心療内科医
久賀谷 亮 TransHope Medical TEL: 424-247-9642

最新コラム

第94回 : 
「こうあるべき」

バックナンバー

第1回 : 
被災地の「こころ」
第2回 : 
被災地の「こころ」 2
第3回 : 
被災地の「こころ」 3
第4回 : 
夏目漱石の 『こころ』 と三島由紀夫
第5回 : 
M.I.T. Media Lab
第6回 : 
被災地の 『こころ』 一年
第7回 : 
「こころ」 はユニバーサル
第8回 : 
「新型うつ」 というのが話題らしい
第9回 : 
自分のことが嫌いな人へ ~自尊心について~
第10回 : 
ブレイン・フィットネス
第11回 : 
脳の錯覚とポジティブ思考
第12回 : 
不確実性とつきあう — 不安克服法 —
第13回 : 
フェイスブックの心理学 【1.フェイスブック依存】
第14回 : 
薬をつかわない 「うつ」 の治療最前線
第15回 : 
フェイスブックの心理学 【2.つながるほど孤独】
第16回 : 
「うつ」 今注目の最新治療 『TMS』
第17回 : 
「リンカーン」のメランコリー
第18回 : 
眠れませんか?
第19回 : 
フェイスブックの心理学 【3.コミュニケーションの変容】
第20回 : 
アンチエイジングの心理学 1
第21回 : 
アンチエイジングの心理学 2
第22回 : 
子育ての流儀
第23回 : 
私の 「こころ」 について
第24回 : 
「物忘れ、お困りですか? 外付け『記憶』ハードドライブをお買い上げください」。 —脳科学最前線:脳を補う、創る—
第25回 : 
ゴルフの心理学
第26回 : 
ゴルフの心理学2
第27回 : 
ひとのこころは読めるのか
第28回 : 
ADHDについて深く知る
第29回 : 
「幸せ」 の心理学
第30回 : 
結婚の心理学
第31回 : 
スピリチュアリティとこころ
第32回 : 
Future of the Mind
第33回 : 
The Secret Life of Walter Mitty ~自尊心について 2~
第34回 : 
パニックって? その1
第35回 : 
パニックって? その2
第36回 : 
アートとこころ
第37回 : 
耐久レースとこころ
第38回 : 
スピリチュアリティとこころ2
第39回 : 
スピリチュアリティとこころ3
第40回 : 
自律神経失調症とは
第41回 : 
怒りのコントロール
第42回 : 
あがり症
第43回 : 
「Dr.倫太郎」
第44回 : 
学校では教えない人生の叡智
第45回 : 
マインドフルネス
第46回 : 
旅薬
第47回 : 
ペットロス症候群
第48回 : 
マインドフルネス 2 - 比較文化論
第49回 : 
マインドフルネス 3
第50回 : 
セックスレスの心理学
第51回 : 
あなたの脳を知る
第52回 : 
最新「こころ」の研究
第53回 : 
Deep TMS
第54回 : 
認められるということ
第55回 : 
APPSとメンタルヘルス
第56回 : 
「夜と霧」
第57回 : 
成功の実現
第58回 : 
レジリエンス
第59回 : 
脳の休め方
第60回 : 
脳の休め方2
第61回 : 
世界にひろがるマインドフルネス(マインドフルネス4)
第62回 : 
「過労死」
第63回 : 
人工知能(AI)―人間が引退する日―
第64回 : 
「フェデラーと老いの心理学」
第65回 : 
自己肯定感と承認欲
第66回 : 
「まかない食」
第67回 : 
「脳休」
第68回 : 
小林麻央さんのこと
第69回 : 
醜形恐怖
第70回 : 
黒い犬
第71回 : 
親業とこころ
第72回 : 
弓と禅
第73回 : 
究極の「怖れ」克服法
第74回 : 
自然と脳
第75回 : 
脳から身体を治す
第76回 : 
非日常との境界
第77回 : 
「戦争と平和」
第78回 : 
日本の開国
第79回 : 
自尊心について5
第80回 : 
滝のうら
第81回 : 
「食」と「旅」
第82回 : 
「セリーナ・ウィリアムズと怒りの心理学」(怒りとこころ2)
第83回 : 
「東洋化グローバライゼーション」
第84回 : 
「日日是好日」
第85回 : 
OCD
第86回 : 
プロのホームレス
第87回 : 
偏愛の力
第88回 : 
多様性の教科書
第89回 : 
ゆるすということ
第90回 : 
黒い犬の正体
第91回 : 
自然と脳2
第92回 : 
「ライフ・スペース」という概念
第93回 : 
マインドフルネスと科学
第94回 : 
「こうあるべき」

『こころにまつわるおはなし。』

「こころ」 をキーワードに、様々な話題を提供します。

2014年12月 12日更新

第38回 : スピリチュアリティとこころ2

第31回にあるように、人間の精神世界は現在の科学では割り切れていない部分が多々あるわけです。

南米ペルーへ行くと、日本の昔の原風景をみるようだと言った方がいますが、なぜかそこは懐かしさを誘う土地です。

ペルーには、シャーマンという方たちが今もいます。日本語にするなら、呪術師、祈祷師、巫女さんなどにあたるのでしょうか。

女優のキャメロン・ディアスさんが、あるテレビ番組でシャーマンの儀式をうけた様子が描かれていますのでご参考までに(*1)。

ペルーといえばインカ帝国が存在した国です。

インカ人は独特の宇宙観と宗教観を持っていたとされます。宇宙を三つの領域、つまり天上、地上、地底とし、それぞれは聖なる動物、コンドル、ピューマ、蛇と関連づけられていました。人間は知性を持つことこそがその存在をユニークにするとされ、インカが天文学や数学、建築学で優れていたことはそれらを有用視していたことの表れです。あの時代に科学の重要性を知っていたことはある意味驚きです。

あのマチュピチュはなぜ作られたのかは異論がありますが、宗教上の聖職者が修行を受ける場所だったとの見解もあります。近接したワイナピチュが女性用の訓練所だったとも言います。太陽の神殿は首都クスコにあったメッカですが、ここには当時、聖職者、見識者があふれていたともいわれます。

二元性(ヤナンティン)はアンデス世界の宇宙観として最も重要な概念のひとつです。太陽は父あるいは男性、月は母あるいは女性など、対になる二つをもってみる価値観があります。「コリカンチャのケルカ」とよばれる報告書はインカ世界の宇宙と宗教概念を表現して有名ですが、そこには二元性が顕著に示されています。

太陽の神殿を中心とした街の放射状構造、天の川の形状への意味づけなど、ペルーにはいたる所にスピリチュアルな「意味」がみられます。

インカ帝国はその後スペインに征服され、キリスト教がとってかわることになります。スペイン人がインカの建築の上に新たな建造物をつくることでその刷新を図ったことは有名ですが、残念ながら人の手垢がついた宗教的行動がインカ本来の純粋な原始信仰を過去のものにしてしまったのです。今も残るシャーマンなどが、その歴史をいまに伝えます。

シャーマンの末裔の方に儀式をしてもらう機会を得ました。場所はインカのかつての首都クスコとマチュピチュの中間にある「聖なる谷」でした。

車座になり、シャーマンの末裔による祈りの声と笛の音が響きます。コカの葉は現在でもお茶にすることで供されますが、彼はこれを用いて占いをします。また、儀式ではある幻覚作用のある飲み物を用いることもあります。それにより亡くなった方もいるようです。ネイティブ・インディアンは熱した石から発生する蒸気をテント内に充満させ、長時間にわたって歌を唱える儀式を行うようです。形こそ違え、様々な儀式には意味があります。

インカの時代からそんなに大きく変わってないこの土地で、厳かな笛の音をききながら自らの内面世界を観るのは、なんとも不思議な体験でした。

シャーマン曰く、ペルーのこういった宗教・信仰観とチベットあるいは日本の神道は通じるところがあるのではないか。これらの土地を巡った彼の経験からです。アミニズム的な要素、原始信仰的な要素につながりがあるのでしょうか。

現代はインカの時代よりも明らかに科学が進歩しています。そしてスピリチュアリティと信仰は幾分現代的になりながら脈々と続いています。

宗教と進化論が衝突することはままあります。神が我々をつくったものとする宗教に対し、科学的な理由で説明するのが進化論。Stephen Hawkingは「重力と量子論があれば創造主は必要なく、無からこの宇宙は創造できた」といっています(*3)。「Intelligent Design」という中間をとった理論を教科書に加えようという動きもあったりしたようです。

「Simulation Theory」というのがあります。巨大なコンピュータがあり、我々が現実と思ってみていることが、すべてコンピューターでシミュレーションされていると考えるのです。たとえばある部屋でテーブルを見たとしましょう。その部屋を出た後、我々はそのテーブルがなおその部屋のなかに存在していると考えますが、実はその保証はありません。我々が「見る」ものをもとに、勝手に現実を構築しているということでしょう。Stephen Hawkingは「「我思うゆえに我あり」であり、視覚的情報を通して「世界」を構築している我々自身が宇宙であるとも考えられる」というようなことを言っています。(*2

またStephen Hawkingは、「God may exist. But science can explain the universe without the need for God.」と言っています(*3)。

我々と宇宙の創造をめぐって、科学とスピリチュアリティのせめぎ合いは続くのです。

「千日回峰行」というものがあります。これは仏教の修行であり、奈良県吉野山の山岳48キロを1日で往復し、計四万八千キロを歩き続ける難行です(『人生生涯小僧のこころ*4』塩沼亮潤著、致知出版社)。さらにその後、四無行「断食、断水、不眠、不臥」を九日間します。亡くなる方もいる過酷な修行です。その先にある宗教的、あるいはスピリチュアルな開眼を目指して人は信じられないことを試みるのです。四国八十八箇所、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路も同様に考えられるのでしょうか。

我々の起源を科学的に説明しようとする者、片やスピリチャルな世界を追求しようと命を賭する者。どちらも「人間」なのですね。

科学がすべてを説明する日が来たら、「人間」はかえってつまらなくなると思いませんか?

《参考文献》
  1. Youtube (Skye Runner, The Lovely Cameron Diaz Travels to Peru to Meet with Andean Shaman)
  2. Youtube (Stephen Hawking, Stephen hawking grand design key to the cosmos prt3)
  3. Youtube (JesusSavesAtCitibank, Larry King Live - Stephen Hawking, Leonard Mlodinow, Deepak Chopra, Robert Spitzer - Part 1 of 3)
  4. 塩沼亮潤, 人生生涯小僧のこころ, 致知出版社

2014年12月 12日更新

くがやこころとからだのクリニックでは、
「こころ」 にまつわる様々なご相談や、こころの健康チェック、ケアを提供しています。

▼ドクター久賀谷による「マインドフルネスx脳科学」ホームページを開設しました!

https://www.beinamoment.org

ドクター久賀谷によるマインドフルネス 著書・旅企画・コーチングをまとめて紹介。クリニックと合わせてよろしくお願いします!

▼「患者さまの声」ページ 随時更新中!

https://thmedical.org/diagnosis/testimonials/

クリニックホームページ内で診療を受けられた方の動画・音声、そして寄せられたお手紙などをご覧いただけます。
診療セミナーやマインドフルネス・TMS治療に関する患者さまの声。

▼心療内科専門医による各種プログラム
不安/パニック より早い改善をカウンセリングとお薬またはTMS治療を必要に応じて組み合わせることで実現
うつ
そううつ
睡眠改善
ADHD
OCD
慢性痛
マインドフルネス認知療法
認知行動療法カウンセリング
こころとからだ・プログラム → ストレスによる身体の症状の緩和
トラウマ治療 (EMDR)
禁煙プログラム
仕事ストレス
体重マネージメント
こころの健康相談

※ 当クリニックでは、カウンセリングのみも可能です。

Columnist's Profile

心療内科医久賀谷 亮(TransHope Medical)

イェール大学医学部神経精神科卒。日米医師免許。趣味 : トライアスロン。TransHope Medical / くがやこころとからだのクリニック院長。「TransHope」 は、Transglobally (国境を越えて)、Transculturally (文化を超えて) に、Hopeを手渡していくことを意味します。

眠れない、疲れやすい、集中できない、気分が晴れない、ストレスによるこころとからだの反応、ライフスタイル改善(体重、仕事パフォーマンス、喫煙)、うつ、パニック、ADHDなどに医学的診察とケアを提供します。

TransHope Medical

24050 Madison St Ste 113 Torrance CA 90505
TEL:
424-247-9642
FAX:
424-247-9643

TransHope Medical について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES