マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2018年 2月 20日更新

第50回 : 「さぁ、貿易 始めてみよう!」

2月に入って随分と暖かくなってきましたね。一方、日本ではこのシーズンは極寒であり、各地に強烈な寒波が押し寄せて大雪を降らせているみたいです。東京でも、数年振りに降雪があり、その後も気温が下がらないために、降った雪がなかなか溶けずに、都会はちょっとしたパニックになったそうです。その後も、北陸を中心に豪雪に見舞われ車が立ち往生、なかなか車から出られずに大変な思いをされたかたも多かったとか。立春を過ぎてもまだ暖かくなる様子もないまま、お隣韓国では平昌五輪もスタート。北朝鮮の政治利用と揶揄されながらも何とか開幕と、今年もニュースに事欠きません。このオリンピック開催を機に、世界平和が少しでも前進してくれればと考えます。さて、今回は「貿易ビジネス」への原点回帰、これから貿易をしていこうという方をターゲットに、お話ししていきましょう。

貿易とは、海を渡る商売なり

もう近年では「貿易」とか「貿易ビジネス」なんて言葉はもはや死語に近いのでしょうか。みなさんその意味はご存知でしょうが、若年層にはもう既に耳慣れない言葉になっているかもしれません。昔は貿易やってるなんていうと、ビジネスの花形であり、外交をすることから、語学に堪能な人々が行う特殊な仕事と位置付けられていました。諸外国のビジネスマンたちを相手に商売を行う。相手との接触方法は電話か手紙。そして輸出入の書類は全て英語で表記され、文書は全て手動式タイプライターで作成。難しい国際法規も全て英語表記であり、それらを理解するには大分時間がかかったことでしょう。戦後の高度成長期を支えた人々は、このように貿易で大変苦労された、言わば先駆者。我々後世に生きる人間は、その知恵を学び、ビジネスを受け継いだのです。それでも、私が若い頃の通信手段は、もっぱら電話とTelex(超死後)、そして最新鋭の通信方法がFAXでした。海外に出張へ行けば、この時とばかりにミーティングをして、ビジネスや取引先としての人間関係を深めていったものです。それが現代ではどうでしょう?ウェブサイトで検索すれば、市場調査や営業だってできます。取引先とのやり取りは全てメールで行うので、電話すら余り使わなくなってきました。調べ物や書類作成も、ネットやコンピューターでチャチャっと行えます。本当に便利な世の中になったものです。しかし、どんなに時代が進んでも、貿易が海外の企業との間で行われる「商い」であるということは不変。例え、相手が見えないほど遠くに離れていても、やっていることは商品の売買です。方法は違えど、実は近所のコンビニで商品を購入して代金を支払う、というスタンダードな方法と何も違いはありません。キッカケさえあれば、誰でもできる、臆することは何もない、というわけです。

どんな商品で勝負する?商材選び

貿易を志すタイミングで「よーし、貿易始めるぞ~」という人は余りいないと思います。大概は、何かのキッカケがあって始めた商売が、たまたま国外取引であり、偶然にも貿易という形になったという人がほとんどでしょう。こちらに暮らす日本人で一番多いパターンは「日本にいる知り合いから、米国での商品購入を依頼された」といったところでしょう。自分の意志とは全くかけ離れところで需要が生まれ、たまたま米国に暮らす友人があなただった。自分は商売などする気はなかったものの、誰かのお手伝いが高じてビジネスにつながったという偶然。あるいは自分がebayで商品を購入したら、その供給元である米国の売主が別の商品を進めてきて、取引がどんどん進むことで国内に販路が広がって、外からの輸入で生計を立てられるようになったとか…。きっかけは千差万別であっても、みなさんこうして貿易を始めることになったのですね。始めは個人取引で少額でのやり取り。そして業務に触れていく上で、商品に対しての知識や愛着が生まれてくる。それに伴って、商売に対しての自信や未来の展望なんかも描けるようになって、今では立派なビジネスマン。このような状況は、とてもビジネスには好材料であり、好きこそものの上手なれと、どんどんビジネスを伸ばすチャンスが出てきます。しかし、このようなラッキーなキッカケが無い場合、自分自身で一体どんな商売を展開していこうか悩みます。何を売ってどれだけ稼げるのか?これから何をするのか、どんな商材を選んでいくかということは、勝敗を左右する大きな決断となります。もちろんこれだったら儲かる!というような商材は簡単には見つかりません。そこでお勧めするのは、もしもこれから商材を選ぶなら「自分が好きなもの」にするべきです。自分が好きなもの、惚れこんでいるものであれば、ビジネスに対する熱意が持て、その商材に対する愛着や造詣が、自身のビジネスを助けてくれるでしょう。熱意と知識があれば怖いものはありません。興味もなく儲かりそうだからという理由で商材を選ぶのは、安直過ぎて息切れを起こしかねません。あくまでも、自分が興味があり、知識もあり、情熱も伴うものを選びましょう。

自分の商売を世間に知らしめる

さぁ、商材が決まってやる気も満々。商品を大々的に多方面に売り込みましょう。現代ビジネスにおいては、やはりウェブサイトでの営業活動が効果的でしょう。

  • ウェブサイトで関連する企業を探して自ら売り込む。
  • 供給元(Supplier)から取引先候補の情報を聞き出す。
  • 商工会議所(Chambers of Commerce)やジェトロ(JETRO日本貿易振興機構)に出向き企業情報を入手する。
  • ebayやヤフオクに出店し、個人への販売を目論む。
  • ブログや自身のホームページに書き込みを小まめにし集客を募る。
  • 知人、友人、親族などにも積極的に宣伝し、自身の商売を広めて覚えてもらう。
  • 企業が集まる会合に参加し、情報収集及び顧客を探す。
  • コミュニティーサイトにもアクセスし売り込んでみる。

などなど、思いつくだけでも結構出てきます。特にウェブサイトなどは、不特定多数を相手にするので、いつどこで誰があなたのサイトやブログを見てくれているか分かりません。確率が悪かったとしても、千載一遇のチャンスを掴むため、時間や労力を惜しまずに、どんどん積極的に攻めて出ましょう。思いもよらない意外なる出所から、ビジネスが転がってくるかもしれません。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.36
「健全な精神は健全なる肉体に宿る―ビジネスダイエット塾」
低糖質ダイエット、始めました

新年に誓った「今年こそ」という思いをさらに高めて、夏までに体を極限まで絞ることを目標に定めました。私の場合、元々普段からの食事には気を付け、できるだけ炭水化物の摂取を控えてきましたが、ここらで一念発起。巷で流行りの低糖質ダイエットを開始しました。これまでもダイエットはしてきましたが、今回はコンセプトをガラリと変え、糖質を意識的にギリギリまで控えた食事をするダイエット法を実践しています。今までは、ダイエットをやりながらも、そこまでは厳しくせずに、家族との外食や会合、パーティーがある場合はそのタガを緩めていましたが、今回は心を鬼にして己に厳しく実践しています。

今回のテーマは「一切の甘さを断つ」ということ。例えば普段であれば「この状況では仕方がない」とか「ちょっとだけなら影響ないだろう…」という甘い考えは一切捨てます。何が何でも糖質は摂らないという意気込みで臨んでいます。もちろん、いくらかの糖質は食品に入っているでしょうし、実際に糖が体内から減ることによる体調不良の心配もあります。しかし、自分でコントロール可能な全ての食事制限は自ら厳しく律するということを念頭に置いています。そして、並行してこれまで通り、毎日のジムワークを定期的に行い、体もゴツくしていきます。このダイエット法は理に適っていると考えますし、恐らく筋力を維持しながらも続けられることでしょう。果たして、このダイエットの実践でどこまで痩せるのか?自分でも楽しみにしています。経過観察や成果は、その都度この場で紹介していきます。ご期待下さい。

2018年 2月 20日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES