Education Advisor
Noriko Hoshi America Kango TEL: 213-595-7139
info@americakango.com

最新コラム

第65回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"

バックナンバー

第1回 : 
天使のお仕事 -バスケ生活の最後となったあの日。-
第2回 : 
資格取得から就職までの流れ(Q&A)
第3回 : 
生徒さんの例1
第4回 : 
生徒さんの例2
第5回 : 
生徒さんの例3
第6回 : 
アメリカの看護師資格と日本の看護師資格
第7回 : 
NCLEXとは?
第8回 : 
看護留学 これだけは知っておきたい
第9回 : 
いざ、渡米! ロサンゼルスでの通学環境
第10回 : 
病院での実習について
第11回 : 
アドバイザーから皆様へ
第12回 : 
アメリカにおける看護師の就職活動
第13回 : 
アメリカ看護留学の正しい情報を伝えたい ~HOSHI World Inc.起業のきっかけ~
第14回 : 
夢の実現に向けたサポート開始。 日本で初の個人カウンセリングを実施します!
第15回 : 
日本滞在レポート第1弾 - 東京で初の個人カウンセリングを実施! -
第16回 : 
日本滞在レポート第2弾 - 留学斡旋会社とのミーティング -
第17回 : 
看護留学に関するQ&A - 日本在住者からのご質問 -
第18回 : 
看護留学に関するQ&A - アメリカ在住者からのご質問 -
第19回 : 
アメリカにおける看護学校選びのポイント
第20回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第21回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2弾開催~
第22回 : 
日本滞在レポート ~日本の看護留学関連会社や学校との提携を実現!~
第23回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第24回 : 
出会いと別れ。人が死に直面するとき。
第25回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第26回 : 
米国看護師試験 『NCLEX (エヌクレックス) 』 とは?
第27回 : 
アメリカ看護留学までの流れ
第28回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第29回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第3弾開催~
第30回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第31回 : 
現地での看護実習について
第32回 : 
教えてQ&A ~アメリカ医療現場から~
第33回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第34回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと①
第35回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと②
第36回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ①
第37回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ②
第38回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ③
第39回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき" 【番外編】スペシャルインタビュー
第40回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第4 弾開催~
第41回 : 
依頼?依存?看護留学サービスに何を求めるか
第42回 : 
America Kangoに寄せられるご相談
第43回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第44回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第45回 : 
アメリカの看護教育
第46回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで専門職に就くための心得」
第47回 : 
スペシャルコラム: クライアント便り① ~看護留学を終えて~
第48回 : 
~私のつぶやき~ 「看護留学の財産」
第49回 : 
【スペシャルコラム】クライアント便り② ~看護留学を終えて~
第50回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第51回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第5弾開催~
第52回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第53回 : 
NCLEX書類審査とRN取得後の現状
第54回 : 
LAで働く看護師 Vol.1 ~念願のRNに!現地で就職しました!~
第55回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!前編~
第56回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!後編~
第57回 : 
アメリカにおける看護師の地位 ~気になる業務内容や年収は?~
第58回 : 
現場で“使える看護師”になりたい!~医療英語受講に関して~
第59回 : 
日本セミナー開催迫る!「アメリカ看護師になって現地で就職するには!!」
第60回 : 
アメリカで看護師になって現地で就職するには!
第61回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第62回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第1弾
第63回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第2弾「セミナー参加者の感想①」
第64回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第3弾「セミナー参加者の感想②」
第65回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"

アメリカで看護師資格取得 「天使の街で天使のお仕事」

天使の街、ここLos Angelesより看護師資格取得に関する情報提供をします。夢を持ってやりがいのあるお仕事に就きたいと願うあなたにとって役立つ情報となるよう私も負けない情熱を持ってコラムの執筆に挑戦します。

2017年11月 2日更新

第65回 : LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"

ここロサンゼルスには、看護師を目指す日本人学生がたくさんいます。このコラムでは、そんな彼らの “つぶやき” を定期的にご紹介していきます。はじめてのアメリカ生活にとまどいながらも、勉強に励み、精一杯夢に向かっていく姿は、現在看護師になるために頑張っている方、または将来看護師になりたいと思っている方にもきっと参考になるはずです。

第12回は、看護留学のために渡米したM.Sさんです。

看護師を目指して - LAで頑張る看護師の卵たちの “つぶやき”
【第12回】M.Sさん
《プロフィール》

東京都出身。神奈川県の看護短大を卒業した後、海老名総合病院の呼吸器外科内科で3年間にわたり勤務。その後、1年間の語学留学を経て、派遣ナースとして有料老人ホームで1年、小規模の総合病院で夜勤専従として1年半勤務。2016年9月に渡米。

※インタビューは、2016年9月に行なわれました。

Q...
海外で看護学校入学を目指そうと思ったきっかけは何ですか?
A...

「英語が話せるようになりたい」「日本とアメリカの看護師資格があったら、どこの国へ行っても仕事があるかもしれない」。初めはそんな感じでした。

Q...
数あるエージェントから弊社を選んだ決め手は何ですか?
A...

はっきり言って、星さんしかいませんでした。エージェントを通さずに、自分の力で看護科に入学しようと、何度か日本からアメリカの各看護学校に問い合わせしたことがあります。しかし、しかしいくら待っても、一度として返信はありませんでした。そこで、日本国内はもちろん、アメリカの看護留学斡旋会社のエージェントに連絡を取って話を聞きましたが、日本のエージェントは、一社として正確な情報を持っているところはありませんでした。ある看護留学会社には「自分たちはよく分からないから」と星さんを紹介されたほどです。またほとんどの看護留学エージェントに、オーストラリアやカナダ、ニュージーランドで看護師になることを勧められ、さらに莫大な費用を請求され、とても無理だと思いました(後に、アメリカの大学でも看護を勉強するということは多大な費用がかかることを知りますが)。そして星さんの会社も、初回無料カウンセリング後は、たとえメール1通でも料金が発生するということで、後回しにしていました。

Q...
弊社におけるサービス内容で、他社との違いを感じたことがあれば教えてください。
A...

情報量の多さと看護師さんの事例の多さです。アメリカには日本から来た看護師さんの数ほど事例があり、一人ひとり状況も違うことを星さんから聞きました。実際の数は聞いたことはありませんが、星さんの話を聞いてるだけでも、これまで数えきれないほどの看護師さんにお会いしていらっしゃるようですので、他のエージェントさんでは、アメリカでの看護留学の知識や情報量に関しては、星さんに適う人はいないだろうなと思いました。

Q...
看護学校合格までの道のりで辛かったことは何ですか?
A...

「星さんを信じることだった」かもしれません(スミマセン)。実は、看護留学を決意し、リサーチを始めてから、頑張って働いて節約したのに、結局騙されて貯めたお金を一瞬で失った人や、ほかの国で看護師になろうと目指して行ったものの、夢叶わず帰ってきた人たちに会ってきました。私も「本当に大丈夫なの?その会社は信用できるの?」と周囲からもさんざん言われてきました。情報収集する中で、アメリカの嫌な話しもたくさん入りますし、自分の夢を応援してくれる人だけではありません。気分が落ち込んだときは、丸一日起き上がれず泣いて寝込んだこともありました。

Q...
それを乗り越えられた秘訣は何ですか?
A...

母からの手紙や家族や友達、上司とのメールのやりとりを見るたびに、ここまできたらやるしかないという思いました。それからいろんな経験を重ね、ようやく心から「星さんを信じることができた」こと。星さんは学費やアメリカ社会のこと、人間関係など聞きづらいことでも何でも丁寧に教えてくれました。そしてどんな質問にも的を得た返答をしてくれました。真摯に向き合ってくれたからこそ、星さんを信用することができたのだと思います。

Q...
カウンセラーとの個別面談について教えてください。
A...

星さんとの面談の後は、いつもポジティブに自分の未来を想像することができました。星さんは看護留学エージェントや留学カウンセラーという役職よりも、一人の信頼できる大人として、ずっと頼っていました。

Q...
これから看護学校入学を目指している方へのメッセージをお願いします。
A...

文化も人種も違うロサンゼルスですから、渡米後は何かしら必ず問題が起きます。そのとき自分の言いたいことが言える、アメリカ人の言ってることが分かる―それができれば問題が起きても大丈夫だと思います。なので英会話レッスンはしてきたほうがいいと断言できます。ここロサンゼルスはアメリカ人でさえ、生きるのに必死です。学校の先生でも、2つ仕事を掛け持ちしているぐらい、物価も高く、忙しく、他人の世話をしてる余裕はないです。そんな時でも、どうやって一人で誰にも頼らずに生活できるか?と計画を立てていけば大丈夫だと思います!

Q...
アメリカ看護 代表 星へのメッセージをお願いします。
A...

星さん、こちらにきて半年と少し経ちますが、何が個性で何が自己中心なのか、何が常識で非常識なのか、さっぱり分かりません。この多種多様な文化が入り混じる街に自分は馴染めているのかいないのか、今はまだ模索中ですが、目の前のやるべきことをとにかくやっていこうと思います。留学を果たしたものの、星さんとはこれからもお付き合いが続くことは分かっているので、それだけでも、とてもとても心強いです。この先どうなるかまだ分かりませんが、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思います。まずは看護学科編入まで本当にお世話になりました。そしてありがとうございました。

写真1 :
たまにサイクリングに行きます。通りすがりの人みんなに声をかけられるので、びっくりしていましたが、アメリカでは道に1人でいる人を無視することは失礼だからと聞きました。文化の違いにびっくり。
写真2 :
初めて友達とワイナリーで有名なテメキュラという街に1泊旅行しました。カリフォルニアのワインは本当においしいです。
星宣子から

Mさんから初めてお問い合わせいただいたのは、2016年5月でした。「アメリカでの仕事についてお聞きしたいのですが、なかなか他のところへ連絡しても返信がなく困っています」という内容でした。この時は、アメリカでの看護留学に関して、情報収集中である事が分かったため、そのままそれを続けることを勧めました。私との無料カウンセリングは1回のみですので、基本的にご連絡をいただいた方には、私が現地で情報収集した最新情報を全てお伝えしようと心掛けています。そんなわけで、予定時間を大幅にオーバーすることもしばしば。Mさんとの初回カウンセリングも、案の定、時間オーバーしたことを今でも思い出します。看護科編入前の語学学習も、じっくり英語力を上げたいという希望で、3カ月間延ばし、その努力の甲斐あって、医療英語受講修了後に、即、看護科編入を果たしました。

Mさん、ようやく看護留学のスタートラインに立ちましたね。迷った時や困った時こそ、初心に返ることを忘れずにいて下さい。

2017年11月 2日更新

お知らせ
医療英語クラス開講in Hawaii決定!

場所: Royal Hawaiian Ave, Honolulu, HI 96815 (→マップを見る

4週間コース

2018年1月8日(月) ~ 2月2日(金) 定員に達したため、締切りました。
2018年4月2日(月) ~ 4月27日(金)
2018年7月2日(月) ~ 7月27日(金)
2018年10月1日(月) ~ 10月26日(金)

10~11週間コース

2018年1月8日(月) ~ 3月23日(金) 定員に達したため、締切りました。
2018年4月2日(月) ~ 6月15日(金)
2018年7月2日(月) ~ 9月 7日(金)
2018年10月1日(月) ~ 12月8日(金)

時間: 1日2-3時間受講

内容
医療英語(Medical Terminology)
コースに含まれるもの:オリエンテーション、テキスト

* 午前のみのESL受講希望可能
* 午前・午後 少人数制医療英語受講
* 宿泊所・航空券手配可能

ハワイ開講第1期生スペシャル早割!

お申込み締め切り
2018年1月25日まで (お得な早割料金適用)

http://hoshius.com
http://americakango.com

詳細は「医療英語受講 in Hawaii係」までどうぞ。

アメリカでナースを目指したい方、お気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちらから

Columnist's Profile

Education AdvisorNoriko Hoshi(America Kango)

栃木県、宇都宮市出身。バスケットボールで名門校主将として全国高等学校総合大会(インターハイ)出場。特別待遇生として体育学部体育学科を卒業。全日本大学バスケ(インカレ)バスケットボール選手として引退後、栃木県公立教職員として約10年小学校勤務。その後、ニューヨーク育英学園 (ニュージャージー州) では、日本人学校に通う子ども達、アメリカ現地校に通う子ども達の担任として8年間勤務。その際、アフタープログラムやスキー、サマーキャンプ等の数々のプログラムに参加する子ども達の普段の学校生活では見ることの出来ない成長ぶりを実感する。40歳にして、子どもを授かりたいと願い韓国へ不妊治療へ。1ヶ月後、妊娠が判明し2009年にロサンゼルスへ引越し。

出産後、日本語学園協同システムに勤務、アメリカの特別老後施設で働く看護師に出会い、看護師専門学校で Designated School Officer(留学生の入学許可証I-20に正式署名できる職員)、カウンセラーとして2年間従事した後、Education Adviserとして現職に就いている。現在も「教育の現場」を忘れぬよう日本語教員としても活躍しながら、現場で経験した喜怒哀楽と持ち前の体育会系のポジティブさを活かし、各国から渡米してくる留学生達へ的確なアドバイスと正確な情報提供を心掛けている。

America Kango

3700 Wilshire Blvd. #205, Los Angeles, CA 90010
TEL:
213-595-7139
FAX:
213-383-5110
EMAIL:
info@americakango.com

バックナンバー

BACK ISSUES