マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス
第54回 : 
あなたは読めますか?「L/C」読めなきゃ貿易のプロじゃない!
第55回 : 
緊急事態発生!米中貿易戦争激化の様相
第56回 : 
ビジネス戦略特集Vol.1「E-bayを攻略せよ!」
第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2015年10月 1日更新

第22回 : 騙されない決済方法 ~前編~

世界各地で異常気象による天候不順が起こっている昨今ですが、ここLos Angelesも酷暑が続き、連日過去の記録更新する程気温が上昇。未だに夏が終わりません。LAにいるとなかなか季節感が感じられないものですが、今年の夏はとにかく長い。一体いつになったら涼しくなるんだ?という感じですが、暦の上ではもうすぐハロウィーン。とても信じられません。日本でも火山の噴火や台風被害が凄かったし、チリでは大地震発生。 温暖化の影響で地球が怒りまくっているような気がしてなりません。

国外取引での決済は難しい

海外との取引ともなると、ついつい相手が見えないことから相手をどこまで信用していいものか、警戒し過ぎてしまうものです。そりゃそうです。見ず知らずの相手を信じ、商売を成功させようとしているのですから。もしも騙されでもしたら大枚を失うばかりか、その後のビジネスの資金にも影響し、廃業や倒産の危機に瀕するかもしれません。よって誰しもが決済だけは慎重になり、それでも心配で仕方なくなるものです。せめて商店で物品を購入するかのごとく相手の顔が見れて、目を合わせて会話でもできれば、その自分がビジネスをしようと思っている相手の瞳の奥を伺い知ることができるかもしれません。しかしお互いに海を隔てた別の国に暮らし、文化や言葉の壁をも乗り越えて取引しようとしているのです。ここは一番、慎重に、そして騙されないようにしなければなりません。

相手が離れているからこそのリスク

今の世の中、ビジネスの世界においてもEメールでの通信が一番用いられているでしょう。 まだ戦後間もない日本の高度成長期にはこんな便利なモノがなかったので、当時の貿易商社の武器は、電話とペン、それとタイプライターでした。しかし現世ではEメールを送れば、まるで隣の部屋にいるかのように会話ができ、更に相手は遠く離れた外国にいるにもかかわらず1分と経たずに返答が届きます。よってビジネスでも「待つ」という不毛な時間がどんどん削られて、スゴイ速度で商売が決まり、あっという間に取引をする段に辿り着きます。さてトントン拍子でここまで来てはみたものの、時間を費やさなくても済む分、商売相手のこともよく知らずにビジネスが成立してしまいそう。でも相手もすぐに返事をよこすし悪い人でもなさそうだし…と立派な根拠もなく信用してしまう。いや、できれば信用したいです。ただ本当にどこまでその取引相手が誠実で、本当に言ったことを守ってくれて商売が成立するだろうか?不安で仕方ありませんね。売る側、買う側双方に言えることは、目に見えない相手との商売は、非常にリスクが高く騙される可能性もそれなりに高いということです。前述の「良い人そうだから」は何の裏付けもなく、ただ「面倒だから」とか「大丈夫そう」などという安直な考え方に囚われ「疑うことを諦めた」時に大きなしっぺ返しを食らうかもしれません。初めての取引の場合、まずは相手に猜疑心を持って臨むこと。メールの文章や電話での声色はいつものままでも、心のどこかには相手を疑う気持ちを持っていた方が、丸腰でいるよりも遥かに安全。まずは最悪のケースを想定して、相手をある程度疑ってかかっていった方がいいでしょう。

だったら信用を獲得するなら前金覚悟、でも大きなリスクあり

売る側にしてみれば、商品を先に出したのに入金が無い!というのを一番恐れます。それ故に慎重な売主は多く「あくまでも代金引換および現金決済で」と無茶を迫る経営者も少なくありません。確かに「ウチは人を絶対に騙さない」という信念があるからこそ、そのような強引な決済方法に持っていこうとするのでしょうが、支払うこちらはドキドキもんです。信用はできそうだけど、どこまで信じていいものか…と思うことは全くもって不思議ではなく、みなさん同じことを考えるでしょう。それが高額な商品だったらもちろんのこと。このようなリスクを回避するためには、まず「少量の取引から始める」ことです。そりゃ確かに騙されるリスクがないとは言い切れませんが、仮に騙されたとしても少量であるが故、ケガも小さくて済む、という図式です。そしてその取引で相手の人柄やビジネスのあり方、商売に対する理念などを読み取るようにしましょう。もしも「この人は金に汚そうだ」とか「商人にあるまじき態度だ」と感じたら、もう金輪際の取引をストップしてもよいでしょう。でも大概のビジネスマンは「支払いが済んだら商品を渡す」というしっかりとした良識を持って商いをしています。なぜなら人々は商いを通じて信頼を勝ち取り、商売上の信用を積み上げていきたいからです。悪い噂はすぐに広まります。昨今では、旅行をするにもホテルの予約をインターネットで行えば、そのホテルがどんなサービスで人々の評判が一体どうなのか、すぐに分かりますよね。これと同様に、信用はその会社の顔となり、ビジネスの将来性を左右していくもの。誰もが誠実なビジネスを通して人に認められたい。そして認められればそれだけ会社も大きくなるというものです。お金では買えない信用を構築するためにまっとうな商いを行うのです。まぁ、それでも初めての取引には心配はつきもの。そんな時は少量の取引から相手を読み取り、今後お付き合いができるかどうかを図るのは大変良い手段であると思います。

それでも不安、もう少し公正な取引はできないものか…

弊社にも、日本から買い付けに来られる方が大勢いらっしゃいます。その方々の悩みは海外取引における決済、まさにそこなのです。リスクを少なく更に公正な取引が可能かどうか…というのは、商売人にとって永遠のテーマかもしれません。E-bayなどで商品を購入した場合、多くの米国人は全額を前金で支払うことを要求してきます。しかしそれでは購入する側にリスクが大きい。果たしてどうしたものか? というご質問を頂きます。そんな時に紹介する方法方が「内金をいくらか入れる」というものです。さすがに初めての取引なので双方とも慎重、またお互いの気持ちも分かり合っているというものです。そんな時は「だったら20%の内金を入れるので、受け取ったら商品の一部を送ってくれ。それが届いたら残金を全て支払う」と訊いてみてはどうでしょう?もしも先方がそれを了承してくれれば、多少余剰経費はかかるでしょうが、よっぽど前金で全て決済しようとするよりも安全です。しかし多くの米国人は面倒を嫌い「いや、全額だ。全額前金しか受け入れない」と言ってくるかもしれません。とは言え、初めての取引は慎重に進めたいというのはお互い様。パーセンテージやその他の条件次第では、先方も諦めて内金/デポジット案を受け入れるかもしれません。しかし、しかしですよ、もっと大きな取引に限定されますが、もっと公正が図れて確実な決済方法があるのです。国際ビジネスにとってなくてはならない究極の決済方法が。それについては次回の後篇にてお話しします。貿易マン必読の決済方法をお楽しみに。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.9
「健全な精神は健全なる肉体に宿る」

今まで自分に厳しいつもりでいたのですが、ついつい甘えが出てしまい、自己の掲げた目標になかなか到達しない。緩~い環境で余り我慢をしなくてもよい代わりに、いつまで経っても変わり映えしない自分の肉体にイライラしてきました。よって一念発起して、2週間前から強烈なダイエットを始めています。ここで偉そうな講釈を垂れているのに、自分に厳しくないなど恥ずかしいにも程がある!ということで、自分の身体を使って極限までやれるダイエットを証明したいと思っています。賛同して下さる方が一人でもいると励みになりますので、是非お便りください。

「ダイエット=結局は我慢」って話

今日はちょっと厳しい話です。雑誌などの広告では「食事制限なしで痩せる」とか、ライザップに通えば先生が厳しく指導してくれるので痩せられる、など人間はついつい楽な思考に走りがち。自分をその環境に置けば仕方なくその苦行を行うので何となるだろう…。このような考え方は、他力本願で詰まる所の現実逃避。やるのは他の誰でもない「自分である」という強い自覚がまず必要です。ダイエットを志すのであれば「徐々にやっていく」「だんだん身体を慣らしていく」などという方法は生ぬるく効果が少ないと感じます。 やる!と決めたら今すぐ実行。しかも生易しいダイエットではなく「ある程度の我慢」を要する方法をお勧めします。徐々に減ってきた、などと言うのは初期によく見られるありがちな状態であり、そこで満足し自身が行ってきたダイエット方法が正しいものだと認識してしまいがち。そこから段々気持ちが緩み、気が付いた時にはもうダイエットなど止めていた、という人も多いでしょう。それではまるで効果が無い。今回私が身を持って体験したダイエットですが、結局は結構な我慢をしなければダイエットは成り立たない、ということ。例えば脂肪を燃焼させたい、お腹の贅肉を削ぎ落したいと思うのであれば、厳しい食事制限を課したとしてもそれだけでは足りません。その厳しい節食に有酸素運動を入れなければそう簡単に脂肪は燃焼しないのです。だから「食べてないから大丈夫」では足りないのだということを認識する必要があります。食べなければ人間の身体は段々元気がなくなり、脂肪も燃焼する傍ら筋力も落ち、運動さえできなくなります。しかしそこまで食事制限してしまうのはただでさえ辛い。そこに運動も入れれば今度は効果的に痩せることができるのです。ただ栄養をある程度摂らないと、健康を害す可能性があるので、少量でも栄養価のあるモノを摂るように心がけ、更には有酸素を中心とした運動を行う。これで初めてダイエットが成り立ちます。「食べないだけ」「運動はしない」という方法はどちらも手落ちで長く続けるのさえ難しいでしょう。私は今自分がどこまでできるのか、自身の身体をもって試しているところです。毎日腹が減って減ってとても辛いですが。初志貫徹、目的を達成するまで止めない気力で臨んでいます。この我慢こそが自分の足跡であると信じて続けていくつもりです。そういえば誰かが言っていました。「ダイエットとは薄皮を一枚一枚剥がしていく作業」だと。お互いに頑張りましょう。

2015年10月 1日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES