マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第50回 : update
「さぁ、貿易 始めてみよう!」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2018年 1月 22日更新

第49回 : 2018年は、こんな1年になる

2018年が始まりました。新しい年の始まりは、いつも希望に満ちて、どこか清々しい気分になれますね。また、昨年の反省も踏まえた上で、来るべき新年への目標も立てやすくなります。気持ちがリフレッシュしたことで、ビジネスに対するマインドも一新し、「今年はやるぞ~」と奮起しているビジネスマンも多いのではないでしょうか。当コラムも何と連載5年目に突入し、時の流れを感じると共に、また皆さんに有益な情報をお届けできるよう、新たに頑張る所存です。今回は、今年の経済動向について、筆者なりの展望と貿易ビジネスに関する傾向と対策をお話していきます。2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

トランプ元年。一定の評価を得た2017年

電撃的に誕生したトランプ大統領。就任当初は、果たして選挙公約に掲げた大胆過ぎる改革を本当に遂行できるのか?経済政策へのテコ入れ、減税改革などで米国の内需経済が活性化するのか?など騒がれてきました。また、無軌道な言動から、多くの反発を受けたり、マスコミとの対立も激化したり、未だに毎日ニュースに事欠きません。そんな大騒ぎのトランプ政権も1年という節目を迎えました。蓋を開けてみれば、1年目の支持率は何とオバマ前大統領の就任1年目とほぼ同等であることが発表されるという意外な結果に。トラブルが多いイメージが先行するものの、実は国民の半数近くの支持を得ていることが明るみに出た格好です。ではこの1年、トランプ大統領が選挙戦で行った公約が、どの程度達成できたのか?という実務面での成果はと言うと…。就任1年目にしては結構大きな改革を成したと言えるでしょう。最高裁判事に保守派を指名、原油増に対する大幅なる環境規制の緩和、さらには環境会議パリ協定からの離脱、強固なまでの姿勢で不法移民の一部排除など、やると言ったら断行するという頑なまでの姿勢で公約を貫きました。そして、経済に目をやると、これまで世界各国と歩調を合わせてきたTPP交渉やNAFTAから離脱し、国内主導型の経済を念頭に、自由貿易推進を完全否定。貿易赤字の解消、米国人の雇用拡大に尽力、さらには年末に大型減税を遂行し、企業の税負担を軽減することで企業間の競争力を煽り米国経済の活性化を狙っています。しかし、減税による財政赤字が膨らむことも懸念され、この先も難問山積。そして、残りの任期で公言したオバマケア撤廃、メキシコ国境での巨大なる壁の建設、イスラム教徒の入国問題など、課題も未だに多いです。ただ、総合的に言えば、経済は活性化し株価は右肩上がり、そして雇用統計もまずまずの数字を残しています。北朝鮮問題など無視できない問題も多く抱えている割には、大胆な改革を行ったおかげで、好景気に支えられた米国民は、穏やかな年末を迎えてることができています。最初はどうなることかと思ったトランプ政権も、1年を経過して及第点どころか、とても大きな成果を出していると評してもいいでしょう。

2018年の米国経済はどうなる?

北朝鮮との戦争が起きなければ…ということは、全てにおいて大前提となるでしょうが、概ね米国経済は堅調を持続、2018年どころかあと数年は拡大するのでは?と言われています。昨年の実質GDPは前年比の+2.2%成長。南部で大きなハリケーン被害に見舞われるも、設備投資と個人消費に支えられ2%もの伸びを記録。これは税制改革も伴い、生産~雇用~国民所得の好循環がもたらした数字であり、今年もその好景気を持続する見方が大勢を占め、昨年を上回る2.4%超の成長が見込まれています。この好循環が株価に影響し、大企業を中心に大幅なる経済成長率を記録するでしょう。そう考えると、まさに起業や投資を始めるなら「いま」ということになります。また、日本でも米国の好景気に呼応し、80年代のバブル期とまでは行かずとも、そこそこ上昇するでしょう。昨年のGDPは+1.7%と好調、そしてその勢いを堅持すると囁かれています。ただ経済が良くなったとは言え、日本人気質からか、一般消費者の消費は余り活発ではなく、モノがバンバン売れるという状況にはまだまだ遠い状態です。安倍政権の政策から外国人観光客の誘致による外貨獲得や働き方改革、新しい方策や国民生活の改善など政治的努力も実を結びつつある今、経済が活性化する要素は多分に揃っていると言えるでしょう。また、最近のトレンドから「ホンモノ志向」が国民に浸透している傾向にあることから、新しい分野でのビジネスもどんどん増えるでしょう。そして、ファストフードなどでは、価格低下競争が繰り広げられ、消費者の紐も緩むと考えられます。

我々米国で暮らす外国人にはどんな1年になる?

直接的に、一般庶民に影響がありそうなのは、減税の恩恵を受けられること。これからTAX Seasonになりますが、ほとんどの人が源泉徴収の際に、今までよりも多くの税金還付を受けられることでしょう。ビジネスの経営者にもまたその恩恵を得られます。商売ですが、日米の好景気を背景に貿易は促進され、米国からの輸出も伸びるでしょう。また、円為替も安定していますので、不安定な為替に左右されることがなさそうです。これらの点では、こちらでスモールビジネス経営者には大きな利点、有益な年になると言えます。何せ景気が良いのですから、強気の仕入れ、強気の販売をすることが、さらなる売り上げ増に繋がるかもしれません。また、新しいことや新しい分野に進出するには絶好の時期。勉強するも良し、事業を広げるも良し。景気が悪いとうまくいかないことが多いですが、いろんなことがやりやすい背景にあるのですから積極的に仕掛けていきましょう。ただ、要注意な部分も…。ご存知トランプ大統領は移民がお嫌い。不法移民に対しては、徹底的な措置を行っており、これから入ってくる移民に対しても厳しい対応をしてきます。今まで「堅いビザ」を持っていた人たちが「ビザの更新で帰国したものの戻って来れない」という話も耳にします。今後ビザや永住権の取得に、さらなる制限がかかり、どんどん取り辛くなってくるでしょう。また合法的に滞在するための権利取得に対する費用がどんどん高くなってきています。市民にならない限り明日はどうなるか分からない…と言った移民政策が展開している中、永住権と言えど100%安全なものとは言えません。ステータスの維持は我々移民にとっての至上命題。できるだけ早期にこの問題を解決すべく、自己防衛を施すべきです。また、経営者の場合は、従業員の滞在資格に対しても目を配り、時には厳しい判断も必要になるかもしれません。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.35
「健全な精神は健全なる肉体に宿る―ビジネスダイエット塾」
一年の計は元旦にあり

古い言葉ですが、真実味アリ。新年に今年1年の目標を立て心機一転頑張っていこうということわざですね。米国でも、元旦を明けた1月2日が1年で最もジムが混雑する日とされています。現に、私の通っているジムでも、見たことのない大勢の人で賑わっていました。みなさん今年の目標に向かって初志貫徹、今年こそは痩せよう!と駆けつけているわけです。しかし、日が経つにつれて、どんどん人が減っていくのもまた現実。頭の中では理想の自分を追いかけ「今年は痩せてこんな体型になろう」と痩せ、モデルの写真を見て想像を膨らませるのでしょうが、実際に行うトレーニングは結構キツい。分かっちゃいるだけど、そのキツさからどんどんジムから足が遠のき、朝起きられなくなる。そして罪悪感に苛まれながらも「明日からやろう」を繰り返す…。自分は毎年こんな感じって人も多いのでは?もうお分かりでしょうが、とにかく重い腰を上げて運動をすること。初めは少しでも構いません。友人が年始の目標として「いきなり運動を習慣づけるのは大変なので、まず外で運動するためにそれ用の靴を履くことから始めます。まずはそこから」と言っていました。誰にでもできる簡単なことですが、これもひとつの前進です。いきなり辛くなるような運動からではなく、散歩から始めてみればいかがでしょうか?さらには重要なのは、早起きすることです。夕方やろう、夜やろうと自分を甘やかすと「今日はいいや…」となりがちです。早起きして運動すると気分もスッキリ。良いことばかりです。今年こそは、弱い自分を打ち負かし、健康で充実した日々を送りましょう。一年の計は元旦にあり、ですよ。

2018年 1月 22日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES