マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス
第54回 : 
あなたは読めますか?「L/C」読めなきゃ貿易のプロじゃない!
第55回 : 
緊急事態発生!米中貿易戦争激化の様相
第56回 : 
ビジネス戦略特集Vol.1「E-bayを攻略せよ!」
第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2018年 6月 20日更新

第54回 : あなたは読めますか?「L/C」読めなきゃ貿易のプロじゃない!

最近のロサンゼルスはぐっと暑くなってきました。夏の訪れを感じる頃、街中ではジャカランダの花が咲き誇り、鮮やかな紫の木漏れ日を映し出します。しかし今年はちょっと違います。桜の開花も同様でしたが、今年はなんかジャカランダが満開になるのが遅くないですか?毎年5月には一気に咲くのに、今年は6月に入っても開花率は7割ほど。やっぱり異常気象なんでしょうかね?ともあれ、暑い日も度々あり、いよいよ夏が近づいたなって気がしますよね。ロサンゼルス近郊で内陸にあるパームスプリングス市やネバダ州のラスベガスでは酷暑の様相を呈し、それらの場所よりかはやや涼しいロサンゼルスに暮らすことを、シアワセに感じる今日この頃です。

安全な代金決済。これだけは外せない。

売買は成立したものの、実際に商品代金を受け取るまでは、ビジネスが成功したとは言えません。ついつい、売買契約が締結して「商品は売れたもの」とし、これで全てが終わった、うまく行ったような錯覚に陥りがちですが、商品代金の回収こそが、商売の至上命題。無事に代金を受け取るまでは、利益を追求すべく、ここまで心血を注いできた価値が薄れるというもの。よって、それだけ重要な事柄であることは言うまでもありません。貿易とは、海外の取引先と商売をするもの、当然相手の顔は見えません。とは言え、商売であるということには変わりがありません。これはあなたが店で商品を購入し、その商品代金を支払って店を去る、という流れと全く同じ。店側も代金を支払うのを拒めば、商品を渡してはくれないでしょう。貿易というケースでも、その図式は同様です。商品発送と同時に、必ず代金を回収しなければなりません。前回のコラム「第53回:自分勝手と言われようが自分に有利に進めるビジネス」でも、代金回収の大切さは解説していますが、取引相手のことを信用できなければできないほど、安全なる決済方法を取らなければならないのです。売る側の立場としては、銀行送金が最も安全ですが、それでも相手が難色を示した場合、さらなる決済取引の対策を練る必要があります。

銀行が決済に介在してくれる便利なL/C=輸出信用状とは?

この決済方法を生み出した人は天才であると感じます。その昔、顔も知らない海外の相手から貿易の公正を保つために、便利で安全なる決済方法を編み出した人がおり、長い時代貿易決済の本流となった神の決済方法、これがこの「Letter of Credit」通称L/Cと言われる信用状を用いた画期的な国際代金決済なのです。この信用状は、銀行が発行します。依頼は買う方の企業が、自身の取引銀行にこのL/C開設を申し入れ、売り主の取引銀行を経由して渡されます。この決済の素晴らしいところは、決済代金を全て銀行が一旦プール、そして売主(出荷する側)から船積みを間違いなくしたという商品出荷の確固たる証明を提出しなければ、代金は渡さないという厳しいものです。銀行と輸送機関という2つの中立するParty(団体)を介在させることによって、取引の公正を図るというものです。要するに、ごまかしが一切効かない、悪事や詐欺行為が通用しない、というところが、相手の見えない貿易取引の信用性をグッと上げることになります。銀行への手数料はそれなりにかかるものの、代金回収の強い味方になるのであればということで、多くの取引に利用されています。これまでも長い間取引の歴史がある、取引相手は同族であるなど、決済に信用をおける場合以外に、非常に安全に取引を成功させることができることから、多くの人々、それと大型取引にも利用されている便利な決済方法です。これを使わない手はありませんね。

特殊なL/Cの読み方。でもこれこそが「貿易実務101」

L/Cでは、双方にとって公平さが保てるように数々の厳しい情報が明記されています。買主がL/C開設後に、銀行を通して売主に本状が送られます。そこには、一般的には難解な内容が多く記されており、決済の詳細や条件がビッシリ。しかし要点を抑えれば、L/Cの内容を簡単に読み解くことができます。売り主は決済を成功させるために、このL/Cの内容に沿って、必要な書類を集めなければなりません。また、銀行に提出を義務付けられるそれぞれの書類は、一語一句誤っていてはいけません。ここで誤りが生じると、銀行は冷たく入金を断って来ます。それらの書類は、自社で作成可能なものもあれば、他の団体や政府機関から取り寄せる公文書もあり、バラエティーに富んでいます。「L/Cを読む」とは、この条件に沿って必要な書類を全て揃える能力があるか、ということになります。確かに、見た目にはとても複雑で聴いたことのない言葉ばかりが並んでいるように見えますが、実はこれこそが、貿易の基礎知識そのもの。各Termから、名称そして輸出入における専門用語、貿易実務でしかお目にかかれない英語表現もまたひとつ。これを読めるかどうかで貿易のプロかどうかということが分かる、と言っても過言ではないでしょう。最近では、その参考例や読み方解説がネットでもたくさん出ているので、あなたもチャレンジしてみては?例え、L/C決済を実際に行う状況に遭遇しなかったとしても、この読み方や言葉を知っているだけでも決して無駄にはなりませんし、近い将来、この知識があなたの役に立つときがきっと訪れるでしょう。貿易のプロを目指すなら、L/Cは読めないと先には進めませんよ。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.41
「健全な精神は健全なる肉体に宿る―ビジネスダイエット塾」
夏直前、ダイエットの強い味方

SNSやメディアでもスーパーフードなんて紹介されている「体に良い」とされる食品が、最近は数多く出回っています。私が子供の頃は聞いたことがなかったような名前の食べ物がたくさんあり、いずれも、さまざまな特徴を持っています。チアシードやキノア、アサイやビーツ、マヌカ・ハニーといった甘いものまで、多種多様の食品があります。しかし、これらの食品はあくまでも補助食品であり、こればかりを食べて生活することはできません。もっと身近で、低コストそして入手しやすい食品をここでご紹介しましょう。それは、寿司屋で出てくる「ガリ」、そう生姜です。最近、フェイスブックの英語記事で、このショウガの効果が紹介されていました。ショウガは辛く、その独特の味や香りから他の食品と混ぜて食すことは非常に少ないもの。苦手な人も多いことでしょう。そのフェイスブックの記事でも「生姜の効果は素晴らしい」と謳っています。血糖値を下げることから、血圧を安定させ血液をサラサラにしてくれます。また、ダイエット効果も大きく、肝機能を元気づける、お通じも良くなりガンの予防にもなるなど、多くの身体に良いことだらけ。実際私も、最近ガリをスーパーで購入し、毎日食していますが、ダイエットに絶大なる効果を発揮していることを実感しています。みなさんもどうぞスーパーで購入し試してみて下さい。効果ありますよ~。

2018年 6月 20日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES