マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第50回 : update
「さぁ、貿易 始めてみよう!」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2014年 7月 24日更新

第8回 : ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性

早いものでもう2014年も7月になり、もう既に半年過ぎちゃったなんて信じられませんね。 ついこの前 「あけましておめでとう」 を言ったばかりだと思っていたのに。 道理で早く歳とっちゃいますよね~。 みなさん、この独立記念日はどう過ごされましたか? 珍しく今年は週末と重なったお蔭で、連休になった方が殆どではなかったでしょうか? しかし不景気から市制の予算縮小に伴い、独立記念日の花火をやらないという地区も相変わらず多いみたいです。 世相と言うか、財政難から市民の意志とは関係なく政府機関がこのような 「市民のための催し」 を削っていくのは本当に哀しいこと。 それだけ景気が悪いってことでしょうかね? 米国では景気は回復基調にあるという試算がいつも出ていますが、それを実感している人は案外少ないかも知れません。 日本でもこの4月で消費税率が8%に上がり、消費者の買い控えの影響で、第2四半期の経済はメチャメチャに。 ある程度政府も予想はしていたでしょうが、我々民間企業にはこのツケが大きく回って来ています。

まずは景気動向を把握する

冒頭の話に付随しますが、6月上旬に日本の財務省と内閣府が、第2四半期の企業を対象とした景気予測調査を行い、第3四半期の景況感予測を発表しました。 やはり今年の4月1日以降、消費者の買い控えが響き、昨年の第4四半期である10月から12月までの水準から大きく27ポイントも下落。 例年商売が冷え込むと言われる1月から3月までの本年第1四半期に比べても、15ポイントと大きなマイナスを記録しました。 しかし日本政府は、この消費税率上昇後の買い控え現象を既に織り込み済みで、強気にもこの夏から秋にかけての第3四半期では大きく消費経済が回復し、先行き見通し明るく好景気に転じると予想しています。 暑い夏に向けて、夏のボーナスを手にした人々の財布の紐が緩み、新しい消費税率にも慣れて消費が上がるという事でしょう。 私自身これを聞いて 「ホンマかいな?」 と思いますが、政府は市場に景況感が漂い、不景気から一転して人々は潤うとの事。 何とかその予想通りになればいいのですけど、果たしてそんなに短期間で経済が回復するのかどうかには疑念を抱かざるを得ません。 おっと、本題から危うく逸れそうになりました。 恐らく読者の方々は 「おいおい、テーマとかけ離れちゃってんじゃないか」 と思われるでしょうが、この景気動向や経済指標は意外と今回のテーマと関係があるんですよ。

時代の波に乗るとは?

早い話 「取り残されるな」 という事です。 世の中には様々なブームがあり、そのムーブメントが生まれる度に、また誰かがそのブームに関連付けた商売をしてお金儲けをしています。 そのブームというものは誰かが仕掛けて世の中に広まっていくのですが、それは誰かが金儲けのために作為的に仕掛けているという場合も少なくはありません。 一体誰が20年前に、ここまでのインターネットやモバイルの普及を予測できたでしょう? 日本でも韓流ブームなどと韓国のドラマやK-Popが流行りました。 それもまだ誰もが興味を持っていなかったところから始まっています。 仕掛ける人がいて、更にはそのブームに乗じて利益を得ようとする人がいる。 そしてそのブームが火付けとなったマーケットはどんどん拡大していきます。 しかしそのブームがピークを過ぎてしまうとどうなるでしょう? 流行ものなので人気は急落、人々の注目度もどんどん下がっていき、最後には安売りや処分の対象になる商品も多いです。 例えば10数年前に大変なブームになった 「たまごっち」 や、30年前に一大ブームを作った 「ルービックキューブ」 など、当時は店頭に品物がなくなり、別の市場に高値で販売されたりしていた貴重品でした。 どこの小売店も、仕入れればすぐに売れるので大量に注文するものの、製造側がそれに追いつけないのか、はたまた出し惜しみをして価格や更なる人気高騰を煽るのか、ブームに火が付くと、なかなか消費者の手元に行き渡らない。 そしてそれがまた人々の欲望を掻き立て、入手困難ならば尚更欲しい!という購買意欲を煽ります。 そうなると製造側や仕入れ側には大変有利な状態となり 「モノがあればいくらでも買う!」 と強気に出ます。 ここまで来ると消費者の考え方も麻痺してくるのか 「とにかく欲しいので高値でも買いたい」 と思ってしまいます。 これはもう完全に、販売側がビジネス自体を掌握していると言えるでしょう。 こうなってしまえば商売は成功です。 ただもう一儲けしようと欲が出てしまい、引き際をわきまえなかったために、後手に回ってしまう事もあります。 ギャンブルと同様、勝っている時に引き際を誤って、あれよあれよと手持ちのチップが無くなっていく姿に似ています。 そこを潔く引けるかどうか、それもあなたが持つ商才の一部です。

与えられた社会現象、トレンド、メディアを味方にする

90年代後半にNikeのシューズで “Air Max” ってありましたよね? あの時のムーブメントも凄かった。 日本でメディアに踊らされたBuyerさんたちが、こぞってここLAに押し寄せて、Air MaxやAir Jordanの新モデルの発売日にスポーツ量販店前に列を作りました。 これは実話ですが、私の友人がやはり個人的趣味としてその靴が欲しかったので店舗に行くも、「多くの日本人が店の前に行列を作り、みんながみんなうつむき同じ姿勢でファッション誌である “Boom” を読んでいた」 (本人談) という笑えないエピソードがあります。 これは 「本場米国に行って、小売りでも良いので買えるだけ買ってこい」 という輸入販売業経営者の指示で、大挙して押しかけて来たのでしょう。 しかし当時を振り返ると 「米国まで行って小売りで購入し、納税まで済ませたものを本国に持ち帰って高値で売りさばく」 という事が可能なバブル後期であった頃であると言えます。 従業員数人を海外で買い付けさせるという事は、出張費などそれなりの経費が全て商品の小売価格に転嫁されているという事ですし、問屋から購入せずに海外のRetailsで購入するので当然割引などもありません。 なんと強気な買い付けなのであろうと、当時驚いた記憶があります。 そうです、これこそが時代にマッチした大胆な戦略なのです。 前述の “Boom” というその雑誌は当時、若者を中心に流行ったアメリカンカジュアルが主体でした。 いわゆる 「アメカジブーム」 の商品はアメリカからの輸入品であり、仕入れれば高値で売れるという、完全なる入れ食い状態だったという訳です。

ブームを生かして時代の寵児に

この時代にはAir Maxに代表されるスポーツシューズばかりだけでなく、古着やキャンプ用品、ゴルフやサーフボードのスポーツ用品に至るまで多くの商品が、ここ米国から出ていきました。 当時そのBuyerさんの教科書であったものこそ、その “Boom” 誌であり、これこそが 「火付け役」 だったわけです。 これは単なるきっかけに過ぎないかもしれませんが、この火付け役が新たなブームを呼んでくる。 そしてそれはすそ野を広げて蔓延する。 関連するものがどんどん売れて市場では枯渇する。 更なる仕入れを目論んで企業は海外に進出。 そして海外からどんどんモノを輸入して販売、莫大な利益が生まれるという仕組みです。 当時、こちらで輸出をしている業者の多くが数多くの仕入れを画策し、あの手この手と作戦を立てて、他よりも多くの商品を手に入れようとしていました。 そして大成功を収めた人も大勢いましたし、これをきっかけに独立をした会社員もたくさんいました。 この時代は、日本でこのようなブームがあったお蔭で、米国から商品が大量に流入し、多くの利益を得た企業が多かったのです。 それもこれも全てブームという現象があったからですね。 でもこれで成功した人たちは、自身のビジネスに対して真摯に向き合うだけではなく、綿密なる計画の下、大きな決断をしてきたからこそ偉業を成し遂げたと言えるでしょう。 そこの努力があるから報われるわけですね。

要は 「アンテナ」 を張り巡らす事

ブームとは時に大金を生みますが、その時期が去ると寂しいくらいに人が寄り付かなくなります。 そのブームに翻弄されて、着手が遅かったために大金を獲得するのを逃すばかりか、負の遺産である在庫などを抱えてしまって大赤字。 引いては倒産などの憂き目に遭った人も少なくないはず。 きっと 「たまごっち」 や 「バイアグラ」 で失敗しちゃった人も多いでしょう。 この人たちは先見の明があると踏んだのでしょうが、結果的に少し感覚がズレていたのか、勝負する時期が遅かったりしたのであると思われます。 先ほどの “Boom” 誌が教科書だったように、日本人は長いものに巻かれる傾向が強い。 ファッション誌での記事がメディアなどに取り上げられれば、その流行のカッコを求めて皆が追っかける。 オリジナリティーがないなど悪口も言われていますが、日本ではそのような文化が存在するのでしょうね。 しかしそこにビジネスが落ちているのかもしれません。 大事なことは 「常に情報収集のアンテナを張っておく」 という事です。 それは経済の動向しかり、若者たちのトレンドしかり、社会現象しかり、全ての分野においてビジネスの匂いをかぎ分ける事、そして情報を収集してアイディアを巡らせる。 そうしてビジネスのイメージを育てていくことが一番大切であると考えます。 時代に乗っかる重要性、これはビジネスの世界では非常に大きな要素であり、これを無視しては良いアイディアは生まれてきません。

今回はここまで。 いかがでしたでしょうか?
ビジネスセンスを磨く―これもまたあなたのビジネス道で重要なファクターとなり得るでしょう。

次回は便利なビジネスツールとして、もはや現代版ビジネスでは欠かすことが出来ないインターネットについてです。 しかしその盲点や障害など、あえてネガティブな部分にスポットを当ててみます。 お楽しみに~。

2014年 7月 24日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES