マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第52回 : update
「商品売れた!さて、その次のステップは?」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2018年 3月 20日更新

第51回 : 「愛される取引先になるには」

春ですね~。大好きなフットボールのシーズンは過ぎ去り、花粉症と共にやって来たのが野球の季節。我らが地元のMLBチーム「ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム」と日本期待の星、大谷翔平選手が正式契約し、我々日本人にとってまたひとつMLBでの興味が増えました。さすがは有名人、そのギャラも破格の待遇ですが、我々移民がみな苦労してどうにかしているビザでさえ、あっという間に取得したのでしょうね。そう考えてみると、野球選手は「特殊技能」を持っている社会人。世の中では、稀に存在する特別な存在であれば、人から認めてもらうことができるんですね。ビジネスの世界でも、やはり一握りの成功者には、持って生まれた運勢のほか、やはり卓越した技術や知識、教養があるのでしょうね。そんな人たちの一角となれたら、きっと人生が変わるのでしょう。さぁ、そんなスーパービジネスマンや優れた経営者になるべく、本日もお勉強してまいりましょう。

あなたは既に他社と比較されている

おっ、宣伝効果があったのか。我が社の商材に興味を持ってくれた人がいる!と、ようやくそこまで漕ぎ着けたとします。あとは誠意なる対応で何とか商品を購入してもらおう!さて、このお客さんをつかまえるには一体どうしたら良いでしょう?ここで求められるのはビジネスマンとしての真摯なる対応。あなたが提供する商品は、もう既に新規顧客候補に対して十分に魅力的なものでしょう。ただそこで、横柄な態度やいい加減な対応で自然とモノが売れるほど甘い世界ではありません。また顧客は必ず他の企業、いわゆるあなたの競合相手からも見積もりを取って、価格やサービスを天秤にかけているはず。その両者にちょっとの違いしか見当たらない場合、顧客は間違いなく、サービスか担当者の感じが良さそうな方を選ぶでしょう。そこで負けてしまっては、うまくいくはずのビジネスも水の泡。まずは真摯なる対応を心がけましょう。また、あなたが逆の立場だったら相手がどう思うか、相手は一体何を欲しているのかを冷静に考えましょう。あなただってお寿司屋さんのカウンター越しにいる板前が、ムッとしながら握る寿司を食べても美味しくないでしょう?顧客とは勝手なもので、自分が気に喰わなければ何も言わずにス~ッと離れていきます。せめて何が悪かったのか教えてくれれば、今後の参考にもなるでしょうが、大概は、もう何も言わずに、いつのまにか姿をくらましてしまいます。せっかくつかまえたお客さん候補ですから、是が非でもモノにする必要があります。

迅速な対応、丁寧な言葉遣いを

近年では海外との通信の主流は何と言ってもE-Mailでしょう。誰でも簡単に、そして費用をかけることなく、離れている人と通信が可能で、意思の疎通を図ることができる画期的なツールです。みなさんも経験があるでしょうが、ちょっとしたメールの文章でも相手の態度が透けて見えてしまう場合があります。会話であれば、ちょっとした言い回しや表現の違いなど聞き逃すことも多いですが、それがひとたび文章になっていれば、相手の受け取り方は大分変ってきます。こちらではそんなつもりはなくても、相手の受け方にとっては「態度が悪い」「不親切」などと一方的に感じるかもしれません。それを避けるためには、とにかく丁寧な言葉を使うこと。人の態度を判断するには、敬語がうまく使えているかどうかというのは大きな判断材料になります。丁寧で相手を敬うことを常に忘れずに。これができていないと安く見られる可能性があります。またバカ丁寧すぎる、または誤った敬語も好ましくありません。バカ丁寧なやり取りは「慇懃無礼」といって、却って礼節を知らないと受け取られ兼ねません。自分の本質を出すことは大切ですが、丁寧で嫌みのない対応を常に心がけることが肝心です。また、これもコミュニケーションにおいては重要ですが、メールの返答を素早く行うこと。遅い返事をして良いことは一切ありません。早くても人は文句を言いませんが、遅い対応を許せない人は多いです。返信が遅れたせいでお客が逃げていったなどいうのは、もう最悪の事態です。丁寧な応対で素早い返信、これに勝るコミュニケーションは存在しないのです。礼儀の正しい人が嫌われたためしはありませんから。

たゆまぬ努力、日々の勉強は必須

次に、この顧客候補をつかみ取るだけではなく、さらには将来継続的に購入してくれる「上顧客」に導く努力をしましょう。一度だけの取引では多くの利益は確定できませんし、未来永劫ビジネスが続くように、お客の立場に立ってサービスする精神が大切。それには、信用が最重要であることは言うまでもありませんが、誠実さ+商売のプロであると、先方に思わせることが大切です。それは商品知識であったり、商品に対する自信、愛着、そして物流やお金の流れさえも把握した総合的な商売の知識が必要です。それを全て理解しているのであれば、自ずと言葉や態度には自信が溢れ、顧客もプロとして認めてくれることでしょう。「プロであるべき」ことの重要性は、全ての顧客が取引先に抱いている心境です。自身のビジネスに自信のなさそうな態度は、お客の心も凍結し購買意欲も奪っていきます。この自信を養っていくには、とにかく日々の勉強が大切です。商品知識はもちろん、出荷の相談、価格の交渉や支払条件についても、明確な返答ができるようにしなければなりません。これに全て対応できる人になれば、もうあなたはれっきとした貿易のプロ。その時、あなたはきっと自信に満ち溢れているでしょう。これが人の魅力となって、さらに商売が延々と続く。このパターンを目指しましょう。努力は人を裏切りません。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.37
「健全な精神は健全なる肉体に宿る―ビジネスダイエット塾」
低糖質ダイエット-1カ月経過

このダイエット法を始めて、早くも1カ月が経過しました。さて、その効果は…。みなさんが気になるところでしょう。この1カ月厳しく食事で低糖質を厳守し、毎日のようにトレーニングをした結果、自分でも納得できるほど痩せ始めました。私の場合、過激に運動もしているので、体重と言う形で数字にはなかなか現れません(恐らく同時に筋力も増しているのでその分増量もしているはず)。しかし体脂肪は下降気味。鏡に映る見た目は、随分前とは変わってきているのが自覚できるほどです。プロレスラーみたいな体型だった胴回りが大分スッキリして、最近では腹筋の脇にエクボを確認できるほどになっています。やはり「低糖質にすると体が反応し、本当に脂肪が落ちる」という新ダイエット法は、ホンモノだったと言えます。体のメカニズムとして、体内に糖質を極力入れなければ、体は自然と体内にこびりついている脂肪をエネルギーとして利用するという説は事実だったみたいです。1カ月を厳しめに走り抜きましたが、その感想としては「全然大したことない、苦しくもなかった」ってことです。このダイエット法の最大のメリットは「食べられる」こと。甘いもののほか、炭水化物や果物を摂取さえしなければ、何を食べてもいいルール。これはかなり楽にダイエットを進められます。これで食べる量を8割に収めれば、さらに効果大。こんなに楽して本当に最終目標に辿り着けるのか?という未知に対する不安はありますが、ここまで効果が見られたことには正直驚いています。まだまだ厳しく追い込みますので、次回の報告もお楽しみに。

2018年 3月 20日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES