マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2018年 5月 21日更新

第53回 : 自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス

新緑の季節です。三寒四温などと言われる時期からは完全に脱し、汗ばむ陽気になることもあるこの季節。もしかしたら、一年で一番過ごしやすく、活気に満ち溢れる季節ではないでしょうか?真夏を目前に控え「暑くなってきたらイヤだなぁ~」なんて考えることもしばしば。震えるほど寒くもなく、かと言ってウダるほどの暑さでもない。天気もいいし、夏本番を前に胸躍る季節ですね。ビジネスを見ても、年末年始からの低迷もある程度落ち着き、新しいビジネスの展望も芽生える時期です。忙しくなる年末を見据えて、これまで撒いておいた種が芽を出す頃、ワクワクする予感を抑えながらも、日々の仕事に精進してまいりましょう。

取引先からの代金決済。便利な方法は

海外の取引先から入金がありました。決済方法はいろいろありますが、最近はもうスパっと銀行送金という方法が主流でしょう。次回またお話ししますが、お互いに初めての取引でどこまで相手が信用できるか分からないという場合には、銀行決済である「Letter of Credit」(通称L/C)という決済方法もあります。これはなかなかに面倒ですし、それなりの手数料を銀行に払うことになりますが、銀行を本決済に介在させることで円滑かつ、公正な取引が可能になります。高額の取引、あるいはどうしても騙されたくないという場合にはこの決済方法がいいでしょう。また700ドル以下の少額であれば、日本郵政の「郵便小為替」というものがあります。これはこちらでいうところのMoney Orderに当り、とにかく作成時の手数料が安価に済むところが特徴。受け取った側も、ただ銀行への入金でO.K.という手軽さです。ただし、少額でないと発行してもらえないのが玉にキズですが。その他に安全に決済を行うならPayPalがいいでしょう。しかしこの決済方法が一番手数料が高いのです。騙されずに決済ができるという最大の利点はあるものの、取引金額の2割、3割を手数料として支払わなければならないこの決済方法は、余りビジネスに適しているとは言えません。全てのリスクを負っても簡単に済ませたいという場合は、やはり銀行への送金(Wire)がいいでしょうが、受け取る側にも銀行手数料がかかること、また相手に銀行口座の情報を全て伝えなければならないことから、厳密に言えば、情報漏えいのリスクも高いということになります。あとはクレジットカードの決済を取引が希望する場合、Merchant Accountが必要となり、手数料も支払わなければならないので、現実的ではないかもしれません。 

ベンダーへの支払い

本来こんなことを奨励してはいけませんが、ベンダー(商品を注文した仕入れ先)への支払いは可能な限り遅い方がいいのです。「請求は素早く、しかし支払いは遅く」。この勝手な資金繰りこそ商売の鉄則です。最終的には支払わなければなりませんし、借金をするわけにはいきません。少しでも悪印象を与えると、今後の取引に影響し、商品の販売はもちろん無理な条件を押し付けられる可能性も出てきます。円滑なる取引を図るにはベンダーとは良好な関係を築くことが重要。しかしこちらもお金を回す必要があります。一般的な零細企業では、できる限りお金を円滑に回転させるべく、できる限り資金をプールするのが得策です。よって、できるだけ支払いは、こちらにとって条件の良い決済を申し出ましょう。しかし、初めての取引である場合、あるいは先方が現金問屋などの場合は売掛を一切認めてくれません。基本的には前金、そこまで厳しくなくとも代金引換が基本原則です。しかし中には、若干緩い支払い期間を提供してくれるベンダーも存在します。例えそれが2週間しかなかったとしても、その猶予は十分に利用させてもらいましょう。支払わない訳ではないが、できるだけ仕入れ先への決済は遅い方がいいのです。

納期確認と輸出の準備

ベンダーへの発注が終了したら、正式なる納期を明確にしておきましょう。あなたの商品を買ってくれる取引先も、そのまた顧客との取引があり、製造や生産、または販売の計画があります。納期の情報を与えることによって、先方も今後の予定が立てやすいというものです。ただベンダーからの情報をそのまま額面通り伝えてしまうと、納期が押した時に自分の首を絞める事態にもなり兼ねません。納入時期を入手したら、1週間程度余裕をもって伝えるのが賢明でしょう。取引先によっては「○日までに納入してもらわなければキャンセル」と横暴な条件を提示してくる企業もありますが、できないことは事前にハッキリできないと伝えましょう。そうしないと、後で揉める種を作ってしまいます。今後長くお付き合いしていく取引先であれば、目の前の商売よりもっと先を見据えること。こちら側も商売相手を選ぶ必要があります。あまりにも厳しい取引先や短気な担当など、相手をよく観察し、長期的にお付き合いできる企業を選びましょう。ある程度の納期が判明したら、輸出する準備を整えます。顧客の希望する出荷方法は航空便なのか、それとも海上便なのかを調べておきましょう。そしてそれに併せて適当な輸送業者を選定します。出荷方法が決まれば、輸送のスケジュールから大体の貨物到着時期が逆算できるでしょう。それを顧客に伝え、出荷そのものに対して大きな画を描きます。あくまでも相手の立場に立って親切なる対応が必要。取引先とは「一緒に取り組む」という姿勢で臨むことです。それが取引先との一体感を産み、今後のビジネスに効果をもたらすでしょう。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.40
夏直前につき本格的減量開始

ここまでの約4か月間、炭水化物をとにかく摂取しない「低糖質ダイエット」を敢行してきました。おかげでそれなりの成果が出て、かなり体が絞れてきました。しかし夏を迎えるにはまだまだ。ここからさらに減量を加速させ、あと2か月間で絞り込みたいと思っています。日々の運動はこれまで通り、いや、これまでよりも過酷になったかもしれません。 体を相当酷使しているので、疲労はどんどん蓄積されますが、減量中もこのペースを変えるつもりはありません。これまでここでもお伝えしてきた「脚のトレーニング」は欠かさず行っているので、痩せていく要素は存分にあります。どうにかしてここから痩せていくのであれば、もう食事を減らすしかないのです。トレーニングの前後は多少食べますが、それ以外は、おやつを含めどんどん食事の量を減らしてきています。特に、夕飯の量をこれまでの5割、あるいはそれ以下にすると、夜間に猛烈なる空腹に襲われますが、確実に目方は減っていきます。これからの課題は、いかに筋量を残して痩せていくかということになりますが、要は「減量には食事量を減らす」ということは付きものであり欠かせない要素でもあるということ。ガッツで痩せようと決めたならば、この苦しい状況にも耐えて見せましょう。その強い想いがあれば、きっとキツくても乗り越えられるでしょう。みなさんも一緒に頑張りましょう。 

2018年 5月 21日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES