ジョセフピテラ弁護士の『家族や離婚にかかわるトラブル』かけこみ寺

家族や離婚にかかわるトラブルで悩むすべての方の力に。1994年以来の長年の経験と実績をもつジョセフピテラ弁護士監修で離婚や家族のトラブル、及びそれらにかかわる刑事事件を絡めながら問題解決に役立つ情報をお届します。さまざまな情報が飛び交うこの時代で正しい情報・知識を発信し迅速な問題解決につながるようお手伝い致します。

2023年 1月 16日更新

第10回 : 離婚前に、相手や自分が起こした「破産」について③

シリーズ(第8回9回)で離婚調停中や離婚申請直前に起きた(起こした)相手や自分が起こした破産についてお届けしています。

今回からは「破産免税法」について説明します。

一般的なカリフォルニア州の破産免税

一部の州では、申告者に州と連邦の破産免税法のどちらかを選択させていますが、カリフォルニア州は州の免税法を適用する必要があります。ただし、自分に最適な免税制度を選択することはできます。カリフォルニア州は、2つの州の免税制度がある唯一の州です。

一般的に、住宅を所有する債務者には「システム1」が適用されます(該当する民事訴訟法のセクションの後に「704」免除と呼ばれるものです)。「システム2」または「703」の免除は、他の種類の資産を保護するために「ワイルドカードの免除」を適用する債務者にとってメリットがあります。また、連邦の破産しない免税法のいずれかを使用することができます。

共同で申請する夫婦の場合、一部の州では免税額を2倍にすることができます。ただし、カリフォルニア州では、例外を除き配偶者は免除を2倍にすることはできません。

カリフォルニア州破産免税制度1(704免税)

以下に、カリフォルニア州の破産申立人が一般的に使用する免税制度をご紹介します。

カリフォルニア704ホームステッド免除

家屋敷免除は、主な住居の一定額の資本を保護するものです。「システム1」(704免除)では、トレーラーハウス、ボート、株式協同組合、コミュニティーアパート、計画開発、またはマンションなど、破産申請時に居住している不動産または個人資産を免除できます。免除額は年齢や各郡によって異なりますので、詳細については、オンラインなどで「カリフォルニアホームステッド免除」を参照してください。

カリフォルニア704自動車免除

車、トラック、オートバイ、または他の車両の保護してくれます。「システム1」の車両免税額は 3,325ドル~です‐§704.010。

動産

家庭用品および私物(§704.020)を保護してくれます。

  • 家を修理または改善するための住宅用建築材料は、最大3,500ドル〜(§704.030)
  • ジュエリー、家宝、芸術作品は最大8,725ドル(§704.040)
  • エイズ(§704.050)
  • 1,788ドルまたはサポートに必要な範囲の銀行預金-§704.225
  • 社会保障の支払いから生じる銀行預金は、1人の受け取り人が最大3,500ドル(夫婦の場合5,250ドル)で、資金が混ざっていなければ無制限です。最大1,750ドル(共同受け取り人としての夫妻の場合は2,600ドル)までの他の公益支払いによる銀行預金-§704.080
  • 人身傷害および不法死亡の訴因および支援に必要な回復-§704.140および§704.150
  • 墓地と埋葬地-§704.200
  • 賃金
  • 破産を申請する前の30日以内に支払われた賃金の75%-§704.070
  • 公務員の休暇クレジット(分割払いを受け取る場合は少なくとも75%)-§704.113
  • 退職と年金
  • 免税退職金口座(401(k)、403(b)、利益分配、金銭購入プラン、SEPおよびSIMPLE IRA、確定給付プランを含む)-11 U.S.C. §522。
  • IRASおよびRothIRA(制限あり)-11 U.S.C. §522(b)(3)(C)(n)(この金額は連邦法によって設定されています。金額の更新については、連邦破産免税を参照してください)
  • 公的退職給付-§704.110
  • IRAとKeoghを含む民間の退職金制度と給付-§704.115
  • 公務員-Cal。 政府コード§21255。
  • 郡の従業員-Cal。 政府コード§31452。
  • 郡の警察官-Cal。 政府コード§31913。
  • 郡消防士-Cal。 政府コード§32210。
公益
  • 失業手当と障害手当、および労働争議による組合手当-§704.120
  • 労働者災害補償給付-§704.160
  • 公的支援給付-§704.170
  • 移転のメリット-§704.180
  • 学生の財政援助-§704.190
  • FEMAのメリット-§704.240
貿易のツール

工具、道具、材料、本、ユニフォーム、楽器、1台の商用車、機器および備品は、合計で最大8,725ドル、または同じ職業の両方の配偶者が使用する場合は最大17,450ドル-§704.060。

保険
  • 無制限の価値のサポートに必要な成熟した生命保険給付、または最大$ 13,975-§704.100の未成熟な生命保険契約
  • 障害または健康保険の給付-§704.130。
  • 住宅所有者の保険は、受け取ってから6カ月間、住宅地の免除額まで-§704.720。
  • 身元保証-Cal。 労働法§404
  • ポリシーが債権者への支払いの使用を禁止している場合、生命保険は進行します-Cal。 保険コード§10132、§10170、§10171。
その他
  • ビジネスライセンスまたはプロフェッショナルライセンス-§695.060。
  • 325ドルから-§704.090の受刑者の信託基金
  • ビジネスパートナーシップの財産-Cal。 法人コード§16501。

2023年 1月 16日更新

他の弁護士事務所であきらめられてしまったケースにも対応しています。
あきらめずに24時間日本日本語無料法律相談にお気軽にご相談ください。

TEL: 310-756-2571

Columnist's Profile

弁護士Joseph L Pittera(Law Office of Joseph L. Pittera)

1994年より法律全般に携わり、特に親権・養育費・DV問題、離婚に伴う財産分与など家族や離婚にかかわる家族法に関して豊富で幅広い経験を持つ。それだけでなく、刑法、破産法、会社法などの様々なケースを取り扱ってきた。他の弁護士事務所ではあきらめられてしまったような複雑なケースも最後まで根気よく対応している。

24時間日本語無料法律相談も行っているのでいつでも日本語で相談できる。

※本コラムはJoseph L. Pittera弁護士による法律アドバイスを日本人パラリーガルが翻訳・編集したものです。

Law Office of Joseph L. Pittera

1308 Sartori Avenue Suite 109, Torrance,90501 USA
TEL:
310-756-2571
EMAIL:
yumi.jpitteralaw@gmail.com

Law Office of Joseph L. Pittera について詳しくはこちらをご覧ください。

次回のコラム

COMING SOON
  • 第11回 : 離婚相手が破産しました。養育費が払ってもらえるか心配です。
  • 第12回 : 離婚・家族間のトラブル、どんなケースでも弁護士は必要?その理由は?