マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第55回 : 
緊急事態発生!米中貿易戦争激化の様相

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス
第54回 : 
あなたは読めますか?「L/C」読めなきゃ貿易のプロじゃない!
第55回 : 
緊急事態発生!米中貿易戦争激化の様相

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2018年 4月 20日更新

第52回 : 「商品売れた!さて、その次のステップは?」

今年から、MLBロサンゼルス・エンゼルスに入団した大谷翔平選手。ある意味、予想外の大活躍で野球ファンのみならず、日本人社会でも大きな話題となっています。彼は、社命でこちらに赴任してきたビジネスマンとは異なり、自ら志してMLBという大舞台に飛び込みました。もちろん、それ相応の自信があってのことでしょうが、不安で眠れない夜もあったでしょう。開幕前のスクリメージ(練習試合)では貧打に喘ぎ、評論家からは「高校生程度の実力」と辛辣なる評価をされたものの、開幕してみれば猛打爆発。投げては相手をバッタバタと三振に切って取る圧巻の投球を披露し、日本人MLBプレーヤーここにあり、とそのまばゆいばかりの存在を見せつけています。一匹狼として単身米国に乗り込み実績を上げているのは、業界は違えど、まさにロサンゼルスで頑張っているみなさんと同じです。大谷選手の奥底にある心情は計りしれませんが、燃え上がる闘志を持って海を渡って来たことは、我々同胞と何ら変わりません。その熱き気持ちをいつまでも忘れずに、我々も日々の暮らしを営んでいかなければなりませんね。大谷選手を見ていて、そんな風に思いました。

売れた~! 初めてのお客様

さて、起業の話をしましょう。ビジネスを立ち上げ、どうにかこうにかあなたの商品を買ってくれるお客様が現れました。ここまで案件を丁寧に育て、お客様の購買意欲をそそった功績は大きく、これであなたが目指していた貿易の仕事を始めることができます。やっと取引に漕ぎ着けたこのお客様に、未来永劫お付き合い頂くためにも、製品を最高の状態でお届けしなくてはなりません。確かに「売れた」とは言え、この段階ではまだ売買取引は成立していません。取引を口約束にしないためには、まずProforma Invoice(見積もり送り状)や売買契約書などの文書を取り交わし、双方にとって正式なる売買であると謳う必要があります。もちろん取引の形態にもよりますが、ここでは、より一般的な方法としてProforma invoiceを取り交わすことをお勧めします。これは、売主が提供する商品が間違いのないものなのか、数量や原産地は確かか、価格は間違っていないか、さらには決済方法や配送のやり方など、この商取引の詳細を全て記し、売主・買主共にサインを交わして相互的理解を深める方法です。仮に、契約内容と異なる場面に遭遇しても、この書面を元に取引の是正を図ったり、取引の公正を記す証明ともなり得ます。このような書面をお互いに交わすことよって信用性は高まり、双方にとって不利益の出ない体制を作り出します。口約束のみで取引を開始すると、あとで何か問題が発生した際に「あなたはこう言った」「イヤ、言ってない」と揉め事に発展するケースも多く、それがエスカレートすると、せっかくのビジネスも水の泡と化してしまう危険性を孕んでいます。お互いを尊重し、揉め事の種を未然に摘んでおくテクニックとも言えます。何と言っても、やはり文書を取り交わすということは、ビジネスにおいての基本です。

ベンダーに商品を注文する

ベンダー(これからあなたが商品を注文する仕入れ先)は、一般的に代金と引き換えでなければ商品は出荷してくれません。この慣習を考えると、予め仕入れができる程度の資金は用意しておきたいもの。しかし、多くの会社が自転車操業であり、余裕がないのはどこも同じです。特に、初めての取引では、絶対に代金回収をしなければなりません。その観点から、取引先に先に商品代金を前納してもらうのが一番賢いでしょう。ただ、相手も初めての取引相手に全額を支払うことを警戒する可能性も高いです。通常、この段階では内金として2割程度、多くても半額でしょう。しかし、ベンダーは一括納入を条件とします。その場合は、自己資金を捻出して商品購入代金に充てるしかありません。また、一番最初の取引で運転資金が乏しく資金繰りが苦しいのであれば、正直に取引先に話をして、先に商品代金を先払いしてもらうのもひとつの手です。もちろん、相手を心配させないためにも、余り軍資金が無いことは表に出さない方が良いに越したことはありませんが。ベンダーへの注文の際にも、文書のやり取りを行いましょう。大概の場合は、先方(売る側)が請求書を起し、そこに注文の詳細全てが記されています。商品に間違いはないかを、品番や写真で確認することはもちろん、注文総数、支払い総額を注意深く確認します。さらには、契約条項にキチンと「どこまで運んでくれるのか」「内陸運賃を誰が支払うのか」、また「商品代金の納入時期や方法」など細かく確認しましょう。もしも、少しでも不利と思われる条件がある場合は、注文前に談判し是正していきます。全ての発注を終えてから「約束が違う」と言っても、米国の会社は聞き入れてはくれません。備えあれば憂いなし、ということもあるので、注文前にしっかり全てを確認しておきましょう。

代金決済。ここが一番重要かも

発注と前後して、あなたの顧客である取引先から入金があるはずです。期日までに条件通りの金額が入っているか、銀行に確認しましょう。その時に、発生する手数料などはこちらで負担するにしても、先方の勝手な理由で送金額が少ない場合は、すぐに話し合わなければなりません。お客様は確かに大切ですし、買って頂くという観点からすれば「お客様は神様」かもしれませんが、ビジネスにおける立場は対等でなければなりません。何か理不尽な理由で、一方的に契約不履行となるなどということを我慢してはいけません。代金回収というのは、ビジネスにおいて最重要な部分かもしれません。ここに注視して執り行わないと、詐欺行為など、とんでもないトラブルに巻き込まれるかもしれません。得意先に対して不誠実な対応をしないことは大原則ですが、こちらからも真摯なる対応を求めていきましょう。もしも、代金を回収できていないのであれば、こちらも商品を提供しないなど、強気な姿勢も時には必要です。間違っても、最初の取引から「売掛」などにしてはいけません。商品を先に発送してしまった後の請求や、送金の督促など、相手は耳も貸さない可能性が高いです。そうなると、ベンダーへの支払いだけが残ってしまうという最悪のケースになり兼ねません。「商品代金は前金で」—これが第一回目の取引では大原則です。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.38
「健全な精神は健全なる肉体に宿る―ビジネスダイエット塾」
「早起きは三文の徳」ってホント?

この格言、本当みたいです。先日私が所属するビジネスの会合にゲストスピーカーとしていらした現役医師が、さまざまな観点からもこの説は正しいとおっしゃっていました。まずお医者様がいうことなので間違いはないでしょうが、先人の知恵としても昔から言われているということで、都市伝説のような眉唾ものではないことが伺えます。では、何が良いのか?人間には、腹時計ならぬ「体内時計」というものがあり、その時計に基づいて生活環境を整えているのです。つまり、人として無意識のうちに行うこと―例えば朝起きて夜寝る。1日3度の食事を摂るなど、人間が意識的に行わずとも、自然と目覚め、自然と腹が減る、といった自然の摂理が、まさにこの体内時計を持っているから起こるのです。しかし、この習慣をさまざまな理由で歪めてしまうのは健康に宜しくないということは、安易に想像がつきます。朝は早く起きて朝日を浴びる。夜は早く就寝し翌日に備える。ダラダラと夜更かししない。この当り前のような行動が、健康で健全なる肉体を作ります。生活習慣病というのは、この自然の摂理に逆らい、不規則で栄養価の低い食事をしたり、夜更かしによる翌日の脱力感や、体力の余計な浪費などが招く疾病で、まさに現代病と言えるものです。よって、早寝早起きは健康体の基本。さらに言いますと、ダイエット的にも効果的。実は、早起きした方が脂肪の燃焼効率はグッと上がるんです。なので、俗に朝にエクササイズするのが最も望ましいとされる所以なのでしょう。さぁ、体質改善を目指して、明日から早起きしましょう。

2018年 4月 20日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES