心療内科医
久賀谷 亮 TransHope Medical TEL: 424-247-9642

最新コラム

第89回 : update
ゆるすということ

バックナンバー

第1回 : 
被災地の「こころ」
第2回 : 
被災地の「こころ」 2
第3回 : 
被災地の「こころ」 3
第4回 : 
夏目漱石の 『こころ』 と三島由紀夫
第5回 : 
M.I.T. Media Lab
第6回 : 
被災地の 『こころ』 一年
第7回 : 
「こころ」 はユニバーサル
第8回 : 
「新型うつ」 というのが話題らしい
第9回 : 
自分のことが嫌いな人へ ~自尊心について~
第10回 : 
ブレイン・フィットネス
第11回 : 
脳の錯覚とポジティブ思考
第12回 : 
不確実性とつきあう — 不安克服法 —
第13回 : 
フェイスブックの心理学 【1.フェイスブック依存】
第14回 : 
薬をつかわない 「うつ」 の治療最前線
第15回 : 
フェイスブックの心理学 【2.つながるほど孤独】
第16回 : 
「うつ」 今注目の最新治療 『TMS』
第17回 : 
「リンカーン」のメランコリー
第18回 : 
眠れませんか?
第19回 : 
フェイスブックの心理学 【3.コミュニケーションの変容】
第20回 : 
アンチエイジングの心理学 1
第21回 : 
アンチエイジングの心理学 2
第22回 : 
子育ての流儀
第23回 : 
私の 「こころ」 について
第24回 : 
「物忘れ、お困りですか? 外付け『記憶』ハードドライブをお買い上げください」。 —脳科学最前線:脳を補う、創る—
第25回 : 
ゴルフの心理学
第26回 : 
ゴルフの心理学2
第27回 : 
ひとのこころは読めるのか
第28回 : 
ADHDについて深く知る
第29回 : 
「幸せ」 の心理学
第30回 : 
結婚の心理学
第31回 : 
スピリチュアリティとこころ
第32回 : 
Future of the Mind
第33回 : 
The Secret Life of Walter Mitty ~自尊心について 2~
第34回 : 
パニックって? その1
第35回 : 
パニックって? その2
第36回 : 
アートとこころ
第37回 : 
耐久レースとこころ
第38回 : 
スピリチュアリティとこころ2
第39回 : 
スピリチュアリティとこころ3
第40回 : 
自律神経失調症とは
第41回 : 
怒りのコントロール
第42回 : 
あがり症
第43回 : 
「Dr.倫太郎」
第44回 : 
学校では教えない人生の叡智
第45回 : 
マインドフルネス
第46回 : 
旅薬
第47回 : 
ペットロス症候群
第48回 : 
マインドフルネス 2 - 比較文化論
第49回 : 
マインドフルネス 3
第50回 : 
セックスレスの心理学
第51回 : 
あなたの脳を知る
第52回 : 
最新「こころ」の研究
第53回 : 
Deep TMS
第54回 : 
認められるということ
第55回 : 
APPSとメンタルヘルス
第56回 : 
「夜と霧」
第57回 : 
成功の実現
第58回 : 
レジリエンス
第59回 : 
脳の休め方
第60回 : 
脳の休め方2
第61回 : 
世界にひろがるマインドフルネス(マインドフルネス4)
第62回 : 
「過労死」
第63回 : 
人工知能(AI)―人間が引退する日―
第64回 : 
「フェデラーと老いの心理学」
第65回 : 
自己肯定感と承認欲
第66回 : 
「まかない食」
第67回 : 
「脳休」
第68回 : 
小林麻央さんのこと
第69回 : 
醜形恐怖
第70回 : 
黒い犬
第71回 : 
親業とこころ
第72回 : 
弓と禅
第73回 : 
究極の「怖れ」克服法
第74回 : 
自然と脳
第75回 : 
脳から身体を治す
第76回 : 
非日常との境界
第77回 : 
「戦争と平和」
第78回 : 
日本の開国
第79回 : 
自尊心について5
第80回 : 
滝のうら
第81回 : 
「食」と「旅」
第82回 : 
「セリーナ・ウィリアムズと怒りの心理学」(怒りとこころ2)
第83回 : 
「東洋化グローバライゼーション」
第84回 : 
「日日是好日」
第85回 : 
OCD
第86回 : 
プロのホームレス
第87回 : 
偏愛の力
第88回 : 
多様性の教科書
第89回 : 
ゆるすということ

『こころにまつわるおはなし。』

「こころ」 をキーワードに、様々な話題を提供します。

2013年 2月 15日更新

第16回 : 「うつ」 今注目の最新治療 『TMS』

皆さんはTMS (文献1) 治療というのをお聞きになったことがありますか?

最近NHK特集でもとりあげられ、問い合わせが殺到しているようです (文献2)。 こちらLAでも異例の反響があります。 なぜこの治療法がここまで注目されているのでしょうか?

突き詰めて考えると、理由は、

1. 従来の治療とは全く異なる画期的な治療法

例えば 「薬を飲まなくても治せる」 ということです。 いろいろな意味でこれまでの治療は満足できなかったり、抵抗感があった、ということでしょうか。 さらには、薬でよくならない方が多く改善するというのも大きな魅力ですね。

2. 副作用がほとんどない。

どのような治療もこれが一番大事ですよね。

3. 脳科学と 「うつ」 のメカニズムに基づいている。

医学、科学の発展、蓄積の上にもたらされた最新の技術といえます。 NHK特集のタイトルも 「ここまで来た! うつ病治療」 でした。

以下に、この治療法の詳細をご説明します。

TMS治療とは

TMSは、最新のうつに対する治療法です。 アメリカFDAに認可を得ています (日本未認可)。 うつのほか、不安、パニック、心理的トラウマ、強迫神経症、耳鳴り、偏頭痛、神経内科疾患 (パーキンソン病、脳梗塞後麻痺など) など広く効果があるといわれています。

TMSが効くメカニズム
  1. 磁気で脳を活性化します (図1)。
  2. 左前頭葉 (図2) という脳の部位に限定し刺激します (FDA認可を受けたTMS治療機器、NeuroStarはmm単位で正確に部位を決定します)。 うつの時、脳の活動が低下していることがいわれてきました (図3:より黄色い部位は活動の高さを示します)。 特にこの左前頭葉の活動低下が長年の研究により明らかになっています。
  3. その他のうつに関わる脳の回路、脳内物質を正常へ近づけます。
TMSの効果
  1. 大規模な多くの臨床治験により効果が証明されています (文献3)。
  2. 薬物療法でよくならない方々にも高い効果が示されています。
  3. 薬物でよくならない方を含む複数の臨床治験では、6割近くの方が良好な改善を示しました (表1)。 7割以上の方に効果があるというのが実際の臨床現場の声です (文献4)。 3割以上の方が寛解、つまり症状がほとんどなくなるという改善を示しました。
  4. 改善の時間経過は比較的はやく、2週間前後でも効果がみられる例が少なくありません (表2)。
TMSの副作用
  1. 局所の不快感、頭痛など。 多くの場合軽度で、その後の治療継続が困難な例は5%以下でした (文献5)。
  2. 薬物療法の副作用と比較して、全身性の副作用がありません (図4)。
  3. 画像検査として長く用いられているMRIと同じ、磁気による方法を用いています。 「磁気」 の安全性は長く知られているということです。
  4. 非常にまれに、けいれんの報告がありますが、0.1%以下の頻度です。
  5. これまでに20万回以上の治療が行われています。
なぜTMSが画期的か?
  1. 薬が効かない場合にも奏効する。
  2. 薬に抵抗のある方に新たな選択肢となる。
  3. 磁気による局所の刺激のみ。
  4. 薬物療法のような全身性の副作用がない。
  5. 覚醒したまま、麻酔もない治療。
  6. うつの原因となる責任部位に直接、限局的に働きかける (病態にそくした治療、脳回路の正常化)。
  7. 治療後の再発が少ない (6ヶ月で11% (文献6))。
  8. 外来で行われ、基本となる各治療は40分ほどです。 治療後、すぐにご自分で運転が可能です。
治療スケジュールは?

一回40分ほどの治療を週5回、2~6週間程度継続することが基本です。
回数、期間などは個人差があり、医師との相談により決められます。

保険の適用

Anthem Blue Cross、Blue Shieldなどが保険適用を行っています。

どのような方に勧められるか?
  1. うつがなかなか治らない。
  2. 薬には抵抗感がある。
  3. 薬や他の治療が効かない、あるいは不十分。
  4. 薬で副作用が出やすい。
  5. 副作用の少ない治療がよい。
  6. うつのメカニズムに即した治療を望む。
  7. 他のこころの問題 (不安など) で困っている。

当クリニックにおけるTMS治療を含む診療の実際については、こちらをご覧下さい。
日本から診療をご希望をされる方は、こちらをご覧下さい。
ご質問のある方、ご興味のある方は、ご遠慮なくご相談下さい。

《参考文献》
  1. 厳密には rTMS といい、repetitive Transcranial Magnetic Stimulation (反復経頭蓋磁気刺激法) の略です。
  2. 各メディアで取り上げられている様子 (参考
    NeuroStarウェブサイト (唯一FDA認可されたrTMSの治療機器)
    YouTubeサイト
  3. Slotema SW, et al. Should we expand the toolbox of psychiatry treatment methods to include Repetitive Transcranial Magnetic Stimulation (rTMS)? A meta-analysis of the efficacy of rTMS in psychiatric disorders. J Clin Psychiatry 71:873-884, 2010
  4. Tech pioneers: 10 Start-ups that will change your life. TIME
  5. Janicak PG, et al. Transcranial magnetic stimulation in the treatment of major depressive disorder: a comprehensive summary of safety experience from acute exposure, extended exposure, and during reintroduction treatment. J Clin Psychiatry 69:222-232, 2008
  6. Janicak PG, et al. Durability of clinical benefit with transcranial magnetic stimulation (TMS) in the treatment of pharmacoresistant major depression: assessment of relapse during a 6-month, multiple, open-label study. Brain Stimul 3:187-199, 2010

2013年 2月 15日更新

くがやこころとからだのクリニックでは、
「こころ」 にまつわる様々なご相談や、こころの健康チェック、ケアを提供しています。

▼ドクター久賀谷による「マインドフルネスx脳科学」ホームページを開設しました!

https://www.beinamoment.org

ドクター久賀谷によるマインドフルネス 著書・旅企画・コーチングをまとめて紹介。クリニックと合わせてよろしくお願いします!

▼「患者さまの声」ページ 随時更新中!

https://thmedical.org/diagnosis/testimonials/

クリニックホームページ内で診療を受けられた方の動画・音声、そして寄せられたお手紙などをご覧いただけます。
診療セミナーやマインドフルネス・TMS治療に関する患者さまの声。

▼心療内科専門医による各種プログラム
不安/パニック より早い改善をカウンセリングとお薬またはTMS治療を必要に応じて組み合わせることで実現
うつ
そううつ
睡眠改善
ADHD
OCD
慢性痛
マインドフルネス認知療法
認知行動療法カウンセリング
こころとからだ・プログラム → ストレスによる身体の症状の緩和
トラウマ治療 (EMDR)
禁煙プログラム
仕事ストレス
体重マネージメント
こころの健康相談

※ 当クリニックでは、カウンセリングのみも可能です。

Columnist's Profile

心療内科医久賀谷 亮(TransHope Medical)

イェール大学医学部神経精神科卒。日米医師免許。趣味 : トライアスロン。TransHope Medical / くがやこころとからだのクリニック院長。「TransHope」 は、Transglobally (国境を越えて)、Transculturally (文化を超えて) に、Hopeを手渡していくことを意味します。

眠れない、疲れやすい、集中できない、気分が晴れない、ストレスによるこころとからだの反応、ライフスタイル改善(体重、仕事パフォーマンス、喫煙)、うつ、パニック、ADHDなどに医学的診察とケアを提供します。

TransHope Medical

24050 Madison St Ste 113 Torrance CA 90505
TEL:
424-247-9642
FAX:
424-247-9643

TransHope Medical について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES