マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~前編

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~前編

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2017年 9月 22日更新

第45回 : 起業への道!~はじめの一歩~前編

早いもので、もう9月も終りですね。毎年のことですが、年々歳を重ねるごとに、月日が経過するのが速くなっていく気がします。おそらく皆さんも同様でしょう。気が付けば、もう今年もあと3カ月を残すのみ。クリスマス、年末年始商戦が始まるこの季節、ビジネスもどんどん活発になってきます。1年で一番の掻き入れ時という企業も多いシーズンでもあります。また、米国の景気は好調を持続、そして日本でも、先日、日経平均株価が2万円を回復するなど好材料が揃っています。その恩恵にあやかるべく、今日もしっかりお勉強していきましょう。今日は、ビジネスの原点に立ち返り、これから事業を興そうとする方々にスポットを当ててみます。

スタートアップ。まずは動機が重要

今回はあえて、これから米国で起業を考える人が何をすべきか。いわゆる“はじめの一歩”を解説します。既に起業されている方も多いでしょうが、原点回帰―たまには初心に返って昔の自分を見つめ直してはどうでしょう? 起業しよう、自分の才覚でビジネスをしてみたい! という衝動が高まり、自身で覚悟を決め「さて気持ちの上での準備は整った。だったら次には何をすればよいの?」と思われる方も多いでしょう。たまにご相談頂いた方から「貿易をしたいと思っているのだが、どんな商材を取り扱うかまだ決めていない」という方がいます。この方は、ビジネスを成功させる野望だけを胸に、想いを膨らませるも、具体案が何一つないまま事業を計画しています。もちろん、みんな最初は同じですので、間違ったことではありません。ただ何を売ったらいいのか?という単純なことさえ決まっていないというのは、いささか心許ない。起業のお手伝いをしている私の友人のビジネスコンサルタントは「まず何に興味があるのか?」が一番大事だと言います。一方で「これは儲かりそう」がビジネスを興す動機になってしまう場合、失敗する可能性も高いとか。要は、自身がいかにそのビジネスや商材に対しての思い入れがあり、その分野に関しての知識習得、綿密なリサーチ、日々の勉強などにどれだけ真摯になれるか、自分を高める努力ができるかがポイントになります。知識や興味もない所に、ビジネスを成功させる目的だけで飛び込んでいくと、その緊張が長続きせずに途中で嫌になって諦めてしまう可能性も高い。自身が興味があり、この分野なら心血を注げる、夢中になれる、どんな努力でも惜しまない、そう思わせる分野を探してみましょう。だって自分がある程度知識があったり自信がある分野の方が、イチから全く知らないことを始めるよりもずっと近道でしょう?それに、始めてからののめり込み具合も変わってくるはず。勉強と同じで、興味が薄い科目は、なかなか問題集がはかどらないのと同じこと。一番大事なのは、その分野に対するパッションです。

軍資金の使い道は賢く

米国では、起業するにあたり、実はそこまで元手を必要としません。もちろん、公に会社を設立するのですから、設立準備金は必要です。ただ日本での株式会社設立のような高額なる資金も取締役を任命する必要もありません。やり方としては、個人事業主として設立するのか、あるいはきちんと会社として登記するのかがあります。最初のうちは、前者である個人事業主でも良いと思いますが、あくまでも個人で事業を興すという観点から、予期せぬ壁に遭遇した時のリスクは大きいです。その点、会社を正式に登記すれば、個人の資産や財産は保護されるものの、今度は会社としての納税義務が出てきます。もちろん段階を踏んで、個人事業主として手探りで起業し、後にビジネスが安定してきたら、正式に会社を登記することも可能です。初めから大きく展開するには軍資金も多く要するので、まずは徐々に様子を見ながら進めていくのが無難でしょう。また貿易をするにしても、在庫は持たないことです。起業して間もなく在庫を抱えることは、自殺行為であり、万が一立ち行かなくなった時に身動きが取れなくなります。インターネットを駆使して、できるだけ在庫は持たない、できるだけリスクは少なくしておくのがカギ。それと同時に、オフィスや倉庫、コンピュータなどのさまざまな設備に、あまりお金をかけないこと。とにかく、リスクを減らす、オーバーヘッドを減らすことに努めましょう。そして、できるだけ余剰資金は貯めこみ、不測の事態に備える必要があります。オフィスは当面自宅で結構。それに、在庫を持たないという観点から倉庫付き物件も必要なし。もしもどうしても資材が必要なビジネスならば、倉庫はアウトソーシングするなど、とにかく「お金をかけない、使わない」努力が肝心。利益も出ていないのに、会社を興したことで儲けが出ているような錯覚に陥ってしまうのはあまりに幼稚です(実際にそういう人もいるのです)せっかくせっせと貯めた軍資金ですから、有意義に遣っていきましょう。余裕があるなら、その分仕入れに回すくらいの気持ちが大切ですよ。

仕入れをしちゃう前に入念なるリサーチが肝要

さあ、ジャンジャン売って売って、儲けていきましょう~!といきたいところですが、事業を始める前に重要なる作業をひとつ。ある意味、退屈でなかなか答えの出ない地道な作業。そう、それがリサーチです。世に言われるマーケティングに繋がるこの作業、要するに「予習」を先にしておくわけです。あなたがターゲットとするビジネスが、世の中でどのような効果を生み出すのか?商品であれば、それが市場にどう流通しているのか?何が流行って、何がダメなのか?そのような市場動向を探ることが勝利への第一歩です。そこで重要になってくるのが、競争相手がどの程度いるのかを知ること。巨額な売り上げを誇る大企業が独占的に取り扱っている商品に、自ら手を出す人はいないでしょう。そう、そこがこの市場調査の“はじめの一歩”。競合他社が目の前に立ちはだかるのならば、どのように顧客をこちらに振り向かせるか。ちょっとした発想の転換で、全く違った角度からアプローチができたり、独自性を高めたり、専門性や知識をアピールすることもできるでしょう。競合がいるのなら自社しか出せない特色や、一線を画すサービスを前面に押し出して、この競争を勝ち抜きましょう。他社がやらない難しいことや、専門的知識を必要とする分野などは、突出しやすく大手にも負けないサービスが可能になります。頭を使って特色を押し出し、他社に対して差別化を図れば、大きな強みになるはず。「ウチはXXできます。任せて下さい」という強い一言は消費者の気持ちを揺さぶるはずです。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.31
「健全な精神は健全なる肉体に宿る―ビジネスダイエット塾」
“時間がないので運動はできない”という言い訳をしない

ジムには行きたいけど長続きしないからなぁ…というジムの幽霊会員の話をよく聞きます。 そういう人は、大概「時間がない」とか「体力が追いつかない」などという情けない言い訳をしがちです。でも、ジムに自分の意志で入会したのであれば、ジムに行って少しでも運動をして健康な体を維持したい、痩せたいという想いからでしょう。ということは「ジムに行って運動したい!」という本音であり願望なのです。だったら、どうしてジムへ行かないのか?そこで出てくる言い訳が「時間がない」。こういう人が大半を占めるでしょう。しかし、多忙なのは百も承知でジムへ入会したなら、時間はある程度やりくりできる環境にいたということ。だったら時間を工面してぜひジムへ行きましょう。ジムから足が遠のく本当の理由は「時間がない」からではなく「面倒だから」です。こう言われると耳が痛い人はたくさんいるでしょう。でもそう感じている多くの人は、同じ状況、同じ気持ちなのです。そうなると、ここで一歩踏み出せるかどうかがとても大きい。そこで面倒臭さよりもモチベーションを優先できる人こそ、健康になれる資格があり、痩せていく人なのです。仮に、子供がまだ小さく手のかかるというヤングミセスが「本当に時間がないんです!」と嘆いているとしましょう。本当にそうでしょうか?料理しながらでもスクワットはできますし、子供を寝かしつけた後のリビングで、ズンバのDVDを観ながら体を動かしている人も大勢います。忙しいのは皆同じ。大事なのは、その多忙なる時間をやりくりしてでも、運動をするという強い気持ちを持つことなのです。インスタグラムなどで、他人の行動や頑張っている姿を見て、モチベーションを高めるというのも良いアイディアなのでは。頑張っていきましょう!

2017年 9月 22日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES