Education Advisor
Noriko Hoshi America Kango TEL: 213-595-7139
info@americakango.com

最新コラム

第96回 : update
新型コロナウイルス禍における情報トラブル

バックナンバー

第1回 : 
天使のお仕事 -バスケ生活の最後となったあの日。-
第2回 : 
資格取得から就職までの流れ(Q&A)
第3回 : 
生徒さんの例1
第4回 : 
生徒さんの例2
第5回 : 
生徒さんの例3
第6回 : 
アメリカの看護師資格と日本の看護師資格
第7回 : 
NCLEXとは?
第8回 : 
看護留学 これだけは知っておきたい
第9回 : 
いざ、渡米! ロサンゼルスでの通学環境
第10回 : 
病院での実習について
第11回 : 
アドバイザーから皆様へ
第12回 : 
アメリカにおける看護師の就職活動
第13回 : 
アメリカ看護留学の正しい情報を伝えたい ~HOSHI World Inc.起業のきっかけ~
第14回 : 
夢の実現に向けたサポート開始。 日本で初の個人カウンセリングを実施します!
第15回 : 
日本滞在レポート第1弾 - 東京で初の個人カウンセリングを実施! -
第16回 : 
日本滞在レポート第2弾 - 留学斡旋会社とのミーティング -
第17回 : 
看護留学に関するQ&A - 日本在住者からのご質問 -
第18回 : 
看護留学に関するQ&A - アメリカ在住者からのご質問 -
第19回 : 
アメリカにおける看護学校選びのポイント
第20回 : 
~体験談Vol.1~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第21回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2弾開催~
第22回 : 
日本滞在レポート ~日本の看護留学関連会社や学校との提携を実現!~
第23回 : 
~体験談Vol.2~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第24回 : 
出会いと別れ。人が死に直面するとき。
第25回 : 
~体験談Vol.3~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第26回 : 
米国看護師試験 『NCLEX (エヌクレックス) 』 とは?
第27回 : 
アメリカ看護留学までの流れ
第28回 : 
~体験談Vol.4~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第29回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第3弾開催~
第30回 : 
~体験談Vol.5~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第31回 : 
現地での看護実習について
第32回 : 
教えてQ&A ~アメリカ医療現場から~
第33回 : 
~体験談Vol.6~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第34回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと①
第35回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと②
第36回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ①
第37回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ②
第38回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ③
第39回 : 
体験談 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい! 【番外編】スペシャルインタビュー
第40回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第4 弾開催~
第41回 : 
依頼?依存?看護留学サービスに何を求めるか
第42回 : 
America Kangoに寄せられるご相談
第43回 : 
~体験談Vol.7~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第44回 : 
~体験談Vol.8~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第45回 : 
アメリカの看護教育
第46回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで専門職に就くための心得」
第47回 : 
スペシャルコラム: クライアント便り① ~看護留学を終えて~
第48回 : 
~私のつぶやき~ 「看護留学の財産」
第49回 : 
【スペシャルコラム】クライアント便り② ~看護留学を終えて~
第50回 : 
~体験談Vol.9~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第51回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第5弾開催~
第52回 : 
~体験談Vol.10~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第53回 : 
NCLEX書類審査とRN取得後の現状
第54回 : 
LAで働く看護師 Vol.1 ~念願のRNに!現地で就職しました!~
第55回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!前編~
第56回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!後編~
第57回 : 
アメリカにおける看護師の地位 ~気になる業務内容や年収は?~
第58回 : 
現場で“使える看護師”になりたい!~医療英語受講に関して~
第59回 : 
日本セミナー開催迫る!「アメリカ看護師になって現地で就職するには!!」
第60回 : 
アメリカで看護師になって現地で就職するには!
第61回 : 
~体験談Vol.11~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第62回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第1弾
第63回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第2弾「セミナー参加者の感想①」
第64回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第3弾「セミナー参加者の感想②」
第65回 : 
~体験談Vol.12~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第66回 : 
今年を振り返って。 2018年の看護師事情
第67回 : 
LAで働く看護師 Vol.3 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第68回 : 
LAで働く看護師 Vol.4 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第69回 : 
LAで働く看護師 Vol.5 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第70回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで成功する看護師とは」
第71回 : 
アメリカで拡大するRN需要
第72回 : 
「私たち看護留学します! ~日本からの挑戦~」Vol.1
第73回 : 
2018夏:日本セミナーレポート第1弾
第74回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2 弾開催~
第75回 : 
アメリカ看護師事情Q&A ~気になる年収や就職先は?~
第76回 : 
~体験談Vol.13~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第77回 : 
アメリカ看護師Q&A「マグネットホスピタルって何?」
第78回 : 
夢を追う"アメリカ看護仲間"第1回お食事会開催!
第79回 : 
"アメリカ看護仲間" 第1回お話し会 in Japan 開催!
第80回 : 
~体験談Vol.14~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第81回 : 
NCLEX勉強法
第82回 : 
~体験談Vol.15~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第83回 : 
アメリカ看護師は生涯勉強!RN免許更新について
第84回 : 
~体験談Vol.16~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第85回 : 
2019夏 日本滞在レポート
第86回 : 
日本滞在レポート 第2弾
第87回 : 
アメリカ看護留学最新事情
第88回 : 
~体験談Vol.17~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第89回 : 
医療従事者の気になる年収!「2019年度ベスト・ヘルスケア・ジョブ」
第90回 : 
~体験談Vol.18~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第91回 : 
“アメリカで看護師として働く夢”を確実に実現するためには
第92回 : 
アメリカで看護師として働きたいなら、英語力+コミュニケーション力!
第93回 : 
~体験談Vol.19~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第94回 : 
~私のつぶやき~ 「看護師資格を取っても、永住権が取れず帰国する人が増えています!」
第95回 : 
チャンス到来!どうなる?2020年アメリカ看護留学事情
第96回 : 
新型コロナウイルス禍における情報トラブル

チャレンジ!看護留学&就職 ~アメリカで看護師になるには~

天使の街、ここLos Angelesより看護師資格取得に関する情報提供をします。夢を持ってやりがいのあるお仕事に就きたいと願うあなたにとって役立つ情報となるよう私も負けない情熱を持ってコラムの執筆に挑戦します。

2020年 5月 1日更新

第95回 : チャンス到来!どうなる?2020年アメリカ看護留学事情

2020年、アメリカ看護留学は、大きな変化の時期を迎えます。

今年は、4年に一度のアメリカ大統領選挙の年。この大統領選挙の行方は、決して看護留学と無関係ではありません。大統領が変われば、法案が変わり、就労ビザ取得や雇用にも影響があるからです。さらに、1月から世界中で新型コロナウイルス(COVID-19)が感染拡大し、アメリカの看護師事情にも大きな変化が起きています。このような情報や変化を知っているか知らないかで、これからアメリカ医療業界で看護師を目指す皆さんの将来が大きく変わる可能性があります。

弊社では、3月中旬から、以下のような内容のご相談を受けることが多くなりました。

  • 来年、日本の看護大学を卒業後に渡米予定です。新型コロナウイルスの影響はその頃には収まると思うのですが、これからアメリカ看護留学をしても大丈夫なのでしょうか?
  • 新型コロナウイルスのため、今アメリカでは失業率が高く、多くの会社が倒産しているようです。アメリカ看護さんは倒産とかしませんか?
  • RN資格を取得し、昨年12月に日本に帰国しました。永住権スポンサーなんてないだろうと思っていたのですが、新型コロナウイルス対応で、アメリカは医療従事者不足だと聞きました。私にもチャンスがありますか?
  • RNライセンスを取得しており、8月ごろに他州に引っ越す予定です。ライセンス移行をしたいのですが、新型コロナウイルスによる問題はあるのでしょうか?

新型コロナウイルスの問題が起きてからも、弊社では、新規の問い合わせや、以前問い合わせを頂いた方からの有料カウンセリングとサポート申し込みが増えております。これには以下のような理由があると考えます。

①新型コロナウイルスの影響による看護師不足

アメリカでは失業者が増える一方で、医療従事者、特に看護師の雇用は大きく伸び、常に人手不足の状態になっています。海外からの看護留学生にも目を向けられており、全米で看護師が足りない状況であることは間違いありません。以下は、カリフォルニア州が出した情報です。

これによると、他州の看護師資格を持つ看護師(RN)、また看護師受験資格がある者(ATT取得)は、6カ月間有効のカリフォルニア州看護師免許証を取得できます。

②個々の状況に合ったサポートを行っている

アメリカ看護師資格を取得する際、全米一律で書類申請を行いますが、海外の看護学校のカリキュラムや教育課程から考えると、実際には、州毎に異なる観点で申請者を見ているようです。そのため、弊社では、個々の状況に合ったサポートを行っており、これまで申請をサポートした方は、全員問題なくNCLEX受験許可証を受理されています。3月20日~4月20日までは、新型コロナウイルスの影響で、各州の看護協会やUSCIS(U.S. Citizenship and Immigration Services)などの機関の閉鎖や時間短縮などがありましたが、これからは一気に動きそうですので、この時期にアメリカで看護師になるための受験申請書をお勧めします。現在、全米でたくさんのフィリピン人看護師たちが働いていますが、それは過去にアメリカが、海外医療従事者への特別雇用体制を打ち出した時期があったからです。これはあくまで私と知り合いの弁護士の予想ですが、11月にアメリカ大統領選挙を控えていることもあり、法案などが大きく変わる可能性があります。

ただし、注意して欲しいのは、日本の看護師でも、前述のように一律の書類申請内容で審査されるとは限らないということです。同じ日本人でも、看護学校毎に教育目標やカリキュラム、時間数、ユニット数は異なりますので、申請の際には注意してください。このNCLEX申請が永住権申請の際にネックとなるケースがあります。詳細は「第94回:~私のつぶやき~「看護師資格を取っても、永住権が取れず帰国する人が増えています!」をご覧ください。

新型コロナウイルスが収束するまでには、まだ時間がかかると予想されます。今後も、アメリカでは医療従事者の需要が高まっていくでしょう。そこで、これからアメリカ看護留学を目指す方、そして現在アメリカ看護留学をしている方にお伝えしたいことがあります。

これから看護師を目指す方へ
即戦力として活躍できる英語力を身に付けよう!

今、アメリカの医療業界では、即戦力が求められています。日米で看護師として活躍されているYさんから、以下のようなメールをいただきました。

「現在、世界中が厳しい状況で、留学されている全ての方が辛い状況ですね。私は、SNSを通じて、看護留学中の方、看護留学予定の方から連絡を受けることがあります。私がその方達に伝えているのは、書類の申請時に対応できなくなるので、留学斡旋会社はいくつもまたがって依頼しない方が良いということです。また、斡旋会社などに任せても、アメリカでの就職には至りません。自分で何でも英語で対処できることが第一です。雇用側は即戦力が欲しいのです。資格はもちろんですが、英語力とコミュニケーション能力が必要なのです。今の時点で、自分が英語で電話対応できるか考えてみてください。医学知識と共に英語力です!就職したいなら即戦力です。負けるなコロナに!時間の有効活用を!」

現場で働くYさんの言葉だけに説得力があります。アメリカ留学を目指している方で、自粛中で時間がある方は、ぜひこの機会にしっかり勉強してください。

現在、看護留学中の方へ
永住権申請プログラムへの申請を

これまで、弊社の「看護師永住権スポンサーシッププログラム」に申し込みされた方は、全員が永住権を取得し、現在全米各地で合法的に看護師として働いています(書類申請後9カ月目には労働許可証が発行され合法的に働くことができるようになり、働きながら永住権インタビューを待つのが通常です)。分野毎に専門家がいるように、看護師として永住権を取得する際にも、さまざまな条件をクリアする必要があるため、信頼のおける専門家を探してください。どんなに素晴らしい看護師であっても、永住権のスポンサーをしてもらえなければ、働くチャンスはありません。今後さらに医療業界では看護師の需要が高まるでしょう。看護師として合法で働けるように、ぜひ永住権を申請してください。

最後に、前出のYさんや、アメリカで活躍している日本人看護師が、口をそろえておっしゃっている言葉をご紹介します。

「初心を忘れず、強い意志を持つ。情報源が日本人だからといって、安易に確証のない情報をうのみにしたり共有したりしないこと」
「お金に余裕をもって渡米すること」
「励ましてくれた人やお世話になった人への感謝の気持ちを忘れずに」

チャンスはもちろん自分でつかむものですが、そのチャンスを自身で逃してしまった看護師たちをたくさん見てきました。このような状況下だからこそ、正しい情報を見極めて、自分の夢を叶えてください!応援しています!

コラム医学英語をオンラインで学ぼう。医師・看護師、医療従事者向けの個別英会話オンラインレッスン

弊社では、コミュニケーション、医療会話、医療知識にフォーカスした英会話オンラインレッスンを提供しています。渡米前そしてOPT中の学生を対象にした医療英会話クラスです。

受講生からのコメント
「とっさに単語が出てこない」「相手の言っていることが100%聞き取れない」 (N.Aさん)

アメリカの看護大学在学中ですが、英語で情けないと感じることが多々あり、習得するまでにはまだ時間がかかりそうです。やはり、日本にいる時から英語を学んでおけばよかったと思います。今後渡米される方は、アメリカ看護が提供している「英会話オンラインクラス」を受講すると良いと思います。私も卒業を迎え、「英会話オンラインクラス」や「医療英会話特訓クラス*」を受講しています。“アメリカに来たら誰でも英語が話せるようになる”ということはありません。普段から、使える英語をきちんと学んでおくべきだと実感しています。*詳細はお問い合わせください。)

「卒業間近になっても思うように英語が伸びていない」 (Sさん)

私は、渡米後にESLと並行して3カ月間にわたり、アメリカ看護さんの「医療英語ベーシッククラス**」を受けていました。しかし、卒業間近になっても思うように英語が伸びておらず、このままではアメリカで通用しないと思い、星さんにお勧めして頂いた「医療英会話特訓クラス」を受講することにしました。渡米後に取ったクラスは医療英語を覚えることに重点が置かれていたように感じましたが、「医療英会話特訓クラス」は、英会話や発音矯正が主な内容でした。看護学校に通うことで、リーディング・リスニング・ライティングは渡米してからある程度伸ばすことができたと思うのですが、スピーキングだけはいつまでたってもできるようにならず悩んでいました。そのため、今回「医療英会話特訓クラス」を受講できたことはとても良かったと思います。(**詳細はお問い合わせください。)

2020年 5月 1日更新

オンラインセミナーのお知らせ

新型コロナウイルスのため、毎年夏に日本で開催している恒例のセミナーを、今年はオンライン・ライブ放送という形で計画しています。

私もそうでしたが、先駆者の声はとてもためになり心に響きます。キャリアチェンジした医療従事者や、日本での看護師経験を生かしてアメリカで看護師として働いている方などをゲストに迎え、ご紹介したいと考えています。ぜひ、彼らの生の声を聴いて欲しいです。詳細が決まり次第、コラムでお知らせいたします。

恒例日本セミナー開催!

東京: 7/4(土)または7/11(土)
大阪: 7/4(土)または7/11(土)
栃木宇都宮市: 7/18(土)

詳細は以下で順次お知らせいたします。
看護留学ならアメリカ看護!
アメリカ看護では、こんな方々からのご連絡をお待ちしております。
  • アメリカで看護師として働きたい!
  • アメリカ留学したいけれど、いったい何から始めればよいか分からない!
  • アメリカ看護師試験のNCLEX書類を申請したい!
  • アメリカの看護科は入学に待ち時間があるというけど、どのくらいかかるの?
  • アメリカで看護師として永住したい!

などなど

弊社では、ロサンゼルス現地留学会社の強みを活かし、アメリカ看護大学との提携や医療機関との提携により、看護留学生の就職斡旋までのトータルサポートを展開しております。

アメリカで看護師になるために避けては通れないNCLEX書類代行作成、看護学校選びなど、渡航前の準備から現地サポートにいたるまで、しっかりサポートいたします。

体験談
アメリカ看護師情報交換サイト

Columnist's Profile

Education AdvisorNoriko Hoshi(America Kango)

栃木県、宇都宮市出身。バスケットボールで名門校主将として全国高等学校総合大会(インターハイ)出場。特別待遇生として体育学部体育学科を卒業。全日本大学バスケ(インカレ)バスケットボール選手として引退後、栃木県公立教職員として約10年小学校勤務。その後、ニューヨーク育英学園 (ニュージャージー州) では、日本人学校に通う子ども達、アメリカ現地校に通う子ども達の担任として8年間勤務。その際、アフタープログラムやスキー、サマーキャンプ等の数々のプログラムに参加する子ども達の普段の学校生活では見ることの出来ない成長ぶりを実感する。40歳にして、子どもを授かりたいと願い韓国へ不妊治療へ。1ヶ月後、妊娠が判明し2009年にロサンゼルスへ引越し。

出産後、日本語学園協同システムに勤務、アメリカの特別老後施設で働く看護師に出会い、看護師専門学校で Designated School Officer(留学生の入学許可証I-20に正式署名できる職員)、カウンセラーとして2年間従事した後、Education Adviserとして現職に就いている。現在も「教育の現場」を忘れぬよう日本語教員としても活躍しながら、現場で経験した喜怒哀楽と持ち前の体育会系のポジティブさを活かし、各国から渡米してくる留学生達へ的確なアドバイスと正確な情報提供を心掛けている。

America Kango

3700 Wilshire Blvd. #205, Los Angeles, CA 90010
TEL:
213-595-7139
FAX:
213-383-5110
EMAIL:
info@americakango.com

バックナンバー

BACK ISSUES