月曜日 9:00-17:00
火曜日 9:00-17:00
水曜日 9:00-17:00
木曜日 9:00-17:00
金曜日 9:00-17:00

常石保険代理店--Tsuneishi Insurance Agency, Inc.

ただ安いだけで、保険を選んでいませんか?保険にご加入される前にお読みください

パノラマ
パノラマ
パノラマ
パノラマ
パノラマ
パノラマ
パノラマ
PGlmcmFtZSBpZD0icGNYOG16Z3hoSGsiIHdpZHRoPSI0MjAiIGhlaWdodD0iMzE1IiBzcmM9Imh0dHBzOi8vd3d3LnlvdXR1YmUuY29tL2VtYmVkL3BjWDhtemd4aEhrP3JlbD0wJmVuYWJsZWpzYXBpPTEmYW1wO3dtb2RlPXRyYW5zcGFyZW50IiBmcmFtZWJvcmRlcj0iMCIgYWxsb3dmdWxsc2NyZWVuPjwvaWZyYW1lPjxkaXYgY2xhc3M9ImV4bWVkaWEtcmVmZXJyZXIiIHRhcmdldD0iX25ldyI+PGNpdGU+5Y+C54Wn5YWDIDogPGEgaHJlZj0iaHR0cDovL3d3dy55b3V0dWJlLmNvbSIgdGFyZ2V0PSJfbmV3Ij55b3V0dWJlPC9hPjwvY2l0ZT48cD48YSBocmVmPSJodHRwczovL3lvdXR1LmJlL3BjWDhtemd4aEhrIiB0YXJnZXQ9Il9uZXciPmh0dHBzOi8veW91dHUuYmUvcGNYOG16Z3hoSGs8L2E+PC9wPjwvZGl2Pg==
保険にご加入される前にお読みください
補償内容と補償額を下げて、保険料をひたすら安くするのは危険です!

・ 保険代理店によっては、見積もり時に、十分な説明なしに補償額や補償内容を落とすことで、保険料を下げる所もあります。全く異なる保険補償内容であることを説明しないまま「ウチのプランでは、こんなにセーブできますよ」と言うのです。

・ これは、損害賠償保険(Liability Insurance)においては、致命的になることがあります。事故を起こして他の人にケガをさせてしまい、損害額が数十万ドル−数百万ドルになったら、取り返しのつかないことにもなりかねません。日本での自動車保険の対人賠償は必ずと言っていいほど、無制限が一般的となっています。 訴訟社会のアメリカで損害賠償(Liability)の補償額を下げることはとても危険なことです。


・ 多少の保険料を節約するために、万が一の時に足りない 不十分な補償内容にならないように気をつけてください。
保険料の正しい下げ方

☆たとえば、あなたが事故を起こしたとしましょう。そして、その車の修理代が、1,000ドルだったとします。

・ この1,000ドルを保険会社に請求することはできますが、そうすると将来の保険料が高くなってしまいます。

・ その時、あなたは、「1,000ドルくらいだったら自費で払える」と思いますか?それとも「1,000ドルでも、保険でカバーして欲しい」と思いますか?

・ もし、あなたが、「1,000ドルくらいだったら自費で払える」と思われるのであれば、その額をあらかじめ「免責金額」(Deductible)として設定してください。免責金額を上げれば、保障内容・保障額を変えずに、保険料を下げることができます。

・ 免責金額が1,000ドルの時、事故を起こした際は、1,000ドルまで負担しなければなりません。しかし、最も大事な保障額を傷つけずに保険料を下げられるため、コスト削減には大変有効なやり方です。運転に自信のあるあなたに、ぜひおすすめしたい方法です。
ただ安いだけで、保険を選んでいませんか?

・ 「保険料を40%セーブ!」などとうたっている保険の広告は多いものです。しかし、安いだけの保険で、本当に良いのでしょうか?

・ 保障額が同じであれば、どの保険会社・代理店に行っても同じのように見えますが、それは違います。

・ 事故が起きても、保険金がすぐにおりるわけではありません。もらえるお金の額が決まるまでには、事故の調査があり、過失の割合がどのくらいかが見極められます。

・ その時、頼りにしていた肝心の保険会社(および代理店)の対応が悪かったら、どんなことになるでしょう。

・ 連絡が遅かったり、英語がうまく通じなかったり、保険金をもらうための努力を代理店がしてくれなかったり・・・その結果、「保険料は安かったが、事故が起きてみると結局高くついた!」ということになりかねません。
保障が厚くてリーズナブルな価格、そして良い代理店が保険選びの秘訣!

・ 1948年に創業した常石保険は、68年にもわたり日系社会に安心を提供してきた歴史と伝統を持ち、日本人トップシェフを擁する有名レストランや現役メジャーリーガー、有名日本企業のアメリカ支社を顧客に持つ日系損害保険代理店のトップ・ブランドです。

・ 我々は、サービスの悪い保険会社とは付き合いません。東京海上(Tokio Marine)やMercury保険をはじめとする優良保険会社を厳選し、優れた保険とサービスを、リーズナブルな価格で提供しています。

・ 常石保険は、お客様への保障やサービスを犠牲にし、とにかく安い保険を売りつけることに断固反対します。保険のしくみをご理解いただき、賢くコストを下げ、きちんとした保障をつけていただきます。

・ 常石保険は、日英・英日バイリンガルエージェントを雇い、教育するしくみが整っております。日系人社会から長期に渡って信頼されている理由は、「人」という土台があるからなのです。
自動車、住宅、ビジネス、労災保険、
各種取り揃えております。
現在ご加入されている保険料の値上がり、
保険内容の見直し、ご相談、ご質問がありましたら、
いつでもご連絡下さい。


CM動画もご覧ください!
お問い合わせ
1-310-533-8877

Website : www.tsu-insurance.com

お問合せ/お見積り依頼フォーム

メールアドレス 必須
お名前 必須
お電話番号必須
お住まいのZIP Code必須
車両
家屋
医療
ビジネス
その他
お問い合わせ必須