心療内科医
久賀谷 亮 TransHope Medical TEL: 424-247-9642

最新コラム

第94回 : 
「こうあるべき」

バックナンバー

第1回 : 
被災地の「こころ」
第2回 : 
被災地の「こころ」 2
第3回 : 
被災地の「こころ」 3
第4回 : 
夏目漱石の 『こころ』 と三島由紀夫
第5回 : 
M.I.T. Media Lab
第6回 : 
被災地の 『こころ』 一年
第7回 : 
「こころ」 はユニバーサル
第8回 : 
「新型うつ」 というのが話題らしい
第9回 : 
自分のことが嫌いな人へ ~自尊心について~
第10回 : 
ブレイン・フィットネス
第11回 : 
脳の錯覚とポジティブ思考
第12回 : 
不確実性とつきあう — 不安克服法 —
第13回 : 
フェイスブックの心理学 【1.フェイスブック依存】
第14回 : 
薬をつかわない 「うつ」 の治療最前線
第15回 : 
フェイスブックの心理学 【2.つながるほど孤独】
第16回 : 
「うつ」 今注目の最新治療 『TMS』
第17回 : 
「リンカーン」のメランコリー
第18回 : 
眠れませんか?
第19回 : 
フェイスブックの心理学 【3.コミュニケーションの変容】
第20回 : 
アンチエイジングの心理学 1
第21回 : 
アンチエイジングの心理学 2
第22回 : 
子育ての流儀
第23回 : 
私の 「こころ」 について
第24回 : 
「物忘れ、お困りですか? 外付け『記憶』ハードドライブをお買い上げください」。 —脳科学最前線:脳を補う、創る—
第25回 : 
ゴルフの心理学
第26回 : 
ゴルフの心理学2
第27回 : 
ひとのこころは読めるのか
第28回 : 
ADHDについて深く知る
第29回 : 
「幸せ」 の心理学
第30回 : 
結婚の心理学
第31回 : 
スピリチュアリティとこころ
第32回 : 
Future of the Mind
第33回 : 
The Secret Life of Walter Mitty ~自尊心について 2~
第34回 : 
パニックって? その1
第35回 : 
パニックって? その2
第36回 : 
アートとこころ
第37回 : 
耐久レースとこころ
第38回 : 
スピリチュアリティとこころ2
第39回 : 
スピリチュアリティとこころ3
第40回 : 
自律神経失調症とは
第41回 : 
怒りのコントロール
第42回 : 
あがり症
第43回 : 
「Dr.倫太郎」
第44回 : 
学校では教えない人生の叡智
第45回 : 
マインドフルネス
第46回 : 
旅薬
第47回 : 
ペットロス症候群
第48回 : 
マインドフルネス 2 - 比較文化論
第49回 : 
マインドフルネス 3
第50回 : 
セックスレスの心理学
第51回 : 
あなたの脳を知る
第52回 : 
最新「こころ」の研究
第53回 : 
Deep TMS
第54回 : 
認められるということ
第55回 : 
APPSとメンタルヘルス
第56回 : 
「夜と霧」
第57回 : 
成功の実現
第58回 : 
レジリエンス
第59回 : 
脳の休め方
第60回 : 
脳の休め方2
第61回 : 
世界にひろがるマインドフルネス(マインドフルネス4)
第62回 : 
「過労死」
第63回 : 
人工知能(AI)―人間が引退する日―
第64回 : 
「フェデラーと老いの心理学」
第65回 : 
自己肯定感と承認欲
第66回 : 
「まかない食」
第67回 : 
「脳休」
第68回 : 
小林麻央さんのこと
第69回 : 
醜形恐怖
第70回 : 
黒い犬
第71回 : 
親業とこころ
第72回 : 
弓と禅
第73回 : 
究極の「怖れ」克服法
第74回 : 
自然と脳
第75回 : 
脳から身体を治す
第76回 : 
非日常との境界
第77回 : 
「戦争と平和」
第78回 : 
日本の開国
第79回 : 
自尊心について5
第80回 : 
滝のうら
第81回 : 
「食」と「旅」
第82回 : 
「セリーナ・ウィリアムズと怒りの心理学」(怒りとこころ2)
第83回 : 
「東洋化グローバライゼーション」
第84回 : 
「日日是好日」
第85回 : 
OCD
第86回 : 
プロのホームレス
第87回 : 
偏愛の力
第88回 : 
多様性の教科書
第89回 : 
ゆるすということ
第90回 : 
黒い犬の正体
第91回 : 
自然と脳2
第92回 : 
「ライフ・スペース」という概念
第93回 : 
マインドフルネスと科学
第94回 : 
「こうあるべき」

『こころにまつわるおはなし。』

「こころ」 をキーワードに、様々な話題を提供します。

2019年 9月 19日更新

第94回 : 「こうあるべき」

ある人が飛行機のビジネスクラスに乗っていました。

後ろの座席から老年の男女の声がします。

「もう私のことなんか誰も見向きしないんだ」

「そんなことありませんよ」

どうやらご夫婦のようで、夫が妻に愚痴っているようです。

「もう私なんか死んだ方がいい」

到着後、その夫の顔を偶然目にして驚きます。それは、アメリカ中の誰もが知っている超有名人でした。数々の達成を収め、誰からも尊敬されている人。現に、皆からサインを求められています。

この出来事は、どんなに人生で達成しても、人は注目や達成にとらわれ続けてしまうということを物語っています。

私たちは、「こうあるべき」ということにとらわれすぎていないでしょうか?

この著名人の方、本当は何もしなくていい身分のはずです。しかし、「何かをすべき」、「そうしないと他者から見放されてしまう」、と考えています。

これは他人事ではなく、私たちは「こうあるべき」「こうすべき」の罠にかかっていないでしょうか?

「仕事をしなければ」

「お金を稼がなければ」

「人に認められなければ」

「ぶらぶらしていてはいけない」

といったことです。

「こうあるべき」の存在に気づいていない場合も多いでしょう。

「こうあるべき」は教育によって植え付けられた部分が大きいかもしれません。あるいは、この社会が持つ風土でしょうか。はたまた、資本主義が産めや増やせやと私たちに課しているのでしょうか。

ある取材で、働くということの理想を聞かれました。

その時ふと思い浮かんだのは、ある人の記事でした。仕事を離れ、自分で食事を作り、掃除をし、庭を掃き、という自活をしていたら、

「1日に8時間も仕事をするなんて無理だとわかった」

というものでした。その人物は、生活の基本に立ち返ることで、忘れ去っていた生活のみずみずしさを思い出し、マインドフルな気持ちになったと言います。

私たちは、無意識に「こうあるべき」に突き動かされ、仕事に勤しみ、生きるという時間に無頓着になっていないでしょうか?

「生きる」なくして、理想の「働く」はない。というのが私の答えでした。ライフ・ワーク・バランスより、もっと深い意味がここにあります。

世界的に労働時間が減少しているのにもかかわらず、アメリカの労働時間減少はヨーロッパなどに比べると少ないそうです。平均労働時間を引っ張っているのは、高学歴、経済的に裕福な労働者だそうです。つまり、働かなくてもいいのにたんまりと働いている。何のためか?自己実現?仕事依存?それとも、「こうあるべき」から外れられないから?

ある会社経営者は、

「これから外に出て、好きに時間を過ごしてきてください」

と言われ、しばらくして戻ってきて言いました。

「何もしないことが、こんなに贅沢だとは知らなかった」。

「こうあるべき」の反対である、「何もしなくていい」は、現代人にとって難題のようです。

結果、数々の仕事人間を生んでいるのではないでしょうか。そして、仕事から離れることが難しい無数の人々がいる。「自分が生きる」よりも先に、仕事がある。

ある60代後半の人物は、冒頭の人のように数々の世界的な仕事をし、60代前半で引退しました。しかし、その後も役員をやるなど、仕事から離れられません。いえ、本当は離れられたのに、離れようとしなかったのです。ふと旅の道中で気づいたのは、

「もうこれだけやったからいいじゃないか」

「いろいろなことをコントロールしてきて、結局は家一軒分のお金を損したのがせいぜい。かえって事は悪い方にいっただけじゃないか」

そして、人生の「こうあるべき」レールから、初めて外れる自由を自分に許したそうです。60代後半のことです。

いかに、「こうあるべき」から外れることが難しいかを物語る話です。

「幸せの唯一の条件は『自由』」と言った人がいます。「こうあるべき」から外れること、何もしなくてもいい、人の評価から解放される、のも全て「自由」の達成です。

マインドフルネスをやっていると、「どうやるのが正しいだろう」、「こうやっていてちゃんと効果は出るのだろうか」という「こうあるべき」が頻繁に登場します。それは私たちの内に潜んでいるものです。

私の「こうあるべき」対策は、

  • 1. 「こうあるべき」に出会ったら、それに気づく(多くは無意識なので)。
  • 2. そして、呼吸なりに注意を戻す(マインドフルネス中なら)。

他の方法として、

  • 3. 円を描いて歩く。方向を決めずに歩く。
  • 4. 旅先で迷子になってみる。
  • 5. 何時間以内にやると自分に課していたことを、あえてその時間以上でやるようにしてみる。

「こうあるべき」が限りなく少ない人も稀にいます。

ZOZOを辞めた前澤社長は、次の好奇心の先に躊躇なくシフトしています。ある人は、「自分自身が会社」と表現し、仕事に公私の境のない自然体でいます。こういった稀な方たちの特徴は、好奇心が旺盛なこと、恐れがないこと。

「こうあるべき」のルーツは、恐怖です。

食いっぱぐれること、死んでしまうこと。

恐れがない人は、なんのレールもない自由を謳歌できる。

マインドフルネスをやっていると、1日が24時間以上に感じます。

「こうあるべき」という時間に追われ、何かをなすべきというプレッシャーに追われている人にはオススメです。

不思議と時間が生まれます。生きている感じがします。

恐れのない好奇心を育ててくれます。

2019年 9月 19日更新

くがやこころとからだのクリニックでは、
「こころ」 にまつわる様々なご相談や、こころの健康チェック、ケアを提供しています。

▼ドクター久賀谷による「マインドフルネスx脳科学」ホームページを開設しました!

https://www.beinamoment.org

ドクター久賀谷によるマインドフルネス 著書・旅企画・コーチングをまとめて紹介。クリニックと合わせてよろしくお願いします!

▼「患者さまの声」ページ 随時更新中!

https://thmedical.org/diagnosis/testimonials/

クリニックホームページ内で診療を受けられた方の動画・音声、そして寄せられたお手紙などをご覧いただけます。
診療セミナーやマインドフルネス・TMS治療に関する患者さまの声。

▼心療内科専門医による各種プログラム
不安/パニック より早い改善をカウンセリングとお薬またはTMS治療を必要に応じて組み合わせることで実現
うつ
そううつ
睡眠改善
ADHD
OCD
慢性痛
マインドフルネス認知療法
認知行動療法カウンセリング
こころとからだ・プログラム → ストレスによる身体の症状の緩和
トラウマ治療 (EMDR)
禁煙プログラム
仕事ストレス
体重マネージメント
こころの健康相談

※ 当クリニックでは、カウンセリングのみも可能です。

Columnist's Profile

心療内科医久賀谷 亮(TransHope Medical)

イェール大学医学部神経精神科卒。日米医師免許。趣味 : トライアスロン。TransHope Medical / くがやこころとからだのクリニック院長。「TransHope」 は、Transglobally (国境を越えて)、Transculturally (文化を超えて) に、Hopeを手渡していくことを意味します。

眠れない、疲れやすい、集中できない、気分が晴れない、ストレスによるこころとからだの反応、ライフスタイル改善(体重、仕事パフォーマンス、喫煙)、うつ、パニック、ADHDなどに医学的診察とケアを提供します。

TransHope Medical

24050 Madison St Ste 113 Torrance CA 90505
TEL:
424-247-9642
FAX:
424-247-9643

TransHope Medical について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES