クオリティライフの向上に美しい笑顔を…

歯列矯正であなたの人生が素晴らしくなりますように。

2020年 5月 14日更新

第6回 : 歯列矯正の治療期間はどのくらいかかる?

Q

治療法によっても変わると思いますが、歯列矯正の治療にはどのくらい時間がかかるのですか?

A

歯列矯正の治療期間は、個々の歯列の状態と治療法によって大きく変わります。私は、これまで7千人以上の患者さんを治療してきましたが、みなそれぞれ歯並びや状態は違います。当然、同じ治療法でも、それぞれ反応は異なり、微妙に違う結果が出てきます。ですから、歯列矯正を始める前に、まずは事前のコンサルテーションや検査を行うことが必要です(もし、抜歯や虫歯治療が必要な場合は、それぞれの専門家を紹介し、互いに連絡を取りながら歯列矯正を開始します)。事前のコンサルテーションによって、ある程度の治療期間をお伝えすることができます。

では、治療の内容によってどのくらいの期間がかかるのでしょうか。

ワイヤー

治療期間は、通常の治療の場合、1~1年半ほどです。通院の頻度は、ブラケットやワイヤーを付けた後にチェックやアクティベーション(歯を動かすための施術)を行い、その後は6~10週おきに一度、ワイヤーを交換したり調整したりします。歯のクリーニングは、一般歯科で年に3~4回行います。より適切なワイヤーやブラケットを選択することで、2~3割も治療期間をスピードアップできます。

インビザライン

治療期間は、ワイヤーと同様に、通常は1~1年半ほどです。通院回数は、ワイヤー治療に比べ少なく、3~4カ月に一度のペースです。最初のアライナー(透明な樹脂のマウスピース)装着開始から3週間後にチェックやアタッチメントを付けたり、歯のポリッシュを行います。使用するアライナーは、平均10~20個です。どの歯から動かしていくのかきちんと計画することで効率良く進められます。

ワイヤーもインビザラインも、一回の診療時間は、30分~1時間程度です。

なお、部分治療や局部的な治療の場合は、半年から1年で終了することもあります。

矯正専門医の下で治療を

歯は強く押せば早く動くわけではなく、骨の新陳代謝に合わせて調整しながら動かす必要があるため、正しい歯列矯正治療には高い専門性が求められます。また、緊急事態が起こった際に、早急にかつ確実に対応してもらうためにも矯正専門医にかかることをおすすめします。正しい歯科医選びで、時間はもちろん、お金も節約することが可能になります。

※コラムの内容は一般的な情報です。治療の詳細等については、専門医にお問い合わせください。

2020年 5月 14日更新

皆さんのご意見、ご相談等ございましたら以下までご連絡ください。

dr@noguchiortho.com

Columnist's Profile

院長Brian S. Noguchi DDS, MS(Noguchi Orthodontics)

1985年ロマ・リンダ大学歯学部卒業後、同大学で補綴学のインストラクターとして1年間教鞭を執る。その後、矯正歯科専門コース」2年コース修了。1990年、日本歯科医免許取得。

American Dental Association、California Dental Association、American Association of Orthodontics、Pacific Coast Society of Orthodontists、Japanese Orthodontic Society、Japanese American Dental Society 正会員

私は日本の長野県で生まれ育ちましたが、学生の頃からずっとアメリカの大学に進学したいと考えていました。大学に通っているとき、近所でなかなか手に入らなかった日本食を買うためにサウスベイを訪れていました。当時からこの場所が気に入ってしまい、それがきっかけで、1990年にトーランスに歯列矯正専門医院をオープンしました。独特の融合文化を持つサウスベイは、私の妻マーガレット、そして子供のアレックスとエリカにとっても、心が休まるすばらしい環境だと思っています。

Noguchi Orthodontics

4201 Torrance Blvd., Ste. 430, Torrance, CA, 90503 US
TEL:
310-540-2113
EMAIL:
dr@noguchiortho.com

Noguchi Orthodontics について詳しくはこちらをご覧ください。