マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第59回 : update
ビジネス戦略特集Vol.3 E-Bayを攻略せよ!(後篇)

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス
第54回 : 
あなたは読めますか?「L/C」読めなきゃ貿易のプロじゃない!
第55回 : 
緊急事態発生!米中貿易戦争激化の様相
第56回 : 
ビジネス戦略特集Vol.1「E-bayを攻略せよ!」
第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」
第58回 : 
ビジネス戦略特集Vol.3 E-Bayを攻略せよ!(前篇)
第59回 : 
ビジネス戦略特集Vol.3 E-Bayを攻略せよ!(後篇)

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2014年 1月 23日更新

第2回 : 自分が貿易? 一体オレに何が出来る?

こんにちは。前回のコラムはいかがでしたでしょうか? お読みになったみなさんは 「そんなこと百も承知よ、何を今さら…」 と感じられた事でしょう。 しかし、貿易とて普通の商取引と変わりはない、という事は基本原則中の原則。 確かに分かりきったことではあると思いますが、これが頭に入っていないとな~んとなく利益を追う事になり、商売の本質がブレる可能性があります。 また近所の商店で物品を購入するような気安さで、余り難しく捉えないようにする、勇気を持って行動するというのも、海外との取引で重要な精神性であります。 まあ、みなさん、そんなことはお分かりですよね。

まずは “やる気” から

さて第2回目ですが、初回は余りにも人を小ばかにしたようなベーシックなお話しでしたので、今回から 「じゃーどうすんのさ」 というお話に入ります。 会社勤めをしていた人が、ある日突然一念発起。 「よっしゃー、今から貿易で食っていくぞ。 会社員は今日で終わりだ!」 と意気込んで始められるほど甘い世界ではありません。 しかしその 「やる気」 はもちろん大切です。 では始めるにあたり、一体何が必要なのか? 「オレって何もない。 こんなオレでもやれんのか?」 ってことが頭をもたげるでしょう。 でもこれはあくまでも野心があるかないか、という大きな分かれ道。 野心があり、オレはこの世界で食っていく、きっと今の貧乏を脱して貿易王になっていろんな国の人々と取引したるっ!という情熱がある人はきっとうまくいきます。 そしてそのような考え方の人は、きっと誰にも負けない気持ちと商売成功への努力が出来るでしょう。

しかしその逆で 「人に頼まれたから」 とか 「サイドビジネスったらこんなのしかないでしょう~」 という考え方、はたまた 「暇だから」 とかが理由だったら思わぬケガをするかも知れません。 しかしサイドビジネスであったとしてもやり遂げよう、成功させようという強い意志があれば目的は達成できるかもしれません。 とにかく 「商売を成功させよう」 という闘志がまず必要です。 楽に儲けられるなどという事はあり得ませんので甘い考えは捨てる。 貿易は立派な相手があってのビジネスですので、利益を得ることもあればリスクを背負う事もあり得ることを理解しましょう。 分かりきったことではありますが、まずは情熱を持って仕事に取り組む強い意志を持つことが大切です。

キッカケ探し

何もないところで一から始めるのは本当に大変で、それはそれは気の遠くなるような話です。 しかし商売で大成功した数多くの先駆者たちも何もないところから始めています。 草木も育たないような荒地を自ら耕し、種を蒔き栄養を与える。 そして芽生えの時が来てどんどん大きくなる。 気が付けばそれ相応の利益が出て自立して食えるようになるまで育つ。 ビジネスもまさにそんな感じでしょう。 そしてまず最初にやるべきことは 「周りを見渡してみること」 です。 あなたが現在どんな環境にあるのか? どんな人脈を持っているのか? そんなところからビジネスに発展しそうなキッカケを探してみましょう。 例えばあなたの出身地が全国的に有名な名産品を生産している。 これを世界に広める、ということもあなたが住んでいた場所の特色を知ればこそのアイディアであることは間違いありません。 もしもその地域に住んでいた経験もなく、その名産品に対する知識も造詣もなければ考え付くことすら出来ないでしょう。 またあなたのお友達がどんな仕事や商売をしているか、海外にどのようなニーズがあるか、これもあなたの貿易ビジネスをするキッカケを与えてくれるかもしれません。

米国に移住後に成功した人の中にはこのようなチャンスを掴んで自身のビジネスに結び付けた方が大勢います。 こちらに留学目的で渡米したものの、日本にいる知人から小遣い稼ぎのようなバイトを依頼され、米国に売っているモノを小売店で買って日本に送った。 その後もそのバイト程度の買い付けは需要を増し、更に依頼が増える。 そして今度は取引の量が多くなり、店舗での小売り商品を買うのではなく買い付け先を開拓し、小売よりも安価で購入できる供給元を見つけた。 その価格が日本での輸入者に気に入られてどんどん依頼が増える。 片手間では仕事ができなくなり会社を設立し、卸売ライセンスを取得し立派な商社として成り立った…などというサクセスストーリーも無きにしも非ず。 何がキッカケになるか、何が起爆剤になるか、やってみないと分かりません。 恐らくその成功を収めた人々も、最初からこの仕事をして生計を立てていこう、などと思って始めた人はいないはず。 それはそれぞれ自身の周りにあるチャンスに巡り合い、それをモノにしていったという事です。 もちろんそこには運もあるでしょうし、たまたまの偶然なのかも知れません。 しかしそのどこかに転がっていそうな 「千載一遇のチャンス」 を逃してはいけない、逃がさないという事が大切なのです。 これがあなたの貿易人生の転機になるかも知れないのですから。

チャンスを逃すな!

ではどうして高いモチベーションを持ち続ければいいのでしょうか? 人間時には何も考えないでぼ~っとして過ごしたい時もありますよね? 常にビジネスチャンスを探して躍起になっていては精神的にも疲れます。 しかし何も特別な行動が必要なわけではありません。 ただ気持ちをビジネスマインドに持っていくだけです。 そして下記のようなことを実践してみましょう。

1. 人と話をする

通常の会話の中にもビジネスのチャンスは落ちているかも知れません。 海外の友人が欲しいものが、実はあなたの別の友人が得意としている分野だったりすることも。 また話し相手が年上の人、あるいは年配の大先輩だったりした場合は、その先駆者たちがビジネスに対する心構えやアイディアを教えてくれるかもしれません。 人と話をすること、そこでキッカケを見つけられる可能性は非常に高いです。

2. 本を読む

読書を通してモチベーションを上げましょう。 それは偉人の歴史であったり、ビジネス書だったり。 あらゆる読み物を通して自分を高める。 そしてアイディアを得る努力をすることです。 また 「俺にも出来る、出来そうだ」 と思うだけでも志が変わっていきます。 新聞やネットで情報を集めるだけが勉強ではありません。

3. 人の職場を覗いてみる

社会勉強の一環だと思って友人や取引先を訪問してみましょう。 そこで見たもの、そこで生まれた会話に意外にもヒントになることが隠れているかも知れません。 目からウロコ、知っているつもりでいたのに知らなかった事実にも多く出会えると思います。

このように、闇雲に貴重な時間を使わずとも、ちょっと思考や見方のアングルを変えるだけで、自分ができるビジネス、または自分がやりたいビジネスが見えてくることがあります。 そして 「その自身のアンテナを常に張っておくこと」 「ビジネスを嗅ぎ分ける力を身につけること」 「そのチャンスが来た時に確実にモノにできるように自身を奮い立たせておくこと」 これが大事です。 その気持ちや野心、そしてアイディアと実行力があればきっとそのチャンスを手繰り寄せることが出来るでしょう。 貿易の商売をしようという方はきっとそんなキッカケを得て実行に移しています。 それは誰にでもある“ちょっとした可能性”から始まるかも知れないのです。

次回はいよいよ実戦に入っていきます。貿易ビジネスを始めるにあたって日常使われる貿易用語やルール、常識について解説して行きます。題して 「これだけは知っておきたい貿易実務用語」。この回を読み終えたら、あなたも貿易ビジネスをスタートできるかも!?

2014年 1月 23日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES