マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス
第54回 : 
あなたは読めますか?「L/C」読めなきゃ貿易のプロじゃない!
第55回 : 
緊急事態発生!米中貿易戦争激化の様相
第56回 : 
ビジネス戦略特集Vol.1「E-bayを攻略せよ!」
第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2016年11月 1日更新

第34回 : 「乙仲」と「フォワーダー」前編

業界人でも勘違い。一体何者なの?

秋ですね~。ちょっと前までは夏が戻って来たかのような暑さに見舞われたここ南カリフォルニアにも、ようやく秋らしい涼しい季節がやってきました。このままでは、まさかのThanksgiving Holidayを半袖で迎える、という事態になり兼ねないほどの暑さの勢いでしたが、ここに来て朝晩は相当ヒンヤリ。そしてあれだけ乾燥していたのに、朝夕に露が下りるだけでなく、雨もちょっと降ったりしていい感じ。空も随分と高くなりました。それでも、まだ日中陽差しを浴びていると、ジリジリと暑く汗ばみますが、段々冬が近くなっている事を肌で感じる昨今です。こう寒暖の差が激しいと、体調管理が大変。私も夏から通算3度目の風邪を引きました。健康である事が一番!などと豪語しておきながら、自分が風邪であえなくダウン。全く情けない話です。

年末まであと一息。産業界では、クリスマス商戦を前に戦々恐々。輸出入が一年で一番加速する季節です。今からしっかり勉強して、来年の商売に役立てましょうね~。今日は業界の人でも勘違いしそうなお話に、あえて踏み込みます。

乙仲って何屋さん?

貿易をやっていると、必ずと言ってお付き合いすることになるのが「乙仲(おつなか)」、そしてことある毎に名前を聞くのが、フォワーダー(Forwarder)という業種です。これらの人々は一体何者で、どんな仕事をしているのか解説していきましょう。まず、乙仲の仕事って一体なあに?と言うことからですが、俗に言う「乙仲」とは、海運貨物取扱業者(海貨業者)の通称です。「乙仲」の呼び方はとても歴史が古く、戦前の海運組合法で、定期船貨物の取次をする仲介業者を乙種仲立業(乙仲)、不定期船貨物の取次ぎをする仲介業者を甲種仲立業(甲仲)と分類していたことに由来します。言い方が難しいので細かく覚える必要は何もないのですが、要点としては「乙仲=通関業者」と言うことだけを頭に叩き込んでおいて下さい。戦前は、我々のような輸送業者も乙仲も、役割はその延長上にあることから、サービスを兼ねているのが当たり前だったのですが、業務が多様化することに伴い、各分野に細分化され、運輸、荷役、通関などに業種が別れていきました。ここで言う乙仲=通関業者は、各国の税関で行われる輸入通関を代行する業者であり、きちんとした国家の免状を持っていない限り、この要職に就くことはできません。要するに、国や税関から認められ、輸入者に成り代わって輸入通関業務を施す業者である、ということです。立場で言えば、民間企業なのですが、国に支えている身分であることから、法令順守の上にサービスがあると言っていいでしょう。よって、輸入者に都合が良くなるような取り計らいは一切してくれません。あくまでも中立の立場であり、その点は国家に雇われている公務員に似ていると言えます。

みなさんの中には輸入通関などと言うと、腰が引けてしまう人が多いでしょうが、実際には通関自体は誰でもできることなのです。輸入者が輸入通関を自社ですべく、本船到着に合わせて着地の税関に出向いて、自身で通関をすることももちろん可能なのです。しかし、取扱量や業態によっては、わざわざ貨物が輸入される度に港へ行って通関などしていられない人も多いため、そこでこの乙仲という輸入通関の専門家を雇い入れ、彼らのサービスを用いて、速やかに輸入貨物を通関するのです。大手企業は皆、このように通関業者を雇用し、輸入貨物の通関に対応しています。専門家が担当することで、そのサービスに対する料金はかかるものの、迅速でトラブルの少ない輸入通関ができるのが魅力です。

じゃあフォワーダーって何する人たち?

よくある間違いで、このフォワーダーが乙仲と同じだと思っている人が多いのですが、実際には全く異なる業種です。フォワーダーとは、Forwardingする人たち、すなわち輸出入を熟知したプロが、貨物の輸出入を円滑に取りこぼしなく遂行させる補助的な役割を果たす人たちのこと。主に、輸出の時に雇い入れる人が多いのが特徴です。一般の企業、特に貿易業ではない生産者や大手の商社などは、このForwarderを用いることで、輸出入などの複雑で面倒な仕事を委託し自信は本来の業務に時間を充てられるようになる、ということです。餅は餅屋、さまざまなルールがある貿易の世界では、仕事の本流から外れて、輸送の準備に時間を取られていては本末転倒になり兼ねません。ここでもまた、専門家を雇い入れて、内外からの貨物出荷を円滑に進めなければならないのです。

そこで、このフォワーダーの登場です。この業種もまた、FMC(Federal Maritime Commission)という団体から正規に免状を受けた者のみが、このフォワーダーの看板を上げることができるのです。Forwarderは、船のキャリアとは一線を画し、B/Lなどの有価証券を発行したりはできませんが、輸出入者と船会社/航空会社の間に立って、全ての輸出入に対しての輸送を取り仕切り実行をしていく立場にあります。要するに、このフォワーダーは、輸送のヘルパーであり、輸出入をする人たちにとっては大変頼れる存在。しかし、この業種の弱点は「フォワーダーを雇い入れなくても輸出入はできる」という点です。実際に、貨物を輸送する立場のキャリアや乙仲は輸出入にはなくてはならない存在ではあるものの、フォワーダー業務は、MUSTではなく、実際に出荷に必要な輸出申告はキャリアでもできる場合が多いのです。弊社のようなライセンスを持ったキャリアであるNVOCCという業態の場合、キャリアの仕事とフォワーダーの業務を併せ持つという便利な業者も存在します。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.20
「健全な精神は健全なる肉体に宿る」

秋はおいしいものが多く出回る季節。万年ダイエットの我々には厳しい季節と言えます。 あるダイエッターが「視覚的にはどんな我慢もできるが、臭いを嗅いだらもう終わり。 その欲求を抑えるのは容易ではない」と言っていました。なるほど納得。確かに視覚的には、見ないふりなどして無理矢理我慢はできるでしょうが、我々の脳にインプットされている美味しいものの香りには勝てません。糖質はカットなどというスローガンを掲げていても、一体どれだけの人が、マツタケご飯の香りを嗅いで我慢できるのでしょう?マツタケのように、特に季節限定的な食べ物を前にしては、ついつい自分の鉄の意志も緩みそう。しかし、私はそんな季節の食材もそこまで我慢する必要はないと思うのです。節度を保てるのであれば食べてもいい。その代わり運動はしましょう、って話です。辛い季節と思わずに、多少食べても罪悪感は残るでしょうけど、運動さえすれば、全てはチャラになりますから。

引き締まった体を目標に

特に女性にその傾向が強いですが「食べなければ痩せるだろう」という意識。これって結構クセモノなんです。確かに食べなければ、体は疲弊しどんどん細くなっていくでしょう。体重は減り始め体も細っていくはず。ただし、それで本当に健康を維持していけるでしょうか?細い身体=健康という間違った図式を描いている人は意外と多いのです。しかし最近は、栄養と運動について知識を身につけて「痩身しながら更に健康になる」という術を身に付けている若い女性を目にすることが多くなりました。ある女性が、健康に対する意識改革に目覚め、しっかり食べて体重を増やしました。しかし食べ続けるだけではなく、それと並行してしっかり運動をしていったのです。食事には注意を払い、脂質や糖質を制限し、体に良いというものは何でも取りいれました。量は食べずとも、三食はしっかり食べる。そして日々の運動に、筋力トレーニングを始めました。食事に多くのタンパク質を意識的に取り入れ、その後の筋トレで筋力を強化。半年後できあがった身体を見比べてビックリ。食べ物を制限して手に入れた細い身体つきから、体重は8キロ近く増えていました。にもかかわらず、写真の中の彼女は体にメリハリがあり、とてもセクシーで健康的な姿に。心なしか肌つやも良く見える。そして特筆すべきはそのウエスト。体にはきちんとくびれができており、お腹周りはさらにスッキリ。腹筋はうっすらと縦に線が入っており、とても健康そうに見えるのです。しかし体重は8キロも増加しているのです。これこそが、健康なボディーではないでしょうか?こうして美ボディーを手に入れた彼女は、もう今の生活から脱却することは逆に難しくなったことでしょう。食事の概念を変え、健康に良いモノをしっかり摂取。それと並行して、筋力強化を目的とした運動も欠かさない。筋肉増加に伴い体重も増えたものの、体つきはさらに健康的で魅力的なものに。痩せギスであった頃の写真とは比べ物にならないほどの、健康そうな見た目を手に入れたのでした。みなさんも、ただ食事制限をするのではなく、近未来を想像して、徐々に健康に絞っていくというのはどうでしょう?無理なく美しくなるには、それが本当の近道かもしれませんよ。

2016年11月 1日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES