マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス
第54回 : 
あなたは読めますか?「L/C」読めなきゃ貿易のプロじゃない!
第55回 : 
緊急事態発生!米中貿易戦争激化の様相
第56回 : 
ビジネス戦略特集Vol.1「E-bayを攻略せよ!」
第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2014年 8月 15日更新

第9回 : インターネット取引の障害とは?

8月です。 暑いですね~、今日も。 しかし最近は本当に異常気象で、地球温暖化の影響でしょうか、真夏なのにヒョウが降る場所があったり、渇水が続く地区があったりで天変地異でも起きたのかという現象がここ数年続いています。 東京にいる私の友人も 「ここ数年の暑さは我々が過去に経験したことのないもの。 ちょっと気象が全体的におかしくなっているのを肌で感じる」 などと述べていました。 日本の夏は1か月にわたる梅雨から始まり、これがあけると今度は酷暑が待っている、という不変の湿度の高さはいつまで経っても変わらないのでしょうね。 ここカリフォルニアに暮らしていると、余りのカラっとした天候に日本の梅雨すら懐かしくなりますが、里帰りするたびに経験する蒸し暑さは 「いや、これだけはもう遠慮させてもらいます」 と誰もが感じるはず。 でもそんな蒸し暑い夏、うっとおしい雨季でさえこの季節になると懐かしく感じられるから不思議です。 みなさんも望郷の念に駆られて遠い目をして夜空を眺めてる、なんてことありませんか? お盆ですし…。

活発化するネット市場

さて、以前 『インターネット取引の可能性』 と題し、その時代にマッチした商売戦略などについて解説しました。 そこでは主に 「今後インターネット取引が更に盛んになる可能性は大変高いよ」 と謳ってきました。 今、2014年の7月をもっても、10年前の2004年の商売のやり方が大きく異なっていることはみなさんも実生活を通してお分かりでしょう。 更に20年前の1994年頃を考えるともっと分かりやすい。 その当時はまだ家庭用のコンピューターがそこまで普及しておらず、インターネットで物品の売買をするなんてことは夢のまた夢。 また当時はその取引が可能であったとしても、インターネットで買い物をする事自体が商売の主流ではありませんでした。 よって消費者が安いものをより好条件で求めるには、人伝ての情報、もしくは広告、そして自身の足でしかなかったはず。 それがどうでしょう? 10年後の2004年には、既にインターネットは生活の一部となり、多くの人々が日常的にコンピューターに触れました。 この頃にはもう既に万人が 「インターネットとは何か」 を知っていましたし、コミニュケーションのツールとしてもE-mailが台頭、もうこの通信手段なくしては人々は交流が出来なくなるほど。 ビジネス環境でもそれは同様となり、もうコンピューターを用いずにアナログな仕事をしている人はもう皆無、そして我々社会に生きる者もどんどんとコンピューターや電子通信の世界にのめり込み、生活の一部になってしまったことは疑いようもない事実となりました。 もう10年前くらいではそんなに革命的変化はないかな、と思いましたが、現代である2014年と当時が大きく異なる事は何でしょう? それはモバイルです。 ここ数年で今度は携帯端末としてのモバイル市場が爆発的に広がりました。 これもまた大きな通信や流通の革命と言えるでしょう。 人々の生活は更に便利に、そして楽しさが広がり、米国におけるスマートフォン市場は拡大の一途をたどり続け、とうとう小学生まで携帯電話を持つ時代に突入。 電話や通信が広がるにつれて、通信各社もサービスや価格競争に躍起です。 ここで乗り遅れると顧客を一気に失う可能性もあると、続々と魅力的なアイディアが生まれてきます。 更に使い手である消費者も独自の路線から商売に用いている人も多いですよね。 20年前、そして10年前、当時にこの様にモバイルが爆発的に普及すると考えた人はどれだけいるでしょう。 これだけ考えてもネットによる取引、ネットに関係する商売はどんどん増えてきています。 もう今どき機械音痴だったりするとビジネスの世界から大きく取り残されるでしょう、というくらい市場規模は大きく、この方法を使わない手はないと言えます。 現代社会に生きる、そしてその与えられた環境に臨機応変に反応していく。 もうこの段階で現代人の生活は既に 「時代の波に乗っている」 と言えるのかも知れません。

インターネット活用で、商売相手も分からないままビジネスする時代

インターネットを通じて何かを販売したい、という人たちにスポットを当ててみましょう。 インターネットは商売に大変に有用である、しかしその方法だけに頼って本当に商売が成り立つのでしょうか? 以前にもチラっと書きましたが、インターネットの世界は商取引にとって大変に便利であり、自身のウェブサイトさえあればどこの誰かも分からないような新規顧客を拾ってきてくれます。 効果的な広告を打ってマーケティングに出れば営業マンを雇い入れる必要もありません。 しかし誰でもどこからでもアクセスできる、という点については良し悪しな部分も多分にあります。 「誰でも出来る」 -つまり競争が激しくライバルも多く市場参入してくる。 そうなると消費者はネットサーフィンをしてトコトンまでリサーチ活動を展開、少しでも安価に入手できる店舗を探してきます。 表立って 「いやいや、弊社の場合はサービスがしっかりしているので、購入してからが他社とは異なります」 と謳ってもその説得力は非常に弱く、価格競争がいやしくももっとも大事になってきてしまいます。 確かに自社のサービスがどの様に顧客に対してどのように優れているか、というのもサイト内で謳うべきではありますが、消費者にその点をアピール出来るのはある程度競争力のある価格で消費者を納得させてからの作業となります。 「ウチは値段だけじゃないよ」 というのはある意味通用しにくい世界です。 いかに人の目に触れるか、という事はネットでのマーケティングにおいて至上命題。 購入する人の立場を考えて、その商品を購入しようという魅力に溢れた内容にしなければならず、それは並大抵の事ではない。 やはり日々の努力と常に動向を知るアンテナを養うべきです。

「誰の目にも留まるはず」 ではアクセス数は伸びません

日々の努力として 「どれだけの人に弊社ウェブサイトを認識してもらえるか」 と言うのがあります。 ウェブサイトがある、とそれだけで安心して胡坐をかいてはいないでしょうか? 果たして何の努力もせずにネットサーフィンをしている人たちが貴社のサイトをうまく見つけてくれるでしょうか? 丸腰で何も策を施さなかった場合 「驚くくらい誰も見ていない」 という存在になることと思われます。 誰かの目に留まらなければせっかく立派なサイトがあっても宝の持ち腐れ。 そこで俗に言われる 「SEO対策」 を講じなければなりません。 これは簡単に言うと何らか手段を使って検索してくる人々を手繰り寄せ、自身のサイトに導く方法です。 GoogleやYahooなどの検索エンジンでモノを探すときにはよく使いますよね。 この検索エンジンの目に留まり、エンジンで開いたページで一番上に表示されればワンクリックで見てもらえる確率がグッと広がる。 要するに検索エンジンに揺さぶりをかけて、あるワードで検索した場合の自身のサイトが出来るだけ上位に、もっと言えば1ページ目に表示されるのを狙うという事です。 しかしこれらの検索エンジンもある一定の基準を満たさなければ上位には易々と上げてくれません。 それには出来るだけ自身のサイトの更新頻度を高くして 「常に新しい情報があるよ」 という事をアピールする事。 それと検索に引っかかり易い、要するに貴社のビジネスに関連するワードを出来るだけ多く散りばめる事。 そうすれば検索エンジンが 「おっ、この人はマメに内容を更新しているし、ある一定のワードもたくさん使われている。 よし、上位に表示してやろう」 と検索ロボットが勝手に判断してくれます。 ただウェブサイトがある、というだけでは効果的なマーケティングになりません。 出来るだけ積極的に更新するなどして 「攻めのマーケティング」 に転ずることをお勧めします。 このSEO対策についてはGoogleなどで検索すれば山ほどそのコツが公開されています。 ウェブサイトは持っているだけではダメ、その管理が出来てこそ初めてマーケティング力が発揮できるというものです。

騙されるという図式を壊そう

ここまでは 「障害」 という程のことはなく、それなりのマーケティングはウェブサイトがあったとしても必要ですよ、という話です。 ではここまでの話を念頭おいて、そろそろ今回のテーマであります 「インターネットの障害」 についてお話ししましょう。

これは買う側も、そして売りたい側も同じですが、みんながみんな 「騙されたくない」 と思っています。 相手が見えない、どこにいるのかすらも分からない相手と取引をするのですから、ナーバスになって当然ですね。 ただ数回のメールのやり取りで 「この人は誠実そうだから大丈夫だろう」 と最悪の事態を考えつつも取引に応じてしまう。 世の中そんなに悪い人ばかりではありませんので、殆どの場合が騙されたりすることもないとは思います。 しかしごくごく少数の悪人に引っかかって被害を蒙った人も多く存在していることを私は知っています。 かくいう私も過去の取引を思い出しては 「あの時こうしておけば」 とか 、「どうして全額を支払ってしまったのだろう」 と後悔をすることがあります。 騙されないようにすることはその人の基準によるのでしょうが、詐欺に遭ってしまった殆どの人たちは 「そんなはずではなかった。」 と平常心であれば間違いなく騙されることはない、と思っていることでしょう。 しかし巧みな話術にかどわかされて、落とし穴にハマってしまうのです。 これらを避けるにはやはりしっかりとした計画を持つこと、そして甘い話には一切乗らない事が大切でしょう。 怪しい話には常に猜疑心を持つ、そして最悪の事態が本当に起こったら… ということを深く考えて。 それを見抜く簡単なコツとしては 「支払い時期」 を見極めることです。 詐欺を働く連中はとにかくお金を引き出そう、払わそうと躍起になってあの手この手を使います。 こちらがどうしても欲しいものでも初回の取引で全額を支払ったりしてはいけません。 先方が有利になればなるほど相手の条件を呑んでしまいがち。 しかしこれはビジネスなので、と割り切って内金を収めてから商品を受け取るようにするなどの方策を取りましょう。 E-bayなどで購入する場合、現金を要求してくる人間もいますが、そこは要交渉。 そしてどうしてもこちらが不利になるような決済方法を求めてくるのであれば、最小限のリスクを取らずに取引を諦めましょう。 また全額支払わなければならないような状況に陥った時は、銀行送金などで一括で支払いをせずに多少の手数料を支払っても、Paypalなどきちんと管理されている金融機関のサービスを用いましょう。 「大丈夫だろう…」 は勝手な自己判断であり、大丈夫な要素すらない場合が殆どです。

第3機関を使っての決済も存在

それとは逆に今度はモノを売る側になった場合、これも売主、買主の立場は入れ替わりますが基本的には同じこと。 特に決済に気をつけます。 相手を信用しきって商品代金を受け取る前に商品を送ってしまう、物品をまず輸出してしまう、などということは商売の原則に反します。 貿易の場合ただ離れているから、という事以外は普通の商習慣に基づいて取引されるべき。 すなわち小売店で我々が買い物をするのと同様、基本的には代金引き換え=代引きが一大原則です。 仮に初めての取引だったり、金額が張る大口取引だったりする場合は詐欺行為を防ぐ良い方法があります。 これは取引銀行を決済に介在させることです。 インターネットが普及してからは金融機関のサービスや決済方法が大分簡素化されこのような方法はもう稀にしか用いられていませんが、元来貿易で見えない相手と取引をする場合に多く用いられていた決済方法として 「L/C決済 = Letter of Credit / 信用状取引」 という方法があります。 これは金融機関と船会社、双方ともライセンスを持つ社会的に信用のおける機関を介在させ、この信用状を基に国際法を背景に決済取引を円滑に進め、更には詐欺行為などを未然に防ぐ方法として今もなお存在する便利な決済方法です。 買主が取引銀行にてL/Cを開設、商品代金をL/Cを開設した金融機関に納めます。 売り主側が全ての出荷を整えて、貨物を積載した本船が出航すると今度は船会社からBill of Lading / 船荷證券が発行されます。 この書類は金融證券と同等に扱われるのでしっかり船積みされた事が確認されなければ船会社からは発行されない書類です。 この文書を銀行に提出し、全てL/Cの条項に沿って貨物が無事に不正なく輸出されたことが判明した段階で売り主側に銀行から商品代金が支払われます。 このように金融機関や船会社という 「堅い」 機関を通じて安全な取引が出来る、これがこのL/Cの魅力です。 ただ書類をたくさん用意しなければならない、銀行の手数料が高いなどから小規模の商売には用いられないことが多いです。 小規模であればこの決済方法からスケールを小さくしたようなPaypalを用いると良いでしょう。 こちらも多少経費はかかりますが、騙されるリスクを最小限に抑えられるのであれば有用であると考えます。 とにかくいかなる取引でも騙されないように慎重に運ぶ事。 多少の経費とリスクを天秤にかけて費用を惜しまずにまずは防衛体制を整えるのが 「詐欺行為」 を寄せ付けない抑止力となるでしょう。 くれぐれも金品授受は慎重に。

今回は、あまりに当たり前過ぎるお話でしたが参考になりましたでしょうか? 「そんなこと百も承知よ!」 などと思っていても、あなたがいざ決済する段になれば 「本当にこれで大丈夫なんだろうか?」 と不安になったりすることもあるはず。 大胆になることは必要ですが、決済だけは慎重にしても悪いことは何もありません。 相手に 「こいつ細かいな~」 と思わせるくらいの方がいいかも知れませんね。

さて次回は 「輸送会社、実は情報の宝庫」 と題し、我々輸送業界の余り知られていない実態に迫ります。 情報戦略に必要不可欠な内容とは… どうぞご期待下さい。

2014年 8月 15日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES