心療内科医
久賀谷 亮 TransHope Medical TEL: 424-247-9642

最新コラム

第89回 : update
ゆるすということ

バックナンバー

第1回 : 
被災地の「こころ」
第2回 : 
被災地の「こころ」 2
第3回 : 
被災地の「こころ」 3
第4回 : 
夏目漱石の 『こころ』 と三島由紀夫
第5回 : 
M.I.T. Media Lab
第6回 : 
被災地の 『こころ』 一年
第7回 : 
「こころ」 はユニバーサル
第8回 : 
「新型うつ」 というのが話題らしい
第9回 : 
自分のことが嫌いな人へ ~自尊心について~
第10回 : 
ブレイン・フィットネス
第11回 : 
脳の錯覚とポジティブ思考
第12回 : 
不確実性とつきあう — 不安克服法 —
第13回 : 
フェイスブックの心理学 【1.フェイスブック依存】
第14回 : 
薬をつかわない 「うつ」 の治療最前線
第15回 : 
フェイスブックの心理学 【2.つながるほど孤独】
第16回 : 
「うつ」 今注目の最新治療 『TMS』
第17回 : 
「リンカーン」のメランコリー
第18回 : 
眠れませんか?
第19回 : 
フェイスブックの心理学 【3.コミュニケーションの変容】
第20回 : 
アンチエイジングの心理学 1
第21回 : 
アンチエイジングの心理学 2
第22回 : 
子育ての流儀
第23回 : 
私の 「こころ」 について
第24回 : 
「物忘れ、お困りですか? 外付け『記憶』ハードドライブをお買い上げください」。 —脳科学最前線:脳を補う、創る—
第25回 : 
ゴルフの心理学
第26回 : 
ゴルフの心理学2
第27回 : 
ひとのこころは読めるのか
第28回 : 
ADHDについて深く知る
第29回 : 
「幸せ」 の心理学
第30回 : 
結婚の心理学
第31回 : 
スピリチュアリティとこころ
第32回 : 
Future of the Mind
第33回 : 
The Secret Life of Walter Mitty ~自尊心について 2~
第34回 : 
パニックって? その1
第35回 : 
パニックって? その2
第36回 : 
アートとこころ
第37回 : 
耐久レースとこころ
第38回 : 
スピリチュアリティとこころ2
第39回 : 
スピリチュアリティとこころ3
第40回 : 
自律神経失調症とは
第41回 : 
怒りのコントロール
第42回 : 
あがり症
第43回 : 
「Dr.倫太郎」
第44回 : 
学校では教えない人生の叡智
第45回 : 
マインドフルネス
第46回 : 
旅薬
第47回 : 
ペットロス症候群
第48回 : 
マインドフルネス 2 - 比較文化論
第49回 : 
マインドフルネス 3
第50回 : 
セックスレスの心理学
第51回 : 
あなたの脳を知る
第52回 : 
最新「こころ」の研究
第53回 : 
Deep TMS
第54回 : 
認められるということ
第55回 : 
APPSとメンタルヘルス
第56回 : 
「夜と霧」
第57回 : 
成功の実現
第58回 : 
レジリエンス
第59回 : 
脳の休め方
第60回 : 
脳の休め方2
第61回 : 
世界にひろがるマインドフルネス(マインドフルネス4)
第62回 : 
「過労死」
第63回 : 
人工知能(AI)―人間が引退する日―
第64回 : 
「フェデラーと老いの心理学」
第65回 : 
自己肯定感と承認欲
第66回 : 
「まかない食」
第67回 : 
「脳休」
第68回 : 
小林麻央さんのこと
第69回 : 
醜形恐怖
第70回 : 
黒い犬
第71回 : 
親業とこころ
第72回 : 
弓と禅
第73回 : 
究極の「怖れ」克服法
第74回 : 
自然と脳
第75回 : 
脳から身体を治す
第76回 : 
非日常との境界
第77回 : 
「戦争と平和」
第78回 : 
日本の開国
第79回 : 
自尊心について5
第80回 : 
滝のうら
第81回 : 
「食」と「旅」
第82回 : 
「セリーナ・ウィリアムズと怒りの心理学」(怒りとこころ2)
第83回 : 
「東洋化グローバライゼーション」
第84回 : 
「日日是好日」
第85回 : 
OCD
第86回 : 
プロのホームレス
第87回 : 
偏愛の力
第88回 : 
多様性の教科書
第89回 : 
ゆるすということ

『こころにまつわるおはなし。』

「こころ」 をキーワードに、様々な話題を提供します。

2014年12月 19日更新

第39回 : スピリチュアリティとこころ3

今、禅寺で坐禅を組んでいます。

龍安寺石庭は禅文化の結晶のようで有名ですが、その解釈は様々です(*1)。虎の子渡り、黄金律、15石が一度に見れない不完全の美などなど。朝早く誰もいない石庭を眺めるのは格別です。しかし、何時間観ても観たりない。観尽くした感じがしないのです。庭は、奇石の個性、苔と白石の明確な境界が絶妙ですが、至ってシンプル。「一度にすべてを観なくてよいと言ってんのかなー。」などと思いました。また「観ることは、全体、詳細でなく、一瞬、永くでなく、写真に収まるものでなく、観光でなく、多くの人がその空間から感じるもの何かを感じること。すべてを観ることはできないと知り、無心で」とも考えました。

ある禅寺の和尚さんはそれをこのように説明してくれました。
「石庭は悟りを示している。悟りは「差とり」。つまり、あるなし、白黒など二元論により発生する両者の差を取り払うことを本来意味する。二つが一つの如く、つまり「一如(いちにょ)」が一方、禅の世界の見方である(鈴木大拙は生と死をコインの表裏と表現し、一つのものであって一つのものでないと言っている)。理屈をもって観ようとするのではなく、観るものと同化するように一体化するように感じとり観る。それには「きわめて素直なこころ」が必要だ。」

丁度、修学旅行生が入って庭をみるなり、「綺麗!」と言いました。そして続けて「15個石が同時にみえないんだっけ?」と始まりました。つまり「綺麗!」というのは『きわめて素直なこころ』であり一如であって、その後に続いた理屈は本当に観ることを阻むのです。

『きわめて素直なこころ』は直心(じきしん)とも呼ばれ、空(くう)の状態にあるから素直な反応が出るのだといいます。理屈に「とらわれる」とそれができなくなる。あの場にいて、「綺麗!」と感じるのが一番の見方をしてる時だと実際に思いました。

閑話休題。

坐禅の極意は「緩める、ほどく、手放す」。呼吸に意識を向け、脱力する。雑念にとらわれないで、身体や他へも意識をバランスよく向けれるのが「無心」。

禅の精神は様々な些細から大事な教訓をくれます。

最後に禅語を幾つか。

看々臘月じん(かんかんろうげつじん)
命に限りがあることをよくみていなさい。

花枝自短長(かしおのずからたんちょう)
花の枝には短いものも長いものもある。違ってもいいんだ。

不識(ふしき)
知らなくてよい。そんなことどうだっていいじゃないか。

雲収山岳青(くもおさまってさんがくあおし)
あなたはあなたらしくそのままでよい。

騎牛求牛(うしにのってうしをもとむ)
求めるものはすでにあなたの手にある。

自灯明(じとうみょう)
自分自身が灯明だと気付きなさい。

結果自然成(けっかじねんになる)
やれることをやったらあとは待つのみ。

竹篦は竹篦にあらず(しっぺいはしっぺいにあらず)
竹のへらは何物でもない。それは竹のへらの形である。

任運騰騰(にんぬんとうとう)
運に任せていればよし。なるようになります。ケセラセラ。

担雪填井(ゆきになってせいをうずむ)
無駄は必要。

風従花裏過来香(かぜかりよりすぎきたってかんばし)
花々の間を過ぎてきた風が、花そのもののように香っている。影響が人生をつくる。

それにしても、ここは本当に寒い!

《参考文献》
  1. 龍安寺石庭ウィキペディア
  2. 『続 ほっとする禅語70』 監修 野田大燈, 文 杉谷みどり, 書 石飛博光, 二玄社

2014年12月 19日更新

くがやこころとからだのクリニックでは、
「こころ」 にまつわる様々なご相談や、こころの健康チェック、ケアを提供しています。

▼ドクター久賀谷による「マインドフルネスx脳科学」ホームページを開設しました!

https://www.beinamoment.org

ドクター久賀谷によるマインドフルネス 著書・旅企画・コーチングをまとめて紹介。クリニックと合わせてよろしくお願いします!

▼「患者さまの声」ページ 随時更新中!

https://thmedical.org/diagnosis/testimonials/

クリニックホームページ内で診療を受けられた方の動画・音声、そして寄せられたお手紙などをご覧いただけます。
診療セミナーやマインドフルネス・TMS治療に関する患者さまの声。

▼心療内科専門医による各種プログラム
不安/パニック より早い改善をカウンセリングとお薬またはTMS治療を必要に応じて組み合わせることで実現
うつ
そううつ
睡眠改善
ADHD
OCD
慢性痛
マインドフルネス認知療法
認知行動療法カウンセリング
こころとからだ・プログラム → ストレスによる身体の症状の緩和
トラウマ治療 (EMDR)
禁煙プログラム
仕事ストレス
体重マネージメント
こころの健康相談

※ 当クリニックでは、カウンセリングのみも可能です。

Columnist's Profile

心療内科医久賀谷 亮(TransHope Medical)

イェール大学医学部神経精神科卒。日米医師免許。趣味 : トライアスロン。TransHope Medical / くがやこころとからだのクリニック院長。「TransHope」 は、Transglobally (国境を越えて)、Transculturally (文化を超えて) に、Hopeを手渡していくことを意味します。

眠れない、疲れやすい、集中できない、気分が晴れない、ストレスによるこころとからだの反応、ライフスタイル改善(体重、仕事パフォーマンス、喫煙)、うつ、パニック、ADHDなどに医学的診察とケアを提供します。

TransHope Medical

24050 Madison St Ste 113 Torrance CA 90505
TEL:
424-247-9642
FAX:
424-247-9643

TransHope Medical について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES