【ココロの健康のために】CA州公認心理カウンセラーが伝える正しい心理学

落ち込みたくない、心配しすぎたくない、子育てで悩みたくない。そんなあなたに、「うつ病と不安、子どもとその家族」専門のCA州公認心理カウンセラーが、心に関しての正しい知識や対処法をお教え致します。

2021年 8月 16日更新

第12回 : 自分を大切にするためにできる4つのセルフケア

こんにちは。カリフォルニア州公認心理カウンセラーの荒川龍也です。

心の病にならないようにするために大事なポイントがいくつかありますが、その一つが日頃から自分を大事にすることです。しかし、なかなか実行に移すことは難しいですよね。今回の記事では、自分を大切にするために、何ができるかを具体的にご説明致します。

心のケア

心のケアとは、自身の思考や感情と向き合う作業です。

マインドフルネス、瞑想、心理カウンセラーに話してみる、自分の思ったことや感じたことを書きなぐってみるなどがそれに当たります。

マインドフルネスや瞑想に関して気を付けるポイントについては、「第11回:マインドフルネスに関する5つの誤解」を参考にしてください。また、自分の思考や感情を思いのままに書いてみるのも非常に有効です。その際は、できるだけ誰にも邪魔されないところでやること。また、〇〇について書くべきと決めつけるのではなく、思いのままに書くことが大切です。こうすることで、実際に自分が何を考え感じているのかが分かります。

体のケア

心と体はつながっています。体を動かすことで、メンタルヘルスの向上も見込めます。散歩や自転車、ジム、ワークアウトなどの運動や、ヨガなどリラックスできることをするのが良いでしょう。運動する場合は、特に有酸素運動をするように心掛けると、さらに心に良い影響があることも研究結果で分かっています。

ソーシャルケア

人間は本来、他の人とつながりを持つことで生きることができる生き物です。残念ながら、コロナ禍では以前のようにはいきませんが、それでもできることはあります。食事に行く、デートに行く、電話をする、テレビ電話で話すなどがそれに当たります。

仕事に関してのセルフケア

仕事はメンタルヘルスに非常に大きな影響力があります。どれだけ仕事が忙しくても、心の病になってしまっては元も子もありません。特に重要なのが「仕事をする時間以外では働かない」ことです。仕事が原因で、心の病になってしまう方の多くは、しっかりと線引きできていないことが多いのです。メールをチェックするなど、たとえ時間も労力もそこまでかからないものだったとしても、「仕事をする」という事実に変わりはなく、それをしてしまうことで仕事がプライベートな時間を侵食していきます。塵も積もれば山となるように、繰り返していけば小さなことでも大きな影響力を持ってしまいます。

いかがだったでしょうか。他にもいくつかありますが、今回は代表的なものをお話致しました。自分に合うポイントを見つけて、セルフケアを心掛けていただければと思います。一番大事なのは、一度やって終わりにするのではなく、ルーティン化してやり続けることです。生きている限りは自分を大事にする時間を積極的に持たないと、いずれ心にガタがきてしまい、心の病を発症しかねません。心の病を予防するために、ぜひ自分を大切にしていきましょう。

荒川龍也 LMFT (#82425)
カリフォルニア州公認心理カウンセラー

2021年 8月 16日更新

ご質問等があれば、メール(tatsuya.arakawa.lmft@gmail.com)、
もしくは下記フォームよりお気軽にご連絡ください。30分間の無料コンサルテーションも提供しています。

お問い合わせフォーム

メールアドレス 必須
お名前 必須
日中のご連絡が可能なお電話番号 必須
気になる症状
お問合せ内容 必須
下記の送信ボタンをクリックするとご入力内容がお問い合わせ先のユーザ(個人、企業、団体を含む)へ送信されます。
送信される個人情報の取り扱いについては、お問い合わせ先にご確認ください。

Columnist's Profile

カリフォルニア州公認心理カウンセラー (Licensed Marriage and Family Therapist)荒川龍也(Tatsuya Arakawa Therapy)

富山生まれ、名古屋育ち。小学校高学年頃からいじめなどが原因で心の病を患う。中学時には教師からの体罰に苦しみ、いじめが原因で不登校に。16歳で高校中退。2年間のカウンセリングを受けた後、夜間高校に入学。老人ホームでのボランティアで人の話を聞くことで聞く事の喜びを学ぶ。すぐに学校を辞めてしまう生徒が多い夜間高校で、話を聞くことにより下級生の高校中退を何度も防ぐことができ、話を聞くことの力を知る。この頃アメリカに短期留学し、魅了される。愛知県の大学院教授にアメリカは日本より100年心理学が進んでいるといわれ、心理カウンセラーを目指して渡米。カリフォルニア州立フラトン校大学院カウンセリング専攻卒業。大学院卒業後、3000時間のインターン時間を終え、国家試験を二つ合格し、現在のカリフォルニア州公認心理カウンセラーの資格を取得。子どもとその家族、重度の精神障害者とその家族、薬物中毒のクライアント等、多岐にわたり経験を積む。現在はトーランスで開業し、カウンセリングを提供。専門は、子どもとその家族、不安とうつ病。

Tatsuya Arakawa Therapy

2790 Skypark Dr. #102 Torrance CA 90505
TEL:
424-254-8823‬
FAX:
‭424-206-4903‬
EMAIL:
tatsuya.arakawa.lmft@gmail.com

Tatsuya Arakawa Therapy について詳しくはこちらをご覧ください。