マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2017年12月 15日更新

第48回 : 起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」

年の瀬です。いつのまにか、もうすっかり寒くなりました。秋を通り過ぎて、急に冬がやってきたみたいです。しかし、南カリフォルニアは日中はそれなりに暖かく、車に乗る時は冷房をガンガンにかけなければ暑くていられない、という日も少なくありません。ともあれ、暦はもう12月―師走になりました。自身の仕事としては輸出貨物が減少した分、その倍以上の輸入貨物が増加したおかげで、後半は大変多忙でした。不安になるくらいの忙しさにも遭遇し、一時はどうなることかと思ったほどでした。しかし、日本向けの輸出貨物取り扱いは減少の一途を辿り、贅沢趣向品は本当に出荷が減りました。日本から来たお客様が「日本は個人が資産を持っているものの、タンス預金をそのまま子孫に分け与えるため外にお金が出てこない」とマネーフローが悪い原因になっていると分析されていました。何はともあれ、2017年も終わろうとしています。当コラムも、今回で丸4年を迎え、大分年季が入ってきました。これもご愛読いただいている読者の皆さまのおかげです。

むやみに「不安」にならない

新しく会社を設立した若き経営者は、実はみな孤独なものです。それまでは会社勤めをすることで同僚たちと切磋琢磨し、目指すべき同じ目標に向かって力を注いで仕事をこなしました。そして困難や岐路に立った時に、アドバイスをしてくれる良き先輩や上司がいました。失敗しても彼らが助けてくれましたし、自分自身で責任を負うこともなかったはず。ところが、会社を自身で興してからは、全てが自己責任であり、失敗は許されない状況になってしまいました。脱サラして独立したある経営者が言っていました。「会社員を辞めて一番痛感したのは孤独である。相談相手もいない」とボヤきます。確かに、大きな資金を動かす時や、ビジネス上で大きな決断を迫られた時、一体どうしたらいいのか、誰かにその答えを出してもらいたい、という衝動に駆られるのは仕方ないこと。誰にも干渉されず、独自の才覚で仕事ができる、という自由な部分がある反面、独立してしまえば孤独や不安はいつでも付きまといます。ただ、常に卑屈になってはいけません。自分が辿ってきた道に迷いなし。独立してしまった以上、もう後戻りはできません。成功に向けて、まい進するだけ。不安に駆られた時ほど、初志貫徹で会社を興した時の自分を思い出しましょう。自信がなければ顧客も不安になります。あなたがここまで辿ってきた道は間違っていない。間違いだらけだったならば、ここまでもやってこれなかったはず。こうして不安になったり、自信喪失したりすることで、新たな失敗や誤った判断をしてしまうこともあります。ここは、冷静に毅然として仕事をこなして自信を取り戻しましょう。あれこれ考えるよりもまず手を動かす、そして頭を使うこと。こうして、自分自身で不安や疑心暗鬼なる気持ちを打破していきましょう。

行く手を阻もうとする敵

仕事をしていく上で少なからずライバルは存在します。それは同業他社ばかりではなく、あなたのサービスにやっかみを感じる者、ウワサ好きな暇人、批判大好き人間などさまざま。あなたを直接知らないのに面白がって批判をする人もいます。例えば、ある程度商品が売れだすと同業他社が、またSNSなどであなたの商売が一般的に評価されたりすると、それを快く感じない輩が出てきて批判を展開したりします。そういう場合、そんな雑音には耳を傾けず無視しましょう。その度に心が折れていては次には進めません。批判したいならすればいい、という強い気持ちで臨むことが大切。しかし強気に出るとしても余り行き過ぎてはいけません。例えば、そんな批判に遭遇した際に、ついムキになってやり返す。批判に対してさらなる批判をかぶせる。感情的になって、そんなことをしても全く意味がなく、かえって相手を付け上がらせるだけ。また、それがSNS上だった場合、面白がって煽る連中も出てくるかもしれません。あなたは、決して悪いことをしている訳ではなく、誰かに断罪される立場にありません。正面切って堂々と自身のビジネスをしているだけなのです。誰も陥れていないし、批判など受ける行為にも及んでいないのですから、ここはあえて大人の対応で受け流しましょう。そして、決して相手を負かしてやろうと相手の「悪口」など言ってはなりません。相手がどうこようが自分は自分。先方のネガティブな部分は一切口にせずに正当に戦いましょう。そうすれば、分かる人はきっと理解してくれるはずです。冷静に展開してこそ、プロの商売人ってものです。外野の言うことなどは、いちいち相手にしても仕方ないと余裕を持って対処することこそ、経営者に求められる判断であることを肝に銘じましょう。

猛烈なるファンをいかに増やすか

魅力的な人物には人が集まります。人は誰でも得手不得手があるものです。最初から何から何までうまくいくとは限りません。しかし、必死に頂点に辿り着こうとする姿勢や会社を伸ばしたいと思う熱意、そのようなあなた自身の溢れだす気持ちを伝えればいいのではないでしょうか?それには、確かに人脈だとか、人を魅了する外観などが必要かもしれません。しかし、熱い思いが届けば人々の心は動くのではないでしょうか?製品の性能や価格ももちろん大きな要素ではありますが、固定客になってくれるような顧客はあなた自身を見ています。あなたが魅力的であれば、会社や製品も魅力的に見えてきます。要は、あなた自身をどのように売り込んでいくかです。あなたこそが、会社の顔、そしてビジネスの顔にならなければなりません。ちょっと抽象的な精神論になりましたが、ファンを作る、お客様にファンになって頂くということはビジネスを行う意味において、最も重要なエレメントかもしれません。会社を存続させて行かなければならないのですから。「天は自ら達する者を助く」という言葉があります。努力を惜しまなければ、きっとそのうち天も味方してくれますよ。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.34
「健全な精神は健全なる肉体に宿る―ビジネスダイエット塾」
継続こそ最大なる力なり

寒くなってくると、家から段々出たくなくなるこの季節。パーティーシーズンということもあり、気持ちも緩みがち。また丁度年末とあって「来年から頑張ろう」などと、既に目的を先送りしてしまいがちです。確かに、忙しい師走にジムへ行くのは大変。精神的にもモチベーションは上がりません。しか~し!忙しさや面倒くささにかまけてジムに行かない、運動を一切しないとなると、どうなるか簡単に想像できますね。ただ単に太っていくばかりでなく、これまで積み上げてきたモノがなくなってしまうという側面もあります。例えば、今まではジムで30分休まずにトレッドミルで走れたのに、休んでしまったらどうなるでしょう?私は自身のトレーニングにおいて、いつもできるだけ高重量に挑むようにしています。しかし1週間休んでしまっただけで、筋肉は相当衰退してしまいます。スクワットなどは特に顕著で、休んでしまえばたった1週間でも、今までの三分の二の重量も上がらなくなってしまいます。そうなってしまうのが怖いから、そして休む都度に襲ってくる筋肉痛も怖いから休めないのです。今まで地道なるトレーニングでコツコツと積み上げてきた積み木が一気に壊れるのが嫌なので、ジムに足しげく通っているという精神的要素があることも、また事実なのです。私ももちろん人間ですので、気分が乗らない時などいくらでもあります。そんな時はジムで思いっきりやってやろうなどと思わず、気持ちが乗らない時、体調が思わしくない時は、普段の6~7割程度の量や重量でやればいいのです。「今日も疲れるのか」と思ってしまうと辛くなるので、今日は少し軽くしようと思うことで、少しでも気持ちは穏やかになるもの。休んでしまうと、休み明けのギャップが怖いですが、少しでも持続していれば体力も失わないですみます。この季節、気持ちが乗らないからこそ、ちょっとだけでも運動を継続することを強くお勧めします。

2017年12月 15日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES