マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第53回 : update
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2015年 3月 26日更新

第16回 : 知識を侮るな、先入観を捨てろ!

前回は怒りました。あの身勝手な港湾の行動により、迷惑した人、損失を出した企業など大変多かったのではないでしょうか?結局2月の後半、このコラムが掲載された直後に国側が出した提案が妥結し、港湾労働組合の圧勝という形で幕を閉じた本件。散々手前勝手な要求を実力行使という形で承諾させた組合側。これがまた無謀なる5年もの契約で収束したらしく何とも納得できない。結局このいざこざに巻き込まれた一般市民はどうなるの?何の謝罪もなく、自分たちの私利私欲のために、暴力的とも言えるボイコットに打って出た組合の横暴。そして奴らのわがままが、結局全て通る形で「暴れるのを止めて頂いた」という終焉。何なんでしょう?職員はクルーザーの次は何を買おうかな~、ときっとルンルンでしょう。世の中、いろんなことがありますけど、強い憤りと不条理を感じたのは私だけではないはず。オバマ大統領のツルの一声で、悪を断罪してはやれなかったのだろうか?我々一般市民には好意的な事など一切なく、不満だけが残る結果となりました。要するに労組の力に政治力さえ屈した、ということなのでしょうか?

遠方の業者と取引してみる

そりゃ確かに目に見えるものだけを取引出来たら安心ですよね。しかも相手の顔が見えて、その人が仏のような人だと既に分かっているならなおさらです。そんな環境下でビジネスを展開できるのが最良ですが、幅を広げようと思えば、地元の商店街で物品を買うだけでは商売にならなくなってきます。ちょっと前なら、電話やFAX通信で遠方との取引も簡単になりましたが、近年ではその手法ももはや一昔前のものとなり、今となっては完全にインターネット世界が主流に。要するに供給元も、そして市場もグローバル化。世界中どこの相手とも自由に、ある程度簡単に取引が出来る世の中になったという事です。見ず知らぬ取引先ともメール一本で時差も関係なくやり取りができ、実際にお互いに会う事もなく商売を決めるケースも少なくない。そんな時代です。「だったら言葉は多少できなくってもウチもやってみようか?」と安易な気持ちで海外の供給元を探して取引が始まる、という事も頻繁に起こる。しかしその反面、残念ながら相性が合わずにまともな取り引きが出来なかった、引いては騙された、などという事が後を絶たない現実もあります。しかし商売の手を広げて、より良い条件でより良い商品を入手できるなら、やはり多少のリスクを鑑みても目に見えない遠方の取引先を探し出すのが良いでしょう。ただその場合、一体相手がどこの誰かまでは分かっても、その会社の体質、経営者、担当者の性格など不確定要素も多い事も事実。それを短いメールの内容や取引先候補のWebsiteで確認し、自身でその会社が「大丈夫」なのかどうかを判定しなければならない。リスク承知とは言え、ここは慎重にならざるを得ませんね。

まずは注文してみるか

発注する事を大前提で話をしないと、相手も単なる冷やかしあるいは相見積の対象としか見てくれず、軽視されるもしくは余りよろしくない条件を押し付けられるだけでしょう。相手と接する時は“もう私、買う気満々です”という気持ちを全面に押し出す。そして自分がどれだけ真面目に取引を考えているのかという熱意を伝えることも大切でしょう。相手も人間ですから、その人の誠意ややる気などはメールの文章からでも伝わってくるものです。そして数回のやり取りで、恐らく相手がどれだけ真摯に対応してくれるのか、いい加減な対応はしていないかなどいろいろ見えてくるでしょう。それらや購入条件を参考に入れて、新しい取引先と判断し物品購入をするのか、最終決断をしましょう。少しでも気になる点や理解できない事がある場合は、それらをうやむやにせず、訊いてみなければなりません。先方もあなたには是非商品を買ってもらいたい、これからも継続して取引を続けてもらいたい、と願っているでしょうし、だからこそ誠意ある対応をしてくれるのでしょう。譲るべきところは譲歩する事も辞さないでしょうが、商売とはお互いに利益を生まなければならないので、有益でないと思われる種は取引が開始される前に摘んでおく必要があります。そしてある日本人的感覚として「どうしても会ってみないと分からない。会いたい」と思えば会いに行く事も悪くはないと思います。ただそうする事で余分な経費を使わなければならないこと、相手の時間をも使ってしまう事も念頭に入れておきましょう。

取引開始。今度は経費削減の可能性も視野に入れるべし

実話としてお話ししましょう。日本で輸入業を営んでいる会社「A社」が新しい取引先の開拓において、とあるその道の専門業者「B社」と出会いました。双方は一度も顔合わせする事もなく、現代版ビジネスよろしくトントン拍子に取引は実現へと動き出します。そして最終的に、その取引先が製造している商品を購入する事となりました。販売条件は東海岸のB社工場渡し価格。要するに「工場まで取りに来て。見積もったのは製品そのものの価格であり、国内の運賃など一切入っていないので」という条件でした。これは貿易用語で言う所の“Ex-Factory”というもので、文字通り製品価格に一切の余剰サービスは添加されていないので、出来上がった商品をその東海岸の工場/倉庫までA社自身が取りに行かなければなりません。しかし東海岸にこれと言った国内輸送をしてくれる業者も見当たらない日本の企業A社。よってB社担当者に「LAのWestern Shippingまで送ってくれ」と依頼したのです。ほどなくして、B社の指定するトラックに商品を乗せて弊社倉庫まで貨物が届きました。これ自体悪い事ではありませんが、果たして経費面を考えるとこれが最良の選択だったのでしょうか?恐らくA社はそこまで考える余裕や米国内輸送に対する造詣が無かったのでしょう。もしかするとB社が指定する輸送会社とは別の輸送機関である弊社の価格の方が安かったかもしれません。こうなってしまうのには知識がないため、キツイ言い方をすれば無知が招いた悲劇だったと言えるかもしれません。なぜか?その取引先B社は物品は販売したものの、新規顧客のためにどこの輸送会社が安く輸送できるのか?などとそこまではあなたのためになって考えてはくれないもの。無事に出荷してしまえば、販売側であるB 社の責任は終わるので、手近な既に付き合いのある輸送会社を選定します。もしかするとその先方指定の輸送業者は、とても高い運賃を請求してくるかもしれません。知識が無いとそれが高いのか、それとも安いのかすらも分かりません。これはコストへの意識がまだまだ低いために起こった出来事としか言いようがありません。ここは先方に依頼してしまう前、に別の輸送機関からもあえて見積もりを取るべきだったという事です。

先入観と無知は足かせになる

上記の輸送料金が思わず高価だった場合、それはひとつの失敗だったと言えるでしょう。そこには先入観で「このような事は米国内の取引先に任せるに限る」という考え方があるために発生してしまった事であり、言ってみれば楽な道を選んだ、厳しく言えば経費削減のための努力が不足していたと言えます。また更に「その後日本に向けて、海上便で出荷されるのため、太平洋岸にあるLAの倉庫まで運ぶのが最適」とA社は考え、商品そのものの輸送をB社に委託しました。しかし本当にそれだけが輸送経路でしょうか?東海岸から直接日本向けのサービスをしている船社は無数にあります。確かに西海岸から出荷するよりも日本への到着日数は長いですが、仮にそれがそれ程急がなくても良い商品だった場合、また競争に晒され値付けが思ったよりもシビアだった場合など、東海岸から出荷する方法も可能性として存在したのでは?東海岸からのAll Waterと言われる海路だけの海上ルートは運賃が比較的安価です。しかし米国横断の内陸輸送は、果てしなくトラックを走らせて辿り着くので輸送される時間は大変短く早く到着しますが、運賃もそれなりに高額です。A社は国内輸送というおろそかにはできない部分を他社に任せてしまった事で経費が嵩む輸送方法を選んでしまったということになります。このように「XXだろう」「OOなはずだ」という先入観は、時として大きな経費増大を招きかねません。もしかすると、この国内輸送が思ったよりも数段高価になってしまい、商品を輸入する前に赤字である事が確定してしまう可能性もこれまた捨てきれない状況になってしまいました。

信頼できる知識豊富な輸送機関を味方に付けておく

奥の深い貿易。知らなければ途端に損をするかも知れない世界。確かに一人では心細いですよね。そんな時、一家に一つそばに置いておきたいのが、頼れる輸送機関の存在です。弊社の宣伝をするわけではありませんが、これは本当の本当、紛れもない事実です。輸送会社はまず貿易のプロであると認識して下さい。何か分からない事や不安な事などがあったらまず相談してみて下さい。例えば今日の講義内容にある「知識」や「固定観念」など、知らない事実もまた多いでしょう。しかし貿易の現場は常に本番。ある無知な行動から利益が減少・赤字に転落する可能性があるなら、間違いが起こる前にまずそんなプロに相談してみて下さい。彼らは必ずあなたの置かれている状況から、多角的に最良の輸送方法を編み出してくれます。そして経費の面でも、一体どの方法が安価な輸送法なのかを提案してくれます。そんな力強い味方を常に持っておく。これは貿易による取引を行う事で結構重要なことです。彼らはあなたの味方ですし、決して裏切ったりはしませんから。迷ったら輸送会社に逃げ込んでみては?

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.3
「健全な精神は健全なる肉体に宿る」
ダイエットのコツは、ボディビルダーの食生活にあり!

前回はダイエットは食事を削るだけではなく、筋力をアップする事も大切、そしてその方がぐっとダイエットそのものが楽になりますよ、という話をしました。どうでしょう?みなさん、実践されましたか?実は私自身、有酸素運動だけでもダイエットには行き詰まりを感じている人間なのです。なぜでしょうねぇ?人間の体は不思議です。有酸素運動だけでは体脂肪率が思ったよりも下がらない事を最近知りました。やはり哺乳類の体は筋肉を重要とし、毎日使う筋肉こそが原動力なのだと思い知らされています。今回はダイエットのコツ、とも言える大切な要素についてお話しします。

代謝機能を高める

具体的には何か?みなさん、この世の中で一番ダイエットが上手な人は何をしているか人か知っていますか?それはボディービルダーなのです。えっ~、あんな筋肉の塊が?と聞こえてきそうですが、彼らは自身の筋力を鍛える以上に、過酷なダイエットをして体を極限まで絞り込んでいます。そう、彼らこそがダイエットのプロであり、相当なる知識の持主なのです。だって彼らのお腹を見てご覧なさい。脂肪などどこにも見当たらず、バッキバキに割れた腹筋が血管と共に浮き出ていますね。要するに脂身がないロース肉のような腹を持っているのです。ただ筋トレしているだけであの体が出来ていると思ったら大間違い。彼らは究極のダイエットを行い、筋肉に必要と思われる栄養素を重点的に摂っているのです。そのプロのダイエットエキスパートがやっている方法とは?これも良く聞く話ですが、ボディービルダーは一日に6回食事をする、と言われます。食事回数が増えれば必然的に体重も増えるんじゃないの?というのは素朴な疑問ですね。しかし彼らは食事量を増やすものの、食事の内容には気をつけ、更には体に良質なモノやタンパク質が豊富なものを選んで食べます。しかも少量。それはなぜかと言うと、体内にある代謝機能を高めるためです。代謝とは、生き物が食するものや酸素を体に取り入れて体内で使っていくもの。そしてその理想は一定であることです。この代謝が安定していれば、体が太る事はありません。食事前にはその代謝が大きく下がり、食べ物を欲しがります。しかしそこで大量の食事を摂取してしまうと、代謝は一気に上がり、飢餓状態になり焦った肉体は余分な栄養までも体に蓄積しようとするのです。そこで大事なのはその代謝を一定に保つこと。要するに「空腹にならないようにする事」なのです。ボディービルダーは、この代謝安定のために、そして空腹を避けるために間食などをして体が食物を欲さないようにしています。ちょっとお腹の中に入れるだけで食欲中枢は満足し、次の食事でもいわゆるドカ喰いをせずに済む、という相乗効果を生んでいるのです。一日6回と言っても、毎回カツ丼をかき込んでいるわけではなく、三度三度の食事の合間にバナナを食べる、プロテインドリンクを飲むなど空腹を紛らわしているだけなのです。しかしこれは効果絶大。「空腹は悪」とし、これにさえ注意を払っていれば、代謝の安定は誰にでも図れます。要するにお腹が減っている時に食べてしまうとそれだけ吸収してしまう、という事を念頭に置いておけば、食事方法の改善はいたって簡単であると思います。かといって栄養価の低いお菓子や度を越した食事量を間食にするのは逆効果である事は言うまでもありません。代謝の安定、これは意外にもダイエットにおける大きなカギとなるものなのです。

2015年 3月 26日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES