる決定をします。こうした一連の作業を統括する「ディレクター」を筆頭に各担当が1つのチームになって、瞬時に字幕を制作し、リアルタイムでその臨場感を視聴者に伝えているのです。

常にスピードが求められるスポーツの実況中継では、ラグビー以外にも野球やサッカーなど、さまざまなスポーツ番組でこの「リスピーク方式」で字幕が制作されています。

目や耳が不自由な人と、健常者が“同じ時に同じ場所で”映画を楽しむ未来がすぐそこまで来ています。視力と聴力の低下は、先天的な障がいや、事故・病気の経験の有無にかかわらず、年を取れば誰にでも起こりうる体の変化。最近は、最新機器を使って“映像のバリアフリー化”が進んでおり、視覚障がい者のための音声ガイドや聴覚障がい者用バリアフリー字幕を作る需要が急増することは間違いありません。これらのスキルは映像翻訳との親和性も高いため、今後、映像翻訳者の活躍の場もさらに広がるでしょう。

執筆者: 藤田 彩乃

2016年 2月 11日更新

☆20th Anniversary☆

日本映像翻訳アカデミーはおかげさまで創立20周年を迎えました。
「言葉のプロ」である翻訳者とともに、これからもワクワクする未来をつくり続けます!

ロサンゼルス校の公式Facebookには、留学生の映画イベント参加レポートや、
現地のエンタメ情報、ファッション、グルメなどの情報が満載!
ほぼ毎日更新しています。Facebookをぜひチェックしてみてください。

お問い合わせフォーム

日本映像翻訳アカデミーへのご質問、資料請求はこちらのフォームから!

お名前 必須
メールアドレス 必須
電話番号 必須
資料請求する
学生ビザサポートが必要ですか?
ご質問

Columnist's Profile

ジェネラル・マネージャー相原 拓(あいはら たく)(日本映像翻訳アカデミー ロサンゼルス校)

2010年、日本映像翻訳アカデミー(JVTA)を修了後、東京本社に入社。受発注部門にあたるメディア・トランスレーション・センター(MTC)にて映像翻訳者兼映像翻訳ディレクターを務めた後、2016年にロサンゼルス支社のマネージャーとして就任。その傍ら、講師として留学生や米国在住の受講生を指導するほか、映画やテレビ番組などの英日・日英映像翻訳の実務を指揮する。

日本映像翻訳アカデミー ロサンゼルス校

3510 Torrance Blvd., Suite 219, Torrance, CA 90503
TEL:
310-316-3121
FAX:
310-316-2411
EMAIL:
contact@jvta-la.com

日本映像翻訳アカデミー ロサンゼルス校 について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES