クオリティライフの向上に美しい笑顔を…

歯列矯正であなたの人生が素晴らしくなりますように。

2019年12月 4日更新

第1回 : 一般歯科?矯正歯科?歯列矯正はどこで治療すればいいの?

Q

歯列矯正を考えています。アメリカでは、一般歯科でも治療ができると聞きましたが、矯正経験のある友人には矯正歯科を勧められました。一体どちらがよいのでしょうか。

A

歯科医といっても、虫歯、神経、矯正、小児など、さまざまな診療科目があります。アメリカの歯科免許は、診療科目ごとに交付されるわけではないので、歯学部を卒業した時点で、基本的にどんな治療でも行うことが可能です。つまり、一般歯科であっても矯正治療を行えるわけです。

しかし、矯正歯科専門医は、歯学部を修了した後、さらに2~3年間にわたり「矯正歯科専門コース」で、必要な知識に加え、相当数の患者さんと接しながら学んでいきます。また、歯列矯正といっても、一部の歯を動かすわけではありません。全体を調整し、仕上がりを見据えて噛み合わせを考えたり、さらに歯茎への負担を最小限に治療を行わなくてはならないのです。こうして、子ども・成人の矯正における専門のトレーニングを積み、さらに専門医としての経験から、患者さんそれぞれの歯の状態に合ったベストな治療を提供することができるのです。

一方、矯正の専門知識が浅い歯科医が治療を行った場合、矯正後に噛み合わせが悪くなり租借がしづらくなったという弊害が起こりうる可能性もあります。また、審美のようにべニアを貼って治療する方法は、矯正よりも料金が安く短期間で治療が終わるため人気がありますが、前歯が出てしまったり、歯茎に負担がかかり歯周病になったりすることもあります。

矯正や神経など高い専門性が求められる治療に関しては、やはり専門医にかかり治療を受けることをお勧めします。

※コラムの内容は一般的な情報です。治療の詳細等については、専門医にお問い合わせください。

2019年12月 4日更新

皆さんのご意見、ご相談等ございましたら以下までご連絡ください。

dr@noguchiortho.com

Columnist's Profile

院長Brian S. Noguchi DDS, MS(Noguchi Orthodontics)

1985年ロマ・リンダ大学歯学部卒業後、同大学で補綴学のインストラクターとして1年間教鞭を執る。その後、矯正歯科専門コース」2年コース修了。1990年、日本歯科医免許取得。

American Dental Association、California Dental Association、American Association of Orthodontics、Pacific Coast Society of Orthodontists、Japanese Orthodontic Society、Japanese American Dental Society 正会員

私は日本の長野県で生まれ育ちましたが、学生の頃学生の頃からずっとアメリカの大学に進学したいと考えていました。大学に通っているとき、近所でなかなか手に入らなかった日本食を買うためにサウスベイを訪れていました。当時からこの場所が気に入ってしまい、それがきっかけで、1990年にトーランスに歯列矯正専門医院をオープンしました。独特の融合文化を持つサウスベイは、私の妻マーガレット、そして子供のアレックスとエリカにとっても、心が休まるすばらしい環境だと思っています。

Noguchi Orthodontics

4201 Torrance Blvd., Ste. 430, Torrance, CA, 90503 US
TEL:
310-540-2113
EMAIL:
dr@noguchiortho.com

Noguchi Orthodontics について詳しくはこちらをご覧ください。