マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第57回 : update
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス
第54回 : 
あなたは読めますか?「L/C」読めなきゃ貿易のプロじゃない!
第55回 : 
緊急事態発生!米中貿易戦争激化の様相
第56回 : 
ビジネス戦略特集Vol.1「E-bayを攻略せよ!」
第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2018年 8月 20日更新

第56回 : ビジネス戦略特集Vol.1「E-bayを攻略せよ!」

貿易にも新時代到来。

貿易―もう現代では固い表現と取られるかもしれません。元来貿易とは、外交手段の一部で、海外との取り引きすなわち交易を通して、より優れた外国文化ではぐくまれた商品を輸入し生活を豊かにする、と言った意味合いがありました。日本でも、古くは黒船来航で多くの西洋の製品を輸入。以来、外国製品の流通が日本の発展を支えてきました。我々現代人にとっても、高度成長期以降は、米国の豊かなる生活が垣間見れる商品に憧れ、それに触れることで生活に潤いを得ることができました。ひと昔前は、輸入品と言ったら高価で洗練されたイメージがありましたが、ここに来て、大分その様相に変化が訪れました。欧米だけでなく、東南アジアや中東の趣向品、さらには中国やベトナムから安価な労働力に支えられたさまざまな商品が頻繁に輸入され、現在の社会を支えています。もう欧米の商品が何事においても優れているという時代は過ぎ去った感もあります。貿易という外交手段も、今ではネット社会の台頭により、非常に簡単で手軽なものとなり、誰でも遠く離れた外国の商品を手軽に購入することができるようになりました。便利な世の中になったと共に、ビジネスにおいても大きな変革期、そして大きなチャンスの到来であるとも言えます。これまでよりも、より便利になった利点を生かして、ビジネスを構築できる新時代です。貿易の知識がなくとも、英語ができなくても、バイタリティーとたゆまぬ努力があれば、さまざまなアイデアが大きく化ける可能性も十分に秘めています。そんな時代背景をアドバンテージとして、自身の環境を整え、思いっきりビジネスをやってみましょう。

みんな大好き。E-Bay

この便利なシステムが構築されてからもう23年を数えます。オークションサイト界の草分け的存在でもあるE-Bayは、世界規模で有名で、その利用者は1憶6千人にも上り、ネット販売界では知らない人はもはやいないはず。私も例に漏れずに、かなりのユーザーであり、中古物品に限らずよく利用しています。過去に騙されたなどの詐欺行為にも遭わずに、とても快適に利用させてもらっています。この10年くらいは、ぐっと企業の参入も増え、個人だけではなく、大きな在庫を抱える商社やメーカーも出店、また販売元紹介サイトやAmazonとも提携しています。商品検索をすると、必ず紹介されたアイテムの中にE-Bayからの出展商品が混ざっています。私もそうですが、市場価格のリサーチをするために、AmazonとE-Bayの双方を見比べて、条件や価格が良い方を購入するなどという購入方法を確立されている人も多いはず。E-Bayは、業界においてAmazonと二極化した存在。こうしてネットでのショッピングが流行ってしまうと、店舗展開している大手の量販店のK-MartやToys’R’Usなどは、まさにこれらの新たなる2大勢力に水を空けられ、その溝を埋められずに、倒産の憂き目に遭ったと言っても過言ではありません。一般人でも、競売で他所より安く商品を買い求められる魅力、またさらには不要になったものを一個人が販売する場を提供してもらい利益を得ることができると、このシステムを駆使すれば、生活の質はどんどん向上していくことでしょう。そして、このビジネス形態を用いて、自身のビジネスにすることも、もちろん可能なのです。

E-Bay攻略からビジネスに転換

E-Bayで出店されている多くの商品が「米国では安いが日本では高いもの」を取り扱っています。しかし、闇雲にこれを探し当てるのは、宝探しのようなものであり、時間も労力も大変消費する作業です。ところが、これが自分の得意とする分野や興味のある事柄だったらどうでしょう?例えば、私は結構洋風陶磁器が好きです。日本では輸入陶磁器は結構高いですが、米国で流通している商品はそれ程高価なものはありません。そのような感じでターゲットを絞り込み、日本での業界のトレンドを探ってみましょう。意外と良いものが見つかるかもしれません。それを購入してストック、そして日本のヤフオクなどのオークションサイトに転売するのです。この古風とも言える方法でビジネスを展開している人は少なくありません。もちろんそれで生計を立てられるほど稼いでいる方もいます。確かに日本での代金決済をどうするのか、輸送料はどうするのかなど、それぞれ問題点はあるものの、ビジネスのアイデアとしては悪くありません。なぜならE-Bayでの商品は、日本でも閲覧できますし購入も可能です。しかし、多くの米国人出展者は販売後のトラブル回避のためか海外発送を受け付けないという人が多いのが実情なのです。また、日本との「時差」も大きなネックとなり、取引が成立しない場合も多々あるのです。その点、我々米国に暮らす人間であれば、決済も購入もタイムリーにでき、売主も販売することに難色を示しません。細かい作業も必要になってきますが、ビジネスとしては十分に成り立ちます。ただ、間違いを犯さないためにも、入念なる市場調査は必要です。日本でのトレンド、需要や流通状態また価格帯など、さまざまな角度から掘り下げてマーケティングすることこそ成功への近道です。「これなら売れそうだ」などといういい加減な「見込み」で購入をしてしまうと、その商品が売れなかった時には在庫をしなければならなくなります。トレンドと消費動向を見極める目、つまり「目利き」こそが重要になってくるのです。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.43
「健全な精神は健全なる肉体に宿る―ビジネスダイエット塾」
低脂肪ダイエット法報告、その後。

この日と決めた時から、毎食のメニューから炭水化物を抜き、結構早いペースで痩せていくことを実感できたと2か月前にレポートしましたが、その後、このダイエット方法の進捗は…?みなさん気になるところですよね。自分に厳しくこの方法を実践した結果、1カ月目では、もう自分でも実感できるほど体が細くなっていきました。そして2カ月、3カ月と、良いピッチで順調に目標に近づいていきました。しかしこの1カ月くらいは、なかなか減らなくなってきています。長きに渡ってダイエットを敢行するのは、やはり「我慢」の上に立っていることから、精神的にもかなり疲弊してきます。そして、ついついそれまできつく引いていた手綱も緩みがちに…。ある程度まで辿り着くと、体重での変化が乏しくなること、それと、そろそろちょっとした気の緩みも顔を出し、禁断の果実に手を出してしまうこともしばしば。とは言え、これが終着駅ではないし、運動量も減るどころか逆に猛烈さを増しています。確かに、数字的には減らない日々ではありますが、精神的には、さらに充実。多少の気の緩みも「アリ」と判断し、根を詰めないダイエットを心がけています。大事なことは、体重などの数字を見て一喜一憂しないこと。短期間に痩せていくのではなく、健康体を保ちつつ、長い期間をかけて理想を追う方が、成功への近道ではないかと最近は考えるようになりました。そして、ひとつ言えることは、過去に行なったダイエット方法では一番辛くなく、健康体を保てることが分かりました。まだまだ続けていきますよ~。

2018年 8月 20日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES