カリフォルニア州公認心理カウンセラー (Licensed Marriage and Family Therapist)
荒川龍也 Tatsuya Arakawa Therapy tatsuya.arakawa.lmft@gmail.com

最新コラム

第24回 : update
アダルトチルドレンがアダルトチルドレンを生み出してしまう 2

バックナンバー

第1回 : 
不安・心配の対処法~ポジティブ思考に騙されるな!
第2回 : 
親が変わらなければ子どもは変わらない~子どもの心の健康のために、親御さんができること・するべきこと~
第3回 : 
落ち込んでもいい、落ち込み続けなければ~ 悲しい・落ち込んだ気持ちへの対処法
第4回 : 
子どもが心の病を患っている時の“サイン”とは
第5回 : 
ストレスは、「解消」するのではなく「共存」する
第6回 : 
なぜ、薬だけでは心の病が治らないことがあるのか
第7回 : 
その性格、変えられます!
第8回 : 
「先送り」のメカニズムとその対処法
第9回 : 
不登校
第10回 : 
不登校 2
第11回 : 
マインドフルネスに関する5つの誤解
第12回 : 
自分を大切にするためにできる4つのセルフケア
第13回 : 
大事な人やモノを失ったときに経験する5つのステージ
第14回 : 
心の病の症状なのに、体調不良と軽視されがちな5つの身体症状
第15回 : 
役立つように思えて実は心の健康にNG!人間をロボット扱いする3つの間違った方法
第16回 : 
心の健康に悪影響を及ぼしやすい3つの日本文化の闇
第17回 : 
アダルトチルドレン~実はあなたもアダルトチルドレン?
第18回 : 
アダルトチルドレン2  ~生きづらさから解放されるために
第19回 : 
機能不全家族
第20回 : 
機能不全家族 2
第21回 : 
機能不全家族 3
第22回 : 
機能不全家族でなくなるためにできる3つのこと
第23回 : 
アダルトチルドレンがアダルトチルドレンを生み出してしまう
第24回 : 
アダルトチルドレンがアダルトチルドレンを生み出してしまう 2

【ココロの健康のために】CA州公認心理カウンセラーが伝える正しい心理学

落ち込みたくない、心配しすぎたくない、子育てで悩みたくない。そんなあなたに、「うつ病と不安、子どもとその家族」専門のCA州公認心理カウンセラーが、心に関しての正しい知識や対処法をお教え致します。

2022年 7月 22日更新

第23回 : アダルトチルドレンがアダルトチルドレンを生み出してしまう

こんにちは。カリフォルニア州公認心理カウンセラーの荒川龍也です。

過去3回に渡り、機能不全家族(第19回第20回第21回)についてご説明し、機能不全家族がアダルトチルドレンを生み出しまう原因であることをお話致しました。また、前回のコラムでは、機能不全家族からの脱出法をお話ししました。

今回は、機能不全家族で育てられたアダルトチルドレンが自身の家族を持った時に、どのようにして子どもをアダルトチルドレンにしてしまうのかをお話ししたいと思います。残念ながら、非常に多くの場合、毒親に育てられてしまったアダルトチルドレンは、自分自身も毒親となり、子どもをアダルトチルドレンにしてしまいます。では、何がアダルトチルドレンを生み出してしまうのかをみていきましょう。(注:過去の機能不全家族の説明のコラムと同様に、子どもへの虐待などは、子どもをアダルトチルドレンにしてしまうのが明白なので、それら当たり前のファクターは本コラムでは言及致しません。ご了承ください。)

子どもに人間的に不可能なことを求める

毒親の特徴の一つが、子どもに人間的に不可能なことを求める事です。これは多くの場合二つに分かれます。年齢的に不可能なことと、現実的に不可能なことです。

例えば、5才の子に中学生レベルの数学ができることを求めるべきではありません。親は子どもの年齢に合ったタスクを課すべきです。もちろん、場合によっては、年齢以上のことができることもあるでしょう。チャレンジが好きな子どももいます。しかし、年齢以上を求めすぎることは、「子どものままではいけない」というメッセージを送り続けているのと変わりません。

現実的に不可能なことも同じです。よくあるパターンが、習い事を子どもにさせ過ぎる親御さんです。多くの場合、習い事は自宅での練習が必要です。それにもかかわらず、詰め込みすぎたスケジュールで心が休む暇もないまま、学校と習い事と自宅練習を繰り返していては、「子どもでいてはいけない」というメッセージを与えているのです。なぜなら、子どもの大きな仕事の一つは、遊ぶことだからです。

このような状況では、子どもにアダルトチルドレンになってくれと懇願してしまっているようなものなのです。

子どものしつけを放棄する

最近特にみられるのが、親が子どもの言動に責任を持たせない行為です。

悪いことをしたら謝る。時間通りに行動する。遅れたら謝る。期限内に提出物を提出する。これらは一例にすぎず、このような当たり前のことができなければ、それを正すのは親の仕事であり義務です。しかし、最近の日本人の風潮では、それを別の機関に任せてしまっている親御さんが大勢います。別の機関とは、学校や習い事先などを指します。当然ですが、これらの機関は子どもに対して、親ほどの影響力を持っていません。子どもの一番大事な社会は家庭であり、家庭という世界でのルールが別の世界でも通用すると、子どもは考えるようにできています。つまり、家庭で許されることは他のどこでも許されると考えてしまうのです。

その結果、後々に苦しむのは子どもであり、大人になって社会に出た際に、適応することが非常に難しいアダルトチルドレンとなってしまうのです。

ルールに対してフレキシブルになれない

ルールはルールであり、それを守らせるのが親の仕事です。それと同じように重要なのが、ルールが子どもに合っていない場合、状況に合わせてフレキシブルに変えていくことです。例えば、8歳の就寝時間と17歳の就寝時間が違うのは当然の事です。それは、17歳の子どものほうが8歳の子どもに比べて、多くの責任(宿題の量、学校、大学の準備、クラブ活動など)を背負っているがゆえに、寝る時間が8歳の子どもと比べて遅くなってしまうのも当然でしょう。しかし、親がこのことを理解できず、17歳の子どもに合わないルールを課し続けていては、子どもに対して反抗的になってくれと頼んでいるようなものです。このような家庭では、多くの場合、他のさまざまな場面において、子どもが親から尊重されていないので、自信の無い子どもになってしまいがちです。残念ながら、結果として自信の持てない大人になってしまうのです。

以上、アダルトチルドレンが親になったときに、自分の子どもをどのようにアダルトチルドレンにしてしまうかをご説明しました。来月もこのトピックについてお話致します。

2022年 7月 22日更新

アダルトチルドレンのためのオンラインコースご案内

あなたがアダルトチルドレンのままでは、多くの場合、あなたの子どももアダルトチルドレンになってしまいがちです。アダルトチルドレンからの脱却には正しい知識を得て、心理カウンセリングを受けることが一番の近道です。しかし、費用などのさまざまな理由で心理カウンセリングを受けられない方が大変多いことに気付きました。そして、残念ながらそういう方はインターネットで対処法などを探すのですが、日本の精神医療・心理学の大幅な遅れが原因で正しい情報ではなく間違った情報を得てしまい、それがさらにアダルトチルドレンの状態を悪化していることにも気付きました。

このような方のために、心理カウンセラーとして自分に何ができるかを考えオンラインコースを作成いたしました。こちらが詳細になります。

オンラインコースでは、心理学先進国である米国の大学院を卒業した心理カウンセラーから、正しい心理学の情報によるアダルトチルドレンからの脱却法を学んで頂くことで、生きづらさの緩和が期待できます。

また、10月頃にアダルトチルドレンに関してのセミナーを開催予定です。

ご質問などございましたらお気軽にご連絡ください。

ご質問等があれば、メール(tatsuya.arakawa.lmft@gmail.com)、
もしくは下記フォームよりお気軽にご連絡ください。30分間の無料コンサルテーションも提供しています。

荒川龍也 LMFT (#82425)
カリフォルニア州公認心理カウンセラー

お問い合わせフォーム

メールアドレス 必須
お名前 必須
日中のご連絡が可能なお電話番号 必須
気になる症状
お問合せ内容 必須
下記の送信ボタンをクリックするとご入力内容がお問い合わせ先のユーザ(個人、企業、団体を含む)へ送信されます。
送信される個人情報の取り扱いについては、お問い合わせ先にご確認ください。

Columnist's Profile

カリフォルニア州公認心理カウンセラー (Licensed Marriage and Family Therapist)荒川龍也(Tatsuya Arakawa Therapy)

富山生まれ、名古屋育ち。小学校高学年頃からいじめなどが原因で心の病を患う。中学時には教師からの体罰に苦しみ、いじめが原因で不登校に。16歳で高校中退。2年間のカウンセリングを受けた後、夜間高校に入学。老人ホームでのボランティアで人の話を聞くことで聞く事の喜びを学ぶ。すぐに学校を辞めてしまう生徒が多い夜間高校で、話を聞くことにより下級生の高校中退を何度も防ぐことができ、話を聞くことの力を知る。この頃アメリカに短期留学し、魅了される。愛知県の大学院教授にアメリカは日本より100年心理学が進んでいるといわれ、心理カウンセラーを目指して渡米。カリフォルニア州立フラトン校大学院カウンセリング専攻卒業。大学院卒業後、3000時間のインターン時間を終え、国家試験を二つ合格し、現在のカリフォルニア州公認心理カウンセラーの資格を取得。子どもとその家族、重度の精神障害者とその家族、薬物中毒のクライアント等、多岐にわたり経験を積む。現在はトーランスで開業し、カウンセリングを提供。専門は、子どもとその家族、不安とうつ病。

バックナンバー

BACK ISSUES