日曜日 定休日
月曜日 9:00-17:00
火曜日 9:00-17:00
水曜日 9:00-17:00
木曜日 9:00-17:00
金曜日 9:00-17:00
土曜日 定休日

U.S. Visa Legal Pro, Inc.

アメリカ各種ビザ取得のプロフェッショナル。

パノラマ
パノラマ
パノラマ
パノラマ
パノラマ
US VISA LEGAL PRO
私達は弁護士ではなく、アメリカビザ取得のプロフェッショナルです。
アメリカビザ取得の豊富な経験と実績で、ビザ取得を全面的にサポート!
あなたの夢の一歩をお手伝いします。
「ビザの申請は弁護士に頼めば大丈夫」と思っている方も多いのではないのでしょうか?

≪弁護士がビザ申請をしたからといってアドバンテージは一切ございません≫

移民法は全て独学で得る知識であり、弁護士になる為に通うLaw schoolでは移民法は学ばないのです。

ビザ申請で重要なのは申請内容におけるビジネス性&将来性。
ビジネス感覚を備えた申請書作成が必須なのです。
アメリカの法事務所におけるサテライト企業として築き上げてきた実績、ビザの依頼に応えるのは『結果』が全てです。

不可能なものにはハッキリ不可能だとお伝えさせていただきます。
お客様に無駄な時間&お金を使わせません!
成功報酬制(ケースによります)
まずはお気軽にお電話でご相談下さい。
ご相談は無料です。
Email: info@usvisa-legalpro.com
TEL: (310)694-7020
サービス内容
各種労働ビザ申請・取得
アメリカの各種労働ビザの申請・取得を行います。
グリーンカード申請・取得
労働ビザを取得された後のアメリカ永住権の申請も可能!
会社設立、許認可取得
アメリカで新規企業・日本企業の米国支店を設立する際に必要な手続きからビジネスに必要な許認可取得をお手伝い。
アメリカの働けるビザの発給条件をご存知ですか?
アメリカにある日系企業が…

・人手不足
・日本人スタッフを補いたい

という要因だけでは不十分!アメリカビザは発給されません。
ビザの発給には様々な条件が必要になります。
US VISA LEGAL PROでは、長年培ったノウハウを生かし、通常でしたたら難しいケース(過去にビザを却下されているケースも含)でも多数のビザ獲得履歴があります。
過去に飲食企業の店長が、ビザ面接で『あなたは料理を作りますか?』と面接官に質問され『はい』と答えただけでビザを却下されたというケースも報告されています。
もしビザの申請が却下された場合
ESTAの使用も不可能になり、アメリカにしばらくの間、入国できなくなります。
そんなことになる前に、ご相談下さい。
Jビザからのステータス変更
様々な企業がJビザ制度を活用しています。
研修期間終了後は、別の種類の労働ビザをサポートしますと約束し、本人の仕事意欲を高めておきながら、研修後にビザサポートに対応せず、本人は仕方なく日本に帰らなければいけなくなるというケースがよくあります。

J1からのステータスチェンジは実際難しいといわれていますが、US VISA LEGAL PROでは、日本人スタッフを求めるスポンサー企業と結びつけ支援しています。

まずはお気軽にご相談下さい。
アメリカで会社設立
アメリカ50州で異なる州税法法人の形態による州税法の違い、日本にはない『LLC』『S-Corp』という法人システムの活用。
日本のように簡単でない『FC企業造り』。毎年の監査報告義務に州毎の登録&許可申請。
Client間においてネットワークを構築し、アメリカにおけるスムーズなビジネス展開を応援。
まずは無料相談へ!
~日本語でお気軽にお問い合わせください~
TEL: (310)694-7020
EMAIL: info@usvisa-legalpro.com

お問い合わせ

メールアドレス 必須
お名前 必須
電話番号必須
内容必須